【ブンデス第4節プレビュー】堂安が王者バイエルンに挑戦!

2020.10.17 17:01 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前節は優勝を争うことが予想されるバイエルンとドルトムントが勝利を取り戻した。そしてMF鎌田が今季初ゴールを挙げ、チームの逆転勝利に貢献している。また、MF遠藤渓太がブンデスデビューを飾った。迎える第4節、ビーレフェルトのMF堂安が王者バイエルンと対戦する。開幕3試合連続スタメンとなった堂安は前節ブレーメン戦ではケルン戦に続いてインパクトを残しきれず、チームも初黒星を喫してしまった。日本代表ではカメルーン戦で先発したものの、そこでも見せ場を作れずフラストレーションが溜まっているはずだが、堂安は王者相手に存在感を示せるか。

一方、バイエルンは前節ヘルタ・ベルリン戦では粘る相手に苦戦しながらもFWレヴァンドフスキの4発で勝ちきり、2勝1敗とした。ホッフェンハイム戦の敗戦を払拭する勝利を手にした中、昇格組のビーレフェルトに負けるわけにはいかない。来週水曜にはチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を控える中、移籍期限最終日に獲得したDFサールや復帰を果たしたFWドグラス・コスタらに出番があるかにも注目だ。

ドルトムントは前節フライブルク戦をFWハーランドの2発など計4ゴールの快勝劇を飾った。危なげない試合運びで強さを見せつけた中、バイエルンを撃破したホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨む。大物食いなだけにドルトムントとしては注意したいところだが、来週火曜にCLのラツィオ戦を控える中、連勝となるか。

ここ2試合、ゴールに絡む働きを果たし、良いシーズンインとなっている鎌田。そのフランクフルトは、ケルンとのアウェイ戦に臨む。日本代表戦ではコートジボワール戦でフル出場し、フランクフルトでの好調さを感じさせるプレーを随所に披露。3連敗スタートと不調の相手に対し、2戦連続ゴールを奪えるか。ディフェンスラインを支える長谷部としては引き続き縁の下の力持ちとしてチームの勝利に貢献したい。

強豪レバークーゼン相手に引き分けに持ち込んだ前節のシュツットガルト。フル出場したMF遠藤航もチームの勝ち点1獲得に貢献した中、日本代表戦ではコートジボワール戦でフル出場し、持ち味のデュエルで存在感を示した。その遠藤所属シュツットガルトは前節バイエルンに追いすがったヘルタとのアウェイ戦を戦う。

ブンデスデビューを飾ったMF遠藤渓太のウニオン・ベルリンは開幕3連敗の泥沼シャルケとの対戦を控えるが、縦への突破で不調のチームを切り裂きたい。最後に日本代表でも決定機を逸し、元気のない様子だったブレーメンのFW大迫はフライブルクとのアウェイ戦に臨むが、出場機会を得られるか。

◆ブンデスリーガ第4節
▽10/17(土)
《22:30》
マインツ vs レバークーゼン
フライブルク vs ブレーメン
ヘルタ・ベルリン vs シュツットガルト
アウグスブルク vs ライプツィヒ
ホッフェンハイム vs ドルトムント
《25:30》
ビーレフェルト vs バイエルン
《27:30》
ボルシアMG vs ヴォルフスブルク

▽10/18(日)
《22:30》
ケルン vs フランクフルト
《25:00》
シャルケ vs ウニオン・ベルリン
コメント
関連ニュース
thumb

移籍後初ゴールのレガネス柴崎岳がゴールと試合を振り返る「ハードワークを約束」

レガネスの日本代表MF柴崎岳が、加入後の初ゴールについて語った。 レガネスは25日、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)の第8節でレアル・オビエドと対戦。柴崎は0-0で迎えた61分にボックス内右を仕掛けたミチャエル・サントスからのマイナスのクロスを左足でコントロールし、右足でゴールを奪った。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCcDlJZDlsdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> チームもそのまま2-1で勝利。柴崎も勝利に貢献したが、試合後のインタビューではスペイン語でゴールの感想を語った。 「最初のゴールを決められて嬉しいです。僕は僕たちの仕事に満足していますし、僕たちはこの勝利に値した」 また、チームの勝利についてもコメント。アウェイでの勝率を上げることが重要だと語った。 「このような仕事を続ける必要があります。そしてうまくいけば、僕たちはより連勝できると思います」 「ホームで強いチームになることが重要です。しかし、より多くの勝利を得るためには、アウェイでもっと強くならなければなりません」 「僕はハードワークを約束します。チームとしても、個人としてもです。努力を続けて、今日の様なプレーをしなければなりません」 2020.10.27 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ブレーメンFW大迫勇也は重傷を免れるも、チーム得点王・フュルクルクは1カ月程度離脱へ

ブレーメンは26日、日本代表FW大迫勇也の負傷状況を報告した。 大迫は25日に行われたブンデスリーガ第5節のホッフェンハイム戦でベンチスタート。37分にニクラス・フュルクルクに代わって出場したものの、87分にタヒス・チョンと交代していた。 試合中、相手選手と接触した際に右ヒザに相手選手のスパイクがヒット。ピッチを一旦出て治療し戻ったものの、プレー続行が不可能となっていた。 ブレーメンは26日に検査を実施したとし重傷ではないと報告。それでも早期復帰は難しいとフロリアン・コーフェルト監督が明かした。 「検査の結果、ヒザの内部の損傷はなかった。しかし、痛みを伴う打撲だった。数日は様子を見たいと思う。今週中にユウヤがトレーニングを再開するのは不可能ではないだろう」 一方で大迫と交代したフュルクルクに関しては「MRI検査でニクラスはふくらはぎの筋肉を損傷していることがわかった。インターナショナルブレイクが終わるまではチームに合流できないだろう。もしかしたら、11月の終わりまでかかるかもしれない」と語り、こちらはしばらく離脱する事になってしまったようだ。 ブレーメンはここまでブンデスリーガで5試合を戦い、2勝2分け1敗の7位に位置。大迫はここまで3試合、フュルクルクは5試合に出場しチーム最多の4ゴールを記録していた。 2020.10.27 09:35 Tue
twitterfacebook
thumb

デュエル勝利数ブンデス2位の遠藤航、チームの窮地を救うためにCB起用も?

シュツットガルトで好調を維持する日本代表MF遠藤航だが、チームの窮地を救うためセンターバックで起用される可能性もあるかもしれない。ドイツ『Liga Insider』が伝えた。 ブンデスリーガ1部に今シーズンから昇格したシュツットガルト。ここまで5試合を終えて2勝2分1敗と好調を維持し4位につけている。 しかし、最終ラインにケガ人が続出。アーセナルからレンタル移籍中のDFコンスタンティノス・マヴロパノスはヒザの半月板を損傷する重傷。またここまで5試合に出場しているマルク=オリヴァー・ケンプフが足首の靭帯を負傷している。 スポーツ・ディレクター(SD)のスヴェン・ミスリンタート氏は現在のケンプフの状況について「シャルケ戦に向けては十分ではないが、微かな希望がある」とプレーできる可能性を示唆。「できるだけ早く復帰するため、信じられないほどハードワークをしている」とコメントしていた。 4〜6週間の離脱とみられているが「4週間なら良いだろう」と語っており、早期の復帰に期待を寄せた。 しかし、最終ラインにケガ人を多く抱える事態は変わらず。セカンドチームでプレーしている元ドイツ代表DFホルガー・バトシュトゥバーの昇格も考えられる中、ミスリンタートSDはその可能性を否定した。 「そのアイデアはかなり遠い。ホルガーは常にファーストチームのメンバーだ。しかし、彼はセカンドチームでプレーする」 また、バトシュトゥバーを昇格させない理由として代役がいると語り、ブンデスリーガで2位のデュエル勝利数(82回)を誇る遠藤もその1人として考えられているようだ。 「アントニス・アイドニスや遠藤航を下げることだってできる。3人負傷者がいたとしても、このグループ内で問題を解決する方法はまだたくさんあるよ」 2020.10.26 21:35 Mon
twitterfacebook
thumb

韓国で飛躍を続ける邦本宜裕、Jリーグで2度の契約解除を経験も全北現代監督が称賛「ステップアップできると強く思っている」

全北現代モータースのジョゼ・モライス監督が、日本人FW邦本宜裕についてインタビューに応え、絶賛している。 浦和レッズユースで育った邦本は、その才能から“和製ロナウド”とも称され、期待の若手として注目を集めていたもの、素行の悪さなどから、浦和レッズやその後に所属したアビスパ福岡から2度に渡って契約解除されるという異色の経歴を持つ選手であり、“問題児”として知られている。 <div id="cws_ad">◆“和製ロナウド”が決めた完璧なコースへのゴラッソ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6NlIwVlBsUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年からは活躍の場をKリーグに移すと、実力を発揮し、2020年1月からはKリーグ王者の全北現代でプレーしている邦本。今シーズンここまで公式戦28試合で3ゴール1アシストを記録しているが、チームを率いるモライス監督はインタビューの中で、邦本の選手としての成長を称賛した。 「彼は今成長している選手で、ここ数週間で特にパフォーマンスを上げている」 「彼はまだ若い。私は(彼に)よくビッグゲームでプレーする時に必要な(精神的な)成熟を示せない選手はまだ未熟だと言ってきた。邦本は23歳。もう若い選手ではなく、成熟した選手になるべきなんだとね」 「彼は素晴らしい選手で、テクニックにおいても高いレベルにあると思う」 「私は今シーズン、自分個人の考えは常にチームが求めることに繋がっていなければならないということを彼に理解させる手助けをした」 「そして彼が個人の力で違いを生み出そうとすることが、チームの利益に繋がらなければならないということを理解させたんだ。ドリブルをするとき、パスをするとき、ボールをコントロールするとき、これは個人がチームの掲げる目的のために成すことなんだ」 「これは若い選手に説明するのは簡単なコンセプトではない。特に『君は優れたクオリティを持っている、高い技術を持っている』と誰もが言っている時にはね」 「次のレベルに進むためには、改善が必要な部分があるということを、若い選手に理解させることは簡単ではないが、私は彼なら次のレベルにステップアップできると強く思っている」 「彼は練習を続け、謙虚さを持ち、そして優れたコーチから学ぶことができれば良い」 2020.10.26 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

久保建英の逆サイドの攻撃には手応えのエメリ監督「左サイドは良かった」、それでもまだまだ不満

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、カディス戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 ビジャレアルは25日、ラ・リーガ第7節で昇格組のカディスとアウェイで対戦。0-0のゴールレスドローに終わっていた。 <div id="cws_ad">◆久保建英が初先発のカディスvsビジャレアル<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ksukrfm4w95gzbokyk62ivoe" async></script></div> 日本代表MF久保建英は3トップの右で起用。前半に惜しいチャンスを迎えるも、相手に対応されシュートは打てず。62分にサムエル・チュクウェゼと交代していた。 試合を振り返ったエメリ監督は、左サイドの攻撃を評価。しかし、まだまだ不十分だと語った。 「今日は良いチームワークを見せたが、ポイントが足りなかった。ボールを保持して主導権を握り、彼らが勝つチャンスを防ぐ方法はわかっていた。だから、何もさせなかった」 「攻撃面で言えば、左サイドは良かったが、言ったように不十分ではあった」 「我々は常に相手がやってくることに注意して仕事をしているが、攻撃面でハッキリさせられなかったことが問題だ」 「我々が5点を取って、相手が3点を取った試合を行った後だったが、今日はその逆だった。木曜日の試合(スィヴァススポル戦)と今日の試合を合わせたものを探る必要がある。より多くのものを生み出さなければならない」 2020.10.26 12:45 Mon
twitterfacebook