レジェンドGKバルテズがプロデビューを飾ったトゥールーズのコーチ就任

2020.11.11 07:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ・ドゥのトゥールーズは10日、元フランス代表GKファビアン・バルテズ氏(49)をトップチーム及びユース部門のGKコーチに任命したことを発表した。契約期間は今季終了までとなっている。フランス代表として87試合に出場し、フランス・ワールドカップ、ユーロ2000優勝に貢献したバルテズ氏。クラブレベルではマルセイユやモナコ、マンチェスター・ユナイテッドで活躍した。トゥールーズは1990年にプロデビューを飾ったクラブで2年間在籍していた。

2007年に現役引退後はレーサーに転身し、ル・マン24時間耐久レースにも参戦していた。

トゥールーズにGKの養成学校を設立しているバルテズ氏だが、指導者としてプロクラブに関わるのは今回が初めてとなる。
コメント
関連ニュース
thumb

メス、バチュアイ弟のFWレヤ・イセカを獲得! 長期離脱エースの穴埋め

メスは29日、トゥールーズからベルギー人FWアーロン・レヤ・イセカ(22)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「24」に決定している。 クリスタル・パレスでプレーするベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(27)を実兄に持つレヤ・イセカは、アンデルレヒトでプロデビュー。マルセイユやズルテ・ワレヘムへのレンタル移籍を経て、2018年夏にトゥールーズへ完全移籍していた。 センターフォワードを主戦場とするスピードと打開力に長けたストライカーは、昨シーズンのリーグ・アンで22試合2ゴールの数字を残していたが、クラブの降格に伴い、今季ここまではリーグ・ドゥで2試合に出場していた。 なお、メスでは今季のリーグ・アンで6戦6ゴールを挙げていたU-20セネガル代表FWイブラヒマ・ニアネが前十字じん帯断裂の重傷を負い、長期離脱を強いられていた。 2020.10.30 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

トゥールーズ退団のコートジボワール代表MFグラデルの新天地はトルコに決定!

スィヴァススポルは16日、コートジボワール代表MFマックス・グラデル(32)の加入を発表した。契約期間は2022年6月30日までの2年となる。 レスター・シティでプロキャリアをスタートしたグラデルは、サンテチェンヌ、ボーンマスを経て2017年にトゥールーズへレンタル移籍。翌年に完全移籍に切り替わると、レンタル期間を含めた在籍3シーズンで公式戦96試合28ゴール17アシストを記録するなど主力として活躍してきた。 しかし、トゥールーズのリーグ・ドゥ(フランス2部)降格を受けて、今シーズン限りで退団。そして、新天地は自身にとってキャリア3カ国目となるトルコとなった。 なお、コートジボワール代表として75試合12ゴールを誇るベテランウイングが加入することになったスィヴァススポルは、今シーズンのスュペル・リグを4位でフィニッシュし、ヨーロッパリーグ出場権を手にしている。 2020.08.17 13:31 Mon
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン22チーム制案、LFP理事会が全会一致で否決

検討されていたリーグ・アンの22チーム制について、 フランス・プロリーグ機構(LFP)理事会は全会一致で否決したようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 新型コロナウイルスの感染拡大によって、4月30日に打ち切りが決まったリーグ・アン。最終順位はその時点での順位表に基づき、パリ・サンジェルマンの優勝と、19位アミアン及び20位トゥールーズの降格が決定した。 しかし、時期尚早の決断だったうえに10試合も残していたため、アミアンとトゥールーズ、そして来季の欧州カップ戦の出場を逃したリヨンが猛反発。3クラブは行政裁判の最高裁に当たる国務院に上訴していた。 9日にリヨンの訴えは棄却されたが、アミアンとトゥールーズに関しては、来シーズンに限り22チーム制にする、降格に対する再検討がフランスサッカー連盟(FFF)とLFPの間でなされていた。 しかし、『レキップ』によるとLFP理事会は全会一致で同案を否決。アミアンとトゥールーズは改めて降格待ったなしという状況に追い込まれている。 2020.06.20 00:30 Sat
twitterfacebook
thumb

フランスの国務院がリヨンの訴えを棄却…アミアンとトゥールズの降格処分は一時停止に

フランスの国務院(最高行政裁判所)は9日、2019-20シーズンのリーグ・アン打ち切りを巡ってリヨン、アミアン、トゥールーズの起こした訴訟の判決を言い渡した。 フランス・プロリーグ機構(LFP)は4月30日、フランス政府の意向を受け入れる形で、今シーズンのリーグ・アンとリーグ・ドゥ(フランス2部)を終了することを決定した。 だが、1試合あたりの平均勝ち点で算出された最終順位の決定に関しては、10節を残していたこともあり、戦わずして降格が決定した19位のアミアン、最下位のトゥールーズ、来シーズンのヨーロッパコンペティション出場圏外の7位となったリヨンの3クラブが不服として訴訟を開始した。 しかし、パリの行政裁判所は5月22日に、今回のケースがフランス国家が関与する問題を含んでいることを理由に訴えを棄却。これ受けて、3クラブは行政裁判の最高裁に当たる国務院に上訴していた。 そして9日、国務院はリーグ終了の決定に関しては重大な疑いはなかったとし、リヨンの訴えを棄却。その一方、アミアンとトゥールーズに関しては、降格処分を一時停止とし、2020-21シーズンに2クラブを加えた新たなリーグ形式を採用できないかフランスサッカー連盟(FFF)と共に再検討するようにLFPに命じた。なお、降格に関する再検討は6月30日までに行われるとのことだ。 2020.06.10 01:01 Wed
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン打ち切りを巡る3クラブの訴訟に動き…パリ裁判所は判決を棄却

2019-20シーズンのリーグ・アン打ち切りを巡ってリヨン、アミアン、トゥールーズの3クラブが起こしている訴訟に動きが見られた。 フランス・プロリーグ機構(LFP)は4月30日、フランス政府の意向を受け入れる形で、今シーズンのリーグ・アンとリーグ・ドゥ(フランス2部)を終了することを決定した。 だが、1試合あたりの平均勝ち点で算出された最終順位の決定に関しては、10節を残していたこともあり、戦わずして降格が決定した19位のアミアン、最下位のトゥールーズ、来シーズンのヨーロッパコンペティション出場圏外の7位となったリヨンの3クラブが不服として訴訟を開始していた。 3クラブが起こした訴訟はいずれもパリの行政裁判所が担当していたが、同裁判所は22日に、今回のケースがフランス国家が関与する問題を含んでいることを理由に棄却を決定した。 なお、パリの行政裁判所の棄却を受け、LFPが「棄却の決定に満足」との反応を示した一方、リヨンは「LFPが22日時点でパリの行政裁判所の態度を喜んでいることに驚きを感じている」と不快感を示している。 フランス『レキップ』などが伝えるところによれば、3クラブは25日にも破毀院(最高裁判所にあたる)で改めて訴訟を起こすようだ。 2020.05.23 13:55 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly