【ブンデス第4節プレビュー】堂安が王者バイエルンに挑戦!

2020.10.17 17:01 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前節は優勝を争うことが予想されるバイエルンとドルトムントが勝利を取り戻した。そしてMF鎌田が今季初ゴールを挙げ、チームの逆転勝利に貢献している。また、MF遠藤渓太がブンデスデビューを飾った。迎える第4節、ビーレフェルトのMF堂安が王者バイエルンと対戦する。

開幕3試合連続スタメンとなった堂安は前節ブレーメン戦ではケルン戦に続いてインパクトを残しきれず、チームも初黒星を喫してしまった。日本代表ではカメルーン戦で先発したものの、そこでも見せ場を作れずフラストレーションが溜まっているはずだが、堂安は王者相手に存在感を示せるか。

一方、バイエルンは前節ヘルタ・ベルリン戦では粘る相手に苦戦しながらもFWレヴァンドフスキの4発で勝ちきり、2勝1敗とした。ホッフェンハイム戦の敗戦を払拭する勝利を手にした中、昇格組のビーレフェルトに負けるわけにはいかない。来週水曜にはチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を控える中、移籍期限最終日に獲得したDFサールや復帰を果たしたFWドグラス・コスタらに出番があるかにも注目だ。

ドルトムントは前節フライブルク戦をFWハーランドの2発など計4ゴールの快勝劇を飾った。危なげない試合運びで強さを見せつけた中、バイエルンを撃破したホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨む。大物食いなだけにドルトムントとしては注意したいところだが、来週火曜にCLのラツィオ戦を控える中、連勝となるか。

ここ2試合、ゴールに絡む働きを果たし、良いシーズンインとなっている鎌田。そのフランクフルトは、ケルンとのアウェイ戦に臨む。日本代表戦ではコートジボワール戦でフル出場し、フランクフルトでの好調さを感じさせるプレーを随所に披露。3連敗スタートと不調の相手に対し、2戦連続ゴールを奪えるか。ディフェンスラインを支える長谷部としては引き続き縁の下の力持ちとしてチームの勝利に貢献したい。

強豪レバークーゼン相手に引き分けに持ち込んだ前節のシュツットガルト。フル出場したMF遠藤航もチームの勝ち点1獲得に貢献した中、日本代表戦ではコートジボワール戦でフル出場し、持ち味のデュエルで存在感を示した。その遠藤所属シュツットガルトは前節バイエルンに追いすがったヘルタとのアウェイ戦を戦う。

ブンデスデビューを飾ったMF遠藤渓太のウニオン・ベルリンは開幕3連敗の泥沼シャルケとの対戦を控えるが、縦への突破で不調のチームを切り裂きたい。最後に日本代表でも決定機を逸し、元気のない様子だったブレーメンのFW大迫はフライブルクとのアウェイ戦に臨むが、出場機会を得られるか。

◆ブンデスリーガ第4節
▽10/17(土)
《22:30》
マインツ vs レバークーゼン
フライブルク vs ブレーメン
ヘルタ・ベルリン vs シュツットガルト
アウグスブルク vs ライプツィヒ
ホッフェンハイム vs ドルトムント
《25:30》
ビーレフェルト vs バイエルン
《27:30》
ボルシアMG vs ヴォルフスブルク

▽10/18(日)
《22:30》
ケルン vs フランクフルト
《25:00》
シャルケ vs ウニオン・ベルリン


コメント
関連ニュース
thumb

【欧州4大リーグ日本人選手前半戦総括&評価】遠藤航が最高評価、久保や南野が最低評価

欧州4大リーグの2020-21シーズンの前半戦が終了しました。そこで本稿では4大リーグに所属する日本人13選手のパフォーマンスを5段階で独自に評価してみました。総括とともにご覧ください。 ※<span style="color:#ff3300">★★★★★</span>が最高、☆が最低 ★南野拓実[リバプール] <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210102_2_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> プレミアリーグ出場試合数:8(先発:2)ゴール数:1 チャンピオンズリーグ出場試合数:4(先発:2)ゴール数:0 FAカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0 EFLカップ出場試合数:2(先発:2)ゴール数:2 評価: <span style="color:#ff3300">★</span>☆☆☆☆ ◆1年超しのプレミア初ゴール チャンピオンズリーグでの活躍を受けて昨季後半、ザルツブルクからリバプールへ大きなステップアップを果たした南野。チームに馴染みきれなかった昨季を経て今季は活躍が期待されたが、ケガ人が続出したチームの中で結果を出しきれなかった。3トップや中盤インサイドと多くのポジションでプレーしたものの、いずれのポジションもフィットしきれなかった。12月19日に1年越しとなる待望のプレミアリーグ初ゴールを挙げた南野だが、それ以降も出場機会が増えることなくベンチを温める日が続いている。 ★冨安健洋[ボローニャ] <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210102_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> セリエA出場試合数:19(先発:19)ゴール数:2 コッパ・イタリア出場試合数:2(先発:2)ゴール数:0 評価:<span style="color:#ff3300">★★★</span>☆☆ ◆本職のセンターバック起用も… 今季開幕前にはミランへのステップアップが報じられた中、ボローニャでの2季目を迎えた冨安。昨季は右サイドバックでシーズンを通して質の高いプレーを見せた中、今季は本職のセンターバックでスタートした。しかし、チームは開幕から失点がかさみ、不名誉な5大リーグワーストの41試合連続失点を喫してしまった。そしてインテル戦でFWルカクに歯が立たず、続くローマ戦で5失点を喫したことを受けてミハイロビッチ監督は冨安を左サイドバックに移した。そのサイドバックではそつのなさを見せ、昨季務めた右サイドバックに戻った直後の試合では今季初ゴールと改めて能力の高さを示している。後半戦は本職のセンターバックでコンスタントに結果を残せるか。 ★吉田麻也[サンプドリア] <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210102_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> セリエA出場試合数:16(先発:14)ゴール数:1 コッパ・イタリア出場試合数:2(先発:1)ゴール数:0 評価:<span style="color:#ff3300">★★★</span>☆☆ ◆サイドバック起用にも応える 昨季後半に加入し、サンプドリアの残留に貢献した吉田。2季目の今季もコンスタントに先発し、中位に位置する守備の軸として存在感を見せている。基本的には本職のセンターバックでプレーしているものの、第14節サッスオーロ戦からローマ戦、インテル戦と3試合連続で右サイドバックを務めるなど、新境地を開拓。そのサイドバックでは無難な守備と堅実なフィードを武器に及第点のプレーを見せ、ラニエリ監督の信頼を得ている。今月18日には2022年までの契約延長を勝ち取った。 ★久保建英[ビジャレアル/ヘタフェ] <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210102_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ラ・リーガ出場試合数:15(先発:3)ゴール数:0 ヨーロッパリーグ出場試合数:5(先発:5)ゴール数:1 コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★</span>☆☆☆☆ ◆強豪ビジャレアルへのレンタルも… 昨季はレンタル先のマジョルカでリーガ初挑戦を果たし、降格したチームの中で存在感を示した久保。しかし、リーガ強豪の一角であるビジャレアルへレンタル移籍となった今季前半戦は厳しい戦いを強いられた。守備意識の強いエメリ監督の戦術に合わず、レベルの落ちるヨーロッパリーグ以外では活躍することができなかった。ゴールに直結するプレーでエメリ監督を黙らせたいところだったが、リーガではノーゴールと結果を出せなかった。この悔しさを胸に後半戦はヘタフェで名誉挽回といきたい。 ★乾貴士[エイバル] <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210102_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ラ・リーガ出場試合数:18(先発:17)ゴール数:1 コパ・デル・レイ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★★★</span>☆☆ ◆右サイドで新境地 エイバル復帰2シーズン目となった乾。気心知れたメンディリバル監督の下、今季は逸材MFブライアン・ヒルの加入もあり、慣れ親しんだ左サイドではなく右サイドやトップ下でのプレーが増えた。昨季同様、ゴールに絡むプレーに関しては物足りなさがあり、1ゴール0アシスト。とはいえ指揮官が求めるハードワークを忠実にこなし、チームにバランスをもたらすベテランとして重要な戦力であることに変わりはない。 ★武藤嘉紀[エイバル] <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210102_2_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ラ・リーガ出場試合数15(先発:9)ゴール数:1 コパ・デル・レイ出場試合数:2(先発:2)ゴール数:2 評価: <span style="color:#ff3300">★</span>☆☆☆☆ ◆リーガ初挑戦も ニューカッスルでプレミアリーグの高い壁に弾かれた武藤。新天地には乾が所属するエイバルを選んだ。メンディリバル監督の熱烈なオファーを受けてリーガ初挑戦に挑んだ武藤は、第11節ベティス戦でリーガ初ゴールをマーク。コパ・デル・レイでは2戦連続ゴールを挙げたものの、リーガでは前半戦を終えて1ゴールと苦戦が続いている。カウンターが特長のエイバルだけに武藤の走力が生かされ易いかと思われるが、後半戦は目に見える結果を残したい。 ★岡崎慎司[ウエスカ] <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210102_2_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ラ・リーガ出場試合数:15(先発:9)ゴール数:1 コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★</span>☆☆☆☆ ◆嬉しいリーガ1部初ゴールも… ウエスカの2部優勝に貢献し、1部昇格に導いた岡崎。昨季同様にエースストライカーとしての役割が期待された中、開幕から5試合連続スタメンを果たしたが、負傷によりその後の4試合を欠場した。復帰直後は自身のパフォーマンスを落とすことなく、前線からの守備と起点になるプレーで存在感を示し、第12節グラナダ戦では見事なロングシュートでの嬉しい1部初ゴールをマーク。しかし最下位に沈むチーム共々、岡崎の出番は減っていき、尻すぼみとなってしまった。 ★遠藤航[シュツットガルト] <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210102_2_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ブンデスリーガ出場試合数:17(先発:17)ゴール数:0 DFBポカール出場試合数:2(先発:2)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★★★★★</span> ◆ブンデス1部初挑戦で絶大な存在感 1部昇格の立役者として迎えたシュツットガルトでの2シーズン目。遠藤航は攻守にハイレベルなプレーを持続した。データでも示されている通り、とりわけ対人面での勝率はリーグトップクラスと屈強なフィジカルを擁する選手の多いブンデスリーガで自身の持ち味を遺憾なく発揮している。また、守備面だけでなく配球面でもカウンター主体のチームの攻撃の起点となり、正にチームの心臓として機能した。 ★鎌田大地[フランクフルト] <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210102_2_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ブンデスリーガ出場試合数:16(先発:13)ゴール数:2 DFBポカール出場試合数:2(先発:2)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★★★</span>☆☆ ◆復帰2季目もレギュラーキープ 昨季は公式戦2桁ゴールをマークし、フランクフルトの攻撃の核となった鎌田。今季はブンデスリーガでも早々にゴールをマークし、アシストも前半戦を終えて8と、多くのゴールシーンに絡んでチームを牽引している。ただ、FWヨビッチがこの冬に復帰しており、鎌田としては攻撃的なポジションを争う強烈なライバルが出現したと言えそうだ。 ★長谷部誠[フランクフルト] <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210102_2_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ブンデスリーガ出場試合数13(先発:13)ゴール数:0 DFBポカール出場試合数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★★★</span>☆☆ ◆現役引退報道も奮起 1月に37歳となった長谷部。フランクフルトでの7シーズン目となった中、今季も昨季同様にチームの結果が出なくなったことをキッカケにレギュラーの座を外れたものの、再び訪れたチャンスをしっかりとモノにしてレギュラーの座を奪い返している。ヒュッター監督が12月に長谷部の今季限りでの引退をほのめかして騒動となったが、本人は即座に否定。実際、その否定後もハイパフォーマンスを発揮し、本職のボランチでも出色のパフォーマンスを披露。まだまだトップレベルでやれることを証明している。 ★堂安律[ビーレフェルト] <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210102_2_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ブンデスリーガ出場試合数:17(先発:17)ゴール数:3 DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★★★</span>☆☆ ◆全試合スタメンで3ゴール PSVからレンタルで加入した堂安律。エールディビジでの3シーズンを経て、よりレベルの高いブンデスリーガでの挑戦となった中、昇格組のビーレフェルトでレギュラーの座を張り続けた。チーム力に乏しい中、攻撃に専念できる状況ではなく、守備面にも気を配りながらのプレーだったが、マインツ戦やシュツットガルト戦でのチームを勝利に導くゴールやバイエルン戦でのゴールと印象的な活躍を見せた。チームが残留できればブンデス1年目としては十分な成果と言えるだけに後半戦も気持ちを切らさずに奮闘を続けたい。 ★大迫勇也[ブレーメン] <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210102_2_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ブンデスリーガ出場試合数:12(先発:6)ゴール数:0 DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★</span>☆☆☆☆ ◆屈辱のノーゴール 昨季終盤、ゴールを重ねて残留に辛くも貢献した大迫。ブレーメンでの3シーズン目を迎えた今季開幕戦では先発に抜擢されたものの、低調なパフォーマンスに終わってサポーターから厳しい批判を受けた。その後、先発でプレーする機会もあった大迫だったが、そのチャンスを生かせずに屈辱のノーゴールで前半戦を終えることになってしまった。 ★遠藤渓太[ウニオン・ベルリン] <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210102_2_tw13.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ブンデスリーガ出場試合数:7(先発:1)ゴール数:1 DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★</span>☆☆☆☆ ◆ブンデス初弾後に悔しい負傷 横浜F・マリノスからレンタルでウニオン・ベルリンに加入した遠藤渓太。欧州初挑戦となった中、負傷で出遅れる厳しいスタートとなった中、短い出場時間ながら第7節ビーレフェルト戦で嬉しいブンデス初ゴールをマークした。しかし、その試合で再度負傷と遠藤にとっては波に乗り切れないシーズン前半となったが、ウニオン・ベルリンはカウンター主体の好チームとなっているだけに遠藤の走力が生かされる時がいずれ訪れるはずだ。 2021.01.25 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

「美しいゴール」伊東純也が1G1Aの大活躍!技ありバックヒール弾には称賛の声「Aクラス」

ヘンクに所属する日本代表MF伊東純也が今シーズン6点目を決めた。 ヘンクは24日、ジュピラー・プロ・リーグ第21節でリーグ首位のクラブ・ブルージュとアウェイで対戦。伊東はフル出場している。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1j3uly30l2ie19run42vdkst7" async></script></div> 試合開始早々に先制を許したヘンクだったが、24分、味方のスルーパスに反応したDFヘラルド・アルテアガが左サイドを抜け出すと、ゴール前に低弾道のクロスを供給。相手DFの前に体を入れた伊東がジャンプしながら左足のバックヒールで合わせ、技ありのゴールを決めた。 このゴールには、ベルギー『sporza』も「伊東が逆足で美しいゴールを決める」と称賛したほか、『Eleven Sports』ポルトガル版の公式インスタグラムでも「Aクラス」と題して、伊東のゴールシーンを取り上げている。 伊東はさらに34分にもMFバスティアン・トマのゴールをアシストし、1ゴール1アシストの活躍を見せたが、チームはその後逆転を許し、2-3で敗れた。 伊東は今シーズンのリーグ戦22試合で6ゴール8アシストを記録しているが、ヘンクはここ5試合で2分3敗と調子を落としており、クラブ・ブルージュに勝ち点差12をつけられている。 2021.01.25 12:14 Mon
twitterfacebook
thumb

久保建英とどっちがうまい? 海外移籍の日本人定番ソング、齊藤未月が『ドラえもんのうた』を披露

ルビン・カザンへと移籍したMF齊藤未月が、チームメイトの前で美声を披露した。 湘南ベルマーレの下部組織で育った齊藤は、2020シーズン限りでチームを離れ、ロシア・プレミアリーグのルビン・カザンへとレンタル移籍、2021年1月1日から2022年6月30日までの1年半契約を結んだ。 自身初の海外移籍となる齊藤だが、すでにトレーニングマッチに出場するなど、チームの中に溶け込みつつある。 そんな齊藤だが、チームメイトの前で熱唱するシーンが、ルビン・カザンの公式ツイッターにアップ。そこでは、あの一曲を披露していた。 齊藤が熱唱したのは、海外移籍した日本人選手にとっての定番行事となりつつある『ドラえもんのうた』。昨年夏にレアル・マドリーからビジャレアルへと移籍した日本代表MF久保建英が披露した大きな話題となった。 また、その後はニューカッスルからエイバルへとレンタル移籍したFW武藤嘉紀もチームメイトの前で『ドラえもんのうた』を披露し、世界中で人気の『ドラえもん』のパワーはすごいことが改めて感じられた。 齊藤はマイク片手にノリノリで歌っているように見えるが、本人はツイッターで「しっかり歌えそうなのこれしかなかったんだよな〜。なかなか盛り上がったので良かったです笑笑」とコメント。選手たちの評判は上々だったようだ。 <div id="cws_ad">◆久保建英が熱唱した『ドラえもんのうた』<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWMlpzN3JxQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> <div id="cws_ad">◆齊藤未月も『ドラえもんのうた』を熱唱!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ru" dir="ltr">Начинаем традиционное посвящение новичков <br><br>Первый – <a href="https://twitter.com/MitsukiSaito?ref_src=twsrc%5Etfw">@MitsukiSaito</a> <a href="https://t.co/IrBMqo9YlI">pic.twitter.com/IrBMqo9YlI</a></p>&mdash; «Рубин» Казань (@fcrk) <a href="https://twitter.com/fcrk/status/1353039656812752903?ref_src=twsrc%5Etfw">January 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.25 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田がセリエA初ゴール、サンプドリアがパルマに快勝《セリエA》

サンプドリアは24日、セリエA第19節でパルマとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 前節ウディネーゼ戦を2-1と競り勝った10位サンプドリア(勝ち点23)は、吉田が3試合連続センターバックでスタメンとなった。 19位パルマ(勝ち点13)に対し、サンプドリアが押し込む入りとなった中、13分に吉田のクリアミスからピンチ。しかし、ルーズボールをクツカにシュートに持ち込まれたものの、ゴールライン前に戻っていたコリーがカットし難を逃れた。 さらに23分、ジェルビーニョのシュートが右ポストに直撃するピンチのあったサンプドリアだったが25分、吉田にセリエA初ゴールが生まれる。FKの流れで前線に残っていたボックス中央の吉田がルーズボールを左足で蹴り込んだ。 そして34分にはサンプドリアに追加点が生まれる。ショートカウンターに転じた流れからガストン・ラミレスのパスをボックス左で受けたケイタがシュートを蹴り込んだ。 2点をリードして迎えた後半開始2分、ジェルビーニョにバー直撃のシュートを打たれたサンプドリアが守勢に回る中、60分に3点目のチャンス。右CKの流れからダムスゴーアのボレーシュートが枠を捉えたが、GKセペの好守に阻まれた。 直後の61分にはクツカの強烈なボレーシュートがGKアウデーロを強襲した中、サンプドリアが2点のリードを保っていく。 終盤にかけてはサンプドリアが試合をコントロール。吉田の活躍もあって2-0のシャットアウト勝利を飾っている。 2021.01.25 06:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ブライアン・ヒル弾で追いついたエイバルが連敗をストップ!フル出場の武藤が初アシスト《ラ・リーガ》

エイバルは24日、ラ・リーガ第20節でセルタとアウェイで対戦し1-1の引き分けに終わった。エイバルのMF乾貴士はベンチ入りも出場せず、FW武藤嘉紀はフル出場した。 公式戦3連敗中の16位エイバル(勝ち点19)は、ミッドウィークに逆転負けを喫したアトレティコ・マドリー戦から先発を3人変更。3トップに右から武藤、キケ・ガルシア、ブライアン・ヒルを並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。乾はリーグ戦7試合ぶりのベンチスタートとなった。 公式戦4連敗中の12位セルタ(勝ち点23)に対し、エイバルは相手のファーストチャンスで失点してしまう。9分、右サイドでパスを受けたマージョの折り返しをボックス手前のサンティ・ミナがヒールパス。これがセルヒオ・アルバレスに当たるとボックス中央のブライス・メンデスに繋がり、そのままゴール左隅にシュートを決められた。 先制を許したエイバルは、14分にも左サイドを抜け出したノリートのクロスからオラサに決定機を許したが、シュートは右ポストを直撃し難を逃れた。 その後は反撃に出たエイバルだったが、アタッキングサードでのパスやフィニッシュの精度を欠き、相手ゴールを脅かすことができないまま時間が経過。結局、エイバルは枠内シュート1本で前半を終えた。 迎えた後半、エイバルは最初のチャンスで試合を振り出しに戻す。54分、エスポジトのパスをボックス左手前で受けた武藤がゴール前にループパスを送ると、走り込んだブライアン・ヒルがボレーシュートをゴール右に突き刺した。 武藤の移籍後初アシストで追いついたエイバルだが、59分にピンチ。左サイド深くまで持ち上がったオラサのクロスをファーサイドから走り込んだマージョがダイビングヘッド。さらに68分には、ノリートのスルーパスでゴールエリア左横に抜け出したブライス・メンデスにシュートを許したが、共にGKドミトロビッチが好セーブで防いだ。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、両チーム最後まで追加点を奪うことはできず。1-1でタイムアップ。ブライアン・ヒル弾で追いついたエイバルは、連敗を3で止めた。 2021.01.25 04:35 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly