アリソン復帰のリバプール、フィルミノ初弾とジョタのゴールでブレイズに逆転勝利! 南野は終盤に途中出場《プレミアリーグ》

2020.10.25 06:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第6節、リバプールvsシェフィールド・ユナイテッドが24日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが2-1で逆転勝利した。なお、リバプールのFW南野拓実は84分から途中出場した。
 
前節、エバートンとのマージーサイド・ダービーを2-2のドローで終えてリーグ戦2戦未勝利となったリバプールだが、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではアヤックスに1-0で競り勝って公式戦4戦ぶりの白星を手にした。
 
リーグ3戦ぶりの白星を目指すこの一戦では先発3人を変更。負傷明けのGKアリソンが復帰し、ミルナーとカーティス・ジョーンズに代わってヘンダーソンとジョタを起用。最前線にサラー、2列目に右からジョタ、フィルミノ、マネを並べる[4-2-3-1]の布陣に変更した。
 
試合は開始2分にロバートソンの長いグラウンダーの縦パスに抜け出したマネが飛び出したGKを外して無人のゴールへシュートを蹴り込む決定機が訪れるが、ここはDFイーガンのゴールカバーに遭う。さらに、直後の3分にはハーフウェイライン付近で得たFKの場面でキッカーのアレクサンダー=アーノルドがGKの前よりのポジションを見て意表を突くロングシュートでゴールに迫る。
 
開始5分までに2度の決定機を作り出す力強い入りを見せたホームチームだが、やや不運な形から先制を許す。10分、自陣ボックス付近でクリアが相手に当たってこぼれたところに慌てて反応したDFファビーニョがマクバーニーと交錯。当初はファウルがボックスの外と判定されたが、VARのレビューの結果、判定がPKに変更される。これをキッカーのベルゲに決められた。
 
すぐさま反撃に転じるリバプールだが、[5-3-2]の堅固な守備ブロックを敷くアウェイチームの堅守に手を焼く。逆に、悪い失い方からロングカウンターに晒されると、21分にはボックス内でフリーにしたマクバーニーに左足を振り抜かれるが、ここはシュートミスに救われる。さらに、24分には右ウイングバックのバルドックからのクロスを、ボックス左に走り込んだ左ウイングバックのオズボーンにダイレクトボレーで合わせられるが、ここはGKアリソンのファインセーブで凌いだ。
 
その後も圧倒的にボールを保持するものの、決定機まで持ち込めない停滞した状況が続くが、ここ最近批判に晒されている背番号9が結果で反論して見せる。41分、相手を押し込んだ状態で右サイドのヘンダーソンが鋭いクロスをゴール前に入れると、ファーでフリーのマネがヘディングシュート。これはGKラムズデールの好守に阻まれたが、こぼれ球をフィルミノが押し込んだ。
 
フィルミノの今季初ゴールによって前半のうちに追いついたリバプールだったが、後半立ち上がりの47分にはバルドックに際どいシュートを浴びるなど、ややバタついた入りとなる。
 
それでも、徐々に落ち着きを取り戻して相手を自陣深くに押し込むと、62分にはアレクサンダー=アーノルドの右からの斜めのパスに反応したサラーが見事なファーストタッチからボレーでゴールネットを揺らす。だが、VARの結果、わずかにオフサイドラインを越えておりゴールは認められない。
 
前半に続きVARの判定に悩まされるリバプールだったが、直後に正真正銘の逆転ゴールを挙げる。64分、波状攻撃から左サイド深くでボールを持ったマネが相手DFを抜き切らないタイミングで左足のクロスを入れると、これをDF2枚の間にポジションを取ったジョタが頭で合わせた。
 
この試合初めてリードを手にしたリバプールだが、失点後も士気を落とさずにハードに戦うアウェイチームを前に依然として苦しめられる。81分にはカウンターからサラーに3点目のチャンスが訪れるが、ゴール至近距離からのシュートは右ポストを叩いた。
 
苦しい状況を受けて、クロップ監督は殊勲のフィルミノ、ジョタを下げて84分に南野とミルナーを同時投入。より守備的な布陣で逃げ切りを図ると、試合終盤にかけてもバークらに際どいシュートを許したものの、守護神アリソンらを中心に何とかリードを守り切った。そして、ホームでブレイズを退けたリバプールは、リーグ3戦ぶりの白星を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

「人生の一部だったような気がする」リバプールのクロップ監督が急逝のマラドーナを哀悼

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。 先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRQkZwNEVQayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 突然の訃報に全世界のフットボールファンが悲しみにくれる中、リバプールのユルゲン・クロップ監督がチャンピオンズリーグ(CL)のアタランタ戦後にコメントした。 「私は53歳だが、彼は人生の一部だったような気がする」 「私がまだとてもとても若かった頃、多分8歳か9歳か10歳頃だと思うが、初めて見た彼は16歳か17歳だった」 「どんなビデオを観ても、ボールをジャグリングしていた。その瞬間から、彼は私にとってこれぞ選手という存在になった」 「世界的にみれば、ペレ、マラドーナ、メッシ。ブラジル人が1人で、アルゼンチン人が2人という感じだろう。少し前に彼のドキュメンタリーを観たが、ディエゴはセンセーショナルな男で、マラドーナは苦労していた。私は両方が恋しくなるだろう」 2020.11.26 14:45 Thu
twitterfacebook
thumb

枠内シュート「0」のリバプール、ミルナーは「自分たちのベストを尽くせなかった」と悔やむ

リバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーは、チャンピオンズリーグ(CL)の敗戦について、チームのパフォーマンスに問題があったと語った。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは25日に行われたCLグループD第4節でアタランタと対戦。過密日程を考慮し、22日に行われたプレミアリーグ第9節レスター戦から5人を入れ替えたチームは、攻守において機能せず苦戦。後半2失点を喫した後も攻撃面での創造性に欠き、枠内シュート0本のまま0-2のスコアで敗北した。 試合後のインタビューに応じたミルナーは、「劣悪なパフォーマンスだった」と認めており、改善の必要性を口にしている。 「今夜はこれまで一緒にプレーしていない選手が多かった。厳しい日程の中では、時にベストを尽くさず勝利を手に入れる必要があるんだ。今夜は僕たちが望むようなレベルになかった。チャンスの創出も、ボールキープも十分ではなく、シャープさを欠いていた。ただ、僕らはまだグループ首位だし、挽回して週末の大きな試合に臨まないとね」 「選手たちの努力を疑うことはできない。ただ、努力は常にあると思うけど、今日は流動性がなかった。アウェイのアタランタ戦では、相手を上手に動かしてスペースを作れたんだけど、今日はそれが十分にできずスペースを作れなかった」 「(失点時は)クロスを放った選手に十分近づけなかったのが残念だった。でも、繰り返しになるけどゲーム全体の問題だったと思う。チャンスをほとんど作れなかったのは残念だし、自分たちのベストを尽くせず、何も展開できなかったのは残念だ。これからたくさんの試合が控えているので、この点は早く改善していかないとね」 この結果を受け、グループDは一気に混戦模様となっている。リバプールは12月に行われる第5節アヤックス戦に決勝トーナメント進出をかけることになったが、ミルナーはこれがCLだと語り、欧州最高峰の舞台で戦う難しさを話した。 「CLはいつも複雑だ。皆は紙上で判断しがちだけど、僕たちは彼らがどんなに良いチームか知っている。アウェイのアタランタ戦で我々は本当に良いプレーをしたから、人々は『2ndレグは簡単に終わるだろう』と思ったかもしれない。でも、そうでないことを僕らは分かっていた」 「今夜は上手くいかなかったし、このグループは強烈だ。もちろん、アヤックスがどれだけ強いかは知っているから、厳しい戦いになるだろう。でも、決勝トーナメント進出は僕らの手にかかっている。早くこの状況を乗り越え、改善点を考え、次のステップに進むよ」 2020.11.26 12:36 Thu
twitterfacebook
thumb

アタランタに完敗のリバプール、クロップは「当然の敗北だ」と相手チームを称える

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)での敗戦を受け、チームが上手く機能しなかったと認めている。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは25日に行われたCLグループD第4節でアタランタと対戦。勝てば決勝トーナメント進出が決定となる一戦だったが、立ち上がりからペースを握ったアタランタに攻め込まれると、後半立て続けに2失点を喫する。その後は反撃も満足に出来ないまま、0-2のスコアで敗北した。 決勝トーナメント進出を決められず、枠内シュート0本と内容も厳しいものになったリバプール。クロップ監督は試合後、チームのリズムに問題があったと話している。 「相手は守備が機能していて、アグレッシブだった。彼らの特徴であるマンマークに対して、前回は対処できていたが今夜はできなかった。そうなると、マンマークシステムの難しさに直面することになる。意思決定が重要だったが、明らかにその部分に問題があった」 「後半に挽回を狙い、早々にカードを切った。残念ながら、交代する1秒前に最初の失点が起こり、同じような形で2点目も奪われた。そして、我々は何も作り出せなかった。枠内シュートがないのは、決して良い兆候ではない」 「今夜はリズムがなかった。5人を入れ替えた以上リズムに問題があるのは明らかだが、それでも通常なら乗り切れたかもしれない」 「今日はアタランタが良かったよ。戦っていたし、守備も良かった。このような試合でよくやっていたと思うし、それは認めざるを得ない。当然の敗北だし、アタランタにはおめでとうと言いたいね」 この結果、リバプールは決勝トーナメント進出のため次節のアヤックス戦が重要になるが、クロップ監督はまず中2日で開催される、週末のプレミアリーグ第10節ブライトン戦に備える必要があると語った。 「『アヤックスを倒せ』と簡単に言うけど難しいよ。この国では多くの課題に直面しているし、私の今の関心事はアヤックス戦ではない。申し訳ないけど、我々は数時間後にブライトンでプレーする必要があるんだ(実際には3日後)。この試合が終わってから、アヤックスのことを考え始めるよ」 2020.11.26 12:02 Thu
twitterfacebook
thumb

アタランタが快勝でリベンジ!リバプールは難攻不落のアンフィールドで約6年ぶり敗戦《CL》

チャンピオンズリーグ(CL) グループD第4節、リバプールvsアタランタが25日に行われ、0-2でアタランタが快勝した。リバプールのMF南野拓実は85分から出場している。 敵地での前節アタランタ戦を5発圧勝として3連勝とし首位に立つリバプール(勝ち点9)は、勝利すればグループステージ突破となる中、コロナ陰性となったサラーが先発に復帰。オリジが最前線に構えた。 対する3位アタランタ(勝ち点4)はリバプールに粉砕された後、セリエAでは2戦連続ドローと不調気味。D・サパタをベンチスタートとし、アレハンドロ・ゴメスとイリチッチが2トップを形成した。 立ち上がりから攻勢をかけたのはアタランタ。4分にイリチッチがミドルシュートでゴールに迫ると、9分にはボックス左に抜け出したゴセンズがGK強襲のシュートを浴びせた。 さらに1分後にはアレハンドロ・ゴメスがボックス左からコントロールシュートを放ってリバプールゴールに迫っていく。 劣勢のリバプールはなかなかシュートに持ち込めない中、前半終盤の44分にサラーがファーストシュートを放ったが、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半もアタランタがペースを握ると、60分に先制した。左サイドからアレハンドロ・ゴメスが右足で入れたインスウィングのクロスをファーサイドのイリチッチがボレーで押し込んだ。 失点を受けて4枚替えを敢行したリバプールはサラーらに代えて、主力のジョタやフィルミノ、ロバートソンにファビーニョを投入した。 しかし64分、アタランタが追加点を奪う。ボックス手前左からアレハンドロ・ゴメスが浮き球パスを送ると、ファーサイドのハテブールがヘッドで落とし、最後はゴセンズがボレーで蹴り込んだ。 2点を追う展開となったリバプールは終盤にかけて攻めあぐねると、85分にマティプに代えて南野をトップ下に投入。しかし、枠内シュート0本に抑えられて完敗に終わり、決勝トーナメント進出は次節以降に持ち越しとなった。CLにおけるアンフィールドでの90分での敗戦は約6年ぶりとなっている。 グループD第4節もう一試合のアヤックスvsミッティランは3-1でアヤックスが完勝し、アタランタと勝ち点7で並んでいる。 リバプール 0-2 アタランタ 【アタランタ】 イリチッチ(後15) ゴセンズ(後19) アヤックス 3-1 ミッティラン 【アヤックス】 グラフェンベルフ(後2) マズラウィ(後4) ネレス(後21) 【ミッティラン】 メイビル(後36)【PK】 2020.11.26 07:10 Thu
twitterfacebook
thumb

FIFA年間最優秀監督賞候補にフリックやクロップら5人の名将が選出

国際サッカー連盟(FIFA)は25日、2020年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の年間最優秀監督賞候補5名を発表した。 今回有識者によって選出された年間最優秀監督賞候補には、昨シーズンのバイエルンでチャンピオンズリーグ(CL)、ブンデスリーガ、DFBポカールのシーズントレブルを達成したハンジ・フリック監督を筆頭に錚々たる名将が選出された。 本命のフリック監督以外ではリバプールに史上初のプレミアリーグのタイトルをもたらしたユルゲン・クロップ監督、セビージャでヨーロッパリーグ(EL)制覇を成し遂げたフレン・ロペテギ監督、レアル・マドリーに3シーズンぶりのラ・リーガのタイトルをもたらしたジネディーヌ・ジダン監督が順当に選出。 その中でやや意外な選考となったのが、フットボール界の鬼才と評されるリーズ・ユナイテッドのマルセロ・ビエルサ監督。フットボール界で多くの尊敬を集めるアルゼンチン人指揮官は、昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)を制してリーズを16年ぶりのプレミアリーグに復帰させたが、トップディビジョン以外でのリーグタイトルでの候補入りは異例と言える。 なお、FIFAの公式サイトでは3名の最終候補を選出するファン投票を実施中で、ここに全世界200以上のメディア、FIFA加盟国の代表監督とキャプテンの投票が加わり、12月17日にチューリヒで行われるセレモニーの場で受賞者が発表される予定だ。 2020.11.26 02:25 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly