スターリング弾守り抜いたペップのシティがアルテタ率いるアーセナルとの師弟対決制す!《プレミアリーグ》

2020.10.18 03:38 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第5節、マンチェスター・シティvsアーセナルが17日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが1-0で勝利した。
 
今シーズン、覇権奪還を目指すシティだが、第3節のレスター・シティ戦で今季初黒星を喫すると、前節のリーズ・ユナイテッド戦も1-1のドローに終わり、直近2戦未勝利とスタートダッシュに失敗。インターナショナルマッチウィークを挟んで仕切り直しとなる今季の対ビッグ6初戦ではアーセナルをホームで迎え撃った。デ・ブライネ、ガブリエウ・ジェズスを負傷で欠く中、グアルディオラ監督は復帰を時期尚早としていたアグエロを先発起用。さらに、アーセナル対策か、より流動的な可変式の[3-1-4-2]の布陣を採用した。
 
一方、アーセナルはシティ同様に第3節でリバプール相手に今季初黒星を喫したものの、前節のシェフィールド・ユナイテッド戦を2-1のスコアで競り勝ち、立て直しに成功。今回の一戦を皮切りにレスター、マンチェスター・ユナイテッドと難敵との連戦が続く中、アルテタ監督の古巣シティを相手に連勝を狙った。注目の先発メンバーでは直前のウォームアップで負傷したホールディングに代わってダビド・ルイスがスクランブル起用されたものの、代表戦での自主隔離が緩和されたティアニーが復帰し、現状のベストメンバーが並んだ。ただ、最前線にオーバメヤンではなくウィリアンを配するマイナーチェンジを施した。
 
開始直後にスターリングのお膳立てからマフレズがいきなり際どいミドルシュートを放ったものの、以降は戦術的な要素が色濃く映る試合展開に。
 
アーセナルが普段通り、ティアニーとサカを起点とした左肩上がりの攻撃を仕掛けてきたのに対して、シティは相手のビルドアップをマンツーマン気味に掴みに行く攻撃的な守備と共に、右サイドにウォーカー、カンセロ、マフレズの3人を並べる特殊な形で対応。さらに、マイボール時には流動的なスターリング、アグエロの2トップ、中央に立ち位置を取るカンセロがうまく間でボールを受けてアーセナルのプレスをいなしていく。
 
この奇策により試合の主導権を掌握したホームチームは圧倒的にボールを握りながらじっくりと攻め手を窺う。すると、23分にはルベン・ジアスから右サイドに張るマフレズに縦パスが入り、そこから中央で浮いたアグエロを経由してボックス左に走り込んだフォーデンにパスが繋がる。カットインからの右足のシュートはGKレノの好守に遭うが、こぼれ球に反応したスターリングが冷静に左足で流し込んだ。
 
まんまと先手を奪ったシティはその後も主導権を譲らず、果敢に追加点を狙っていく。27分にはカンセロのパスをボックス右で受けたマフレズ、34分には相手のビルドアップを嵌めて奪ったショートカウンターからボックス左でフリーのフォーデンにビッグチャンスも、GKレノの好守に阻まれる。
 
一方、徐々に相手守備の対応に慣れ始めたアーセナルはティアニーとサカの左サイドから幾度か決定機を創出。40分にはオーバメヤンのスルーパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したサカがGKとの一対一のビッグチャンスを迎えるが、利き足とは逆の右足で放ったシュートは絶妙な飛び出しを見せたGKエデルソンのビッグセーブに阻まれた。
 
シティの1点リードで折り返した試合は、前半終盤から盛り返したアーセナルがやや優勢な入りを見せる。各自の立ち位置に若干の修正を施したことで、よりビルドアップがスムーズになり、相手陣内でのプレーを増やしていく。だが、ルベン・ジアスを中心とする繊細なラインコントロール、ベルナルド・シウバらの献身的な守備を前に決定機まで持ち込むことができない。
 
徐々にこう着状態に入った中、シティは65分にアグエロを下げて新型コロナウイルスから回復した今季初出場のギュンドアンをピッチに送り込み、中盤での支配力を高める。一方、何とかゴールをこじ開けたいアーセナルは、ウィリアンを下げてストライカーのラカゼットをピッチに送り込んだ。
 
これで再び試合に動きが出てきたものの、アタッキングサードでの判断ミスや連係ミスが目立ち、相手GKを脅かす場面は皆無。その後、アーセナルはエンケティア、これがデビュー戦となるトーマスを83分に同時投入して勝負に出るが、オーバメヤンら前線のアタッカーに最後まで決定的なシュートチャンスは訪れぬままタイムアップ。より動きのあった前半にスターリングが挙げたゴールを最後まで守り抜いたシティがスペイン人指揮官同士の師弟対決を制し、3戦ぶりの白星を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

シティが華麗なワンツーから見せた、鮮やかな中央突破【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのアルジェリア代表FWリヤド・マフレズが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆シティが見せた鮮やかな中央突破<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2QWF1WEhOMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014年1月に加入したレスター・シティで、リーグ屈指のアタッカーとして頭角を現したマフレズ。2018年夏にシティに引き抜かれ、ステップアップを果たした。 シュート、パス、ドリブルとどれをとっても高いレベルでこなす名手マフレズだが、2019年1月6日に行われた、FAカップ3回戦のロザラム・ユナイテッド戦では、見事な連携からゴールを決めている。 格下相手に力の差を見せ、シティが4-0と大量リードで迎えた73分、DFオレクサンドル・ジンチェンコが、前線のマフレズに縦パスを入れる。すぐさま前を向いたマフレズはドリブルでボールを運びながら、裏へ走るMFイルカイ・ギュンドアンへパスを出す。リターンパスをボックス内で受け、華麗なワンツーを成立させたマフレズがGKの股を抜くシュートを決め、5点目を挙げた。 その後も攻勢を緩めないシティは7-0と大量得点を決め、勝利している。 2020.10.29 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ケガから復帰のシティDFラポルテが喜び語る「とても嬉しいし、長時間プレーできることを願う」

マンチェスター・シティ所属のフランス代表DFアイメリク・ラポルテは復帰を果たしたマルセイユ戦の後、喜びを語った。 シティはチャンピオンズリーグ(CL)第2節でマルセイユと対戦。この試合では今月のインターナショナルブレイク中に負傷し、ここ3試合を欠場していたラポルテが実戦復帰。センターバックとしてDFルベン・ジアスとのコンビで先発出場した。 試合はストライカーとして起用されたMFフェラン・トーレスのゴールもあり、3-0でシティが完勝。77分までプレーしたラポルテはクリーンシートでの勝利に大きく貢献した。 試合後、ラポルテは復帰できた喜びを語った。 「とてもハードな試合だったし、勝てたことにはとても満足しているよ」 「復帰できてとても嬉しいし、長い時間プレーできることを願っている。でも、今後のことは様子を見ての判断となるだろうね」 またラポルテは、本来のポジションとは違う位置で起用され、見事ゴールを決めたフェラン・トーレスにも言及。今季新加入の若手選手を高く評価した。 「彼は本当に多くのことが出来る若者だよ」 「彼が僕たちのためにやってくれたことは素晴らしいし、この活躍は妥当だね。なぜなら彼は毎日ハードワークを続け、自分を改善しようと励んでいるんだ」 ラポルテは最後に、週末に行われるプレミアリーグ第7節シェフィールド・ユナイテッド戦についてもコメント。全ての試合に集中しなければならないと語った。 「プレミアリーグの他の全ての試合と同じように、難しい試合になるだろう」 「僕たちは全ての試合に集中しなければならない。それが上手くいけば勝つことが出来るだろうね」 2020.10.28 13:36 Wed
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、ストライカー起用に応えたフェラン・トーレスに賛辞「努力を称えたい」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がマルセイユ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 グアルディオラ監督率いるシティは27日、チャンピオンズリーグ(CL)第2節でマルセイユと対戦した。FWセルヒオ・アグエロとFWガブリエウ・ジェズスの負傷のため、ストライカーの位置には今夏からシティに加入したスペイン代表MFフェラン・トーレスが起用された。 試合は18分、そのフェラン・トーレスがMFケビン・デ・ブライネの折り返しからゴールを決め先制。その後2点を追加したシティがアウェイで0-3と完勝を飾った。 グアルディオラ監督は試合後、ストライカー起用に見事応えたフェラン・トーレスを称賛した。 「彼は本当に落ち着いていた。フェランはストライカーではない。彼がこのポジションでプレーするために努力したことを称えたい」 「彼はゴールを決めた。5人のディフェンダーを相手に得点することは簡単なことじゃない」 「セルヒオ(・アグエロ)とガブリエウ(・ジェズス)が戻ってくるまで、我々には多くの選択肢がない。フェランをこのポジションでプレーさせるというのもその選択肢の一つだった」 また、グアルディオラ監督はCL開幕から2連勝を飾ったチームについてコメント。一定の満足は示したが、今はまだ序盤に過ぎないと語った。 「勝てば称賛され、負ければ批判されることを私は知っている」 「CLを2連勝でスタートできたことは重要だ。ベスト16まであと少しになったからだ。しかしまだ序盤であり、我々はまだ改善を続けている」 「最初の5分間でメンタリティとどのようにプレーするかを私は見ていた。我々はカウンターを防ぎ、得点のタイミングを待って信じられないほど忍耐強く戦っていた」 「15分から20分間は彼らの方が優れていたが、我々のボックス内での守備が良かった。ヨーロッパの舞台ではその守備をするのがどれだけ難しいものかを知っているので、全体的には良いパフォーマンスだった」 最後に、グアルディオラ監督は、週末に行われるプレミアリーグ第7節シェフィールド・ユナイテッド戦についても言及。試合に向けた意気込みを語った。 「プレミアリーグの中でも最もタフな試合の一つだ」 「昨シーズンのシェフィールドはとても良かった。今日の勝利を喜び、明日はオフだ。それからシェフィールド戦に向けて準備をしていく」 2020.10.28 10:22 Wed
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネ躍動のシティが酒井フル出場のマルセイユに快勝! ポルト中島は途中出場で2点目の起点に《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループC第2節、マルセイユvsマンチェスター・シティが27日にヴェロドロームで行われ、アウェイのシティが0-3で勝利した。なお、マルセイユのDF酒井宏樹は先発フル出場。DF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 久々のCL参戦となったマルセイユはオリンピアコスとの初戦で酒井がCLデビューを飾ったが、試合終了間際の失点によって無念の黒星スタートとなった。週末のロリアン戦を1-0で制してリーグ連勝の形で迎えたホームでの第2戦では優勝候補シティを迎え撃った。この試合では[5-3-2]の守備的な布陣を採用し、酒井は右のウイングバックで先発した。 一方、ポルトとの初戦を3-1の逆転勝利で制したシティだが、直近のリーグ戦ではウェストハム相手に1-1のドローに終わり、なかなか波に乗り切れない序盤戦となっている。CL連勝を目指すこの一戦ではウェストハム戦から先発5人を変更。デ・ブライネが先発復帰を果たし、アグエロの再離脱でストライカー不在の中、フェラン・トーレスが最前線に入り、フォーデンとスターリングと3トップを組んだ。 試合は戦前の布陣からも窺えたようにボールを保持するシティが後方に重心を置くマルセイユを押し込む展開に。立ち上がりからデ・ブライネ、フォーデンとシュートを浴びせかけると、18分には相手陣内ボックス付近でロニエの不用意な横パスを奪ったデ・ブライネの正確なグラウンダーのクロスに反応したフェラン・トーレスがワンタッチで流し込んだ。 良い流れの中で先制に成功したシティはその後も質の高いパスワーク、素早い攻守の切り替えでマルセイユを圧倒。ジンチェンコが2点目に迫るなど、攻勢を続ける。 一方、立ち上がりから守備に追われるマルセイユはなかなか自陣からボールを運ぶことができない。42分にはラドンジッチがようやくファーストシュートを放つが、これはGKエデルソンにがっちりとキャッチされた。 シティの1点リードで折り返した後半も試合展開に大きな変化はなし。55分にトヴァンが両チームを通じて最初のシュートを放ったが、依然として試合の主導権はアウェイチームが握る。 すると、後半半ばを過ぎた76分に試合を決定づけるシティの2点目が生まれる。フォーデンが左サイド深くに抜け出して入れたクロスをファーに走り込んだスターリングが頭で折り返すと、フェラン・トーレスに当たってゴール前にこぼれたところをギュンドアンがすかさず右足で蹴り込んだ。 さらに、シティは81分にも右サイドに抜け出したデ・ブライネからの正確な折り返しをスターリングがワンタッチで蹴り込み、トドメの3点目とした。そして、マルセイユを攻守に圧倒したシティが3-0の快勝でグループステージ連勝を飾った。 また、同日行われたグループB第2節のもう1試合、ポルトvsオリンピアコスは、ホームのポルトが2-0で勝利している。なお、ポルトFW中島翔哉は60分から途中出場している。 今大会初勝利を目指すホームのポルトは、前半の11分に相手のビルドアップのミスを突いてファビオ・ヴィエイラが先制点を奪取。さらに、85分に中島の縦パスに抜け出した右サイドのマレガのクロスを、ゴール前に飛び込んだセルジオ・オリヴェイラが頭で合わせ、試合を決定づける2点目とした。 そして、このまま相手の反撃を凌ぎ切ったポルトが今大会初勝利を挙げている。 マルセイユ 0-3 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・シティ】 フェラン・トーレス(前18) ギュンドアン(後31) スターリング(後36) ポルト 2-0 オリンピアコス 【ポルト】 ファビオ・ヴィエイラ(前11) セルジオ・オリベイラ(後40) 2020.10.28 07:06 Wed
twitterfacebook
thumb

シティの破壊力抜群のサイドアタックから最後はB・シウバが豪快フィニッシュ【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆完璧なサイドアタックからシウバがフィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzbW5QZ0lSVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ベンフィカユース出身のシウバは2014年に加入したモナコでブレイク。この活躍が認められ、2017年夏にジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティに引き抜かれている。 独特なリズムと鋭いドリブルで攻撃にアクセントを加え、強力なオプションとしてその地位を確立しているシウバだが、2018年8月12日に行われたプレミアリーグ第1節のアーセナル戦では、見事な崩しからゴールを決めている。 前半にシティが先制し、1-0のリードで迎えた64分、カウンターからDFバンジャマン・メンディが左サイドを攻め上がる。ボックスの前までボールを運んだところで前線のFWラヒーム・スターリングにボールを預け、大外からさらに裏のスペースへ。ボックス左深部で再びボールを受けたメンディがマイナスのクロスを中央へ送ると、これにシウバが左足で合わせ、見事な崩しから追加点が生まれた。 このゴールで2-0とアーセナル相手に完璧な勝利を収めたシティ。開幕節から他のライバルに力を見せつける結果となった。 2020.10.27 21:00 Tue
twitterfacebook