レアルFWヨビッチが新型コロナに感染…ビジャレアル戦で起用可能なストライカーはマリアーノのみに

2020.11.21 10:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは20日、セルビア代表FWルカ・ヨビッチの新型コロナウイルス感染を報告した。ヨビッチは今月のインターナショナルマッチウィークでセルビア代表の活動に参加。ユーロ2020プレーオフ予選のスコットランド代表戦、UEFAネーションズリーグ2020-21のハンガリー代表戦とロシア代表戦の全3試合に先発した。

その3試合で3ゴールと復調のきっかけを手にしてレアル・マドリーに帰還したが、チームの発表によると、20日午前に実施した検査で陽性反応が示されてしまったという。

また、スペイン『マルカ』によれば、ヨビッチは代表先で受けた検査こそ陰性だったが、チームメイトの3選手とフィジオセラピスト1名の陽性が確認されたため、レアル・マドリーで改めて検査を受けることになったようだ。

レアル・マドリーは21日に行われるラ・リーガ第10節でMF久保建英が所属するビジャレアルと対戦するが、FWカリム・ベンゼマが負傷欠場。ヨビッチも出場不可となり、FWマリアーノ・ディアスしか起用できるストライカーがいない。

なお、新型コロナウイルスに感染して自主隔離が続いたMFエデン・アザール、MFカゼミロ、DFエデル・ミリトンの3選手は検査で陰性が確認され、今節から起用可能な状況となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

常に移籍話が浮上するDFナチョはレアルを離れる気なし「クラブのために戦う」

レアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(30)が来夏の退団を否定した。 ナチョはマドリーの下部組織で育った生え抜き選手。2013年にファーストチームに昇格するものの、いつも手厚い守備陣が揃っていたチームにおいて、控えの域を脱せない選手であった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzeHJBS0k2cyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 能力を高く評価されながらも出場機会が限られるナチョには、絶えず移籍の噂がついて回るが、ケガ人の代役やユーティリティ性を買われ、どの監督にも重宝されてきた。 気がつけば200試合以上マドリーでプレーするナチョ。1日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節のシャフタール・ドネツク戦に向けた記者会見に出席。今シーズン終了後に退団するつもりがないことを明言した。 「いつかレアル・マドリーでプレーしたいと思っていたが、今では200試合以上出場している。全て監督が僕を頼りにしていたことは、僕をとても高く評価してくれたということだ。僕はいつも望んでいたクラブのために戦う」 「個人的にはシーズンで20や30ではなく50試合でプレーしたいし、それを否定するつもりもないけど満足している。僕は幸せだし、僕が居たい場所にいる」 「毎年夏にはオファーが来るけど、僕は幸せな選手だ。誰のためであっても、それは変えない」 今シーズンのナチョはここまでラ・リーガで5試合、チャンピオンズリーグで1試合と変わらず控えのポジションではあるが、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが不在の中では大事な存在となっている。 2020.12.01 10:24 Tue
twitterfacebook
thumb

レアルMFアザールがまた離脱、右太ももの筋損傷で経過観察へ

レアル・マドリーは30日、ベルギー代表MFエデン・アザールの負傷を発表した。 クラブの発表によると、アザールはクラブのメディカルサービスによる検査を受けたとのこと。右大腿直筋に損傷が見られると診断。経過を見守るとのことだ。 <div id="cws_ad">◆アザールがアラベス戦の前半に負傷交代<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=kgp85neltbua15w1pln0rg9ob" async></script></div> マドリーは28日に行われたラ・リーガ第11節でアラベスとホームで対戦。3試合ぶりの白星を目指したが、1-2の敗戦を喫した。 チームが直近2敗1分けと低迷を極めるなかで、左ウィングで先発したアザールだったが、28分に右足を痛めブラジル代表FWロドリゴとの交代で退いていた。 チェルシーから念願のマドリー入りを果たした昨シーズンは度重なる故障に泣いたアザール。今季は個人としても勝負の年になるところだったが、ケガで出遅れた上に、新型コロナウイルス感染の災難も相次ぎ、ここまで公式戦6試合の出場のみにとどまっていた。 10月に復帰したばかりだったが、再びしばらく離脱することになりそうだ。 2020.11.30 21:55 Mon
twitterfacebook
thumb

名手モドリッチが鮮やかなドリブル突破から決めたソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆モドリッチが個人技でもぎ取ったゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJLZW0zMGZIeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> トッテナムで世界屈指のMFとしてブレイクを果たしたモドリッチは、2012年夏にレアル・マドリーに加入。中盤の司令塔として定着し、今ではチームにとって欠かせない存在となっている。 長短のパスで攻撃のテンポをコントロールするモドリッチだが、2019年3月10日に行われたラ・リーガ第27節のバジャドリー戦では、レベルの高い個人技からゴールを決めている。 3-1とマドリーリードの85分、左サイドでFWカリム・ベンゼマからパスを受けたモドリッチはドリブルでボックス内に仕掛けていく。相手DFが進路を塞ぎ、プレスをかけにくるも、鮮やかなシザースフェイントで華麗にDFを抜き去り、GK前まで侵入すると、右足でシュート。ゴール右にシュートを流し込み、相手に止めを刺す4点目を挙げた。 試合は大量4点を奪ったマドリーが4-1で大勝を収めている。 2020.11.30 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘディングだけじゃない!今世紀最も点を決めているDF、ラモスが決めたパーフェクトなFK【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ラモスが決めた美しい直接FK弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQZEpzeE5XciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2005年夏にセビージャからレアル・マドリーに移籍したラモスは、偉大なスター選手たちの集まるチームで若くからプレー。今ではチームの精神的主柱となり、チームを引っ張っている。 DFながら得点を量産し、21世紀で最も得点を決めたDFでもあるラモス。空中戦での強さを活かしたヘディングゴールが多い一方で、2014年5月7日に行われたラ・リーガ第34節のバジャドリー戦では、見事なFKから得点を挙げている。 0-0で迎えた35分、ボックスの外、ゴール正面やや左の絶好の位置でFKを得たレアル・マドリー。ラモスがキッカーを任されると、左上の完璧なコースに見事なシュートを放つ。スピード、精度ともに文句なしのシュートはGKが辛うじて触ったものの、ボールは手を弾きそのままゴールイン。素晴らしい先制ゴールとなった。 ラモスのDFらしからぬ直接FK弾で先制したマドリーだったが、後半に追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.11.29 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

グティがエレガントな3人抜きドリブル&絶妙スルーパスでオーウェンをアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回は元スペイン代表MFグティ氏がレアル・マドリーで決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆グティが決めたエレガント過ぎるアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWQXBNa2U2aiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーユース出身のグティ氏は、1996年にファーストチームに昇格すると、世界中のスーパースターが集まるチームの中でも生え抜きのMFとして活躍。天才的なビジョンから繰り出されるパスから“時を止める男”の異名を取った。 キャリアを通して美しいアシストを多く記録したグティ氏だが、2004年11月28日に行われたラ・リーガ第13節のレバンテ戦では美しいドリブルから見事なアシストを記録している。 4-0とマドリー大量リードの87分、センターサークル内でボールを持ったグティは、ボールを宙に浮かせると、進路を塞ぐ相手選手2人のちょうど間を抜き、ドリブル突破。後ろからプレスに来た相手には、ヒールを使ったターンで華麗にかわすと、前線に走り出すFWマイケル・オーウェンにスルーパスを送る。ボックス内でパスを受けたオーウェンが、冷静にゴールを決め、止めを刺す5点目を挙げた。 試合はレバンテから大量5点を奪ったマドリーが5-0で勝利している。 2020.11.29 18:00 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly