G大阪が仕切り直しの1勝で8戦無敗! 宇佐美アシストのパト決勝弾で大分破る《J1》

2020.10.18 16:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第23節の1試合が18日に昭和電工ドーム大分で行われ、アウェイのガンバ大阪が大分トリニータを1-0で下した。ここ2試合のアウェイ連戦が1分け1敗に終わり、白星から遠ざかる12位大分は3試合ぶりの白星を目指す今節に。前節から5選手変更の先発に羽田がボランチの一角として入った。一方、連勝こそ「6」で止まったものの、7試合負けなしの5位G大阪はベンチスタートの宇佐美とパトリックに代わり、渡邉とアデミウソンを起用。菅沼が欠場の昌子の代わりにセンターバックの一角としてスタートからピッチに入った。

試合は5連戦の5試合目となるG大阪に対して、出足の鋭さで上回った大分が押し気味に立ち上がる。次第に盛り返したG大阪だが、23分に渡邉の落としからボックス中央のアデミウソンが右足シュートでゴールネットを揺らした場面はボールの軌道にいた倉田のハンドを取られ、ノーゴールに。その後、速攻を軸に反攻した大分も再びG大阪の陣内に攻め入る場面を増やしたが、互いに決定打に至らず、こう着状態が続く。

ゴールレスで折り返した試合は後半の頭から渡邉とパトリックの交代を施したG大阪が押し気味な入りをみせるが、大分が55分にビッグチャンスを迎える。古巣戦の田中が相手最終ラインの背後を抜け出すと、GK東口をも交わしてボックス左から無人のゴールマウスにシュートを放つが、懸命に戻った高尾がカバーリングで阻止。続く59分にもボックス左で決定機を迎えた田中だが、ここもGK東口の好守に遭う。

65分にも左CKのチャンスから鈴木の際どいヘディングシュートでゴールに迫った大分が得点の匂いを感じさせる攻撃を続けるなか、やや浮き足立つG大阪は矢島と宇佐美をピッチに送り込む。すると、67分にパトリックのポストプレーからのボールを頭でボックス右に叩いた倉田がそのままゴール前に侵攻。矢島の折り返しを押し込みにかかるが、GKムン・キョンゴンのファインセーブに遭い、チャンスを生かせない。

それでも、飲水タイム明けに刀根を送り込み、修正を図った大分を尻目にG大阪がセットプレーのチャンスをゴールに繋げ、均衡を破る。右CKのチャンスを獲得した72分、キッカーの宇佐美が右足アウトスイングのクロスをゴール前に供給。ファーサイドに陣取ったゴール前のわずかなスペースに潜り込んだパトリックが頭で合わせると、これがゴール左に決まった。

悪くない流れのなかで守りが崩れてしまった大分はすぐさま反撃に転じるが、78分に右サイド深くからのクロスに田中が頭で合わせた場面は再び高尾のカバーリングに遭い、不意に。そうした攻め立てる展開のなかで、82分に島川、知念、高澤、野村の一挙4選手を送り出して、勝利への執着をみせた大分だが、上位追走のためにも負けられないG大阪も守りの集中を切らさない。

後半アディショナルタイムを通じてもリスク覚悟で前がかった大分だが、残るカードで松田、J1初出場の塚元を送り込み、試合をクローズしにかかったG大阪が1点のリードを守り抜いて、そのまま終了のホイッスル。2試合ぶりの白星で8試合負けなしを継続したG大阪が仕切り直しの1勝を手にして、上位追走に成功した。

大分トリニータ 0-1 ガンバ大阪
【G大阪】
パトリック(後27)
コメント
関連ニュース
thumb

【J1クラブ通信簿/ガンバ大阪】2位躍進で復活の狼煙 宮本体制4年目のテーマは攻撃力

未曾有のシーズンとなった2020年のJリーグ。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、中断による異例の超過密日程、観戦や応援の制限など、多くの困難を乗り越え、すべての日程を終了した。 その中でも、熱戦が続いた2020シーズンのJリーグ。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブの通信簿(チームMVP、補強成功度、総合評価)をお届けする。 第17弾は2位のガンバ大阪を総括!(評価は「S」が最高、「E」が最低) ◆総合評価【A】 20勝5分け9敗 (勝率58.8%) 46得点42失点 宮本恒靖体制3年目はJ1リーグ2位、天皇杯準優勝。かつて関西の雄としてうたわれたチームにとって、いずれも手放しで喜べるものではないが、上位争いに絡むどころか、残留争いを強いられ、中位がやっとだった過去2年間に比べると、復権に期待が膨らむような1年だった。 正直、攻守に特筆すべき数字はなかったが、徹底した守備ベースの戦いが2020シーズンのG大阪を象徴した。総失点数は5位タイの「42」。その数字は過去3年間の最少で、2020シーズンから挑戦したハイプレス戦術とともに、守備の安定感が躍進の基盤になったのは間違いない。 そのなかで、安定したセーブを披露し続けた東口順昭が勝ち点を取れる守護神としてフル稼働。さらに、キム・ヨングォン、井手口陽介のほか、シーズンが進むにつれ、パトリックがFPの軸に収まったのも大きく、4バックに回帰して12戦不敗を記録した秋以降の戦いに直結した。 また、宮本監督が2018年途中に就任してから守備の整備とともに、着手した世代交代もチームの躍進という形で表れた1年に。それを象徴したのがシーズン途中に移籍した遠藤保仁に代わり、レギュラーに定着した大卒ルーキーの山本悠樹や高尾瑠、そして福田湧矢ら若手の存在だ。 山本はもはや新たな司令塔として欠かせず、高尾も右サイドバックや3バックの右を担う一番手に台頭。福田に関しても2列目のワイドだけでなく、必要に応じてサイドバックもこなせる万能選手としての地位を築いた。そうした若い力も躍進の原動力として、見逃すわけにいかない。 コロナ禍による5人交代枠の特別ルールも活用して、掴み取った勝ち星は最終的に20個で、そのうちの16勝が1点差。守備の粘りという新たなカラーを打ち出した1年を物語る。それは新シーズンに向けても自信にすべきだが、同時に攻撃面の課題が浮き彫りになったのも事実だ。 宮本監督は当初、総得点の目標値を「60」に設定したが、最終的に「46」に。二桁得点者は4年ぶりにゼロで、途中からレギュラーの座を奪取したパトリックの9ゴールが最多だった。攻撃的なスタイルを掲げてのスタートを鑑みれば、明らかに物足りず、マイナス材料だ。 終盤戦は主力の負傷や不祥事で謹慎のアデミウソンを欠いたにせよ、パトリック頼みの戦いがより顕著に。タイトルを狙うなら、勝負強さとともに、突きつけた攻撃力も求められる。18ポイントをつけられ、優勝した川崎フロンターレとの総得点差は「42」。その差をどう縮めるかが鍵になる。 ◆チーム内MVP <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/gambaosaka2020_1_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎J.LEAGUE<hr></div> GK東口順昭(34) 明治安田生命J1リーグ34試合出場(先発34試合)/42失点 2020シーズンのG大阪を語る上で、2014年から絶対的守護神に君臨する東口の存在は欠かせない。 チームとして拮抗した試合が多かったなかで、守備が崩されても最後の砦としてゴール前で立ちはだかり、幾度も神がかったセーブでチームに勝ち点をもたらす存在に。宮本体制最高位の2位フィニッシュに大きく貢献した。 そうした活躍を受け、1年間を通じてホーム戦で活躍した選手に贈られる黄金の脚賞を2014年以来2度目の受賞。ベストイレブンは残念ながら逃してしまったが、2020年の活躍ぶりであれば、受賞してもおかしくなかった。 もちろん、キム・ヨングォンや、井手口、パトリックも確かな貢献度を誇ったが、チームの結果を振り返る上で、東口が果たした役割はかなり大きかった。 ◆補強成功度【B】<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/gambaosaka2020_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎J.LEAGUE<hr></div>2020年のオフシーズンにおける目玉の戦力として目された小野裕二、昌子源はともにケガの影響でフル稼働といかなかったが、チームとして長年の課題だった中盤の新たな舵取り役に山本が名乗りを上げるなど、ルーキーの台頭が際立った。 当初こそ熾烈なポジション争いを強いられ、限定的な出番が続いた山本だが、第14節以降の大半はレギュラーとしてプレー。すでにプレースキッカーも任されるほどの信頼を掴み取り、27試合の出場で2得点2アシストと上々のルーキーイヤーを過ごした。 そのほか、川崎修平、塚元大、唐山翔自のG大阪アカデミー出身トリオも当初こそU-23がメインだったが、シーズンが進むにつれ、トップチームで出番が増加。3選手ともに荒削りな部分もあるが、ルーキーイヤーからトップレベルを体感できたのは今後にとっても大きい。 また、即戦力の働きでいうと、トゥールーズから電撃加入の昌子は古傷と付き合いながらのシーズンとなり、18試合の出場に。新シーズンは持ち前の積極的な意見交換によるチーム内の議論活性化だけでなく、プレーでも牽引する働きが求められる。 そして、小野は昨年9月に右ヒザ前十字じん帯損傷でシーズン終了となり、J1リーグ11試合1得点という不本意な結果に。チームが4バックにシフトした秋以降、サイドハーフのポジションが生まれただけに、そこでのプレーが見たかったところだ。 2021.01.11 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

仙台GKイ・ユノが契約満了 レンタル先のG大阪も退団

ベガルタ仙台は9日、韓国人GKイ・ユノ(21)との契約満了を発表した。 イ・ユノは2017年に仙台入りすると、2019シーズンから福島ユナイテッドFCにレンタル。2020年3月から再びのレンタルでガンバ大阪に加わり、U-23の一員として明治安田生命J3リーグ9試合に出場した。 レンタル加入先のG大阪も期間満了で退団が決まったイ・ユノ。両クラブを通じて、次のようにコメントしている。 ◆ベガルタ仙台 「仙台で試合に出場することはできませんでしたが、本当にたくさんのことを学ぶことができました。多くのチームメートとプレーできたことを誇りに思います。悔しさもありますが、この経験を糧にしてこれからも成長できるよう努力します。引き続き、応援していただけるとうれしいです。今まで本当にありがとうございました」 ◆ガンバ大阪 「こんにちは。イ ユノです。1年間ありがとうございました。ガンバ大阪に来て初めて試合に出場することが出来ましたし、素晴らしい選手、スタッフと一緒に練習できて本当に良い経験になりました。また皆さんと会えるよう頑張ります! 1年間本当にありがとうございました」 2021.01.09 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

町田が主力キープ! 41試合3ゴールのG大阪MF高江麗央が完全移籍に移行

FC町田ゼルビアは9日、MF高江麗央(22)の完全移籍移行を発表した。 ロアッソ熊本下部組織出身の高江は2017年に東福岡高校からガンバ大阪入団。プロ2年目から徐々にトップチームで出番を増やしていったが、2020年にさらなる定期的な出場機会を求めて町田にレンタル移籍すると、明治安田生命J2リーグ41試合3得点とフル稼働した。 完全移籍に移行する形で新シーズンも町田でプレーすることを決断した高江。両クラブを通じて、次のようにコメントしている。 ◆FC町田ゼルビア 「FC町田ゼルビアに完全移籍する事になりました。サポーターの皆さんと共にJ1を目指して戦っていきたいと思います! よろしくお願い致します」 ◆ガンバ大阪 「この度、FC町田ゼルビアに移籍する事になりました。ガンバ大阪に関わる全ての方々と共に戦えた事はとても幸せでした。これからもっと成長出来る様に努力してきます。本当にありがとうございました」 2021.01.09 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪育成出身の芝本蓮、期限付き移籍で相模原へ 「ここから這い上がれるように」

SC相模原は8日、ガンバ大阪に所属するMF芝本蓮(21)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日までとなる。 G大阪アカデミー育ちの芝本はパサータイプの中盤で、2018年にトップチーム昇格。2020シーズンは11月14日に行われた明治安田生命J1リーグのベガルタ仙台戦でJ1初出場を果たすなど公式戦2試合に出場したが、U-23としてのプレーがメインだった。 新シーズンからさらなる成長の場を求め、J2リーグに昇格する相模原入りを決断した芝本。両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆SC相模原 「相模原の勝利に貢献出来る様に精一杯頑張ります! 応援宜しくお願いします!」 ◆ガンバ大阪 「アカデミー時代から含めると9年間お世話になりました。悔しかった事の方が多かったですが、たくさん学ぶことができました。ここから這い上がれるように頑張りたいと思います。応援ありがとうございました!」 2021.01.08 14:20 Fri
twitterfacebook
thumb

群馬がG大阪生え抜きのFW髙木彰人を完全移籍で獲得、昨季は松本でプレー

ザスパクサツ群馬は7日、ガンバ大阪のFW髙木彰人(23)が完全移籍で加入することを発表した。 髙木は、G大阪の下部組織出身で、2016年にトップチーム昇格。2019シーズン途中にモンテディオ山形へ育成型期限付き移籍すると、2020シーズンは松本山雅FCへ期限付き移籍していた。 松本では明治安田J2で12試合に出場していた。 髙木はクラブを通じてコメントしている。 ◆ザスパクサツ群馬 「今年からお世話になります、髙木彰人です。チームに貢献できるように頑張ります!よろしくお願いします!」 ◆ガンバ大阪 「ザスパクサツ群馬に完全移籍することになりました。ガンバには感謝しかありません。ただ、このクラブでずっとやっていたかったし、恩返ししたい気持ちしかないですが、それができなかったのが悔しいです」 「またガンバに戻って来れるように、すごい選手になります!これからも陰ながら応援よろしくお願いします!ありがとうございました!」 ◆松本山雅FC 「1年間という短い期間でしたが、ありがとうございました!自分としては何もチームに貢献できずに終わってしまったのは本当に申し訳ない気持ちです」 「今年はコロナの影響もあって満員のアルウィンで試合ができませんでしたが、相手チームとして、また来られるように楽しみにしています!」 2021.01.07 15:27 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly