エースの特権?CLでメッシが見せた “無気力”ディフェンスが注目を浴びる

2020.11.06 15:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのプレーに注目が集まっている。

バルセロナは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第3節でディナモ・キエフとホームで対戦し、2-1で勝利。CLグループステージ3連勝を飾り、決勝トーナメント進出に王手をかけている。


◆メッシが見せた異次元のアシスト

この試合にフル出場を果たしたメッシは、先制点となるPKを決めるなど、勝利に貢献したが、この試合で見せたあるプレーがSNS上で話題になっている。

その場面というのは、試合終了間際の93分のシーンだ。自陣に引いて守るバルセロナに対して、ハーフウェイライン付近からディナモ・キエフのDFがボールをドリブルで運ぶ。すると、前線のメッシは、それをただ歩きながら傍観しており、自身の目の前をDFがドリブルで横切っても全くプレスをかける素振りを見せない姿が映像として捉えられていた。

もちろんこれは試合終了のホイッスルが吹かれる数十秒前であるということは加味されるべき事実ではあり、この映像だけを切り取りメッシを批判すべきではないが、そのあまりにやる気のない素振りに驚きの声が上がっている。

ツイッターでは、大半のファンが90分以上走り回った後、試合終了直前に一瞬歩いたことをそこまで責めるべきことではないと、同情的なコメントを寄せる一方で、「メッシは世界最高の選手だと思うが、だからといって彼がチームメイトやファンに敬意を欠くプレーをしていいわけではない」との声も挙がっている。

今夏、退団希望を発表したものの、クラブ側がその申し出を拒否したことで、不本意な形でバルセロナ残留を決めていたメッシ。今シーズンにかけるモチベーションを不安視する声が挙がっていただけに、それに拍車をかけるようなプレーにいつも以上に注目が集まってしまったのかも知れない。

◆メッシの“無気力”ディフェンスが凄い


関連ニュース
thumb

バルサ、今季台頭の若手DFミンゲサと契約延長か…オプション行使で2年更新可能

バルセロナが、スペイン人DFオスカル・ミンゲサ(21)の契約延長を前向きに検討しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 バルセロナの下部組織出身で、今シーズンにロナルド・クーマン監督の下でトップチームデビューを果たしたミンゲサ。本職はセンターバックながら、両サイドバックもこなせる器用さも備えており、今季はケガによる離脱の多いDFセルジ・ロベルトの穴を埋めながら、ここまで公式戦25試合に出場している。 この活躍にバルセロナのテクニカル部門も2年の更新条項を行使することを前向きに考慮。3月に決定する新会長や監督次第で、実行に移すとのことだ。 一方で、ミンゲサにはベティスが注目しているとの噂もある。伝えられるところでは、ベティスはローコストの右利きのセンターバックを探しており、現状2021年夏で契約が切れるミンゲサはうってつけの補強候補なのだという。 バルセロナとしては、現状では欠かせないミンゲサだが、今後の方針次第ではトップチームから降格してしまう可能性も捨てきれないため、契約を延長しつつ、ベティスへのレンタル移籍させるオプションも持っておくことが理想的だという。『ムンド・デポルティボ』は、ベティスとミンゲサの代理人がすでに接触したことを確認している。 2021.03.03 17:22 Wed
twitterfacebook
thumb

稀代の若手アンス・ファティがトッププレイヤー5名を選出!「メッシにプジョルに…」

バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティが、各ポジションにおけるベストプレイヤー5人を選んだ。 先日、2021年のローレウス世界スポーツ賞の「ブレークスルー部門」にノミネートしたことが発表されたファティ。2019年8月に当時16歳でトップチームデビューを果たし、以降はラ・リーガやチャンピオンズリーグで様々な最年少記録を打ち立ててきた。 現在はヒザのケガで昨年11月から戦線離脱を強いられており、一刻も早い復帰が期待されているファティが、同賞のノミネートを受けてインタビューに応じた。ノミネートの感想やバルセロナでのプレーに関する様々な質問に答えた中で、自身が選ぶ5人のトッププレイヤーを明かした。 「ビクトル・バルデスに(カルロス・)プジョル、チャビか(アンドレス・)イニエスタ、それと(リオネル・)メッシとクリスティアーノ(・ロナウド)だね」 5人に絞り切れていないが、バルセロナのカンテラーノ、そしてアタッカーという観点からすれば納得のいく5人だろうか。もちろん多少は偏見もあるかもしれないが、バルセロナ出身の選手の中に一人、クリスティアーノ・ロナウドを選んだあたりは点取り屋としての性なのかもしれない。 メッシに関しては別の質問で言及しており、プレー面だけでなく人間性も見習っているようだ。 「世界一の選手とプレーできるなんて夢のようだよ。練習ではいつも彼を見て勉強しているんだ」 「彼からのアドバイス?僕もメッシと同じように謙虚さを持とうと思うんだ。全てを手にしたにもかかわらず、彼は本当に気取ったりしないんだ。彼から貰えるアドバイスはね、常に地に足つけておくことだよ」 18歳でまだまだ伸びしろを残すファティ。果たして偉大なレジェンドたちに追い付ことはできるだろうか。 2021.03.03 15:04 Wed
twitterfacebook
thumb

ラキティッチがコパ準決勝バルセロナとの2ndレグへ意気込み「より美しい舞台へ」

セビージャのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、コパ・デル・レイ準決勝2ndレグのバルセロナ戦に向けてコメントしている。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 先月10日に行われた1stレグではホームで2-0で先勝したセビージャ。古巣戦となったラキティッチは86分に2点目を決めて、決勝進出へより有利な状況にした。 ラ・リーガでも好調を維持しており、現状で首位のアトレティコ・マドリーとは勝ち点差10の4位に位置。4位以上ないしは優勝の可能性すらまだまだ残されている。 ラキティッチは3日に行われる2ndレグを前に、バルセロナ時代との心境の変化について語った。 「今の僕はより完璧な選手に近づいているよ。前よりもフットボールを楽しめているし、前よりも感謝する機会が多くなった。細かい部分を重要視するようになったんだ」 「もちろん、もっと良くならなければならない。バルセロナという成功が約束された場所に6年もいたら、それが当たり前になっていた。チーム(セビージャ)がやっていることは信じられないことで、普通のことではない」 2ndレグ直前には、セビージャはリーグ戦でホームにバルセロナを迎え、0-2で敗れている。今回の一戦は、1勝1分けで迎える3試合目となる。しかしながら、ラキティッチはこれまでの2試合の結果がもたらす影響はないとし、決勝進出に向けてチームが大きな野望を持っていることを主張した。 「ひとつの試合が次の試合に影響を与えることはない。コパの1stレグと2ndレグもまた大きく異なっている」 「僕たちが伝えたいのは、スペインでプレーできる最も美しい試合に到達するという並外れた野心を持っているということ。バルセロナにとってはそれが義務であると言うことは知っているけど、僕たちはそれを楽しみたい。この街で決勝戦を行えるよう、精一杯戦うよ」 2021.03.03 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「クラブのイメージにはよくない」バルサ前会長の逮捕にクーマン監督「私は困惑した」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、家宅捜索が行われ、逮捕されたジョゼップ・マリア・バルトメウ元会長について言及した。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナでは1日、「バルサゲート」と呼ばれる過去の汚職事件の疑いによりオフィスが家宅捜索。関与していたとされる前会長のバルトメウ氏の他、CEO(最高経営責任者)のオスカル・グラウ氏、法務を担当していたロマン・ゴメス・ポンティ氏、バルトメウ氏の右腕としても知られたジャウメ・マスフェレール氏も逮捕されたと報じられていた。 そのバルセロナは、3日にセビージャとのコパ・デル・レイ準決勝2ndレグが控えており、試合前に大きな話題を呼ぶ事態となっていた。 セビージャ戦に向けた会見に出席したクーマン監督は、今回の事態についてコメント。バルセロナというクラブが引き起こす興味であると見解を述べた。 「世界最大のクラブだ。誰もがバルサを見ており、サッカー以外の質問が多い。マスコミがクラブについてのことを知ろうとしていることを理解しているし、それを問題だとは思わない」 一方で、自身がまだバルセロナにいなかった時期の話により前会長ら幹部が逮捕されたが、会長らのイメージについてコメント。また、クラブへ与える影響はあるとしながらも、自身はサッカーに集中すると語った。 「ニュースが出た時、バルトメウ、オスカル・グラウをよく知っているので私は困惑した。バルトメウは常に例外的な人物だった」 「クラブのイメージにはよくないことだ。何が起こるのかを待つ必要がある。私はここにいなかった時のことだ。何が起きているのかわからないし、何もできない。サッカーに集中しなければならない」 2021.03.03 10:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ペドリが驚異的な回復力披露! 左足負傷で数週間の離脱報じられるも2日に全体練習へ参加

バルセロナのU-21スペイン代表MFペドリが驚異的な回復力を見せている。 ペドリは2月27日に行われたラ・リーガ第25節のセビージャ戦で先発出場。だが、71分に左足のふくらはぎを痛めて負傷交代していた。 その後、クラブは左足ヒラメ筋の負傷と発表し、スペイン『アス』などは、離脱期間が3週間程度になるとも報じていた。 しかし、ペドリは2日午前に行われたトレーニングセッションでグループトレーニングに参加しており、3日に行われるセビージャとのコパ・デル・レイ準決勝2ndレグでも起用可能な模様だ。 その一方で、同じセビージャ戦で足首のケガを再発させたウルグアイ代表DFロナルド・アラウホは別メニューでの調整となった。 ラス・パルマスから加入したペドリは、ここまで公式戦37試合の出場で3得点4アシストの数字を収め、大きな飛躍を遂げている。 2021.03.03 01:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly