グアルディオラ「一ファンとしてメッシにはバルサに残ってもらいたい」

2020.11.21 01:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの去就について言及している。先日、シティと新たに2年契約を延長したグアルディオラ監督だが、今夏の移籍市場で獲得に迫っていたとされるメッシの再度獲得の可能性について否定した。

「メッシはバルセロナの選手だ。これはこれまで何度も言ってきたことだ。一ファンとしてメッシにはバルサに残ってもらいたいと思っている」

「私自身、バルセロナには大きな感謝の気持ちを抱いている。カンテラ時代、選手、監督として彼らは私に全てを与えてくれた。メッシは今、バルセロナの選手だよ」

また、契約延長については「他のチームに行くことは考えていなかった。シティに残ることだけを考えていたよ。とはいえ、決断はクラブによるところが大きかった。十分だと感じていたら休養を取っていたと思う。でも、まだ選手たちとやるべきことがあると感じられた。今まで積み上げてきたことを今後も続けたい」と理由を述べた。
コメント
関連ニュース
thumb

マフレズ圧巻ハットなど攻撃陣爆発! シティが7戦ぶり複数得点で3戦ぶりの白星!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第10節、マンチェスター・シティvsバーンリーが28日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが5-0で完勝した。 前節、トッテナムに完敗してリーグ戦2戦未勝利で14位に低迷するシティ。直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではオリンピアコスを1-0で下し、2節を残しての決勝トーナメント進出を決定したが、リーグ戦で白星を取り戻したいところ。 17位のバーンリーとのこの一戦ではトッテナムとの前節から先発3人を変更。ラポルテ、カンセロ、ベルナルド・シウバに代えてストーンズ、メンディ、ギュンドアンを起用した。 デ・ブライネをトップ下に配した[4-2-3-1]の布陣で臨んだシティは開始早々にゴールをこじ開ける。6分、相手陣内でのパスカットからショートカウンターに転じ、フェラン・トーレス、デ・ブライネとパスが繋がり、最後はボックス中央でフリーのマフレズの足元へボールが通ると、得意の左足のシュートをゴール左下隅に突き刺した。 幸先良く先制に成功したものの、第3節のレスター・シティ戦以降、6試合連続で複数得点がないシティはここから追加点を奪えるかが勝敗のカギを握ることに。しかし、この日のシティはその課題をラクラクとクリアする。 先制点の勢いにのって相手を押し込み続ける中、まずは22分に右サイド深くでのウォーカーのスローインをボックス右で受けたマフレズがカットインから強烈な左足のシュートを突き刺して追加点を奪取。 さらに、デ・ブライネらが積極的に足を振っていくと、前半終了間際の42分にはボックス手前右のデ・ブライネが上げた柔らかなクロスをボックス左で待ち構えていたメンディが見事な左足のダイレクトシュートで合わせ、嬉しい今季リーグ戦初ゴールとした。 攻守両面で相手を圧倒する完璧な前半を経て、グアルディオラ監督はロドリに代えてフェルナンジーニョをハーフタイム明けに投入し、選手の疲労を考慮しつつゲームコントロールを優先する戦い方にシフトする。 そのため、後半はリスクを冒して攻めるバーンリーに押し込まれる入りとなったが、ジェイ・ロドリゲスらの際どいシュートはGKエデルソンがきっちり凌ぐ。 すると、67分にはマフレズとウォーカーのコンビで右サイドを完璧に崩すと、ボックス中央でのガブリエウ・ジェズスの絶妙なポストワークから最後はフェラン・トーレスがゴール至近距離からのシュートを流し込み、嬉しいプレミアリーグ初ゴールを挙げた。 これで勝利を確信したグアルディオラ監督はフェラン・トーレス、ルベン・ジアスを下げてフォーデン、エリック・ガルシアを投入。直後の69分にはデ・ブライネのピッチを切り裂く圧巻のロングスルーパスに反応したフォーデンがボックス左で上げたクロスをゴール前に走り込んだマフレズが頭で合わせ、シティ加入後初のハットトリックを達成した。 その後、ジェズスやデ・ブライネにもゴールチャンスが生まれたシティだったが、VARのオフサイド判定、ポストなどに阻まれて6点目はならず。それでも、相手の反撃をきっちり封じ込めて5-0の完勝。 今季最多5ゴールに7戦ぶりの複数得点での完勝と実り多き内容で3戦ぶりの白星を手にした。 2020.11.29 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ、バーンリー戦を前にフルメンバー揃う! ペップはアグエロの復調を待つ

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が負傷者ゼロに喜びのコメントを残している。クラブ公式サイトが伝えた。 エースのFWセルヒオ・アグエロやFWガブリエウ・ジェズス、MFフェルナンジーニョにDFバンジャマン・メンディ、DFナタン・アケと多くのケガ人に悩まされていたシティだが、徐々に万全の状態に戻ってきているようだ。 25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のオリンピアコス戦では1カ月ぶりにフェルナンジーニョとメンディが復帰。今月の代表ウィークに負傷したアケも練習に復帰済みとのことで、28日のプレミアリーグ第10節のバーンリー戦には起用可能となっているようだ。 現在14位と不本意なシーズンを送るグアルディオラ監督は、バーンリー戦前の記者会見で「すべて上手くいっている。全員が揃うのはとても素晴らしいね。難しいことだが、これだけの試合数があればローテーションが必要だ」と今季初めてフルメンバーが揃ったことを素直に喜んだ。 その一方で、アグエロの起用について慎重な姿勢を見せていた指揮官は改めて長い目で見ていくことを強調。ヒザの負傷でリーグ開幕戦から欠場していた同選手は、第5節に復帰するも第6節のウェストハム戦でハムストリングを負傷してハーフタイムで退いていた。 「彼は今シーズン、我々に良いモノを与えてくれるだろう。だが、まだベストな状態ではない。ケガの期間がどれだけ長かったかを忘れてはいけないし、戻ってきてすぐに負傷したのだ」 「シーズンの半ばには、これまでのようなシャープさを発揮できる男にならなければならない。彼は常にボックス内で得点を決めるクオリティを持っていた。そこまで戻るにはもう少し時間が必要だ」 2020.11.28 19:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「ピッチでは唯一無二」幼少期にバルセロナでプレーするマラドーナを観たグアルディオラが追悼「多くの喜びを与え、サッカーをより良くした」

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。 先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJUZFNjMTY5OCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 突然の訃報に全世界のフットボールファンが悲しみにくれる中、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がマラドーナ氏の訃報にコメントした。 「1年前にアルゼンチンで私はあるバナーを見た。『ディエゴが人生で何をしたとしても、重要なのは私たちの人生のために何をしたかです』」 「彼は多くの喜びを与え、サッカーをより良くした。彼が1986年にナポリとアルゼンチンのためにした事は信じられないことだった」 「安らかにお眠りください。そしてマンチェスター・シティを代表して、彼の家族全員に哀悼の意を示します」 また、バルセロナ出身のグアルディオラ監督は、幼少期にバルセロナでプレーするマラドーナ氏のプレーを観たことを回想。自身がクラブに入った時にはすでにナポリへ移籍していたというが、マラドーナ氏の偉大さを感じることがあったと明かした。 「私が幼い頃、父と一緒にマラドーナとバルセロナを観に行った時は信じられなかった。残念ながら彼は大きなケガをしてしまった」 「私がアカデミーに入った時、彼はすでにナポリに移籍していた。彼の世界のサッカーへの影響、愛と喜び、私は彼と一緒にロッカールームで過ごさなかったが、全ての人々は彼の寛大さを表現していたし、彼はサッカーをよりよくするためにどうするかを考えていた」 「ピッチでは唯一無二だった。世代に1人。これは悲しいニュースだ」 2020.11.26 21:52 Thu
twitterfacebook
thumb

4連勝でCL決勝トーナメント進出のシティ、グアルディオラは「トップパフォーマンスを見せた」と誇る

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント進出を決めたチームを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 シティは25日に行われたCLグループC第4節で、オリンピアコスと対戦。勝てば決勝トーナメント進出が決まる一戦で、シティは数名の主力選手を休ませながらも圧倒的に試合を支配する。前半にMFフィル・フォーデンが先制点を記録すると、その後は追加点こそ奪えなかったもののボールを握り続け、0-1で勝利した。 グループステージ4連勝で決勝トーナメント進出を決めたことに対して、試合後グアルディオラ監督はチーム全体を称賛。一方で、なかなか得点数が伸びない点については「遅かれ早かれ改善する」と語っている。 「今日の我々はゴールに向かってより攻撃的だった。とはいえ、9人の選手が守備を固めている中で得点するのは簡単ではない。我々はウイングをストライカーにより近づけたんだ。ベルナルド(・シルバ)、フィル(・フォーデン)、ラヒーム(・スターリング)、全員が攻撃的だった」 「バンジャマン・メンディとジョアン・カンセロの活躍も素晴らしかった。(イルカイ・)ギュンドアンとロドリもね。全体的に、トップレベルのパフォーマンスを見せられたと思うよ」 「相手はロングボールを使ってきたが、我々はことごとくマイボールにできていた。センターバックは傑出していたね。中でもジョン・ストーンズは信じられないほど大きな賛辞に値する。長い間プレーしていないと簡単にはいかないものだが、ルベン(・ジアス)とはカップルのような相性の良さだった。彼のことは特に嬉しいね」 「皆がとても献身的だったと思う。得点に意欲を持ち、シュートやクロスを放っていた。今、我々はできるだけ良い状態に回復しつつ、プレミアリーグに集中しようとしている」 また、グアルディオラ監督はここまで全勝のグループステージを振り返り、特に素晴らしかった2試合を挙げている。 「我々は信じられないようなグループステージを作り上げたと思う。特にアウェイのポルト戦後半と、ホームのオリンピアコス戦前半が素晴らしかった」 2020.11.26 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

シティが4連勝で決勝T進出! オリンピアコスを枠内シュート0に抑え込む圧倒ぶり!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第4節、オリンピアコスvsマンチェスター・シティが25日に行われ、0-1で勝利したシティが決勝トーナメント進出を決めた。 下馬評通りの強さをみせ、3連勝で決勝トーナメント進出に王手をかけた首位のシティは、3位のオリンピアコスのホームに乗り込んだこの一戦で突破を狙った。直近のリーグ戦でトッテナムに0-2の完敗となり、2試合勝利から遠ざかるチームは、この試合で先発6人を変更。一部主力を休ませてストーンズ、メンディ、ギュンドアンらを起用した。 [5-4-1]の守備的な布陣で臨んだホームチームに対して立ち上がりから圧倒的にボールを握るシティ。3分にロドリが強烈なファーストシュートを放つと、以降も相手を自陣深くに押し込んでガブリエウ・ジェズスらがフィニッシュまで持ち込んでいく。 その後も相手陣内で内と外を交えた多彩な攻めを続けるアウェイチームだが、ここ最近の課題である最後の精度を欠く。それでも、前半半ば過ぎの36分にはジェズスの縦パスに反応したスターリングがボックス左ゴールライン際でヒールで落とすと、これに走り込んで来たフォーデンが左足のダイレクトシュートをゴール右隅に突き刺し、均衡を破った。 相手にシュートを1本も許さない完璧な戦いぶりで試合を折り返したシティは、後半も圧倒的に試合を支配する。 オリンピアコスが後半も引き気味に戦ってきたことで、最後の崩しの場面で苦労するが、64分にはカンセロが見事な中央突破から決定的なシュートを放てば、直後にも鮮やかな崩しからゴール前のベルナルド・シウバに絶好機が訪れるが、相手GKの好守に阻まれる。 なかなか追加点を奪えないシティは75分を過ぎて次々に主力を下げて逃げ切り態勢に入る。最後まで2点目が遠かったものの、相手の反撃を枠内シュート0に抑え込み、このまま試合をクローズ。 得点力不足解消とはならなかったものの、1-0のスコア以上の力の差を見せ付けたシティがグループステージ4連勝で2節を残しての決勝トーナメント進出を決めた。 オリンピアコス 0-1 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・シティ】 フォーデン(前36) 2020.11.26 04:58 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly