川西が1G1Aの岐阜が藤枝に勝利で暫定3位に浮上! 2位長野と勝ち点並ぶ《J3》

2020.11.21 18:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J3リーグ第29節のFC岐阜(5位/勝ち点49)vs藤枝MYFC(10位/勝ち点40)が21日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、2-1で岐阜が勝利した。先にチャンスを迎えたのはホームの岐阜。33分、ボックス左手前の橋本のクロスから、GKにパンチングされたボールを中島が回収し、ボックス中央手前から右足で狙ったが、GK杉本に防がれた。

39分のピンチを凌いだ岐阜は44分、粟飯原のスルーパスに抜け出した高崎がボックス右からグラウンダーのクロス。ニアサイドに走り込んだ川西が左足で合わせて先制に成功した。


後半に入ってもイニシアチブを握られていた藤枝だが、57分に谷澤と森島を同時投入するとこれが転機となる。63分、姫野からのパスを受けた久富がボックス右からふわりとしたボールを供給。ファーサイドの森島の折り返しを最後は谷澤が頭で押し込んだ。

追いつかれた岐阜は75分に富樫を投入。それから8分後の83分、敵陣中央やや左寄りの位置でボールを拾った川西が鋭い縦パスを送ると、ボックス内でボールを受けた富樫がワンタッチで前へ。GK杉本との一対一も制して勝ち越しに成功した。

そして、このリードを守り切った岐阜が2-1で勝利。2連勝で暫定ながら2位のACパルセイロと勝ち点で並ぶ3位に浮上した。一方、敗れた藤枝は5試合ぶりの黒星となっている。

◆明治安田生命J3リーグ第28節
▽11/21(土)
FC岐阜 2-1 藤枝MYFC

▽11/22(土)
《13:00》
ブラウブリッツ秋田 vs カターレ富山
Y.S.C.C.横浜 vs カマタマーレ讃岐
アスルクラロ沼津 vs AC長野パルセイロ
ガイナーレ鳥取 vs ヴァンラーレ八戸
FC今治 vs 福島ユナイテッドFC
鹿児島ユナイテッドFC vs SC相模原
《14:00》
ガンバ大阪U-23 vs いわてグルージャ盛岡
セレッソ大阪U-23 vs ロアッソ熊本
関連ニュース
thumb

「C・ロナウドのオーバーヘッド並み」新潟FW矢村の“衝撃”オーバーヘッドがJ2月間ベストゴールに選出!

Jリーグは7日、4月の「2021明治安田生命Jリーグ KONAMI月間ベストゴール」を発表した。 明治安田生命J2リーグでは、4月21日に行われた第5節、栃木SCvsアルビレックス新潟の一戦で、新潟のFW矢村健が決めたゴールが受賞している。 栃木戦が今季初の先発出場となった矢村は8分、右サイドのMF高木善朗から抑えのきいた高精度クロスを受けると、真横からの難しいボールを、大胆にオーバーヘッド。しっかりと捉えたシュートは、ワンバウンドしてゴールネットを揺らした。 ベンチのチームメイトたちも思わず頭を抱える衝撃のゴールを決めた矢村は、初受賞の喜びを語っている。 「まさかJ2リーグ月間ベストゴールに選んでいただけると思っていなかったので、とても驚いています。このたびの受賞は、サポーターの皆さんのご声援はもちろん、自分が歩んできたここまでの道のりの中で支えてくれた家族や友人、そして、アルビレックス新潟のチームメイトやスタッフの皆さんのおかげだと感謝しています」 「プロになるまで、またプロになってからも、多くのサポートをいただけたからこその、あのようなゴールを生み出せたと思っています。これからも皆さんの応援に恥じないプレーができるよう、謙虚に努力を続けます。本当にありがとうございました!」 ◆選考理由 ・原博実委員 「こんなきれいで切れのあるオーバーヘッドキックのゴールは見た事ないくらい。高木 善朗のストレートで速いクロスが後ろ側に来たのにいとも簡単に決めた。まるでアニメのシーンのよう。シュートシーンがずっと頭に焼き付いている」 ・播戸竜二委員 「何もいう事ナシ!全ての人がこのゴールがベストだと言うと思います!チャンピオンズリーグのロナウドのオーバーヘッド並みの衝撃!このゴールを見ていない人!早くDAZNで見てください!声を上げちゃいます!」 ・柱谷幸一委員 「誰が見ても文句のない選考でしょう!ボールへの反応、身体の使い方、ミートの正確さ強さ全てが素晴らしすぎる!」 ・北條聡委員 「これぞバイシクルシュートの傑作。右クロスを完璧にとらえた一撃。思わず息を呑む美しさだった」 ・寺嶋朋也委員 「アニメのようなオーバーヘッドキック。勢い乗っているからこそのスーパーゴール」 なお、J1リーグからはサンフレッチェ広島戦でゴールを決めたアビスパ福岡の前寛之。J3リーグからはロアッソ熊本戦でミドルシュートを沈めたテゲバジャーロ宮崎の梅田魁人のゴールが選ばれている。 <span class="paragraph-title">【動画】矢村健の“衝撃”オーバーヘッド</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=13bcnnf0njvrf1f4frvjb60fzl" async></script> 2021.05.08 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥取が髙木理己監督の解任を発表、増本浩平HCが暫定指揮

ガイナーレ鳥取は6日、髙木理己監督(42)の解任を発表した。 なお、後任は増本浩平ヘッドコーチ(38)が暫定的に指揮を執るとのことだ。 クラブの発表によると、4日付で髙木監督は解任されたとのこと。チームは明治安田生命J3リーグで7試合を戦い2勝1分け4敗の勝ち点7で12位に位置していた。 髙木監督は、京都サンガF.C. や鳥取、湘南ベルマーレでコーチを務め、2017年に鳥取へ戻りU-18の監督に就任。2019年から監督に就任していた。 就任1年目は7位、2年目の昨シーズンは5位となっていたが、今シーズンは低迷していた。 増本暫定監督は松本山雅FCのU-15でコーチ、監督を歴任し、2018年からはトップチームのコーチに就任。今年から鳥取でヘッドコーチを務めていた。 髙木監督はクラブを通じてコメントしている。 「まず、強翔というスローガンに相反する結果となっている現状を、ガイナーレ鳥取に関わる全ての皆様に深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ありません」 「この結果は、このグループの最大値を引き出し、繋げていく事ができなかった私の責任です。貫く事で掴める明日と、貫く事で掴めなくなる明日があるこの世界で、私は常に前者を選択してきました」 「その日常に選手、コーチングスタッフは、自分の持てるもの全てを注ぎ込んでくれました。その姿勢には感謝しかありません」 「そして何より、毎試合後押ししてくださったサポーターの皆様に感謝申し上げます。皆様の作り上げるスタジアムの空気が大好きでした。本当にありがとうございました」 「最後になりますが、ガイナーレ鳥取のJ2昇格を祈願すると共に、オールガイナーレの皆様の幸せを願っております。 またお会いしましょう。さようなら!」 2021.05.06 12:28 Thu
twitterfacebook
thumb

岩手が富山をかわして首位浮上!宮崎も上位に迫る【明治安田J3第7節】

2日、明治安田生命J3リーグ第7節の5試合が各地で行われた。 6位の鹿児島ユナイテッドをホームに迎え撃った2位のいわてグルージャ盛岡は14分、ボックス左深くの色摩が出した折り返しにゴール前のブレンネルが右足で合わせ、先制。しかし、攻める鹿児島は52分、右サイドからのクロスがゴール前の混戦を生むと、中原が押し込み、追いついた。 それでも、勝てば首位浮上の岩手はそのチャンスを逃すまいとギアを上げると、86分に右サイドからのクロスにゴール前の牟田がヘッドで合わせ、勝ち越し。今季初の連勝を目指した鹿児島に競り勝った岩手が3連勝を飾り、勝ち点同数のカターレ富山を得失点差で上回り、首位に浮上した。 ホームでFC今治と対戦したテゲバジャーロ宮崎は開始11分、ボックス手前のこぼれ球を拾った藤岡が迷わず右足を振り抜くと、相手に当たりながらも勢いそのままにゴールに吸い込まれた。 その後は互いに一度ずつ決定機を迎えた中、後半立ち上がりの48分に宮崎が突き放す。自陣から代が前線へロングボールを送ると、懸命に追う橋本啓吾の目の前で相手GKとDFがお見合いする形でクリアミス。これを橋本啓吾がきっちりプッシュして2点差に広げた。 その8分後に失点を許すものの、危なげない試合運びで逃げ切りに成功。ロアッソ熊本に敗れたFC岐阜を抜いて3位に浮上した。 ◆第7節 ▽5/2 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンラーレ八戸 2</span>-0 ガイナーレ鳥取 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 2</span>-1 鹿児島ユナイテッドFC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">テゲバジャーロ宮崎 2</span>-1 FC今治 AC長野パルセイロ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 福島ユナイテッドFC</span> FC岐阜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ロアッソ熊本</span> ▽5/1 藤枝MYFC 1-1 カターレ富山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カマタマーレ讃岐 1</span>-0 アスルクラロ沼津 2021.05.02 21:59 Sun
twitterfacebook
thumb

首位富山が足踏み…開幕5連敗の讃岐が今季初勝利!【明治安田J3第7節】

明治安田生命J3リーグ第7節の2試合が1日に行われた。 前節に暫定ながら首位に浮上したカターレ富山は10位の藤枝MYFCとの敵地戦。通算対戦成績で9勝2分け2敗と勝ち越す富山だが、21分に右サイドのスペースに抜けた久富の折り返しに宮本が合わせ、ホーム初勝利を狙う藤枝が先取する。 追う富山は雷の影響で約1時間の中断を余儀なくされたが、74分に花井がボックス右でファウルを受けて、同点機となるPKのチャンスを獲得。キッカーの吉平が蹴り直しにも動じず、古巣のゴールマウスにしっかりと決め切り、追いついた。 だが、勝ち越しゴールは生まれず、そのまま試合終了。富山は連勝が「2」で止まり、勝ち点1を積み上げるにとどまっている。 また、開幕5連敗で最下位に沈むカマタマーレ讃岐はホームで8位のアスルクラロ沼津と対戦。0-0の状況が長らく続くなかで粘り強く戦うと、73分に右サイドからのクロスに重松が頭で合わせ、相手GKの弾いたボールを岩本が押し込み、先制する。 その讃岐は岩本のプロ初ゴールとなる一発で手にした1点のリードを最後まで守り抜き、開幕からの連敗を「5」でストップ。ゼムノビッチ体制2試合目で待望の今季初勝利を掴み取った。 ◆第7節 ▽5/1 藤枝MYFC 1-1 カターレ富山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カマタマーレ讃岐 1</span>-0 アスルクラロ沼津 ▽5/2 《13:00》 ヴァンラーレ八戸 vs ガイナーレ鳥取 いわてグルージャ盛岡 vs 鹿児島ユナイテッドFC テゲバジャーロ宮崎 vs FC今治 《17:00》 AC長野パルセイロ vs 福島ユナイテッドFC 《19:00》 FC岐阜 vs ロアッソ熊本 2021.05.01 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

宮崎DF石田皓大がトレーニングマッチで全治6週間の負傷

テゲバジャーロ宮崎は26日、DF石田皓大の負傷を発表した。 クラブの発表によると、石田は18日(日)に行われたトレーニングマッチのFC延岡AGATA戦で負傷したとのことだ。 検査の結果、石田は左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、全治は6週間とのことだ。 石田は今シーズンの明治安田生命J3リーグで2試合に出場していた。 2021.04.26 15:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly