往年の名ストライカー、トレゼゲがジダンへ送った相手を欺く完璧な落とし!【ベスト・アシスト】

2020.10.18 22:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。今回は元フランス代表FWのダビド・トレゼゲ氏がユベントスで記録したアシストだ。

◆トレゼゲがジダンに送った絶妙の落とし

モナコでのブレイクを経て、2000年にユベントスに加入したトレゼゲ氏は、2010年に退団するまで同クラブで公式戦320試合に出場し、171ゴールを記録。多くのトロフィーを勝ち取った。

典型的なストライカーとしてゴール前で強さを見せたトレゼゲ氏だが、2001年5月11日に行われたセリエA第30節のフィオレンティーナ戦では、空中戦の強さを活かした見事なアシストを決めている。

0-0で迎えた24分、右サイドでボールを持ったDFアレッサンドロ・ビリンデッリがボックス内にクロスを上げる。少し長めになったこのボールにファーサイドで追いついたトレゼゲは、シュートブロックに来る相手を嘲笑うかのように、冷静にヘディングで後方のジダンに落とすと、ジダンがこれを冷静にゴール右下に沈め、見事な先制ゴールとなった。

このゴールで主導権を握ったユベントスは、試合に3-1で快勝している。
コメント
関連ニュース
thumb

今何が起こった!? セルジ・ロベルトが披露した思わず二度見したくなる回転アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバルセロナのスペイン代表MFセルジ・ロベルトが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆セルジ・ロベルトが決めた回転バックヒールアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJERUU1RTMxcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナのカンテラで育ち、生え抜きのMFとしてデビューしたセルジ・ロベルト。ここまでバルセロナで公式戦288試合に出場し、10ゴール34アシストを記録している。 中盤もサイドバックもこなすユーティリティ性を持つ選手として活躍するセルジ・ロベルトだが、2015年10月31日に行われた、ラ・リーガ第10節のヘタフェ戦では、技ありのアシストを決めている。 0-0で迎えた37分、FWネイマールがドリブルで左サイドを突破し、ボックス付近までボールを運ぶ。ネイマールがボックス内に低めのクロスを上げると、これをペナルティアーク内で受けたセルジ・ロベルトが回転しながら右足でヒールパス。技ありのパスは隣を走るFWルイス・スアレスの足元にドンピシャで入り、フリーでGKと1vs1となったスアレスが冷静にシュートを流し込み、見事な先制ゴールとなった。 このゴールで試合の主導権を握ったバルセロナ。後半にもネイマールのゴールで追加点を奪い、2-0で勝利している。 2020.10.20 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがCLアーセナル戦で決めた華麗なノールックヒールアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが決めたノールックヒールアシスト!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkeDhKNE9QdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年夏にドルトムントに加入したレヴァンドフスキは、リーグ屈指のストライカーとして大ブレイク。2014年にはバイエルンに加入し、世界最高峰のストライカーへと評価をさらに高めた。 絶対王者バイエルンのエースとしてゴールを量産しているレヴァンドフスキだが、2017年2月15日のチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、アーセナル戦の1stレグでは、華麗なアシストを決めている。 2-1とバイエルンリードの56分、ボックスの手前にポジションを取っていたレヴァンドフスキにMFシャビ・アロンソからの鋭いパスが入ると、レヴァンドフスキはゴールに背を向けた状態でノールックのヒールパスをボックス内に送る。裏に動き出していたMFチアゴ・アルカンタラが完全にフリーでこのパスを受けると、GKとの1vs1を冷静に決め、美しいアシストから相手を突き放す追加点を奪った。 その後も攻撃の手を緩めなかったバイエルンは5-1とアーセナルを粉砕。2ndレグでも5-1で勝利し、合計スコア10-2という歴史的大勝を記録した。 2020.10.20 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコでハメスが神童マルシャルに送った絶妙な溜めからのアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はエバートンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがモナコで記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ハメスが若きマルシャルに送ったアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNaUxoYmJpUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国コロンビアでのデビューを経て、ポルトで頭角を現したハメス。その後モナコに加入し活躍を見せると、レアル・マドリーに引き抜かれ、ステップアップを果たした。 モナコで過ごした1シーズンでは公式戦38試合で10ゴール14アシストを記録したハメスだが、2013年12月14日に行われたリーグ・アン第18節ギャンガン戦では、好アシストを見せている。 開始早々の5分、相手の最終ラインでパスが乱れるとハメスがすかさずボールを奪取する。ボックス手前まで進み、プレスに来る相手をいなしながら溜めを作ると、スペースを得ていたFWアントニー・マルシャルにスルーパス。これを受けたマルシャルがニアポストにパンチのあるシュートを沈め、先制ゴールとなった。 開始早々のゴールで主導権を握ったモナコは、前半のうちにもう1点奪い、そのまま2-0で勝利している。 2020.10.19 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アヤックス期待の逸材U-23ブラジル代表FWアントニーの敵を欺くヒールアシスト!【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はアヤックスに所属するU-23ブラジル代表FWアントニー・マテウスが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆アヤックス期待のブラジル人FWアントニーが見せた絶妙バックヒール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSbVdRekJ5ZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブラジルの名門サンパウロで育ったアントニーは、2020年夏にアヤックスに移籍。今シーズンはここまで公式戦4試合で2ゴールを決めており、新たなエース候補として期待されている。 そんなアントニーは、2020年8月29日に行われたフランクフルトとの親善試合では、敵を欺く鮮やかなアシストを記録している。 試合開始早々にアヤックスが先制し、1-0とリードして迎えた48分、MFクインシー・プロメスが相手の裏を取り、ボックス手前まで独走しボールを運ぶ。そして、前に出てきたGKの手前で、逆サイドから上がってきたアントニーにパスを送る。 アントニーのファーストタッチが伸びてしまい、ゴール右の角度のない場所に流れてしまったが、ここでアントニーが意表を突くヒールパス。完全に相手の裏をかいたパスをゴール前で受けたFWモハメド・クドゥスが冷静にシュートを決め、見事な追加点が生まれた。 点差を広げたアヤックスは、その後1点を返されるも2-1と逃げ切り、試合に勝利している。 2020.10.17 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

韓国で活躍する日本人MF西翼が絶妙スルーパスで相手ディフェンスを両断!【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はKリーグの大邱FCでプレーする日本人MF西翼が記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆韓国で活躍する西が決めた絶妙アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1MDJJUW0yNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 大学卒業後、Jリーグでのプレーを経ずに海外挑戦しポーランドに渡った西は、同国リーグのクラブを渡り歩いた後の2018年夏に韓国の大邱に加入している。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の舞台で当時MF本田圭佑を擁したメルボルン・ビクトリー戦での活躍が話題にもなった西だが、2020年6月14日に行われたKリーグ第6節のFCソウル戦では、見事なアシストで味方のゴールをお膳立てしている。 前半だけで3点を奪った大邱が3-0とリードして迎えた51分、自陣でボールを奪った西は前を向くと、センターサークル手前から一気に前線へスルーパス。相手ディフェンスの間を通した絶妙なパスは裏に抜け出したFWキム・デウォンに収まる。そして相手からのプレッシャーを受けながらもキム・デウォンがゴール左下にしっかりとシュートを決め、見事な追加点が生まれた。 試合はこの後も得点を重ねた大邱が6-0と大勝を収めている。 2020.10.17 12:00 Sat
twitterfacebook