千両役者・中村憲剛!40歳の誕生日を自ら祝う決勝ゴールで多摩川クラシコで勝利に導く!《J1》

2020.10.31 20:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
明治安田生命J1リーグ第25節、川崎フロンターレvsFC東京が31日に等々力陸上競技場で行われ、2-1で川崎Fが勝利した。前節の川崎Fは名古屋グランパスに3-0で快勝し、リーグ記録の11連勝を達成。前回対戦で連勝を止められた相手にしっかりとリベンジを果たした。それまではカップ戦も相まって厳しい連戦が続いていたが、今回は2週間の間が空き、心身ともにリフレッシュした状態で臨める一戦だ。

一方のFC東京は、前節は柏レイソルに敗れ3連敗。その中でわずか1ゴールと攻撃陣が特に不振に陥っており、中2日でどこまで修正できたかが重要な鍵となりそうだ。


川崎Fにスタメン変更はなく連勝記録更新に挑む。6人変更のFC東京は、横浜F・マリノス戦で一発退場のアルトゥール・シルバが戦線復帰。前線にはディエゴ・オリヴェイラや永井が起用されている。

川崎Fのキックオフとなった今季3度目の多摩川クラシコは、素早い攻守の切り替えを見せたFC東京が、35秒でいきなり三田の枠内シュートに繋げる立ち上がりに。さらに7分過ぎにはレアンドロのヒールパスを受けた三田が再びシュートへ。ボックス右から左足を振り抜いたが、GKチョン・ソンリョンの左足セーブに遭った。

いきなりのピンチに寝耳に水だったホームチームも徐々にペースを握り始める中、今日が40歳のバースデーとなる中村がクロスバー直撃のミドルシュートで挨拶がわりのジャブ。その直後にも、家長の正確なサイドチェンジから三笘が仕掛けると、そのこぼれ球を再び中村がシュート。連続チャンスで観客を沸かす。

白熱したダービーらしい試合が動いたのは意外な形からだった。24分、守田のループパスに反応したレアンドロ・ダミアンが渡辺に倒されPKを獲得。これを家長が冷静に沈めて川崎Fが先制した。

そこから主導権は完全に川崎Fのものに。30分を挟んで家長、守田と立て続けにシュート。44分には登里の鋭い左足のシュートが飛び出すが追加点とはならず。アディショナルタイムには敵陣でのボール奪取から素早くカウンターに転じると、見事なパス回しでFC東京の守備陣をかく乱。最後は三笘のクロスを中村が滑り込みながら合わせたが、GK波多野に止められ、前半のリードは1点にとどまった。

後半からFC東京は三田を下げて中村拓海を投入。布陣も3バックに変更した。だが、ペースは依然として川崎F。53分に敵陣中央でボールを持った守田から右足アウトサイドを使った見事なパスがボックス右へ通ると、反応した山根がディフェンスラインの背後へ。最後はレアンドロ・ダミアンが山根のクロスをバックヒールで仕留めにかかったが、懸命に戻った渡辺にブロックに入られた。

劣勢が続くアウェイチームだったが57分、左サイドの高い位置をとっていた中村帆高からの横パスをボックス手前の安部がダイレクトでスルーパスを供給。そのパスを呼び込んだディエゴ・オリヴェイラは、マークについたジェジエウを縦に躱すと、ボックス左のほとんど角度のないところから左足シュートをねじ込み試合を振り出しに戻した。

FC東京は60分にもディエゴ・オリヴェイラが枠内シュートを放つなど俄然勢いが増してきた。しかし川崎Fも飄々と難易度の高い攻撃を披露。71分には山根にボールを預けた守田がフリーランでゴール前に侵入。そこに山根もピンポイントで合わせたが、ヘディングシュートは惜しくも枠の上に外れた。

その後、家長のビッグチャンスをGK波多野の好守に止められた川崎Fだったが直後の74分、あの男が千両役者っぷりを見せつける。ドリブルで再三のチャンスを作っていた三笘がそのドリブルで左サイドを抉ると、短いマイナスのクロスを押し込んだのは中村憲剛。前半から4度目の決定機を見事に決めて、40歳の記念すべき誕生日を自ら祝った。

そして、バンディエラはゴール直後に脇坂との交代でお役御免。スタジアムのサポーターからは大きな拍手が送られた。

このまま逃げ切りたい川崎Fは、87分にカウンターからアダイウトンのシュートを許すが、GKチョン・ソンリョンがしっかりセーブ。後半は6分のアディショナルタイムが取られた中、残している4枚の交代枠のうち3枚を使って時計の針を進める。

そして、試合はこのまま終了。中村憲剛の自らの祝砲で勝利した川崎Fが多摩川クラシコでは4年ぶりのシーズンダブルを達成。リーグ連勝記録を「12」に伸ばした。敗れたFC東京はこれで逆転優勝の望みが潰えた。

川崎フロンターレ 2-1 FC東京
【川崎F】
家長昭博(前24)
中村憲剛(後29)
【FC東京】
ディエゴ・オリヴェイラ(後12)
関連ニュース
thumb

Jリーグの審判1名が新型コロナ陽性判定、週末の試合は担当せず

日本サッカー協会(JFA)は16日、Jリーグを担当する審判員1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 JFAの発表によると、当該審判員は13日(木)に発熱の症状があり、14日(金)に医療機関でPCR検査を実施。15日(土)に陽性判定となった。 審判員は発熱の症状があり、関係機関の指示に従って対応しているとのことだ。 また、Jリーグ試合会場を訪れたのは9日(日)が最後となっており、試合会場に関連する濃厚接触者がいないことは管轄する保健所により確認されているとのことだ。 JFAは「当該者の一日も早い回復を祈るとともに、JFAは今後も関係者等の安全確保と健康維持を最優先に、感染拡大防止と注意喚起に取り組む一方、厚生労働省や保健所、関係当局の方針や行動計画に基づいて迅速に対応してまいります」としている。 2021.05.17 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

2試合目でチーム得点王!浦和の新助っ人ユンカーの活躍にファンも大喜び「大当たりすぎる」

浦和レッズのFWキャスパー・ユンカーが、すでにファンの心を鷲掴みにしている。 浦和は16日、明治安田生命J1リーグ第14節でガンバ大阪とアウェイで対戦。デビューから2試合連続ゴールを決めていたユンカーは、この試合でもネットを揺らした。 まずは16分、ボックス右でボールを持った田中達也がクロスを上げると、中央のユンカーが下がりながらの難しいヘディングを上手くゴール右に飛ばし、公式戦3試合連続ゴールをマークする。 さらに40分には、再びボックス右の田中の低く鋭いボールを今度はユンカーが左足で押し込み、追加点をマークした。 20分には田中のゴールが生まれる前に右サイドから大きなサイドチェンジを見せ、ゴールの起点になるなど大活躍。56分でお役御免となったが、チームの0-3の勝利に大きく貢献した。 見事な連携で初の1試合複数得点を挙げたユンカーに対しては、ファンからも「大当たり助っ人すぎる」「点とる所を知っている」「神様仏様ユンカー様」と絶賛の声が相次いでいる。 リーグ戦2試合で3得点とチーム最多ゴールの阿部勇樹に並んだが、どこまでゴール数を伸ばせるか。ファンの期待はうなぎのぼりだ。 <span class="paragraph-title">【動画】決定力抜群のユンカーが下がりながらの技ありヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=wxljkjz0j8ki1axmkalk19lpy" async></script> 2021.05.16 19:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「完全に逆取った」三笘薫のドリブル突破にまたも注目「あっさりかわすな」

明治安田生命J1リーグ第14節、川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌が16日に等々力陸上競技場で行われた。 川崎Fにとっては、昨シーズンから続く無敗記録を「21」に伸ばし、今節は新記録が懸かった一戦だったが、なかなか色を出せずに我慢の時間が続く。 前半半ばあたりからエンジンがかかってきた川崎Fは、23分に高い位置でのインターセプトから三笘薫にボールが渡ると、ボックス左外で札幌の宮澤裕樹と対峙。スペースを得た三笘は相手のタックルが来るタイミングを見計らうと、あっさりと突破。相手を引き付け、中央の家長昭博へとラストパスを出した。 惜しくもこの場面では札幌の福森晃斗の体を張ったシュートブロックに遭い、先制とはならなかったが、J屈指のドリブラーの技術には、ファンから「あっさりかわすな」「完全に逆取った」「恐ろしい」と驚きの声が挙がっていた。 その後、PK獲得に迫るシーンなども作り出した三笘は49分、右サイドからのクロスをゴール前で旗手怜央がトラップし損ねたところを押し込み、殊勲の先制点を記録した。 78分にお役御免となった三笘だが、早くも今シーズン7ゴール目。試合を追うごとに存在感を示している。チームも試合終了間際に小林悠が追加点を奪い2-0で勝利すると、J1無敗記録を22試合に伸ばし、2012年から2013年にかけて大宮アルディージャが達成していた記録を更新した。 <span class="paragraph-title">【動画】あまりにあっさり抜いてしまう…三笘薫の見事なドリブル突破!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">三笘 vs 宮澤 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> がドリブルで宮澤裕樹をかわして <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%B6%E9%95%B7%E6%98%AD%E5%8D%9A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#家長昭博</a> へパス。しかし、シュートは福森晃斗がナイスブロック。<a href="https://twitter.com/hashtag/GoalJ1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GoalJ1リーグ</a><br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%98%8E%E6%B2%BB%E5%AE%89%E7%94%B0J1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#明治安田J1</a> 第14節<br> 川崎フロンターレ×北海道コンサドーレ札幌<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> で配信中 <a href="https://t.co/NfkqYlx05r">pic.twitter.com/NfkqYlx05r</a></p>&mdash; Goal Japan (@GoalJP_Official) <a href="https://twitter.com/GoalJP_Official/status/1393817027589050374?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.16 19:05 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和がリスタートのG大阪一蹴で今季2度目の連勝 ユンカー2発&田中1G2Aの前半で勝負あり【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節の1試合が16日にパナソニック スタジアム 吹田で催され、アウェイの浦和レッズが3-0でガンバ大阪を下した。 開幕から10試合でわずか1勝の18位に沈み、宮本監督の解任に動いたG大阪は松波暫定体制発足後初のゲーム。準備期間が短いこともあり、前節のメンバーから大きな変更を施さず、一美が引き続き先発した。 一方、前節のホーム戦を白星で飾り、敵地に乗り込む10位の浦和はデビュー戦から2戦連発のキャスパー・ユンカーやリーグデビューの鈴木が引き続き先発。古巣戦の田中も第2節以来のスタメン入りを果たした。 かつて東西の雄としてタイトル争いを演じた両チームの試合は倉田を1.5列目で起用した[4-2-3-1]の布陣を敷くG大阪がショックを振り払おうと、序盤から攻守の切り替えで上回り、攻め立てる展開に持ち込む。 そのなかで、全体を押し上げ、ボールを保持して崩しにかかる時間を続けたG大阪はエースの宇佐美に立て続けのフィニッシュチャンスが巡ってくるなど、攻勢に転じていったが、受けに回る浦和も辛抱強く守る。 すると、16分にバイタルエリア左の武藤が上げたクロスの流れ球をボックス右深くで回収した田中が右足で浮き球パス。ユンカーがバックステップを踏みながらヘディングシュートをゴール右に決め、浦和が先取する。 相手の攻撃を凌ぎ、ユンカーの公式戦3戦連発となる一発で先制した浦和はその後も全体的に比重を後ろに置いた戦いが続くなか、カウンターから前がかるG大阪のスペースを突いていき、効率よく追加点を奪い切る。 20分、自陣右サイドまで下がってボールを受けたユンカーが見事なサイドチェンジ。左サイドでボールを受けた左サイドバックの明本が広大なスペースから持ち上がり、左足クロスにゴール前の田中が合わせた。 1点でも返そうと攻め続けるG大阪だが、古巣戦の田中が再び突破口に。40分、カウンターから田中が昌子を突破してボックス右から折り返すと、ゴール前で待つユンカーが押し込み、G大阪をさらに突き放した。 前半だけで今季最多失点を喫して試合を折り返したG大阪はハーフタイム明けからレアンドロ・ペレイラ、塚元を投入。前半と同じく攻撃の主導権を握るが、浦和守備陣のバランスを崩させるような決定打を欠く。 隙なしの浦和が56分にユンカーと小泉を下げて、杉本と山中を送り出すなか、62分に何とか打開しようとG大阪エースの宇佐美がバイタルエリア左から右足ミドル。鋭いシュートだったが、ゴール右上に外れた。 浮足立つシーンがほぼない浦和は67分に興梠と伊藤の交代を施すと、追いかけるG大阪も71分にパトリックをピッチへ。78分にもウェリントン・シウバとチュ・セジョンを起用して、攻撃的なカードをすべて使い切る。 そのG大阪の反撃を受けた浦和だが、後半アディショナルタイム6分も危なげなく凌ぎ切り、2試合連続の完封勝利で今季2度目の連勝。監督交代の劇薬も実らなかったG大阪は今季最多失点を喫して、3連敗となった。 ガンバ大阪 0-3 浦和レッズ 【浦和】 キャスパー・ユンカー(前16、前40) 田中達也(前20) 2021.05.16 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

町田が新生“天空の城”で首位新潟に初黒星つける 京都勝利で上位肉薄【明治安田J2第14節】

16日、明治安田生命J2リーグ第14節の5試合が各地で行われた。 首位の新潟はアウェイで6位の町田と対戦。前日に琉球が勝利したことで、暫定勝ち点で並ばれているため、勝利してもう一度引き離したいところだったが、開始1分、クロスの流れからDF三鬼の抑えの利いた見事なミドルシュートを浴び、早過ぎる失点に。 さらに11分には、再び同じサイドからのクロスを太田に合わせられると、シュートは舞行龍ジェームズに当たってGK阿部の逆を突く形でゴールイン。アンラッキーながらも2失点目を喫してしまった。 調子の上がらない新潟は、45分に前半唯一のシュートシーンが訪れるも、右サイドからのクロスに合わせた鈴木のシュートはGK福井に止められた。 打って変わって後半は本来の姿を取り戻した新潟の攻勢が続く中、62分にボックス左でボールを持った堀米が、左足でストレートにシュートを突き刺し点差を縮めることに成功。 しかし、あと一歩及ばず試合は町田に軍配。5000人分の席が増築され、新たに生まれ変わった町田GIONスタジアム、通称“天空の城”の初戦で白星を飾った。 一方、その隙に勝ち点差を縮めたい3位の京都はホームで水戸と対戦。ウタカ欠場の中迎えた24分、右サイドから飯田がグラウンダーのクロスを上げると、ニアでスルーした李忠成の背後に走り込んだ福岡が合わせて先制。クロスバーの下部を叩く豪快なゴールで8試合ぶりの得点を決めた。 後半に何度か決定的なシーンを作られるものの、GK若原を中心に守り切った京都が1-0で勝利。今節の結果、勝ち点33で並んだ新潟と琉球に1ポイント差に迫っている。 ◆第14節 ▽5/16 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 1</span>-0 愛媛FC 大宮アルディージャ 0-0 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガS.C. 1</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 2</span>-0 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 2</span>-1 アルビレックス新潟 ▽5/15 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 ブラウブリッツ秋田 松本山雅FC 0-0 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口 1</span>-0 SC相模原 V・ファーレン長崎 2-2 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 4</span>-2 栃木SC 2021.05.16 18:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly