敵地で苦戦もキミッヒ弾で勝ち切った王者バイエルンが連勝!《CL》

2020.10.28 05:18 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節、ロコモティフ・モスクワvsバイエルンが27日に行われ、アウェイのバイエルンが1-2で勝利した。前大会王者のバイエルンは、先週にホームで行われたアトレティコ・マドリーとの今季CL初戦をコマンの2ゴール1アシストの活躍などで4-0で圧勝。最高の形で連覇に向けたスタートを切った。また、直近のリーグ戦でもレヴァンドフスキのハットトリックでフランクフルトを一蹴し、勢いに乗ってロシアでの第2戦を迎えた。

そのフランクフルト戦からは先発4人を変更。足首のケガで長期離脱となったアルフォンソ・デイビスに代わってリュカを起用したほか、ボアテング、ブナ・サールに代えてパヴァール、ジューレ、前線ではドグラス・コスタに代わってトリソが起用された。

立ち上がりの3分にミランチュクの左クロスをゴール前でドフリーのスモロフにヘディングで合わせられるなど、全体的に緩さが目立つ入りとなったバイエルン。しかし、時間の経過とともに相手を押し込み始めると、あっさりと先制に成功する。

13分、左サイドでコマンから短いマイナスのパスを受けたトリソがボックス右に走り込むパヴァールへ正確なパスを供給。これをフランス代表DFがダイレクトで折り返すと、ニアに入り込んだゴレツカが頭で合わせた。

早い時間帯の先制点で勢いに乗るアウェイチームは、ここからようやく本来のパフォーマンスを取り戻すと、厚みのある仕掛けで追加点に迫る。25分にはパヴァールのクロスに反応したゴール前のコマンが右足で合わせるが、これは惜しくも左ポストを叩いた。その後、世界王者となったロシアの地で躍動するパヴァールが積極的にミドルシュートを放つなど、主導権を握り続けたバイエルンは1点リードで試合を折り返した。

迎えた後半、ミュラーとゴレツカに代えてコロナウイルスから回復したニャブリ、ハビ・マルティネスをピッチに送り込んだバイエルン。危なげなく試合を運びながら、63分にはボックス内で仕掛けたレヴァンドフスキが相手DFに倒されてPKを獲得。だが、VARのレビューの結果、その前のオフサイドが取られて取り消しに。

後半半ばを過ぎて徐々に相手の縦に速い攻めに苦戦し始めるバイエルンは70分、右サイドのスペースに飛び出したゼ・ルイスからの折り返しをニアに斜めの動きで飛び込んできたミランチュクに右足ワンタッチで合わせられ、同点に追いつかれる。

さらに、王者らしくないバタバタした状況が続くと、失点場面と同じようなからロングカウンターを浴びてゼ・ルイス、ジャマレトディノフにあわや2失点目というピンチを招く。

それでも、一連のピンチを何とか凌いだバイエルンは79分、ペナルティアーク付近でハビ・マルティネスから足元へ速い縦パスを受けたキミッヒが左足でボールを浮かせるトラップから反転しながらの右足のボレーシュート。この技ありのフィニッシュがゴール左隅に決まり、個の力で勝ち越しに成功した。

その後、相手の決死の反撃をきっちり凌ぎ切った昨季王者が苦しみながらも2-1のスコアで勝利し、グループステージ2連勝を飾っている。

ロコモティフ・モスクワ 1-2 バイエルン
【ロコモティフ・モスクワ】
アントン・ミランチュク(後25)
【バイエルン】
ゴレツカ(前13)
キミッヒ(後34)
コメント
関連ニュース
thumb

ハビ・マルティネスが改めてバイエルン退団を示唆「新しいことに挑戦したい」

バイエルンの元スペイン代表MFハビ・マルティネス(32)が、改めて今季限りでの退団を示唆している。 今夏で契約切れを迎えるハビ・マルティネスは、以前から退団を示唆するコメントを残しており、クラブ最高経営責任者のカール=ハインツ・ルンメニゲ氏も「彼が退団を望んでいることは知っている。適切なオファーがあれば、我々は受け入れるつもりだ」と移籍を容認する姿勢を示している。 これまでに古巣のビルバオやソシエダ、さらには中東からのオファーも報じられるなど、来夏の退団が確実視されている同選手が、試合前の会見の場で改めて新たな挑戦をしたいと、意向を明らかにした。 「2021年6月の話をするには早すぎると言ってきたはずだ。このクラブで何年も素晴らしい時間を過ごしてきた。どうなるか見てみようよ。僕はキャリアを終える前にまた新しいことにチャレンジしたい。特に好みはないけどね」 2020.12.02 16:44 Wed
twitterfacebook
thumb

王者バイエルンに土壇場で追いつかれたアトレティコ、今節でのGS突破逃すもシメオネは満足感

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が、バイエルン戦の内容を評価した。スペイン『アス』が伝えている。 1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループA第5節で王者バイエルンと対戦したアトレティコ。ここまで1勝1敗2分けと苦戦が続いていたが、他試合の結果次第ではバイエルン撃破で今節での決勝トーナメント進出が決められるチャンスだった。 すでに突破を決めているバイエルンが主力を温存して臨んだ中、26分にFWジョアン・フェリックスのゴールでアトレティコが先制する。前半はアトレティコが押し込み続けて試合を折り返すも、CL連勝記録継続を狙うバイエルンが後半から主力を投入したことで拮抗した試合展開に。 すると86分にPKを献上してしまい、途中出場のMFトーマス・ミュラーに沈められ1-1で試合終了。バイエルンのCL連勝記録を「15」でストップしたものの、決勝トーナメント進出は最終節までお預けとなった。 シメオネ監督は試合後、特に前半のパフォーマンスに満足感を示した。 「チームは引き続き順調に良くなっていると感じている。確かにCLが頭痛の種となっているのは事実だ。引き分けた3試合はもっと良い結果が得られたかもしれないからね。だが、我々には力がなかった」 「前半は非常に良かった。素晴らしいゴールもあった。だが、後半20分までに2点目を奪うことができなかった。そして、相手にPKを決められ試合を振り出しに戻されてしまったのだ。来週の水曜日は我々にとって決勝戦となる」 9日に行われる最終節でザルツブルクとの一戦を残すアトレティコは、引き分け以上でグループステージ突破が決まる。 2020.12.02 16:15 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ドローで主力温存バイエルンのCL連勝記録を「15」でストップも突破は最終節にお預け《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第5節、アトレティコ・マドリーvsバイエルンが1日に行われ、1-1のドローに終わった。 グループ2位に位置するアトレティコ(勝ち点5)と、4連勝で2節を残しての首位通過を決めた王者バイエルン(勝ち点12)による強豪対決。 ここまで1勝1敗2分けと、絶好調のリーグ戦とは打って変わって難しい戦いが続くアトレティコ。数時間前に開催されたロコモティフ・モスクワ(勝ち点3)と、レッドブル・ザルツブルク(勝ち点4)の試合がザルツブルクの勝利に終わったことで、今節での決勝トーナメント進出のチャンスを得た。王者相手にリベンジを狙う一戦ではバルセロナに完勝した一戦と同じメンバーで[5-3-2]の布陣を採用した。 一方、バイエルンは週末に控えるRBライプツィヒとのビッグマッチを睨んで守護神ノイアー、主砲レヴァンドフスキ、ミュラー、コマンらを温存。アレイ=ムビ、ミュージアラの若手コンビ、チュポ=モティングらを起用。さらに、今後のオプションか、アトレティコ対策か[3-4-2-1]の布陣に変更した。 試合は立ち上がりからモチベーションの面で大きく勝るホームチームが押し込む入りを見せる。ここ数試合で熟成を見せる新布陣の機能性が高く、前線で自由を謳歌するフェリックス、切れ味抜群のカラスコのコンビネーションを軸に左サイドから幾度も鋭い攻撃を仕掛ける。 一方、即席のスカッド、布陣のバイエルンは球際でも競り負ける場面が多くなかなかリズムに乗れない。それでも、立ち上がりから攻撃面で光るものを見せていたミュージアラを起点に幾つか良い形を作り、14分にはボックス内のサネにシュートチャンスも、左足のシュートを大きくふかしてしまう。 その後もアトレティコの時間が続く中、23分にはフェリックスの足裏を使った見事なパスに抜け出したカラスコが左のサイドネットを叩く際どいシュートを放つと、この直後にゴールが生まれる。26分、相手陣内右サイド深くでのスローインからマルコス・ジョレンテがゴールラインぎりぎりでマイナスに折り返す。これに反応したフェリックスがDFの前に身体を入れて見事な右足のダイレクトシュートを叩き込んだ。 その後はミュージアラが個人技でGKオブラクを脅かす場面を作ったものの、アトレティコが圧倒的に押し込んでいく流れは変わらず。ホームチームの1点リードで前半終了となった。 後半は立ち上がりこそバイエルンが押し込む流れとなったが、アトレティコがすぐさま押し返して拮抗した展開に。 CL連勝記録更新を目指すフリック監督は60分過ぎにニャブリ、ミュラーの主力2選手とクリス・リチャーズを一気に投入。対してアトレティコは筋肉系のトラブルに見舞われたヒメネスを下げてフェリペ、80分には逃げ切りを意識してコレアからエクトル・エレーラへの交代を図った。 主力の投入でより攻撃が活性化されたバイエルンは終盤にかけて押し込む状況が続くが、最後のところでアトレティコの堅守をこじ開けられない。だが、85分にはボックス内でニャブリのパスを足元で受けたミュラーがDFフェリペのファウルを誘い、土壇場でPKを獲得。これをミュラー自ら冷静に流し込み、王者の意地を見せる同点ゴールとした。 これで再びゴールが必要になったアトレティコはカラスコ、フェリックスに代えてロージ、レマルを投入してここから攻勢に出る。試合終了間際の右CKの場面ではファーに流れたボールにフリーのフェリペが飛び込むが、ここはうまくボールを触ることができず、試合はこのままタイムアップ。 この結果、バイエルンのCL連勝記録を「15」でストップしたアトレティコだったが、今節での決勝トーナメント進出はならず。最終節では勝ち点2差のザルツブルク相手に引き分け以上の結果を残せれば、突破が決める。 アトレティコ・マドリー 1-1 バイエルン 【#アトレティコ】 フェリックス(前26) 【バイエルン】 ミュラー(後41[PK]) 2020.12.02 07:26 Wed
twitterfacebook
thumb

キミッヒが復帰に向けて個人練習を再開! フリック「朝から晩まで練習場にいる」

バイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが来年1月の復帰に向けて個人トレーニングを再開している。ドイツ『ビルト』が伝えている。 キミッヒは先月7日に行われたブンデスリーガ第7節、ドルトムントとのデア・クラシカーで右ヒザ外側半月板を損傷し、すぐさま手術を受けた。復帰時期に関しては来年1月中と見られているが、すでに個人トレーニングを再開しているという。 バイエルンを率いるハンジ・フリック監督は12月1日に開催されるチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦に向けた前日会見の場で、キミッヒの状態について言及している。 「私は毎日ヨシュアを見ている」 「彼は朝から晩までここ(練習施設)にいて、汗を流し復帰に向けて取り組んでいる。彼はこのチームにとって非常に重要だ」 また、フリック監督はキミッヒ不在の中で中盤でリーダーシップを発揮するドイツ代表MFレオン・ゴレツカの存在を頼もしく感じている。 「彼は現在、ヨシュア・キミッヒの不在を補う助けとなっている中盤のプレーヤーの一人だ」 「ピッチで大声を張り上げ、チームを引っ張っている。それは私が好んでいる姿だ。現在、彼は自分のリーダーシップの資質を示す過程にある」 2020.12.01 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンのレジェンドDFラームが見せた攻撃陣顔負けの美しいチップパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回は元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム氏がバイエルンで決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ラームが決めた美しいチップパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bVROQTRPQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バイエルンの下部組織出身のラーム氏は、2002年にファーストチームに昇格して以来、生え抜きの主力選手、そして主将としてチームを引っ張った。 本職はDFながら、高いテクニックとフットボールIQでMFとしてもプレーしたラーム氏だが、2013年2月23日に行われたブンデスリーガ第23節のブレーメン戦では、攻撃陣顔負けの技ありアシストを決めている。 4-1とバイエルンリードの86分、ショートコーナーの流れからボックス外の位置でフリーでボールを持ったラームは、ディフェンスラインを上げに来る相手と入れ替わりになる絶妙のタイミングで、チップパスをリベリーに送る。完全にフリーでパスを受けたリベリーが、ダイレクトでシュートを流し込み、見事な追加点を挙げた。 試合はその後も追加点を挙げたバイエルンが6-1と大差を付けて勝利している。 2020.12.01 20:00 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly