バルサ戦黒星も「我々が成長する上で役立つ試合」 ピルロが成長過程のチーム状況を強調

2020.10.29 12:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのアンドレア・ピルロ監督がチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でバルセロナに敗れたチームが成長過程にあると強調した。クラブ公式サイトが伝えている。ユベントスは20日に開催された第1節のディナモ・キエフ戦を2-0のスコアで勝利しており、2連勝を狙って、ホームにバルセロナを迎え撃った。

しかし、序盤から試合を支配されると、14分にバルセロナのFWウスマーヌ・デンベレにゴールを許して失点。その後はモラタがオフサイド判定で3度ゴールを取り消される珍事もあり、得点が奪えず、最後はFWリオネル・メッシにPKを決められ、0-2のスコアで敗北した。

枠内シュート「0」で完敗したユベントスはセリエAでも5試合を消化し2勝3分け(1勝はナポリ戦の不戦勝)と、ここまで思うような結果を出せていない。ピルロ監督は試合後、改善の必要性を認めつつ、チームは成長段階であると語っている。

「(バルセロナ戦は)我々が成長する上で役立つ試合だった。相手は強豪チームだし、彼らの上に立つのは難しいとわかっていたよ。我々はまだ成長段階にあるチームなんだ」

「(この試合では)選手間の距離が近すぎる場面がいくつも見られたし、ピッチ上ではより良いポジショニングを意識しなければならない。キエーザをワイドのポジションに投入し、1対1の局面を作りたかったが、それを生かすためにはもっと早く試合を変える必要があった。残念ながらそれはできなかったよ」

また、ピルロ監督はDFジョルジョ・キエッリーニやDFマタイス・デ・リフトがケガ、FWクリスティアーノ・ロナウドが新型コロナウイルス感染により戦列を離れている現状にも触れ「現時点ではオプションがない。(離脱している)選手たちの回復を願っている」と、チームが戦力不足に陥っていることを嘆いている。
コメント
関連ニュース
thumb

ピッチにC・ロナウドが2人!?ユーベ戦先制点のフェレンツヴァーロシュFWのゴールパフォが話題に

フェレンツヴァーロシュのアルバニア代表FWミルト・ウズニのゴールパフォーマンスが話題になっている。 ハンガリー王者のフェレンツヴァーロシュは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第4節でユベントスと対戦。後半アディショナルタイムのFWアルバロ・モラタの決勝弾の前に1-2で惜しくも敗れたものの、印象に残る一幕を作ることに成功している。 <div id="cws_ad">◆20-21シーズンも絶好調のC・ロナウド<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwOG4xMWtBbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 0-0で迎えた19分、右サイドからのクロスがディフレクトしながらも、ゴール前に入ると、ウズニが合わせ、見事な先制ゴールを決める。するとウズニは、ゴール後、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドのトレードマークとしてお馴染みのゴールパフォーマンスを披露。C・ロナウド本人の前で、しかもユベントスのホームスタジアムであるアリアンツ・スタジアムで、ゴールパフォーマンスを“パクッて”見せた。 すると、このパフォーマンスで火が付いたのか、C・ロナウドは35分、強烈なミドルシュートを決め、同点に。ウズニを意識したのか定かではないが、C・ロナウド本人は、いつものパフォーマンスは披露せずに終わった。 ちなみにC・ロナウド本人の前で別の選手がこのゴールパフォーマンスをするのは初めてではなく、2019年7月に行われたユベントスとKリーグ・オールスターズとの親善試合では、Kリーグ・オールスターズの一員としてプレーしたブラジル人FWセシーニャも得点後にこのパフォーマンスを本人の前で披露。ベンチのC・ロナウドに向かって指を差した後、ハーフタイムにはC・ロナウドにユニフォーム交換をお願いしに行くなど、隠し切れないリスペクトを示していた。 同業者からも大人気のC・ロナウド。この試合でのゴールが今シーズンのCL初ゴールとなったが、今後の更なる活躍に期待だ。 <div id="cws_ad">◆相手チームFWがC・ロナウドのお株を奪う“あの”ゴールパフォ!<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CH_WoftJTnj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CH_WoftJTnj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CH_WoftJTnj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.11.25 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

土壇場決勝ゴールでGS突破のユベントス、ピルロ監督は前半に苦言「別の入りをしたかった」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督がフェレンツヴァーロシュ戦を振り返った。 ユベントスは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第4節でハンガリー王者のフェレンツヴァーロシュと対戦。19分にミルト・ウズニに先制ゴールを許すものの、35分にクリスティアーノ・ロナウドのゴールで同点に追いつく。 ペースが上がらない展開となったが、後半アディショナルタイムにアルバロ・モラタが値千金の決勝点を記録。2-1で勝利を収め、グループステージ突破を決めた。 試合後ピルロ監督は試合の入りが問題があり、守備面でもプレスに問題があると感じたと振り返った。 「別の入りをしたかった。少し表面的だったので、追いかけなければならなかった。最初のプレスは、我々が望んでいたほど激しくはなかった」 「しかし、重要なことはバランスを崩して再び苦しまないことだった。前半はいくつか問題があったが、後半は改善された」 「ただ、ペースは上がらず、ボールを速く動かすことはできなかった」 また、この試合でCLでも復帰を果たしたオランダ代表DFマタイス・デ・リフトについてもコメント。チームにとって重要な役割を担ったと語った。 「重要な復帰だった。我々がよりアグレッシブになれるようになり、多くのことを与えてくれる。彼はすでに20歳でキャプテンだ」 2020.11.25 13:02 Wed
twitterfacebook
thumb

モラタの後半追加タイム弾で格下に辛勝のユーベがグループステージ突破!《CL》

ユベントスは24日、チャンピオンズリーグ(CL) グループG第4節でフェレンツヴァーロシュをホームに迎え、2-1で競り勝った。 前節フェレンツヴァーロシュ戦を4-0と快勝したユベントスは、勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる中、2-0で快勝したカリアリ戦のスタメンから5選手を変更。モラタやラビオ、クルゼフスキらがベンチスタートとなってディバラやベンタンクール、今季初出場のアレックス・サンドロがスタメンとなった。 最下位フェレンツヴァーロシュ(勝ち点1)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスは2トップにC・ロナウドとディバラ、右にマッケニー、左にベルナルデスキ、負傷者続出により枚数不足のセンターバックにはダニーロが入った。 そのユベントスがボールを保持する展開となるも、19分に失点する。ボックス右からクロスを入れられると、ウズニにボレーで決められた。 それでも35分にエースが同点弾。ボックス手前右でクアドラードのパスに反応すると、左足ダイレクトで放った強烈なシュートがゴール右隅に突き刺さった。 1-1で迎えた後半、攻めあぐねる中、60分にベルナルデスキのミドルシュートが右ポストに直撃したユベントスは、62分に3枚替えを敢行。ディバラやベルナルデスキに代えてモラタやキエーザ、クルゼフスキらを投入した。 すると77分に久々の決定機。キエーザのスルーパスに抜け出したモラタがボックス左に侵入してシュートを放ったが、わずかに枠を捉えきれなかった。 その後、82分にベンタンクールのミドルシュートでゴールに迫ったユベントスだったが、拙攻を続け引き分けに終わるかと思われた。 しかし追加タイム2分、C・ロナウドと共に今季のユベントス攻撃陣を牽引するモラタが決める。右サイドを上がったクアドラードのクロスをヘッドで押し込んだ。 これが決勝点となってユベントスが辛勝。2試合を残して決勝トーナメント進出を決めた。 2020.11.25 07:06 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベのセリエA10連覇は厳しい? インテルOBがセリエAで推すのはミラン?

インテルのレジェンドであるジュゼッペ・ベルゴミ氏は、今シーズンのセリエAではユベントスよりミランを上に見ているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 アンドレア・ ピルロ監督を新指揮官に招へいし、セリエA10連覇を目指しているユベントス。第8節を終えたここまでで4勝4分けの4位に位置している。 一方で首位を走るのはミラン。6勝2分けと王者ユベントスに4ポイント差をつけており、王座奪還に燃えている。 ベルゴミ氏はイタリア『スカイ』で現時点ではミランが優勢と見解を述べ、10ゴールでここまでの得点ランキング1位となっている元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの影響が大きいと話している。 「特にビッグゲームでは、ユベントスはまだ私が納得するパフォーマンスではない 「一方で、ミランはインテルとナポリに勝利している。イブラヒモビッチが私を納得させたよ。ユベントスはラツィオとローマと対戦したが、勝てなかった」 「シーズン当初からミランが上手くやれると感じていたし、彼らが4位以内に入ると思っていた。パオロ・マルディーニ(ミランのテクニカル・ディレクター)は自分が良いチームを作ったことを自覚しているはずだ」 「ミランにはピッチ上のあらゆるポジションに走れる選手がいる。彼らに対してゴールを決めるのは難しく、チームは自信に満ちている」 一方で、自身の古巣でありそのミランのライバルであるインテルについてはまだまだ改善が必要だと感じているようだ。 「彼らは間違いなく改善する必要がある。例えば、(アクラフ・)ハキミの使い方を変える必要があるのは、誰にとっても明らかだろう。彼は自分の足でボールを受け取るべきではない。さもなければ、彼はそのまま返してしまう」 「(クリスティアン・)エリクセンに関しては、DFをドリブルで突破するのに苦労している1人の選手だ。(アントニオ・)コンテが革命を起こすとは思わない」 「インテルは回復する必要があり、彼が実験をしている時間はない。もう1つの問題は、インテルのディフェンスラインだ。今シーズンは遅すぎる。後ろにスピードのある選手が居ない」 2020.11.24 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ピルロ監督、前節圧勝のフェレンツヴァーロシュを警戒「過小評価してはいけない」

アンドレア・ピルロ監督が、フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー王者)を警戒した。クラブ公式サイトが伝えた。 24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループG第4節でフェレンツヴァーロシュと対戦するユベントス。今月4日に行われたフェレンツヴァーロシュ戦では4-1の快勝を収めていたものの、前日会見に出席したピルロ監督は「過小評価すべきではない」と警戒した。 「我々は自分たちの力を発揮して、継続的にパフォーマンスと結果を残し、1戦目の結果を見ずに可能な限りベストな方法で試合にアプローチしなければいけない。決勝トーナメント進出をできるだけ早く決めたい」 「フェレンツヴァーロシュは過小評価するべきではない。良いサッカーを表現しているし、良い時を期間をすごしている」 また、ユベントスではイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチを含めて負傷者が相次いでいるが、ピルロ監督はブラジル代表DFダニーロをセンターバックで起用することを明言。そして、代表活動を辞退するなど、不調が続いたアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラはプレー可能だと語った。 「明日の試合で起用できるディフェンダーは4人しかいないからダニーロが中央でプレーしてアレックス・サンドロが左サイドでプレーする」 「(デヤン・)クルゼフスキは非常に多くの試合でプレーしている。(フェデリコ・)キエーザはケガから復帰して、明日見れると思う。ただ、90分プレーできない」 「ディバラは準備ができている。より良くなっている。この代表ウィーク期間にある程度の継続性を持ってトレーニングをした。彼はプレーする力を取り戻した」 2020.11.24 16:25 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly