父親を先月コロナで亡くしたトッティがコロナ陽性か

2020.11.02 23:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ氏が新型コロナウイルスに感染したようだ。イタリア『スカイ』が報じている。

同メディアによればトッティ氏は発熱などの症状があったとのことだ。ただ、既に症状は改善に向かっていると報じている。

トッティ氏は先月の12日、父親のエンツォ氏をコロナウイルスによって76歳で亡くしていた。



関連ニュース
thumb

アタランタvsインテルの上位対決は両守護神が活躍しゴールレスドロー《セリエA》

セリエA第22節、アタランタvsインテルが16日に行われ、0-0で引き分けた。 前節ウディネーゼに6発圧勝とした4位アタランタ(勝ち点41)は、4日前に行われたコッパ・イタリアではヴェネツィアを下して準々決勝進出。そのアタランタはムリエルを最前線に、2シャドーにパシャリッチとペッシーナを起用した。 一方、前節ラツィオ戦を制して8連勝とした首位インテル(勝ち点49)は同じく4日前に行われたスーペル・コッパではユベントスを延長後半追加タイム弾で撃破。好調が続くチームはジェコとユベントス戦決勝ゴールのサンチェスが2トップを形成した。 一進一退の攻防で立ち上がった中、アタランタが徐々に押し込む展開としたものの、インテルは16分にジェコがヘディングシュートで牽制すると、26分にビッグチャンス。ショートカウンターに転じた流れからボックス右に侵入したサンチェスがシュート。しかし、GKムッソのファインセーブに阻まれた。 前半半ば以降もアタランタがやや押し込む展開で推移したものの、インテルも集中した守備で跳ね返し、好機を許さず前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半開始4分、アタランタにビッグチャンス。高い位置でボールを奪った流れからボックス内のペッシーナがシュート。だが、GKハンダノビッチにビッグセーブで阻まれた。 その後半も一進一退の攻防が続き、互いに譲らない展開で推移する中、インテルは67分に3枚替え。ホアキン・コレア、ダンフリース、ビダルを投入した。 そのインテルは71分に決定機。サイド攻撃の流れから、ダンフリースの頭での折り返しをジェコがヘッドで合わせたがシュートは枠の上に外れた。 さらに76分、ビダルのミドルシュートがGKムッソを強襲したインテルに対し、アタランタも反撃。まずは79分、パシャリッチのヘディングシュートでゴールに迫ると、81分にはムリエルがDFをスピードで振り切ってボックス内からシュート。しかし、ここもGKハンダノビッチのファインセーブに阻まれた。 終盤にかけても互いにゴールに迫るも両守護神が立ちはだかり、ゴールレスで決着。インテルの連勝は8で止まり、上位対決は共に勝ち点1を分け合う結果となった。 2022.01.17 06:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマが2022年初勝利! デビュー戦でPKキッカー指名のセルジオ・オリベイラが決勝点《セリエA》

セリエA第22節、ローマvsカリアリが16日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。 2022年に入ってミラン、ユベントス相手に連敗スタートとなった7位のローマは、降格圏の18位に沈むカリアリをホームに迎えて新年初勝利を目指した。 モウリーニョ監督は3-4で敗れたユベントス戦から先発4人を変更。出場停止のイバニェスとコンディション不良のスモーリングに代えてマンチーニ、クンブラをセンターバックに置き、中盤では出場停止のクリスタンテとベンチのヴェレトゥに代えてポルトからの新戦力のセルジオ・オリベイラ、ザニオーロを起用した。ただ、ウォームアップ中に痛みを訴えたペッレグリーニがプレー不可能となり、急遽ヴェレトゥがスタメンに入り、マンチーニが腕章を巻くことになった。 試合は開始早々にローマにチャンス。4分、セルジオ・オリベイラからのスルーパスに抜け出したザニオーロがボックス内でDFカルボーニと交錯。このプレーでPKが与えられる。だが、オンフィールドレビューの結果、先にカルボーニがボールにアタックしていたとの判定でPKは取り消しに。 以降はボールの主導権を握りながらアフェナ=ギャン、ザニオーロの両翼のスピードを生かしながらカリアリ守備の攻略を図っていく。幾度か惜しいカウンターチャンスを作るが、最後の精度を欠く。 それでも、30分過ぎにはムヒタリアンの中央突破を生かしたカウンターアタックからボックス手前右のセルジオ・オリベイラが強烈なシュートを放つと、これがDFダウベルトの身体から離れていた左腕に直撃。この試合2度目のオンフィールドレビューの結果、今度はPKが与えられた。 ローマにはヴェレトゥというメインキッカーがいたものの、モウリーニョ監督はポルト時代からPKの名手として知られたセルジオ・オリベイラをキッカーに指名。これがデビュー戦の29歳MFは難なく右隅へ蹴り込んでデビュー戦で早速ゴールを決めた。 前半の良い時間帯に先制に成功したローマは、より前に出てきたカリアリの攻撃を受け止めながらムヒタリアンを起点に幾度か鋭いカウンターを発動。快足を飛ばしたアフェナ=ギャンのお膳立てからボックス内のザニオーロに絶好機が訪れたが、ここは相手DFの見事なカバーリングもあって2点リードでハーフタイムを迎えることはできなかった。 後半も試合展開に大きな変化はなし。トップ下で存在感を示すムヒタリアンのチャンスメイクからアフェナ=ギャンに再三のカウンターチャンスが訪れるが、18歳FWは若さ故の判断ミスや自身の驚異的なスピードを御し切れず、ことごとくチャンスをフイにしてしまう。65分にはムヒタリアンの突破からボックス右に抜け出したヴェレトゥにラストパスが出るが、ここはシュートをミートし切れず。 守備の局面ではマンチーニを中心に集中した対応が続く一方、ここ最近の大量失点を考えると、2点目がほしいローマ。74分には右サイドから馬力のある仕掛けでDF2枚を振り切ってボックス内に侵入したザニオーロに絶好機も、利き足とは逆の右足で放ったシュートはわずかに枠の左に外れた。 以降も再三の決定機をモノにできずに最少得点差での痺れる状況が続くローマは、84分に大ピンチが訪れる。右サイドからのグラウンダーのクロスをゴール前に走り込んできたジョアン・ペドロに右足ワンタッチで合わせられるが、ここはGKルイ・パトリシオが見事な反応で触りボールはクロスバーを叩いた。 思わず冷や汗をかいたモウリーニョ監督はザニオーロを下げてサイドバックのカルスドルプを投入し、メイトランド=ナイルズを一列上げる。さらに、試合終了間際にはこれがトップチームデビューとなる17歳のギリシャ人DFケラミツィスをピッチに送り込み、完全に逃げ切り態勢に入った。 そして、このまま時計を進めたローマがウノゼロで勝ち切り、連敗をストップすると共に4戦ぶりとなる2022年初勝利を手にした。 2022.01.17 04:05 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田ら離脱でCB手薄なサンプドリアがヴェローナからマニャーニをレンタル!

サンプドリアは16日、エラス・ヴェローナからイタリア人DFジャンジャコモ・マニャーニ(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は今シーズン終了までとなる。 190cmの長身センターバックのマニャーニは、セリエCのシラクサでのプレーが評価されると、ペルージャでのプレーを経て、2018年夏にユベントスへ完全移籍。しかし、即座にサッスオーロへ買い戻しオプション付きのレンタルに出されると、以降はブレスト、ヴェローナへのレンタル移籍を繰り返し、2020年9月にはヴェローナに完全移籍で買い取られることになった。 そのヴェローナでは在籍1年半で公式戦41試合に出場。今シーズンここまではセリエA14試合に出場していた。 サンプドリアではガンビア代表DFオマル・コリーがアフリカ・ネーションズカップ参戦中で、日本代表DF吉田麻也も右太ももの負傷で1カ月程度の離脱が見込まれており、センターバックの補強が急務となっていた。 2022.01.16 19:58 Sun
twitterfacebook
thumb

契約交渉暗礁のディバラ、憶測呼ぶゴール時のスタンド直視 「招待した友人が見つからなくて…」

ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)が契約問題に言及した。 2015-16シーズンにパレルモから加わり、2017-18シーズンからクラブ伝統の背番号「10」を受け継いだディバラ。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが去った今季も攻撃陣をリードする存在だが、ピッチをひとたび離れれば、今季最終年の契約にも大きな注目を集めている。 長らく取り沙汰される契約交渉は数カ月前まで延長合意ともいわれたが、ユベントスが財政上の問題も理由に提示した給与の減額に動いたと報じられてから状況一転。ディバラ側はこうしたクラブの対応に憤っているとされ、今夏のフリー移籍が噂され出すなど、不透明さが増している。 そんなディバラは15日にホームで行われたセリエA第22節のウディネーゼ戦に先発して、19分に先制ゴールをマークしたが、ゴールを祝わず、無表情でスタンド上部に目をやる姿が話題に。クラブ首脳陣に対する不満を表したものではないかと憶測を呼んだが、どうやら違ったようだ。 ディバラは試合後、イタリア『スカイ』のインタビューでその説明を求められると、「友人を招待していたんだけど、見つからなくて、スタンドの方を探していただけだ」と釈明。自身を信じるべきかとの問いに対しては「どうだろうね」と続け、自身にまつわる報道に嫌悪感を示した。 「それは君たちに任せるよ。最近はたくさんニュースが流れて、話したくないようなことも色々と起きている」 また、『DAZN』のマイクを通じてはクラブとの契約交渉に関する質問を受け、「クラブは2月から3月の間に話し合うと決めている。僕は誰かに証明することなんて何も必要ない。僕は監督の意のままだし、待っているよ」と返答している。 2022.01.16 18:45 Sun
twitterfacebook
thumb

渦中のディバラが2戦連発、ユベントスが2連勝《セリエA》

ユベントスは15日、セリエA第22節でウディネーゼをホームに迎え、2-0で勝利した。 前節ローマとの打ち合いを制した5位ユベントス(勝ち点38)は、3日前に行われたスーペル・コッパのインテル戦では延長戦の末に敗戦。そのユベントスはケアンと契約延長問題に揺れるディバラの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだ。 14位ウディネーゼ(勝ち点20)に対し、立ち上がりからボールを握ったユベントスは19分に最初のチャンスを生かして先制する。アルトゥールのクサビのパスをケアンが落とし、ディバラが受けてボックス中央へ。GKとの一対一を確実に制した。 渦中のディバラ弾で先手を取ったユベントスがその後も敵陣で試合を進めたが、追加点に迫るようなチャンスは生み出せず1点のリードで前半を終えた。 後半からクルゼフスキとアルトゥールに代えてベルナルデスキとロカテッリを投入したユベントスが引き続きボールを握る中、61分にクアドラードがFKでゴールを脅かすと、65分にはディバラがコントロールシュートで追加点に迫った。 そして79分、ユベントスが2点目をこじ開ける。ディバラのサイドチェンジを受けたボックス左のデ・シリオがクロスを上げ、マッケニーが頭で押し込んだ。 終盤にかけても試合をコントロールしたユベントスが2-0で勝利。年明け後のリーグ戦2連勝としている。 2022.01.16 06:39 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly