チェルシーが今季初の3連勝! 幸運なOGとエイブラハム2戦連発弾でニューカッスルを撃破!《プレミアリーグ》

2020.11.21 23:27 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第9節、ニューカッスルvsチェルシーが21日にセント・ジェームズ・パークで行われ、アウェイのチェルシーが0-2で勝利した。
 
今季初のリーグ戦連勝で5位に浮上したチェルシーは、インターナショナルマッチウィーク明け初戦で13位のニューカッスルのホームに乗り込んだ。前節のシェフィールド・ユナイテッド戦からは先発1人を変更。代表戦帰りのコンディションの問題でチアゴ・シウバがメンバーを外れ、リュディガーが今季リーグ戦初先発を飾った。
 
開始直後の4分にボックス左へ抜け出したヴェルナーが早速決定機を作り出すと、9分にもツィエクからの絶妙な左クロスに反応したエイブラハムが相手GKダーローにファインセーブを強いる決定的なヘディングシュートを放つ。
 
そして、その勢いのまま押し切ったチェルシーが先制に成功する。10分、右CKの場面でショートコーナーを選択し、ツィエク、ヴェルナーと繋いで最後はボックス右付近に抜け出したマウントがグラウンダーのクロスを供給。これがDFフェルナンデスのクリアミスを誘った。DFフェルナンデスに対して後方のチルウェルのプッシングの可能性があったものの、そのままゴールが認められた。
 
相手のオウンゴールで先手を奪ったチェルシーは早くもゲームプランが崩れて動揺が見えるホームチームを押し込んでいき、積極的に2点目を狙っていく。だが、徐々に落ち着きを取り戻したニューカッスルの堅固な[5-4]の守備ブロック攻略に手を焼き、決定機まで持ち込めない。30分にはショートカウンターからボックス中央でエイブラハムの落としに反応したヴェルナーに絶好のシュートチャンスも、右足のシュートは枠の左に外れる。
 
その後はニューカッスルのサイドからのクロス、サン=マクシマンの個人技に押し返されて幾度か自陣ボックス内で決定機を作られかけたが、ゲームキャプテンを務めるカンテの身体を張ったブロックや守護神メンディの冷静な飛び出しなどで凌ぎ切った。
 
後半はビハインドを追うホームチームが押し気味に試合を入った中、チェルシーが先に相手ゴールへ迫る。53分、GKメンディのロングボールに対してDFシェアが処理をもたつくと、これを奪ったヴェルナーがボックス内でGKと一対一のビッグチャンス。だが、シュートではなく右を並走するツィエクへの横パスを選択した結果、相手DFのカバーに阻まれた。
 
この絶好機を逃したことで、再びホームチームに攻勢を許す形となったが、前後半で2度の決定機を逸したヴェルナーが意地を見せる。65分、自陣左サイドでボールを受けたドイツ代表FWが自慢の快足と絶妙なコース取りを生かしたドリブルでDF3人を振り切ってボックス付近まで運ぶ。最後は右を並走していたエイブラハムへ完璧なラストパスを通すと、これをエイブラハムが冷静に流し込んだ。
 
エイブラハムの2試合連続ゴールによって勝利に大きく近づいたチェルシーは、72分にロングスタッフに強烈なミドルシュートを浴びてあわや失点という場面を迎えたが、これはクロスバーに救われる。
 
すると、このピンチ以降はしっかりと気を引き締め直してゲームをコントロール。試合終盤にかけてはヴェルナー、チルウェル、ツィエクと疲労が懸念される主力を下げて、今季プレミア初出場のエメルソンやジルーといった出場機会の少ない選手をピッチに送り込む。
 
マウントやジルーが3点目を奪うチャンスを逸したものの、ニューカッスルの反撃を無失点で凌ぎ切り2-0の勝利。インターナショナルマッチウィーク明けの難しい敵地での一戦をきっちり勝ち切って今季初のリーグ3連勝を飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

ランパードからチアゴ・シウバを絶賛!「元々期待しかしてなかった」

チェルシーのフランク・ランパード監督がブラジル『ESPN』のインタビューで、ブラジル代表DFチアゴ・シウバを絶賛した。 昨季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団し、フリーでチェルシーに加入したチアゴ・シウバ。近年のチェルシーにおいて課題とされていた守備ラインを一気に改善するだけでなく、そのリーダーシップでキャプテンの一人としてもチームを牽引する存在に。 序盤はケガで出遅れたが、ランパード監督もそのリスクは懸念していた模様。だが、ひとたび復帰すれば、ここまで安定したプレーで見事にチームメイトやファンの信頼を掴んでみせた。だが指揮官はプレー面だけでなく、プロフェッショナリズムや周りの鑑となりうる人間性に感服しているようだ。 「第一に私は彼に敬服しているのだ。簡単ではなかったであろうそのキャリアと成功、それはハードワークの賜物にほかならない」 「今はより近くで彼を見ることができる。私が評価しているのは、その巨大な才能だけでなく、労働倫理におけるプロフェッショナリズムや日々の試合に対する取り組み方だ。特に36歳ということもあり、ケアの仕方はこれまでとは異なる方法をとらなければならない」 「彼を獲得できるチャンスがあると知ったとき、私の決断は簡単だった。唯一の困難な部分は、彼を説得し、我々がやってきたことを売り込むことだった。このチームは若く経験を必要としていた。彼なら素晴らしいものをもたらしてくれると分かっていたよ」 「リスクといえばケガの可能性や連続出場できないことぐらいだ。だが、パリでチアゴと一緒に働いていた人や、彼をよく知る人からは同じ答えが返ってきた。ファンタスティックなプロフェッショナルで、自分に厳しく、家族思いで、最高の才能を持っているということだった。それらをまとめると、ケガのリスクは最小限に抑えられ、同時に見事なプレーしか期待できなかったよ」 2020.11.28 16:31 Sat
twitterfacebook
thumb

来夏契約満了のアラバ代理人がチェルシー、PSGと交渉へ

移籍市場に精通するドイツ人ジャーナリストのクリスティアン・フォーク氏によると、バイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバ(28)の代理人を務めるピニ・ザハヴィ氏はチェルシーとパリ・サンジェルマン(PSG)との交渉に臨むようだ。 バイエルンとの契約が今季限りとなっているアラバ。長らく延長交渉が取り沙汰されたが、会長のヘルベルト・ハイナー氏が先日にオファーの取り下げを明かした。一方では最高経営責任者(CEO)のカール=ハインツ・ルンメニゲ氏が慰留を望むコメントを残した中で、スペイン移籍を望んでいるとされているアラバには、レアル・マドリーやバルセロナからの関心が伝えられている。 しかし、財政難に苦しむ両クラブともに高額なサラリーを受け取るアラバを雇う余裕がないとされており、そこでザハヴィ氏は、コロナ禍において資金に余裕があると見られるチェルシーやPSGとの交渉を優先して行う意向のようだ。 バイエルンとの契約更新に関して、メディアに報じられた給与額を否定しなかったクラブに対し「失望し、傷ついた」と公で口にしたアラバ。しかしながら、契約延長の可能性はまだ残されているようだ。 2020.11.28 15:03 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョが古巣チェルシーを褒め倒して警戒 「すごく良い選手しかない」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が古巣の厚い選手層を警戒した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 モウリーニョ体制2年目のトッテナムは今季のプレミアリーグ開幕から9試合を消化した現段階で6勝2分け1敗の首位。29日に行われる第10節で過去2度にわたり、指揮を執った3位チェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジに乗り込む。 両チームの勝ち点差はわずか「2」。勝敗次第で順位変動も起こり得る一戦となる。今後のタイトルレースをも占う一戦に挑むモウリーニョ監督はその大一番に先駆けた会見で、まずチームとしての立ち位置、そして勝利目標を明確にした。 「我々がトップ、もしくはリバプールと首位タイでスタンフォード・ブリッジに乗り込むかは我々にとって、大きな問題じゃない。シーズンの初めから言っているように、我々はいつだって次の試合で勝利を目指す者でしかない。それ以上のものは何もないのだ」 「我々は3つの可能性がある結果(勝ち、負け、引き分け)とともに、あの場所に乗り込む。長くフットボール界にいて、何でも起こり得るのも理解しているが、我々はあの場所に行き、試合に勝つのが目標だ」 そんなポルトガル人指揮官は今年2月に対戦した際、その試合前に古巣チームから戦術情報を手にしたと発言。今回の一戦に先駆けても「何か情報を入手できたか?」との問いを受けると、「良い選手しかない」と褒めちぎり、警めた。 「(古巣からの情報は)まだ、あるいはないかもしれない。わからないね。素晴らしいスカッドさ…。(リース・)ジェームズか、(セサル・)アスピリクエタをプレーさせ、(ベン・)チルウェルか、(マルコス・)アロンソ、もしくはエメルソン(・パルミエリ)を使ってくる」 「それに、(エドゥアール・)メンディか、プレミアリーグで最も高額なGK(ケパ・アリサバラガ)が出場する。今のチェルシーはアメージングなスカッドを擁しているのだ。彼らにはすごく良い選手しかないわけで、誰が出場するかなんて、心配すらしていない」 2020.11.28 09:50 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミアに少しずつファンの姿…ロンドン&リバプール勢は12月初旬から一定数の観客入場可能に

プレミアリーグの試合に少しずつサポーターの姿が戻ってくるようだ。 プレミアリーグは他のリーグと同様に今年3月からの新型コロナウイルス感染拡大で一時中断を強いられたが、3カ月にもわたる空白期間を経て、6月から無観客で再開。9月に開幕した新シーズンも依然としてスタンドの閉鎖状態が続いているが、段階的ながらサポーターのスタジアム入場が許可しようとする動きがある。 イギリス政府のボリス・ジョンソン首相は23日、今後のスポーツイベントに関して、最大4000人という一定数の有観客試合開催を許可する方針を発表。ただし、地域ごとに3段階の警戒レベルに区分けされ、感染リスクの低いエリアがそれに当てはまる。 入場者数は最も感染リスクの低い“ティア1”の地域で最大4000人を収容でき、“ティア2”だと最大2000人まで。“ティア3”の地域のみが無観客を継続する。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、“ティア2”のロンドンやリバプール本拠のクラブはロックダウン解除後の12月2日から一定数の有観客試合が許可されるという。 有観客試合が認められてから最も早く本拠地で予定するのが12月3日のヨーロッパリーグ(EL)グループB第5節でラピド・ウィーンをホームに迎え撃つアーセナル。プレミアリーグだと、12月5日に予定する第11節のウェストハムvsマンチェスター・ユナイテッドが最初の観客動員試合になる。 ちなみに、“ティア3”の地域を本拠とするクラブはマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、アストン・ビラ、ニューカッスル、レスター・シティ、バーンリー、リーズ・ユナイテッド、シェフィールド・ユナイテッド、WBA、ウォルバーハンプトン。今後も無観客での開催が続くようだ。 2020.11.27 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、チアゴ・シウバと契約延長へ!新年に交渉開始か

チェルシーが、ブラジル代表DFチアゴ・シウバ(36)に新契約を用意しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 昨季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団し、フリーでチェルシーに加入したチアゴ・シウバ。近年のチェルシーにおいて課題とされていた守備ラインを一気に改善するだけでなく、そのリーダーシップでキャプテンの一人としてもチームを牽引する存在に。 序盤はケガで出遅れたものの、今では不動のセンターバックとしてフランク・ランパード監督の信頼を掴み、36歳かつ初挑戦にして、プレミアリーグの屈強な男たちと競り合っている。 チェルシーとの契約は1年だが、延長オプションが付随しており、クラブは早くも行使に向けて動き始める模様。『スカイ・スポーツ』は新年明けまで交渉は始まらないと推測しているが、指揮官の希望は完全に契約延長だと主張している。 チアゴ・シウバ自身も初めてのプレミアリーグやチェルシーに快適さを感じているようで、契約延長にも前向きな姿勢を示しているようだ。 2020.11.26 21:37 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly