G大阪が仕切り直しの1勝で8戦無敗! 宇佐美アシストのパト決勝弾で大分破る《J1》

2020.10.18 16:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第23節の1試合が18日に昭和電工ドーム大分で行われ、アウェイのガンバ大阪が大分トリニータを1-0で下した。ここ2試合のアウェイ連戦が1分け1敗に終わり、白星から遠ざかる12位大分は3試合ぶりの白星を目指す今節に。前節から5選手変更の先発に羽田がボランチの一角として入った。一方、連勝こそ「6」で止まったものの、7試合負けなしの5位G大阪はベンチスタートの宇佐美とパトリックに代わり、渡邉とアデミウソンを起用。菅沼が欠場の昌子の代わりにセンターバックの一角としてスタートからピッチに入った。

試合は5連戦の5試合目となるG大阪に対して、出足の鋭さで上回った大分が押し気味に立ち上がる。次第に盛り返したG大阪だが、23分に渡邉の落としからボックス中央のアデミウソンが右足シュートでゴールネットを揺らした場面はボールの軌道にいた倉田のハンドを取られ、ノーゴールに。その後、速攻を軸に反攻した大分も再びG大阪の陣内に攻め入る場面を増やしたが、互いに決定打に至らず、こう着状態が続く。

ゴールレスで折り返した試合は後半の頭から渡邉とパトリックの交代を施したG大阪が押し気味な入りをみせるが、大分が55分にビッグチャンスを迎える。古巣戦の田中が相手最終ラインの背後を抜け出すと、GK東口をも交わしてボックス左から無人のゴールマウスにシュートを放つが、懸命に戻った高尾がカバーリングで阻止。続く59分にもボックス左で決定機を迎えた田中だが、ここもGK東口の好守に遭う。

65分にも左CKのチャンスから鈴木の際どいヘディングシュートでゴールに迫った大分が得点の匂いを感じさせる攻撃を続けるなか、やや浮き足立つG大阪は矢島と宇佐美をピッチに送り込む。すると、67分にパトリックのポストプレーからのボールを頭でボックス右に叩いた倉田がそのままゴール前に侵攻。矢島の折り返しを押し込みにかかるが、GKムン・キョンゴンのファインセーブに遭い、チャンスを生かせない。

それでも、飲水タイム明けに刀根を送り込み、修正を図った大分を尻目にG大阪がセットプレーのチャンスをゴールに繋げ、均衡を破る。右CKのチャンスを獲得した72分、キッカーの宇佐美が右足アウトスイングのクロスをゴール前に供給。ファーサイドに陣取ったゴール前のわずかなスペースに潜り込んだパトリックが頭で合わせると、これがゴール左に決まった。

悪くない流れのなかで守りが崩れてしまった大分はすぐさま反撃に転じるが、78分に右サイド深くからのクロスに田中が頭で合わせた場面は再び高尾のカバーリングに遭い、不意に。そうした攻め立てる展開のなかで、82分に島川、知念、高澤、野村の一挙4選手を送り出して、勝利への執着をみせた大分だが、上位追走のためにも負けられないG大阪も守りの集中を切らさない。

後半アディショナルタイムを通じてもリスク覚悟で前がかった大分だが、残るカードで松田、J1初出場の塚元を送り込み、試合をクローズしにかかったG大阪が1点のリードを守り抜いて、そのまま終了のホイッスル。2試合ぶりの白星で8試合負けなしを継続したG大阪が仕切り直しの1勝を手にして、上位追走に成功した。

大分トリニータ 0-1 ガンバ大阪
【G大阪】
パトリック(後27)
コメント
関連ニュース
thumb

G大阪が狙うFWウェリントン・シウバ、ファンからの批判を受け主張「ここで集中し続けることを望む」

ガンバ大阪が獲得を狙っていると報じられていたフルミネンセのFWウェリントン・シウバ(28)だが、改めてクラブへの愛を主張した。ブラジル『UOL』が伝えた。 ウェリントン・シウバはフルミネンセの下部組織で育ったウインガー。その才能を買われ、2011年1月にはアーセナルへと完全移籍を果たす。しかし、アーセナルでは出場機会がなく、レバンテやアルコヤノ、レアル・ムルシア、アルメリア、ボルトンと武者修行を繰り返す。 ラ・リーガで33試合6アシスト、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で72試合8ゴール5アシストと、スペインで経験を積んだウェリントン・シウバは、2016年7月にフルミネンセへ復帰。2018年1月からインテルナシオナルへレンタル移籍を経験するも、2020年2月に復帰していた。 今シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで22試合に出場し4ゴール2アシストを記録している。 そのウェリントン・シウバは、24日に行われた第32節のボタフォゴ戦に途中出場。すると後半アディショナルタイムに追加点を挙げ、チームの2-0の勝利に貢献していた。 試合後のインタビューに応じたウェリントン・シウバは、前節は決定機を逸してチームはドロー。さらいん、オファーが報じられ多こともありファンから批判を受けていたと苦悩を明かすも、自身が愛するのはフルミネンセだと主張した。 「良いパフォーマンスができておらず、一部のファンには批判された。僕にオファーが届いているというニュースがあった。クラブを去れと多くの声が寄せられている」 「どの試合にも命をかけてきたクラブだ。だからゴールは嬉しい。いつも僕のそばにいる家族、妻、神に感謝したい」 「前の試合(コリチーバ戦)では、フルミネンセに勝利をもたらす可能性があったゴールを逃し、多くの人が立ち上がった。批判を受け入れるけど、いつも人生を捧げていたクラブを辞めろというのは、不公平だと思う」 一方で、日本からのオファーがあることも事実だと認め、クラブが交渉を進めているとコメント。しかし、自身はフルミネンセに集中しており、仮に移籍が決定した場合は“悲しみを持って”去ると主張した。 「彼らは話をしている。僕はここで集中し続けることを望んでいる。僕がフルミネンセを去る時はいつだって、堂々と出て行った。いつだって、全てを与えてくれたクラブに感謝していた」 「僕が持っているものは全て、僕が子供の頃から自分のために扉を開いてくれたフルミネンセのおかげだ。だから、僕が去らなければならないのなら、それは悲しいことだ。なぜなら、僕が愛するクラブであり、僕が常に守ってきたクラブだからだ」 「僕がここブラジルでは、他にインテルナシオナルでプレーしただけだ。だから、フルミネンセには永遠に感謝し、ここで人生を捧げるために最後の日まで戦い、可能な限り最高の場所に残したいと思う」 「リーグ戦開幕当初、多くの人がフルミネンセは降格しない様に戦うだろうと行っていた。今、僕たちは最高の中にいる」 2021.01.25 12:37 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪がチアゴ・アウベスを獲得! レアンドロ・ペレイラに続く連日のアタッカー補強

ガンバ大阪は23日、ブラジル人FWチアゴ・アウベス(28)の完全移籍加入を発表した。背番号は「32」を着用する。 チアゴ・アウベスはドリブル突破と強烈な左足が魅力のアタッカーで、母国の名門サントスでプロキャリアをスタート。韓国やサウジアラビアを渡り歩き、2017年3月にレンタルでの清水エスパルス入りを機に初来日した。 2018年から韓国に戻り、全北現代モータースでプレーしたが、2019年にレンタルでのサガン鳥栖加入で再来日。完全移籍に移行した昨季は明治安田生命J1リーグ14試合3ゴールを記録したが、同シーズン限りで退団した。 G大阪にとって、前日のFWレアンドロ・ペレイラに続くアタッカーの新戦力となるチアゴ アウベス。G大阪の公式サイトを通じて加入の喜びと意気込みを語っている。 「沢山のサッカーの重みがつまったビッグクラブのユニフォームを着られることになり、本当に幸せな気持ちでいっぱいです。ガンバ大阪は本当にビッグクラブです」 「また夢を一つ叶える事ができて、沢山の嬉しさとモチベーションでいっぱいです。僕もガンバファミリーの一員として期待に頑張って応えられるように頑張ります」 「ガンバ大阪に行ったことが間違いではなかったねってみんなに言ってもらえるように」 2021.01.23 19:45 Sat
twitterfacebook
thumb

昨季広島で15ゴールのレアンドロ・ペレイラがG大阪に加入!

ガンバ大阪は22日、ブラジル人FWレアンドロ・ペレイラ(29)が松本山雅FCから完全移籍で加入することを発表した。 2019年に松本に加入し、ブラジルから地球の反対側からやってきたレアンドロ・ペレイラ。同年8月に期限付き移籍でサンフレッチェ広島に加入すると、移籍後のJ1リーグ9試合で4ゴールを記録。97分に1ゴールという得点力の高さを見せつけた。 昨シーズンは期限付き移籍を延長し広島に残留。チームは8位という結果だったが、個人としては得点ランキング3位の15ゴールを挙げる活躍を披露した。それでも完全移籍には至らず、松本に復帰していた。 そしてこの度、昨季2位のガンバ大阪への移籍が決定。クラブ公式サイトで「ガンバに加入できる事になってグループの一員になれて嬉しいです。そして全ての皆さんの期待に応えられるように頑張ります。早くチームメイトのみんなに会える事を楽しみにわくわくしています」とコメントを残した。 一方で、松本のサポーターに向けては別れの挨拶を残すとともに、J1で戦えることを今の夢だと語った。 「松本山雅で僕の日本でのキャリアをスタートできたことを感謝してます。温かく迎え入れてていただき嬉しく思いましたし、アルウィンのサポーターの熱量は一生忘れません!僕の今の夢は、J1の舞台で松本山雅とアルウィンで対戦することです。また会いましょう!」 2021.01.22 19:48 Fri
twitterfacebook
thumb

元日本代表FW大黒将志が古巣G大阪のアカデミーストライカーコーチに就任

ガンバ大阪は22日、かつて所属した元日本代表FW大黒将志(40)がアカデミーのストライカーコーチに就任することを発表した。 大黒はジュニアからG大阪の下部組織出身。1999年にトップチーム昇格。2001年にコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)へ期限付き移籍。その後はG大阪でプレーした。 2005年にはチームのJ1初優勝に貢献。2006年にはフランスのグルノーブルへと完全移籍。2006年9月にセリエAのトリノへと完全移籍する。 フランス、イタリアとあまり結果を残せないでいると、2008年7月に東京ヴェルディへと移籍。その後は、横浜FC、FC東京への期限付き移籍を経て、2011年に横浜F・マリノスへと完全移籍。その後、中国の杭州緑城へと移籍した。 再びJリーグに戻り、京都サンガF.C.やモンテディオ山形、栃木SCでプレー。2020年は選手登録されないまま終わり、シーズン終了後に退団していた。 J1通算204試合69得点、J2通算260試合108得点、リーグカップ通算34試合12得点を記録していた。 日本代表としては2005年にジーコ監督によって初招集。アジア最終予選で活躍すると、2006年のドイツ・ワールドカップのメンバーに選ばれていた。代表通算22試合5得点を記録していた。 大黒はクラブを通じてコメントしている。 「今年からガンバ大阪で育成年代のコーチをやらせて頂くことになりました!本当にありがとうございます!」 「僕も育てて頂いたガンバ大阪で指導者を始めさせてもらえることに感謝の気持ちでいっぱいです」 「1人でも多くトップチームで長く活躍できる選手を輩出できるようにがんばります。FWの選手達はどこでもいつでも誰とプレーしてても点が取れるような選手になってもらえるように一緒に努力して共に成長していけたらと思います」 「ガンバ大阪に貢献できるよう全力でがんばりますのでよろしくお願いします!」 2021.01.22 15:40 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪が総勢29選手のメンバーリストを公開! 「39」の宇佐美貴史が復活

ガンバ大阪は18日、2021シーズンに挑むメンバーと背番号を発表した。 昨季の明治安田生命J1リーグで宮本恒靖体制最高位の2位躍進を遂げたG大阪だが、天皇杯も準優勝に終わるなど、目前でタイトルを逃したシーズンに。10月にクラブ創設30周年を迎える今季、昨季の悔しさをバネに10個目の星を目指す。 そんなG大阪のメンバーは現時点で29選手。期待の新戦力であるFCソウルから加入の韓国代表MFチュ・セジョンは「6」に決まり、明治大学から入団のDF佐藤瑶大は「16」を着用する。 また、レンタルバック組だと、2019年から武者修行の旅に出て、満を持して復帰のFW一美和成は「20」に。レノファ山口FCから復帰のGK林瑞輝は以前にも背負った「23」に決定した。 既存メンバーだと、FW宇佐美貴史がFW渡邉千真の退団で空いた「39」に“復活”。そのほか、GK一森純、MF奥野耕平、FW白井陽斗も新シーズンからそれぞれ新たな番号が与えられた。 ◆選手背番号一覧 GK 1.東口順昭 22.一森純※背番号変更 23.林瑞輝←レノファ山口FC/復帰 25.石川慧 DF 3.昌子源 4.藤春廣輝 5.三浦弦太 13.菅沼駿哉 16.佐藤瑶大←明治大学/新加入 19.キム・ヨングォン 24.黒川圭介 27.髙尾瑠 40.シン・ウォノ MF 6.チュ・セジョン←FCソウル(韓国)/完全 8.小野瀬康介 10.倉田秋 14.福田湧矢 15.井手口陽介 17.奥野耕平※背番号変更 21.矢島慎也 29.山本悠樹 FW 11.小野裕二 18.パトリック 20.一美和成←横浜FC/復帰 30.塚元大 33.白井陽斗※背番号変更 34.川﨑修平 38.唐山翔自 39.宇佐美貴史※背番号変更 監督 宮本恒靖 2021.01.18 19:45 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly