テクニック・ビジョン・精度、ピルロの巧さが詰まった美しいアシスト【ベスト・アシスト】

2020.10.23 12:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。今回はユベントスのアンドレア・ピルロ監督が現役時代に記録したアシストだ。

◆ピルロの巧さが詰まったスーパーアシスト

ブレシアでキャリアをスタートさせたピルロ氏は、インテル、ミラン、ユベントスとイタリアのビッグクラブを渡り歩き、数々のタイトルを勝ち取った。

中盤の底から試合を組み立てる世界屈指のレジスタとしてその名を馳せたピルロ氏だが、2012年1月21日に行われた、セリエA第19節のアタランタ戦では、素晴らしいアシストを記録している。

0-0で前半を折り返して迎えた54分、敵陣中央左でピルロがボールを持つ。プレスに来た相手を鮮やかなタッチでかわし、ボールをキープすると、この位置から一気にゴール前にクロスを入れる。

完全にノーマークでファーポストに走り込んでいたDFシュテファン・リヒトシュタイナーにピンポイントで入ったロングパスに、リヒトシュタイナーがダイビングヘッドで合わせ、見事な先制ゴールが決まった。

このゴールで先制したユベントスは、終盤にも追加点を奪い、2-0で勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

ディ・マリアが緩急自在のドリブルで相手を抜き去って決めた好アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアが決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ディ・マリアがドリブル突破から決めた丁寧なアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJUemJlUEVlYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドからPSGに加入したディ・マリアは、主力として定着。欧州屈指のタレントが揃う攻撃陣の中でもエース級の活躍を見せている。 縦に速いドリブルと質の高いクロスやシュートを武器とするディ・マリアだが、2018年8月12日に行われたリーグ・アン開幕節のカーン戦では、ドリブル突破から見事なアシストを決めている。 1-0とPSGリードの35分、カウンターからチャンスを作ると、相手陣内でディ・マリアにボールが渡る。距離を詰めてくる相手DFに対し、絶妙に緩急をつけたドリブルで一瞬で抜き去ると、一気にボックス内右に侵入。フリーの状態から丁寧な横パスを出すと、ゴール前に走り込んだMFアドリアン・ラビオが合わせ、見事な追加点を決めた。 その後PSGがダメ押しの3点目を決め、3-0で完勝している。 2020.11.25 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

チアゴが見せた、相手に手も足も出させない絶妙フライスルーパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はリバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラがバイエルン時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆チアゴが見せた絶妙浮き球スルーパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXa25yTmZJTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナの下部組織で育ったチアゴは、2013年夏に名将ジョゼップ・グアルディオラ監督を追う形でバルセロナからバイエルンに加入。グアルディオラ監督がバイエルンを去った後も主力として活躍した。 抜群のパスセンスで攻撃のスイッチを入れるチアゴだが、2017年3月19日に行われたブンデスリーガ第25節のボルシアMG戦でも、素晴らしいアシストを記録している。 0-0と膠着状態が続く中迎えた63分、左サイドでボールを持ったチアゴがドリブルで仕掛け、中央へ運ぶ。ボックス左手前の位置まで来ると、裏へ走るFWトーマス・ミュラーへ浮き球のスルーパスを送る。 相手DFとGKのちょうど真ん中、絶妙な位置に通されたパスは、フリーで走り込むミュラーに繋がると、ミュラーが落ち着いてゴールを決め、見事な先制ゴールとなった。 このゴールが決勝点となり、試合はバイエルンが1-0で勝利している。 2020.11.25 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

キミッヒが素早い身のこなしから通した美しい縦パスでロッベンをアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆キミッヒが素早い判断で決めたアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiRVBLcVZ4cCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2015年夏にシュツットガルトからバイエルンに引き抜かれたキミッヒは、主力として定着。中盤からSBまでこなすユーティリティ性から“フィリップ・ラームの後継者”として期待される存在だ。 高いサッカーIQで、どのポジションでも高いパフォーマンスを発揮できるキミッヒだが、2017年9月16日に行われたブンデスリーガ第4節のマインツ戦では、素早い判断からアシストを決めている。 1-0とバイエルンリードの23分、右サイドでFWトーマス・ミュラーのパスを受けたキミッヒは、ターンしながらのトラップで前を向くと、プレスに来た相手がタックルに来るまでの一瞬で、裏へ動き出すFWアリエン・ロッベンへ正確なスルーパスを送る。 フリーでボールをボックス内まで運んだロッベンは、そのままGKとの1vs1を制して、追加点を決めた。試合はバイエルンが4-0と大差で勝利。キミッヒは3アシストを記録した。 2020.11.24 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アラバが美しいピンポイントアーリークロスでゴレツカをアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバが決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆アラバが決めたピンポイントアーリークロス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3SjY1amNXRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くしてバイエルンの下部組織に引き抜かれたアラバは、ホッフェンハイムへのレンタルを経て、徐々にファーストチームに定着すると、不動のレギュラーとなった。 正確な左足のキックで、セットプレーなどでも怖さを見せるアラバだが、2019年1月18日に行われたブンデスリーガ第18節のホッフェンハイム戦では、見事なアシストを決めている。 1-0とバイエルンリードの45分、カウンターからバイエルンがチャンスを作ると、左サイドでボールを持ったアラバが、相手守備陣が戻りきる前に鋭いアーリークロスを入れる。 グラウンダーのクロスに、ゴール前に走り込んだMFレオン・ゴレツカが滑り込みながら足を出すと、ギリギリのところで捉えたシュートがゴール左に決まり、見事な追加点となった。 この後、両チームに得点が生まれ、試合は3-1でバイエルンの勝利に終わった。 2020.11.23 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

豪快オーバーヘッドがそのまま…!レヴァンドフスキのダイナミックアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキのアクロバティックアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJmWHR2SGlhYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014年夏にドルトムントからバイエルンに加入したレヴァンドフスキは、世界最高峰のストライカーとして得点を量産。驚異的なペースでゴールを決めている。 絶対的エースとして攻撃陣を牽引するレヴァンドフスキだが、2019年2月9日に行われたブンデスリーガ第21節のシャルケ戦では、アクロバティックなアシストを決めている。 2-1とバイエルンリードの57分、左サイドからのクロスをボックス内で受けたレヴァンドフスキは、胸トラップでコントロールすると、豪快なオーバーヘッドシュートを放つ。このシュートはミスキックになるも、ゴール前にいたFWセルジュ・ニャブリがヘディングを合わせ、ゴールが決まった。 試合は、相手を突き放す3点目を奪ったバイエルンが、3-1で勝利している。 2020.11.23 12:00 Mon
twitterfacebook