『デッドプール』主演俳優の英5部レクサム買収が承認! 98%以上の賛成票

2020.11.17 16:13 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナショナルリーグ(イングランド5部)に所属するレクサムは16日、ハリウッドスターであるカナダ人俳優のライアンレイノルズ氏、ロブ・マクエルヘンニー氏による、クラブ買収がほぼ完了となったことを明かした。

1864年に創設されたウェールズのレクサムFCは世界で3番目に古いプロフットボールクラブとして知られる。しかし、2008-09シーズン以降は5部リーグでの戦いを強いられており、2011年からはサポーターグループであるレクサム・サポーターズトラスト(WST)がクラブを保有する形となっていた。

そういった中、レイノルズ氏とマクエルヘンニー氏を中心とする『RR McReynolds Company, LLC』は、今年9月に同クラブの買収を提案。この提案に対して前述のWSTは特別総会を実施。98%以上の賛成票が投じられたことで、この提案が承認されることになった。
なお、買収完了時に200万ポンド(約2億7000万円)の資金提供を約束しているレイノルズ氏は、ナショナルリーグとウェールズサッカー協会(FAW)の承認が下り次第、正式にレクサムのオーナーとなる。

なおレイノルズ氏は、『ブレイド3』や『グリーン・ランタン』、『デッドプール』、『名探偵ピカチュウ』など数多くの作品に出演。2016年公開の『X-メン』のスピンオフ映画『デッドプール』では、主人公の傭兵デッドプールを演じ、ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)にノミネートしていた。

最近ではNEtflixオリジナル映画の『6アンダーグラウンド』で主演を務め、人気テレビドラマ『ゴシップガール』で主役を務めたアメリカ人女優のブレイク・ライヴリーの夫としても知られている。

一方、共同オーナーとなるマクエルヘンニー氏はアメリカ人俳優であり、監督やプロデューサー、脚本家としても知られている。

関連ニュース
thumb

ガブリエウ・ジェズスが右ヒザを手術…所属アーセナルが発表

アーセナルは6日、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの右ヒザの手術が成功したことを発表した。 2日に行われたカタール・ワールドカップのカメルーン代表戦で右ヒザを負傷し、無念の戦線離脱を余儀なくされたジェズス。 当初は1カ月程度の離脱と見られていたが、その後の検査によって手術が必要なことが判明。そして、カタールからロンドンに戻った同選手はすぐさま手術を受けた。 現時点で正確な離脱期間は不明だが、数カ月単位の離脱は確実となっており、イギリス『テレグラフ』は3カ月と予想している。 これにより、今夏5200万ユーロで獲得したエースストライカーを長期間失うことになったプレミアリーグ首位のアーセナルは、今冬の移籍市場でセンターフォワードの緊急補強を余儀なくされる見込みだ。 2022.12.07 02:32 Wed
twitterfacebook
thumb

アスピリクエタがチェルシー愛を語る「さらに長い年月をロンドンで」

スペイン代表DFセサル・アスピリクエタがチェルシー愛を語った。 カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のアスピリクエタ。グループE最終節の日本代表戦ではFWアルバロ・モラタの先制点を絶妙クロスでアシストした。6日にはベスト8を懸け、決勝トーナメント1回戦でモロッコ代表と対戦する。 所属するチェルシーでは長らく主将の大役を担うも、今夏はバルセロナへの移籍が話題に。モロッコ戦を控えるなか、スペイン『ムンド・デポルティボ』のインタビューに応じ、バルセロナ移籍が実現する可能性はあったと認めつつ、チェルシーとロンドンへの愛が勝ったと語る。 「最終的にチェルシーとの契約を更新するという決断を下したが、これはフットボールの世界においては自然的なことであり、僕自身の頭の中はいつでもクリアだよ」 「ここは僕の家。子どもはロンドンで生まれ、スペイン語よりも英語の方が上手なんだ。望まない形で家を去るなんてできないよ。それを行動(契約更新)で示した格好かな」 また、自身の契約更新とほぼ同じタイミングでチェルシーにやってきた新オーナー、トッド・ベーリー氏の下でも長くプレーしたいと口にした。 「最初はどんな人が来るのかさっぱりだったけど、新たなプロジェクトのために僕のことも頼りにしてくれている。ロンドンで冒険を続けるべきだと悟ったよ。ここでさらに長い年月を過ごせるよう願っている」 2022.12.05 19:29 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがスペイン遠征メンバーを発表、W杯組13人とサンチョらが招集外に

マンチェスター・ユナイテッドは4日、中断期間を利用して行うスペイン遠征のメンバーを発表した。 中断期間前のプレミアリーグを5位で折り返したユナイテッド。現在はカタール・ワールドカップ(W杯)が開催中のため、多くの選手がオフ期間となっていたが、今月21日の公式戦再開に向け、スペイン遠征から再始動する。 今回の遠征は、W杯組の13選手とケガを抱えるDFアクセル・トゥアンゼベがメンバー外に。また、W杯の最終26人から漏れたイングランド代表FWジェイドン・サンチョもコンディション面に不安があり、本拠地での個人トレーニングになるとのことだ。 ユナイテッドは7日にカディスと、10日にレアル・ベティスと親善試合を行う予定で、いずれの試合もクラブの公式チャンネル『MUTV』で中継。中断期間明けは21日にEFLカップ(カラバオカップ)4回戦でバーンリーと対戦し、27日にプレミア第17節でノッティンガム・フォレストと対戦する。 2022.12.04 21:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ノッティンガム・フォレスト、冬の補強第一号! 元ブラジル代表の肩書を持つ28歳司令塔

ノッティンガム・フォレストは4日、元ブラジル代表MFグスタボ・スカルパ(28)をパルメイラスから獲得したことを発表した。契約は2026年夏までとなる。 トップ下を主戦場とするスカルパ。しなやかなボールタッチと左足の精度の高いキックが特長で、かつ中盤のポジション全域をカバーできるユーティリティ性も併せ持つ。 元フルミネンセMFは2018年1月からパルメイラスでプレーしており、2022年は公式戦60試合に出場し13ゴール15アシストを記録。クラブ・ワールドカップではチェルシーと決勝で対戦した。 同クラブでは通算211試合37ゴール51アシストを数える中で、2度のブラジルリーグ制覇をはじめ、コパ・リベルタドーレスも2度、コパ・スダメリカーナも1度優勝している。 2017年に一度ブラジル代表で試合に出たこともあるスカルパ。フォrスト加入は夢だったとし、新たな挑戦に喜びをあらわにした。 「ここに来るのは夢だったからとても嬉しいよ」 「新しい挑戦だ。待ちきれないね。ヨーロッパでプレーすることは小さい頃からの野望で、プレミアリーグは夢の舞台だった」 「僕はテクニカルなプレイヤーだけど、ここ数年で守備力も上がっている。それにとても献身的でハードワークも惜しまない。早くプレーするところを見せたいよ」 2022.12.04 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アグボンラホル氏、「ラ・リーガ行きが夢」発言のL・ディアスに喝「現在に集中すべき」

元イングランド代表FWガブリエル・アグボンラホル氏が、リバプールのコロンビア代表FWルイス・ディアスに喝を入れた。 L・ディアスは今年1月にポルトからリバプールへ移籍。今季のリバプールが中断期間までにプレミアリーグ6位と苦しい戦いを強いられるなか、自身は10月上旬に負傷しており、年末の戦列復帰に照準を合わせている段階だ。 現在は代表チームがカタール・ワールドカップ(W杯)と無縁なこともあり、回復に努めつつも束の間のオフに。アグボンラホル氏はイギリス『Football Insider』で、L・ディアスがつい先日の母国メディアのインタビューで「ラ・リーガでのプレーが夢」と語ったことに噛み付いた。 「今もスペインに行きたいと願っているのは間違いないのだろう。彼がバルセロナやレアル・マドリーでコンスタントに活躍できる選手だとは、必ずしも言い切れないがね」 「そんなことより、現在の彼はコンディションの回復に集中すべきだ。ピッチに戻るため、リバプールで最高のパフォーマンスを発揮するため、全身全霊を注ぐべき状況のはずだ」 アグボンラホル氏としては、所属クラブで試合に出られない状況が続いていたなかでの将来の移籍を示唆したとも捉えられかねない発言が気に食わなかったのだろう。L・ディアスの後半戦の爆発に期待したい。 2022.12.03 20:52 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly