カタール1部で奮闘の小林祐希、カップ戦で“完璧ドライブシュート”を叩き込む!

2020.11.12 12:02 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・スターズリーグのアル・ホールに所属する元日本代表MF小林祐希(28)がスーパーゴールを決めた。10月にベルギーのベベレンからアル・ホールに加入した小林は、11日に行われたスターズリーグ・カップのアル・ドゥハイル戦に先発出場を果たすと、1-0で迎えた37分に見せる。

◆韓国で活躍する日本人MF西翼がハーフウェイラインから見せた浮き球スルーパス

味方のシュートが相手のブロックに遭い、高々と上がりながらペナルティーアーク手前の小林のもとへ。落ち際を思い切りよく左足を振り抜くと、完璧にミートしたボールはドライブシュートのような軌道を描き、鋭く落ちながらゴール左へと突き刺さった。

アル・ホール加入後は中盤の一人として重宝されている小林。これが加入後2ゴール目となった。

試合は、その後もゴールを重ねたアル・ホールが6-0で大勝している。

◆小林祐希の“完璧ドライブシュート”(2点目)
コメント
関連ニュース
thumb

本田圭佑がボタフォゴ退団? 加入後4人の監督が交代「信じられない」

ボタフォゴに所属するMF本田圭佑(34)が、クラブからの退団を示唆した。 ボタフォゴは27日、かつて横浜マリノスでプレーし、アルゼンチン代表としても活躍していたラモン・ディアス監督(61)と契約解除を発表した。 11月8日に監督就任が発表されていたディアス監督だったが、就任翌日にパラグアイで結節性甲状腺腫の手術。しかし、術後の回復が思わしくなく、12月7日まで入院が延長。そのためクラブは契約を解除することとなった。 本田は2020年2月にフィテッセからボタフォゴに加入。しかし、2019年10月に就任していたアルベルト・バレンティン監督が2月に解任されると、後任としてもと鹿島アントラーズやセレッソ大阪を指揮したパウロ・アウトゥオリ監督が10月に解任。後任のブルーノ・ラザロニ監督が1カ月も持たずに解任されており、ディアス監督を含めて5度の監督交代となった。 この状況に本田は自身のツイッター(@kskgroup2017)を更新。「信じられない」と投稿。そして「この数日で僕を納得させないなら、去ることを考え始める」とツイート。ボタフォゴから退団を考えていると取れるツイートをしていた。 ブラジル『グローボ』によると、本田は2021年2月まで延長となったリーグ戦を考え、契約を短期更新。しかし、チームはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで現在降格圏の19位に位置しており、今シーズン限りで去る可能性も低くはなさそうだ。 今シーズンの本田はセリエAで15試合に出場し2ゴールを記録。チームは残留することを望んでいるが、どういう決断を下すだろうか。 <div id="cw_ad">◆本田が退団を示唆?<br/><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Unbelievable.</p>&mdash; KeisukeHonda(本田圭佑) (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1332426950892167168?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">I will start thinking to leave if they won&#39;t convince me in few days.</p>&mdash; KeisukeHonda(本田圭佑) (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1332428344646717446?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.11.28 14:02 Sat
twitterfacebook
thumb

アフリカCL、アル・アハリが最多9度目の優勝! 史上初の同国対決制す

アフリカクラブ王者を決めるCAFチャンピオンズリーグ決勝が27日に行われ、エジプトのアル・アハリが優勝した。 例に漏れず、新型コロナウイルスの影響で長らくの中断を強いられていたCAFチャンピオンズリーグ。10月17日に準決勝から再開し、この度アル・ザマレクとアル・アハリによるエジプトクラブ同士の決勝戦が行われた。 同じ国のクラブが決勝で激突するのは大会史上初。加えて、ともに首都カイロを本拠地とするクラブということもあり、元々の開催地はカメルーンのドゥアラだったが、同国のサッカー連盟が開催を拒否したことから、最終的にカイロ国際スタジアムで行われることになった。 それぞれ5回と8回の優勝経験を誇る強豪同士の対決は、開始5分にCKを頭で押し込んだMFアムル・エルソリアのゴールでアル・アハリが先制する。しかし、準々決勝で2連覇中だったチュニジアのエスペランスを下したアル・ザマレクも31分、MFシカバラがボックス手前右から左足でゴール左上を撃ち抜くスーパーゴールを決めて同点に追いつく。 1-1で迎えた後半も互いに決定機を迎える白熱した試合が展開された中、決勝ゴールは86分に生まれた。胸トラップでボックス手前左に抜け出したMFモハメド・マグディが、そこからボレーで右足一閃。ドライブのかかった強烈なシュートがネットに突き刺さり、このゴールでアル・アハリの勝利が決定。2013年以来大会最多9度目の優勝を果たした。 なお、これにより来年2月に延期となったクラブ・ワールドカップ出場が決まったアル・アハリは、ホスト国カタールのアル・ドゥハイル、ヨーロッパ王者のバイエルン、オセアニア王者のオークランド・シティに続く4クラブ目となった。 2020.11.28 13:52 Sat
twitterfacebook
thumb

元チェルシーのMFラミレスがパウメイラスと契約解除で退団

パウメイラスは27日、元ブラジル代表MFラミレス(33)の退団を発表した。 かつてはベンフィカやチェルシーでもプレーし、2016年1月から中国スーパリーグの江蘇蘇寧でプレーしたラミレス。2019年7月からパウメイラスでプレーしていた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiTnR4ZXZESSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> パウメイラスでは公式戦42試合で1ゴールを記録。今シーズンもカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで16試合に出場していた。 しかし、最近はチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)が大流行する中、マスクもせずにナイトクラブで遊んでいたことが発覚。大きな非難を浴びるとともに、罰金を科されていた。 また、加入初年度は江蘇蘇寧時代から悩まされている左足内転筋のケガに悩まされるなど、ピッチ上でのパフォーマンスも低く、不満を持つファンからは痛烈な批判にさらされていた。 ラミレスはクラブに退団を要求。2023年までの契約を結んでいたが、ラミレスの状況などを踏まえてパウメイラスも双方合意の下で契約を解除したと発表した。 チェルシー時代にはチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ、プレミアリーグ、FAカップ、EFLカップと獲得できるタイトルを全て獲得したラミレス。新天地はどこになるだろうか。 2020.11.28 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑所属のボタフォゴ、健康上の理由でラモン・ディアス監督との契約解除を発表

本田圭佑の所属するボタフォゴは27日、健康上の理由でラモン・ディアス監督(61)との契約を解除したことを発表した。 ディアス監督は、10月16日に解任されたヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ前監督の後任として8日にボタフォゴの指揮官に就任していた。 ボタフォゴはクラブの公式ツイッターで「ラモン・ディアス監督と彼のアシスタントチーム全員がクラブを去ることを報告する。残念ながら、ディアス監督は健康上の理由で12月7日まで入院が必要となり、クラブはこれ以上待つことができない」と契約解除の理由について明かした。 なお、『ESPN』によれば、ディアス監督は就任決定後にパラグアイで結節性甲状腺腫の手術を受けたとのこと。当初は10日間の入院でブラジル入りする予定だったが、回復が思わしくなく退院が12月7日まで延長したようだ。 また、ボタフォゴはディアス監督の後任として昨年4月~10月までボタフォゴを率いたブラジル人指揮官エドゥアルド・バロッカ氏(40)が就任することを併せて発表した。 2020.11.28 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

エスパニョール退団のMFビクトル・サンチェスが豪ウェスタン・ユナイテッドに加入

オーストラリアのAリーグに所属するウェスタン・ユナイテッドは27日、スペイン人MFビクトル・サンチェス(33)の加入を発表した。契約期間は2年間となる。 バルセロナのカンテラ出身のサンチェスは、2009年7月にファーストチームへ昇格。その後は、シェレスやヘタフェへとレンタル移籍を経験。2011年7月にスイスのヌーシャテル・ザマックスへ完全移籍していた。 2012年1月に自身が育ったバルセロナのライバルクラブであるエスパニョールに加入すると、当時指揮を執っていたマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下で主軸としてプレー。以降8年半に渡ってボランチを主戦場に公式戦通算270試合に出場し11ゴール23アシストを記録していた。 ビクトル・サンチェスは2021年6月30日までエスパニョールとの契約を残していたが、昨シーズンにエスパニョールがセグンダ降格となった影響もあり、8月に双方合意の下で退団。ここまでフリーの状況が続いていた。 なお、Aリーグでは先日、サンチェス共にエスパニョールでプレーしたスペイン人DFハビ・ロペス(34)がアデレード・ユナイテッドに加入。また、元スペイン代表MFマルケル・スサエタ(32)と同MFベニャ・エチェバリア(33)がマッカーサーFCへ加入していた。 2020.11.28 06:30 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly