横浜FMとACLで対戦する上海上港、正守護神の中国代表GKヤン・チュンリンが目を負傷で長期離脱

2020.10.22 18:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で横浜F・マリノスと対戦する中国スーパーリーグの上海上港だが、正守護神を欠くことになるようだ。中国代表でもあるGKヤン・チュンリンだが、中国スーパーリーグのプレーオフの試合で目を負傷したとのことだ。

ヤン・チュンリンは、18日に行われたプレーオフの上海申花戦に先発出場。試合は0-0の引き分けに終わったが、ヤン・チュンリンは前半で交代していた。

上海上港によると、ヤン・チュンリンは試合から2日後の20日に検査を実施。手術を受ける必要があり、長期間の欠場になると発表されている。

ACLは11月18日から再開。グループHに属しており、11月25日と28日に横浜FMと対戦するが、欠場する可能性が高いと見られている。

ヤン・チュンリンは今シーズンの中国スーパーリーグで13試合に出場し4試合でクリーンシートを記録。通算ではリーグ戦215試合に出場している経験豊富なGK。ACLも36試合に出場経験がある。また、中国代表としてもこれまで29試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

「不思議な気分」中2日で再び上海上港と対戦する横浜FM・ポステコグルー監督、メンバー入れ替えも示唆

27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の上海上港(中国)戦を前に、横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が記者会見に出席した。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響によって今年3月以降、長期にわたって中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 Jリーグ王者として大会に参加している横浜FMは、25日に再開初戦で上海上港と対戦。ゴールレスのまま終わるかと思われた90分に天野純が決勝ゴールを決め、0-1で勝利し再開初戦を白星で飾った。 中2日で同じ相手と対戦することになる横浜FM。ポステコグルー監督は、「3日後にまた同じチームと試合をするというのは不思議な気分」と語り、なかなか経験しない試合スケジュールについてコメント。それでも「自分たちは最初のゲームからの選手たちの疲れ具合や体調を見ながらやっていきたい。ちょっとメンバーを変えてやろうと考えている」と語り、25日の試合からメンバーを変更することを示唆した。 ただ試合については「アプローチとしては一緒。まずは自分たちのサッカーをやっていくこと。明日に向けてしっかり準備したい」と語り、戦い方を変えるつもりがないとした。 改善点については「再開初戦でやった相手との試合なので、特に変えていくことはない」と、1戦目と同じ形で入るとコメント。「もちろん簡単なゲームになるとは思っていない」とし、勝った相手とはいえ、上海上港を警戒した。 また「先ほどから言っている通り、自分たちのサッカーをすること、しっかり良い準備をして、ゲームの中でもコントロールしながらやっていきたい」と主導権を握る戦いをしたいとかたり、「良いゲームになることを望んで準備したい」と、連勝を飾りたいと意気込みを語った。 3日毎に試合が行われるという変則日程については、「1試合やった中でこっちに来て何日もたった。慣れている部分もあり、時差ボケで大変な思いをしたかもしれない」と環境面には徐々に慣れていっているとコメント。「それでも練習の環境であったり、この大会のスタッフの皆さんが良くしてくれて、何不自由なくやっている」と、ホスピタリティの面は何も問題がないことを強調した。 また、「その中で3日おきの試合がある中で、この大会は長い。自分たちのルーティーンをしっかり取りながらやっていくと思う」と、過密スケジュールでも、チームとしてのやり方を変えていくことはないとコメント。「長くなればなるほど、自分も海外での大会、試合の経験はあるので、そういった部分で変えていく可能性もある」とし、勝ち進んだ場合は多少の変化を加える可能性もあるとした。 2020.11.27 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

オビPKストップの横浜F・マリノス、上海上港との上位対決を天野の劇的弾で制し3連勝!《ACL》

横浜F・マリノスは25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第3節で上海上港と対戦し、1-0で辛勝した。 2月の連戦を2連勝スタートとしていた横浜F・マリノスと、同じく2連勝スタートとした上海上港の上位対決。 [4-2-1-3]で臨んだ横浜F・マリノスは3トップに右から水沼、エリキ、前田と並べ、トップ下にマルコス・ジュニオールを据え、GKはオビンナが務めた。 フッキやオスカル、ムーイらがスタメンとなった上海上港に対し、横浜F・マリノスが押し込む立ち上がりとすると、9分にはFKから前田が際どいヘディングシュートを浴びせる。 その後も横浜F・マリノスがボールを握る展開となるも、シュートに持ち込むには至らない。前半終盤は上海上港に攻め込まれる局面があったものの、ゴールレスで前半を終えた。 後半から和田に代えて喜田を投入した横浜F・マリノスは52分にアクシデント。小池が右ヒザを痛めてプレー続行不可能となり、松原が投入された。 その後半も横浜F・マリノスが押し気味に試合を進める流れとなるも、膠着状態に陥りかけていたことから63分に仲川を投入する。 68分にフッキが交代となった上海上港に対し、睨み合いが続いた中、横浜F・マリノスは80分にPKを献上する。松原がボックス内に入りかけてきたムゼッペルを倒してしまった。 しかし、キッカーのオスカルがゴール左を狙ったシュートをGKオビンナがセーブしてチームを救う。すると90分、交代選手3人によって横浜F・マリノスに劇的なゴールが生まれた。左サイドを仕掛けた高野のクロスに仲川がヘッド。これはGKに防がれるも、ルーズボールを天野が押し込んだ。 これが決勝点となって横浜F・マリノスが勝利。3連勝とし、グループステージ突破に大きく近づいている。 なお、横浜F・マリノスは3日後に上海上港との再戦となる。 2020.11.25 23:56 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】アジア王者を目指す再開初戦、2連勝の上海上港と対峙《上海上港vs横浜F・マリノス》

25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第3節の上海上港(中国)vs横浜F・マリノスが行われる。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 ◆J王者としての意地を見せるか <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/marinos20201125_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©Y.F.M<hr></div> 2月のACLで2連勝を飾った横浜FM。最後の試合はシドニーFCとホームで対戦し、4-0で快勝を収めていた。 そこから9カ月、Jリーグでは33節を消化。チーム内には選手の移籍などもあり変化がありながら、横浜FMらしさを生かした戦いを続けてきた。 前日会見でアンジェ・ポステコグルー監督は「ケガ人がいない」とコメント。チームとしてはしっかりとメンバーを揃えられることは大きいだろう。 ケガ人も出たことから、スクランブルな体制を敷いていた直近のリーグ戦だったが、ACLでアジアタイトルを獲得するためにベストな布陣で臨めることになりそうだ。 ◆カタールで連勝 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/marinos20201125_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対する上海上港は、新型コロナウイルスの影響で今回の集中開催まで今季のACLではプレーなし。しかし、すでにカタールで2試合を戦っている。 19日にはシドニーFC(オーストラリア)と戦い1-2で勝利。22日には全北現代モータース(韓国)と戦い、こちらも1-2で勝利を収めていた。 メンバーにはかつてJリーグでもプレーした元ブラジル代表FWフッキやチェルシーでもプレーした元ブラジル代表MFオスカル、またオーストラリア代表MFアーロン・ムーイと強力な選手が揃っている。 直近の全北現代戦では3人ともベンチスタートとなり、連戦を考えれば横浜FM戦では揃ってスタメンの可能性もあるだろう。3連勝で一気にグループステージ突破を掴みに来るはずだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:オビ・パウエル・オビンナ DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:水沼宏太、オナイウ阿道、エリキ 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆注目選手 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/marinos20201125_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> 注目選手はエリキをピックアップしたい。 今シーズンは明治安田J1で29試合に出場しチーム最多タイの13ゴールを記録。要所でゴールを決めてチームを助けていた。 一時はチームのシステム変更に伴いシャドーを務めることもあったが、ウィングに入ってもゴールへの嗅覚は衰えず。チームに勢いをもたらすことができるだろう。 リーグ戦で連戦にも慣れており、再開初戦でゴールを決めて勢いに乗れば今大会で爆発の可能性もある。エリキのパフォーマンスに注目だ。 2020.11.25 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

フッキゴールの上海上港が全北現代に勝利、連勝の上海は25日に横浜FMと対戦《ACL2020》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループH第2節、全北現代モータース(韓国)vs上海上港(中国)が22日にカタールで開催され、1-2で上海上港が勝利した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となった。 グループHには2チームの他、横浜F・マリノスとシドニーFC(オーストラリア)が同居している。 今シーズンのKリーグ1王者の全北現代と中国スーパーリーグの上海上港の対戦。上海上港は元ブラジル代表のMFオスカル、FWフッキ、オーストラリア代表MFアーロン・ムーイがベンチスタートとなった。 試合は11分に上海上港が先制。GKチェン・ウェイがゴールキックを蹴ると、相手DFが目測を誤り頭上を通過。これをフリーで受けたル・ウェンジュンが受けるとドリブルで独走し、そのままゴールを奪った。リプレイで見ると完全にオフサイドポジションにいたが、ゴールは認められた。 先制を許した全北現代だったが、24分に追いつく。ボックス右でボールを持つと、キム・ボギョンが低いクロス。これをグスタボが押し込み、全北現代が同点に追いつく。 1-1で迎えた後半、上海上港はハーフタイムでオスカルとムーイを投入する。 すると46分、上海上港はいきなりビッグチャンス。カウンターから右サイドをフリーで駆け上がったチェン・ビンビンがグラウンダーのクロス。これをボックス内で受けたムーイがシュートを放つが、GKソン・ボムクンの正面に飛び得点とならない。 48分には全北現代がチャンス。ロングボールで裏を取ったグスタボがDFを背負いながらもボックス内で反転シュート。しかし、今度はGKチェン・ウェイが立ちはだかる。さらにその流れから最後は、ボックス内でバロウがシュート。枠を捉えたが、DFがブロックして得点を許さない。 上海上港は56分に再びムーイがビッグチャンス。右からの浮き球のパスをボックス内でトラップしシュート。しかし、今度は右ポストに嫌われてしまう。 すると81分に上海上港がロングボールからカウンター。裏へと出されたボールにオスカルが猛然とダッシュ。ボックス内で先に触ると、猛然と逆サイドから防ぎに来たホン・ジョンホに倒されPKを獲得。これを途中出場のフッキが豪快に蹴り込み勝ち越しに成功。そのまま逃げ切り、1-2で上海上港が勝利。連勝を収めた。 連勝の上海上港は25日に同じく連勝中の横浜F・マリノスと対戦。全北現代はシドニーFCと対戦する。 全北現代モータース 1-2 上海上港 【全北現代】 グスタボ(前24) 【上海上港】 ル・ウェンジュン(前11) フッキ(後37)[PK] 2020.11.23 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

フッキが中島翔哉と共演か? 1月の古巣ポルト復帰の可能性

上海上港でプレーする元ブラジル代表FWフッキ(34)が、古巣に復帰する可能性があるようだ。ポルトガル『A Bola』が報じた。 現在は中国スーパーリーグの上海上港でプレーするフッキ。川崎フロンターレやコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)、東京ヴェルディなどJリーグでもそのパワーとフィジカルモンスターぶりを発揮。2008年7月にポルトへと完全移籍すると、ゼニトを経て上海上港へ移籍した。 <div id="cws_ad">◆ポルト時代に見せたフッキの左足弾丸シュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOQlFnOGg1USIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 上海上港との契約は2021年1月までとなっており、現在戦っているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が終了すれば退団することが見込まれている。 フッキの行き先にはプレミアリーグなども挙がっていたなか、古巣であるポルトへの復帰が浮上している。 フッキは上海上港で年俸2000万ユーロ(約24億6700万円)を受け取っているとされるが、ポルトにはその資金はなく、最大で300万ユーロ(約3億7000万円)しか支払えないとのこと。しかし、スポーツの側面と、古巣であるということを利用して獲得に動いているという。 また、セルジオ・コンセイソン監督の戦術にフィットしないか王政が懸念されていたが、そこに関しては解決したとのこと。現在のフッキであればフィットすると考えられているようだ。 日本代表MF中島翔哉も所属するポルト。フッキが加わることで競争が再び生まれることになるが、ACLでのプレーを見る限り過去ほどの輝きは失われている様子。それでも、プレミアリーグよりはフィジカル面を生かしたプレーができるポルトガルへの移籍は欧州復帰を目指す上では妥当とも言えそうだ。 2020.11.20 10:25 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly