リーグ・アン得点ランク首位の新星FWニアニェがヒザのじん帯断裂で長期離脱に…

2020.10.16 00:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メスは15日、U-20セネガル代表FWイブラヒマ・ニアニェが重傷により長期離脱することを発表した。メスによれば、ニアニェは水曜日のトレーニング中にヒザ負傷。15日に行われた検査の結果、ヒザの十字じん帯断裂と診断され、今後数カ月離脱するとのことだ。

2017年に母国セネガルのジェネレーション・フットからメスに加入したニアニェは、これまで公式戦102試合に出場し、28ゴール3アシストをマーク。

昨季はエースのセネガル代表FWハビブ・ディアロのバックアッパーを務めていたが、同選手が今夏にストラスブールへ移籍したことで、今季は開幕から定位置を確保すると、これまでリーグ・アン6試合で6ゴールを記録し、同リーグの得点ランキングでトップに立っていた。
コメント
関連ニュース
thumb

メス、アントネッティ氏の再任を発表! 現在のオニョン監督は退任…

メスは12日、フランス人指揮官のフレデリック・アントネッティ氏(54)の監督復帰を発表した。契約期間は明かされていないが、『Transfer market』によれば2021年6月30日までとのことだ。 かつてガンバ大阪やレンヌ、リールを率いたアントネッティ氏は、2018年5月に当時リーグ・ドウ(フランス2部)に在籍したメスの指揮官に就任。しかし、2018年12月に闘病していた妻ヴェロニークさん看病のためにチームから離れ、2019年6月に辞任。 その後、アントネッティ氏はクラブのゼネラルマネージャー(GM)を務めながらヴェロニークさんの看病を続けたが、今年7月に亡くなったことが明かされていた。 この緊急事態を受けて、メスはアントネッティ氏のアシスタントコーチを務めていたヴィンセント・オニョン氏を暫定指揮官に指名。その後、正指揮官に就任したオニョン氏の下で、チームは1年でのリーグ・アン昇格を決めると、昨シーズンも残留を勝ち取っていた。 しかし、ヴェロニークさんの死から精神的に立ち直ったアントネッティ氏に復職の可能性が出てきたことを受けて、辞任の際に正しいタイミングで復帰させるとの条項を結んでいたメスは、交渉の末に同氏の再任を決断。そして、今回の発表に至った。 なお、退任の決まったオニョン監督は、クラブの公式サイトで「リーグ・アンの監督として初めての経験をさせてくれたメスには感謝している。メスでは素晴らしい時間を過ごせた。それは私にとってとても有意義な時間だった」とコメントしている。 2020.10.13 02:45 Tue
twitterfacebook
thumb

酒井&長友先発のマルセイユ、サンソン弾で劇的ドローも3試合未勝利…《リーグ・アン》

マルセイユは26日、リーグ・アン第5節でメスと対戦し、1-1の引き分けに終わった。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場、DF長友佑都は77分までプレーした。 2試合勝利のないマルセイユが、本拠地ベロドロームに下位に沈むメスを迎えた一戦。3試合ぶりの勝利を目指すマルセイユは、リール戦と同じスタメンを採用。酒井は右サイドバック、長友は左サイドバックで共に先発出場した。 立ち上がりから地力に勝るマルセイユが攻勢に出ると12分、パイエの左クロスをニアのベネデットがヘディングシュート。さらに15分には、ボックス左から侵入したパイエがベネデットとのワンツーで切り込みシュートを放ったが、共にシュートは枠を外した。 その後は両チームともになかなか決定機まで持ち込めない時間帯が続いたが、マルセイユは39分にブバカル・カマラのサイドチェンジをボックス右横のスペースで受けたトヴァンがクロスを供給。これをゴールエリア左のベネデットがジャンピングボレーで合わせたが、シュートは枠の左に逸れた。 ゴールレスで迎えた後半も膠着状態が続く中、マルセイユは71分に先制を許す。左サイドを持ち上がったウドルが早いタイミングでクロスを供給すると、チャレタ=ツァルと長友の間で上手くポジションをとっていたニアニェがヘディングシュートを叩き込んだ。 先制を許したマルセイユは、77分に長友とロニエを下げてカーウィとジェルマンを投入。さらに84分にはブバカル・カマラ、トヴァン、チャレタ=ツァルを下げて マキシム・ロペス、ラドンジッチ、グイエをピッチに送り出し交代カードを使い切る。 すると86分、右サイドを持ち上がった酒井のパスをジェルマンが落とすと、パイエがボックス中央へパス。これを受けたベネデットが反転から右足フィニッシュに持ち込んだが、シュートはゴール右に外れた。 このまま試合終了かと思われたが、マルセイユが粘りを見せる。後半アディショナルタイム5分、ベネデットのパスでボックス左深くまで侵入したラドンジッチがマイナスの折り返しを入れると、ボックス中央でフリーのサンソンがワントラップからゴール右にシュートを突き刺した。 直後にタイムアップとなり、マルセイユは劇的弾で敗戦を回避したが3試合白星なしとなった。 2020.09.27 06:04 Sun
twitterfacebook
thumb

メスがU-20マリ代表MFブバカール・トラオレを獲得

メスは22日、マリのASバマコからU-20マリ代表MFブバカール・トラオレ(18)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年までの5年間となる。 母国のバマコに所属するB・トラオレは、7月からメスのテストに参加していたセントラルMF。2019年2月に飛び級でU-20マリ代表デビューを飾った同選手は、5月に行われたU-20ワールドカップ(W杯)ポーランドにも出場。全5試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 今シーズンのメスは、リーグアンはすでに2試合を消化しており、ここまで1勝1分けの4位に位置している。 2019.08.23 03:00 Fri
twitterfacebook
thumb

昇格パーダーボルン、ルクセンブルク代表の主将DFローラント・ヤンスを獲得

ブンデスリーガに昇格したパーダーボルンは12日、リーグ・ドゥのメスからルクセンブルク代表DFローラント・ヤンス(26)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は1年間で、買い取りオプションが付随している。 母国のフォラ・エシュでプロデビューしたヤンスは、ベルギーのワースラント=ベフェレンでのプレーを経て、2018年の夏にメスへ加入。今シーズンは公式戦15試合に出場していた。 また、2012年10月にデビューしたルクセンブルク代表では、これまで55キャップを記録。現在はルクセンブルク代表の主将を務めている。 2019.07.13 01:53 Sat
twitterfacebook
thumb

メスが2節を残して優勝! 1年でのリーグ・アン復帰に成功!《リーグ・ドゥ》

メスは3日、リーグ・ドゥ(フランス2部)第36節のヴァランシエンヌ戦に臨み、3-0で勝利した。この結果、2節を残して2013-14シーズン以来、通算4度目のリーグ・ドゥ優勝を決めた。 すでに1年でのリーグ・アン復帰を決めていたメスは勝利且つ、2位のブレストが敗戦した場合、優勝が決まるという状況で今回のホームゲームに臨んだ。 立ち上がりから攻勢を仕掛けるメスは13分にエンゲット、24分、30分にディアロが立て続けにゴールを決めて前半だけで試合を決定付ける。その後、リーグ最少タイの堅守を武器に相手の反撃を無失点で凌ぎ3-0の快勝を収めた。また、同日行われた試合でブレストがベジエに0-1で敗れたことで優勝が決定した。 また、残り2試合での昇格争いに関しては2位ブレスト(勝ち点71)が自動昇格に王手をかけており、3位から5位までの昇格プレーオフ出場権争いでは3位のトロワ(勝ち点67)、4位のパリFC(勝ち点59)、5位で1試合未消化のロリアン(勝ち点58)、、勝ち点54で並ぶ6位のRCランス、7位のル・アーヴルの間での争いとなっている。 2019.05.04 14:47 Sat
twitterfacebook