ネイマール3発のブラジル&アルゼンチンが2連勝! ウルグアイはエクアドルに4失点敗北《カタールW杯南米予選》

2020.10.14 12:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第2節の5試合が13日に行われた。ブラジル代表はボリビア代表との初戦に続く白星を目指して、ペルー代表とアウェイで対戦した。開始6分に先制を許したが、ボックス左のネイマールが26分にジョトゥンからユニフォームを引っ張られ、倒されると、PKのチャンスを獲得。これをネイマール自ら決め切り、同点に追いつく。

59分に再びリードを許したが、左CKのチャンスを獲得した64分にフィルミノが頭で折り返したボールをリシャルリソンが押し込み、再びイーブンに。83分に再び獲得したPKのチャンスをネイマールが決めてみせ、ついに逆転した。その後、相手に退場者が出て、ブラジルが数的にも優位に立つ。

その後、相手に退場者が出たなか、後半アディショナルタイムにネイマールがこぼれ球を押し込み、ハットトリックを達成。エースの活躍などで4-2の逆転勝利を収めたブラジルが南米予選2連勝発進を切っている。

アルゼンチン代表はボリビア代表とのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利。ラウタロ・マルティネスとコレアのゴールで逆転勝利を収め、ブラジルと同じく連勝スタートを成し遂げた。ウルグアイ代表はエクアドル代表のホームに乗り込み、スアレスが2ゴールと奮闘したが、2-4の敗北を喫している。

チリ代表とコロンビア代表の強豪国対決は2-2のドローに終わった。7分に先制を許したチリがビダルとサンチェスのゴールで一時逆転。しかし、試合終了間際にコロンビアがファルカオの一発で追いつき、敵地で勝ち点1をゲットした。そのほか、ベネズエラ代表vsパラグアイ代表は0-1で後者に軍配が上がっている。

◆第2節結果
▽10/13
ボリビア 1-2 アルゼンチン
チリ 2-2 コロンビア
エクアドル 4-2 ウルグアイ
ベネズエラ 0-1 パラグアイ
ペルー 2-4 ブラジル
コメント
関連ニュース
thumb

ハットトリック達成のネイマール、ロナウド氏を抜いてセレソン歴代2位に浮上

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するFWネイマールが、ブラジル代表の通算得点数においてロナウド氏を凌駕した。 13日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の第2節、ブラジル代表はペルー代表とアウェイで対戦した。 開始6分に先制を許したものの、ネイマールがPKを獲得し同点に追いつく。59分に再びリードを許したが、FWリシャルリソン(エバートン)のゴールでイーブンに戻すと、83分に再び獲得したPKのチャンスをネイマールが決めて、逆転に成功した。 その後、相手に退場者が出たこともあり、流れを完全に掴んだブラジルは、後半アディショナルタイムにこぼれ球を押し込んだネイマールがハットトリックを達成。ブラジル代表では日本代表戦で4ゴールを決めた2014年10月以来となる4度目のハットトリックに。 そして、この3得点で62ゴールを記録していたロナウド氏を抜いて歴代2位に浮上。77ゴールでトップに立つペレ氏とは、あと13ゴール差となっている。 セレソン通算103試合の出場で64ゴール目をマークしたネイマール。先月にはマルセイユとのリーグ戦で人種差別発言が疑われ、世間からバッシングを浴びたが、少しは汚名返上となっただろうか。 なお、ブラジルはボリビア代表戦から連勝を収め、同じく開幕2連勝のアルゼンチン代表と並んで首位に立っている。 2020.10.14 16:13 Wed
twitterfacebook
thumb

“ニュー・ネイマール”ではない!レアルFWロドリゴが自身の確立に意気込む

レアル・マドリードに所属するブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスが、唯一無二の存在になりたいと意気込んだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 2019年夏にサントスからマドリーに活躍の場を移したロドリゴ。昨シーズンはデビュー戦でいきなりゴールを奪うなど、公式戦26試合で7ゴール3アシストを記録して飛躍を遂げた。 テクニックを兼ね備えたドリブルが魅力であるプレースタイルに加えて、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールと同様にサントスでプロキャリアをスタートさせたことから“ニュー・ネイマール”とも呼ばれている。 しかし、ロドリゴは比較されるネイマールや、サントスのロビーニョの“2世”ではなく、“ロドリゴ”としてキャリアを築きたいと意気込んだ。 「僕がサントスでキャリアを初めて以降、多くの人は“ニュー・ネイマール”とか“ニュー・ロビーニョ”と呼んできた。僕はその重荷を背負ってきた。だけど、僕は“ロドリゴ”として自分の歴史を作りたいといつも言ってきた」 「ロビーニョとネイマールは、サントスとブラジル代表と彼らがプレーしたクラブの大きな2人のアイドルだ。だけど、僕のキャリアはまだ始まったばかりで、新たなネイマールになることは考えていないよ。ネイマールは1人しかいないからね」 「キャリアを始めて以降、いつも重荷を抱えていた。でも、“ニュー・ネイマール”ではなく、“ロドリゴ”になりたいと思っている」 2020.10.13 13:36 Tue
twitterfacebook
thumb

ブラジルが5発白星スタート! コロンビアもベネズエラに3発快勝《カタールW杯南米予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第1節が日本時間10日に行われた。 ブラジル代表はボリビア代表とホームで対戦した。前線にネイマールやフィルミノ、エヴェルトンを並べ、コウチーニョやカゼミロ、マルキーニョスやチアゴ・シウバも起用したブラジルは16分、右サイドバックに入るダニーロの右クロスにゴール前のマルキーニョスがヘッドで合わせて先制。続く30分、ネイマールのパスに反応した左サイドバックのロディがボックス左深くから折り返すと、ゴール前のフィルミノが押し込み、追加点を手にした。 攻め手を緩めないブラジルは49分、ボックス左にドリブルを仕掛け、相手を引きつけたネイマールがゴール前にグラウンダーのクロスを送ると、フィルミノがプッシュして3-0。続く66分にはボックス右からコウチーニョが上げたクロスが相手のオウンゴールを誘発してさらにリードを広げた。73分にもボックス左のネイマールが上げたクロスからコウチーニョのヘディングシュートが決まったブラジルは5-0でボリビアを破り、白星スタートを切った。 コロンビア代表はベネズエラ代表をホームに迎え撃ち、3-0の白星。ハメスやドゥヴァン・サパタ、クアドラード、ダビンソン・サンチェスらを先発起用したコロンビアは16分にスコアを動かす。右サイドのクアドラードがゴール前に送ったグラウンダーのクロスにドゥヴァン・サパタが合わせて先制。続く26分にはボックス左に侵攻したモヒカのクロスが逆サイドに流れると、フリーのムリエルが右足インサイドでゴール左に流し込み、追加点を奪取した。 畳みかけるコロンビアは続く前半アディショナルタイム3分、GKバルガスからのパスを左サイドで受けたムリエルがカウンター。ボックス左まで単騎侵攻を図ると、左足でフィニッシュしたボールが相手GKに当たり、そのままゴールマウスに吸い込まれ、前半のうちに3点リードに成功した。後半に入ると、ゴールをこじ開けられない状況が続いたコロンビアだったが、ベネズエラの反撃を無失点で凌ぎ、ブラジルと同じく白星発進に成功している。 ◆第1節結果 10/9 ブラジル 5-0 ボリビア コロンビア 3-0 ベネズエラ 10/8 ウルグアイ 2-1 チリ パラグアイ 2-2 ペルー アルゼンチン 1-0 エクアドル 2020.10.10 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ネイマールが腰の痛みで代表練習を途中で切り上げ…W杯予選初戦を欠場する可能性も?

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールがカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の初戦を欠場する可能性があるようだ。『ESPN』が伝えている。 ブラジルは今月のインターナショナルマッチウィークで、9日にホームでボリビア代表戦、続く13日にアウェイでペルー代表戦と予選2試合を戦う。 その初戦となるボリビア戦に向けてエースの欠場の可能性が浮上している。 ネイマールは7日に行われたトレーニングセッションの序盤に腰の痛みを訴えて早々にトレーニング場を引き上げていた。 その後、ブラジルのチームドクターを務めるロドリゴ・ラスマール氏は、ネイマールの状態について説明。同選手がすでに治療を受けていることを認めながらも、現時点でボリビア戦の出場の可否を明言するのは早計だとしている。 「ネイマールは今日(7日)のトレーニングで腰に痛みを感じた。彼はトレーニングから外れ、評価され、理学療法を開始した。今日はサンパウロに移動し、治療と投薬の処置を受けることになる」 「これからの24時間においては、彼がどのように回復していくかが重要になるだろう。トレーニングの前に新たな評価が行われ、うまくいけば試合に向けた彼の状態について少し良い考えを持てるかもしれない」 なお、ブラジルではGKアリソン・ベッカー、FWガブリエウ・ジェズスと2人の主力をすでに負傷で欠いており、ネイマールがボリビア戦までにフィットできるかは大きな懸念材料だ。 2020.10.08 14:02 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表、ジェズスの代役にヘルタFWマテウス・クーニャを初招集

ブラジルサッカー連盟(CBF)は25日、負傷したマンチェスター・シティのFWガブリエウ・ジェズスに代わってヘルタ・ベルリンのFWマテウス・クーニャを代替招集したことを発表した。 約1カ月の戦線離脱が見込まれるジェズスに代わって初招集されることになったマテウス・クーニャは、昨季後半にライプツィヒからヘルタに加入。ヘルタではブンデスリーガで5ゴールを挙げ、新シーズンの開幕戦となったブレーメン戦でもゴールを挙げていた。 チッチ監督が指揮を執るブラジルは10月のインターナショナルマッチウィークでカタール・ワールドカップ南米予選の2試合を予定。9日にホームでボリビア代表と対戦後、続く13日にペルー代表とのアウェイゲームに挑む。 2020.09.26 07:00 Sat
twitterfacebook