サラーがリバプール加入後100ゴール 史上3番目のスピードで達成!

2020.10.18 08:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エジプト代表FWモハメド・サラーがリバプールの選手として公式戦通算100ゴールを達成した。サラーは17日に敵地で行われた第5節のエバートン戦に先発。最終的に2-2のドローゲームに終わったダービーマッチだが、右サイドからクロスが上がった1-1の72分にクリアボールに素早く反応すると、左足ダイレクトのシュートを豪快に叩き込み、2試合連続ゴールを記録した。

この得点がリバプール加入後節目の公式戦100ゴール目。159試合目での達成はデータ集計サイト『Opta(@OptaJoe)』によると、
元イングランド代表FWのロジャー・ハント氏(144試合)、元同代表FWのジャック・パーキンソン氏(153試合)に次ぐクラブ史上3番目の早さだという。

2017年夏にローマから加入して以降、インパクトを残し続けるなか、今季もここまでプレミアリーグ5試合で6ゴールと傑出したパフォーマンスを披露するサラー。4季目の今季もその存在感に変わりはなさそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

アタランタMFゴセンズが前日練習で負傷…CL含む3試合欠場の可能性

アタランタは30日、ドイツ代表MFロビン・ゴセンズが負傷したことを発表した。 クラブの発表によれば、ゴセンズは30日に行われたトレーニング中に左ふくらはぎを痛めてしまった模様。これを受けて、31日にアウェイで行われるセリエA第6節クロトーネ戦の招集メンバーからも外れた。 なお、アタランタは明確な離脱期間を明かしていないが、フランス『レキップ』は11月3日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節のリバプール戦や同8日に行われるセリエA第7節のインテル戦も欠場する可能性があると伝えている。 2020.10.31 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイクの右ヒザ手術が成功!

リバプールは30日、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの右ヒザの手術が無事成功したことを明かした。 ファン・ダイクは今月17日に敵地で行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦で、エバートンGKジョーダン・ピックフォードのアフターチャージを受け、右ヒザの前十字じん帯を損傷する重傷を負っていた。 そして、今回ロンドンの病院で同箇所の修復手術を受け、無事に成功した。 リバプールの発表によると、ファン・ダイクは術後の経過を観察しながら、クラブのメディカルチームのサポートを受けてリハビリを開始する予定だ。 ただ、現時点では復帰に向けたタイムテーブルは設定されていない。 2020.10.30 20:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ケガ人続出のリバプールに不幸中の幸い! CLで負傷のファビーニョは11月の代表ウィーク後に復帰予定

ケガ人続出に苦しむリバプールだが、チャンピオンズリーグ(CL)で負傷したブラジル代表MFファビーニョについては、最悪の事態を回避できそうだ。イギリス『ミラー』が報じている。 ファビーニョは27日に行われたCLグループD第2節ミッティラン戦にスタメン出場したものの、30分に右ハムストリングを負傷し交代。ユルゲン・クロップ監督は試合後に「検査するまで何とも言えない」とコメントしていたが、長期離脱が懸念されていた。 リバプールは、守備陣の絶対的な柱だったDFヴィルヒル・ファン・ダイクがプレミアリーグ第5節エバートン戦で重傷を負い、長期離脱が確定している。また、DFジョエル・マティプも同節に膝を負傷し離脱。若手を除けば本職のセンターバックがDFジョー・ゴメスのみの非常事態となったが、ファビーニョがセンターバックの位置でハイパフォーマンスを見せ、事なきを得ていた。 そのファビーニョまで長期離脱となれば、リバプールにとって深刻な状況となるのは間違いない。しかし、『ミラー』によると検査の結果、グレード1または2のハムストリング負傷であることが確認され、11月のインターナショナルマッチウィーク明けには復帰する可能性があるとしている。 最悪の事態は回避できたリバプールだが、それでもプレミアリーグ第7節ウェストハム戦、第8節マンチェスター・シティ戦、CLグループステージ第3節アタランタ戦は、ファビーニョ抜きで挑むことに変わりない。 クロップ監督はミッティラン戦後の会見で、マティプが来週には復帰できる可能性があると示唆しているものの、31日のウェストハム戦出場は難しいようだ。そのため、若手DFのリース・ウィリアムズ、ナット・フィリップスらの起用が予想されており、リバプールにとってハマーズ戦は正念場の一戦となる。 2020.10.29 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

癖が強い! ミッティラン交代選手のユニの着方が話題に

27日にリバプールと対戦したミッティランの交代選手のユニフォームの着方が話題を集めている。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 ミッティランはチャンピオンズリーグ(CL)のグループD第2節でプレミアリーグ王者のリバプールと対戦し、0-2で敗戦した。 一部主力を温存したホームチームに対して、攻守にハードワークを見せて前半をゴールレスで終える奮闘を見せたミッティラン。そのチーム全体のパフォーマンスにも注目が集まったが、同時に話題を集めたのはアイスランド代表MFミカエル・アンデルソン(22)だった。 0-1のビハインドの66分にオーストラリア代表MFアワー・メイビルとの交代でピッチに立ったアンデルソンだが、注目を集めたのはピッチ上でのプレーではなく、交代を準備していた段階の不思議な行動だった。 コーチングスタッフから投入を告げられたアンデルソンは、頭からユニフォームを被ると、先に腕を通すことなくユニフォームを下に引っ張りながらクネクネした動きで頭を出すと、その後両腕を服の中に入れて再びクネクネした動きで外に出して着替えを完了させた。 この癖の強いユニフォーム着用に関して、リバプールファンを中心とするイングランドのフットボールファンは、「まるでT-REX(ティラノサウルス)」、「子供みたい」など、驚きの反応を見せていた。 <div id="cws_ad">◆癖が強い…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Mikael Anderson of Midtjylland has the strangest technique for putting a football shirt on... <a href="https://t.co/oc4OBV7dfr">pic.twitter.com/oc4OBV7dfr</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1321220361615192067?ref_src=twsrc%5Etfw">October 27, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.28 23:36 Wed
twitterfacebook
thumb

「味方に恵まれなかった」ミッティラン戦見せ場なしの南野拓実に現地紙「苦しんでいた」

リバプールは27日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第2節でミッティランと対戦。苦戦を強いられながらも2-0で勝利している。 この試合では、ここ数試合の高パフォーマンスで評価を上げていたFW南野拓実が、先発出場のチャンスを掴んだ。[4-3-3]スリートップの中央でプレーした南野だったが、共に攻撃陣を形成したFWディヴォク・オリジやFWジオゴ・ジョタと連携が嚙み合わず、チームとして前半の枠内シュート0本と不発に終わった。 <div id="cws_ad">◆南野とヘンダーソンが華麗なリフティングパスを披露<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3U2V3MFViayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 後半から右サイドにポジションを変えた南野は、60分にFWサディオ・マネと途中交代。FWロベルト・フィルミノの休養の間に、彼の代役が務まることをアピールしたい場面だったが、悔しい結果となった。 見せ場のなかった南野に対しては、現地メディアの評価では苦しんでいたことを認めつつも、南野自身への評価にはやや相違があった。リバプール地方紙『リバプール・エコー』では、「インパクトを残すことにかなり苦しんでいた。ファーストタッチの乱れから自分自身へイライラを募らせていた」として、オリジと共にチーム最低タイとなる評価「5」。 一方、全国紙の『インディペンデント』では、「いつも通りのハードワークとプレッシングを見せたものの、ボックス内では運と、連携する味方にも恵まれなかった」として及第点の「6」を受けており、最低評価「4」を受けたオリジや先制点に絡んだMFジェルダン・シャキリの「5」よりも高い評価を受けた。 また、現地ファンの間でも南野の評価は同様に分かれており、最大級のファンメディアの1つ『The Anfield Wrap』では、「これが最初ではないが、彼のベストポジションが分からないまま終わった。試合中、常にスリートップの中でポジションを変え続けていたが、試合にはほとんど影響を与えなかった」として、オリジやDFアンディ・ロバートソンとともにチーム最低タイの評価「5」を受けている。 しかし別のファンメディア『This Is Anfield』では、「フィルミノの代わりとなるチャンスを得たが、ハードワークのできる才能あるFWに期待されたパフォーマンスではなかった」とする一方で「『10番』のポジションの方が合っていたかもしれない。一緒に先発メンバーに選ばれた他の選手とは連携が合っていないようだったが、それは彼だけの責任ではない。交代される前に何度か良いタッチを見せた」と、同情的な寸評と共に、及第点の「6」を受けている。 日本からの大きな期待以外に、現地ファンからも貴重な戦力として期待を寄せられている南野。この試合では悔しい結果に終わったが、ここが頑張りどころだ。 2020.10.28 17:00 Wed
twitterfacebook