ACLの残り試合はカタールで開催!Jリーグ3クラブが参戦《ACL2020》

2020.10.09 16:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アジアサッカー連盟(AFC)は9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の東地区に関して、カタールのドーハで実施されることを発表した。今シーズンのACLは、新型コロナウイルス(CPVID-19)の影響で日程変更が2度行われていた。

特に東地区に関しては、中国で新型コロナウイルスが発生したこと、韓国や日本でも感染が拡大したことでグループステージの2試合までを実施した段階で中断。2度の日程変更で、Jリーグも2度日程を変更することとなった。

AFCはカタールサッカー協会(QFA)と合意。東地区に関しては、11月18日から12月13日までにかけてカタールのドーハで集中開催することとなる。

東地区はグループステージから再開し、ラウンド16、準々決勝、準決勝と開催。12月19日に決勝が予定されている。
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FM、上海上港に競り負けて今季初黒星…決勝T進出はお預けに《ACL》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020のグループH第4節、横浜F・マリノスvs上海上港(中国)がアル・ジャヌーブ・スタジアムで行われ、上海上港が1-2で勝利した。 横浜FMは25日に行われた第3節で上海上港を相手にGKオビ・パウエル・オビンナの値千金のPKストップ、天野の劇的決勝弾により1-0の勝利。カタールに戦いの場を移した中、会心の3連勝を飾った。 そして、中2日での連戦では再び上海上港と対峙し、グループステージ4連勝での決勝トーナメント進出を狙った。前節からはGKオビ、和田、前田を除く先発8人を入れ替え、前線はオナイウ阿道、前田、仲川の3トップとなった。 立ち上がりはアグレッシブな入りを見せて押し込む形となった横浜FMだが、セットプレーの流れから先手を奪われる。14分、相手の左CKの場面で二次攻撃から左サイドのチェン・ビンビンに鋭いクロスを入れられると、これをゴール前でDF2枚に競り勝ったカイ・フイカンに頭で決められた。 先制を許す展開となったものの慌てない昨季Jリーグ王者はすぐさま追いつく。21分、松原からの縦のスルーパスに抜け出した仲川がボックス右まで運んで丁寧な折り返しを供給。これをゴール前に走り込んだオナイウが冷静に左足で流し込んだ。 1-1のイーブンに戻った試合はここからややこう着状態に陥る。前回対戦同様に横浜FMが質の高いボール保持、前からの圧力で主導権を握るが、最後の場面で決め切ることができなかった。 迎えた後半、より勝利がほしい上海上港はムーイ、オスカルらハーフタイム明けに3人を投入。すると、横浜FMは交代策で流れを引き寄せた相手に勝ち越しゴールを奪われてしまう。55分、右サイドから斜めのドリブルを仕掛けたリカルド・ロペスにボックス手前中央のオスカルとのパス交換でゴール前に抜け出されると、GKオビとの一対一をモノにされた。 後半に入ってからなかなか攻撃の形を作れない横浜FMは64分に天野と仲川に代えて水沼、マルコス・ジュニオールを、79分に和田と前田に代えて渡辺、ティーラトンをピッチに送り込む。この選手交代で攻撃に変化が生まれる中、高野の左クロスからオナイウに決定機が訪れるが、ここはシュートを枠に飛ばせない。 その後も同点を目指して攻勢を見せた横浜FMだが、後半アディショナルタイムにボックス内で相手と交錯した水沼の抜け出しもノーファウルの判定となり、土壇場でのPK奪取とはならず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、今季ACL初黒星を喫した横浜FMのクラブ史上初の決勝トーナメント進出はお預けに。なお、12月1日に行われる次節は全北現代(韓国)との対戦となる。 横浜F・マリノス 1-2 上海上港 【横浜F・マリノス】 オナイウ阿道(前21) 【上海上港】 カイ・フイカン(前14) リカルド・ロペス(後10) 2020.11.29 00:09 Sun
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】勝てばグループステージ突破決定、メンバー入れ替え勝ち切れるか《横浜F・マリノスvs上海上港》

28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第4節の横浜F・マリノスvs上海上港(中国)が行われる。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 ◆今節勝利でGS突破を決められるか 25日に行われた第3節では同じ上海上港と対戦した横浜FM。約9カ月ぶりのACLとあ理、久々のアジアの舞台でのプレーとなったが、そう簡単にはいかなかった。 試合の主導権を握っていた横浜FMだが、なかなか得点を決めることができず。時折、上海上港がチャンスを迎えたが、そこは初出場となったGKオビ・パウエル・オビンナがしっかりと防いだ。 後半早々にはDF小池龍太が負傷するアクシデント。嫌な流れが生まれる中、80分には松原健が相手をボックス内で倒してしまいPKを献上。しかし、GKオビがオスカルのPKをセーブし、チームを救う。 このままゴールレスドローかと思われた終了間際には、途中出場の3人が試合を決める。高野遼のクロスを仲川輝人がヘッド。これはGKが止めるも、天野純が押し込み、0-1で勝利した。 勝ち点で並んだ場合は当該成績が優先されるレギュレーションのため、グループ2位の上海上港をリードした形となるが、今節負けてはそのリードも無くなってしまう。逆に勝利すればGS突破が決まる一戦。アンジェ・ポステコグルー監督は「メンバーを少し入れ替える」とコメントしていたが、中2日での連戦で勝ち切れるかに注目だ。 ◆あとが無い状況の上海上港 カタールで2試合を戦い連勝と勢いに乗っていた上海上港だが、横浜FMの前では主導権を握られてしまい、最後は勝ち点2を落とす形となってしまった。 引き分けたかったところを勝ち切られてしまったことは誤算だったはず。今節での巻き返しに躍起になっていることだろう。 ここで勝利を収めれば勝ち点で並ぶ状況。2点差以上であれば当該成績で有利に立てる。全北現代モータース(韓国)戦で温存していたオスカル、フッキ、アーロン・ムーイを起用してきたが、中2日の今回の対戦でも勝利のためにはスタメンで起用する可能性もありそうだ。 ワンチャンスをものにする力は備えており、横浜FMの戦い方も把握したはず。どちらが主導権を握っていくのかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:オビ・パウエル・オビンナ DF:松原健、伊藤槙人、實藤友紀、高野遼 MF:渡辺皓太、天野純、喜田拓也 FW:仲川輝人、オナイウ阿道、前田大然 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆注目選手 注目選手はオナイウ阿道をピックアップしたい。 今シーズンは明治安田J1で23試合に出場し3ゴールを記録。ACLでは2試合で2ゴールを記録している。 25日の試合は出番がなくベンチで見守ったが、今節は先発の可能性が高い。その中でいかにチームを助ける結果を残せるかが注目だ。 Jリーグではトップ下に入るなどもあったほか、期限付き移籍で途中加入したジュニオール・サントスとのポジション争いに負けて先発の機会は少なかった。ACLではそのジュニオール・サントスがいないため、存在感を発揮したいところ。久々のゴールにも期待したい。 2020.11.28 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】中2日で連戦、神戸は勝って首位通過を決められるか《ヴィッセル神戸vs広州恒大》

28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第4節のヴィッセル神戸vs広州恒大(中国)が行われる。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 ◆3日前は快勝 25日に行われた第3節と同じカードとなる今節。神戸は広州恒大との再開初戦で1-3と快勝を収めた。 直近のJリーグでは5連敗と全く良いところがなかった神戸だったが、アンドレス・イニエスタと中心とした攻撃陣が躍動。前半終了間際に古橋亨梧のゴールで先制すると、同点とされた後半にもドウグラス、そしてアンドレス・イニエスタがネットを揺らした。 この勝利でグループステージ突破を決めた神戸。この試合に勝利すれば首位通過も確定するが、残りの2試合は決勝トーナメントに向けて主力を温存する可能性もある。 三浦淳寛監督の判断はどうなるのか。ACL初出場でのタイトル獲得に向けて、リーグ戦の悪い流れを払拭しておきたい。 ◆再開初戦はドロー 再開初戦で水原三星ブルーウィングス(韓国)と引き分けていた広州恒大は、神戸の前に1-3で敗戦。2試合で勝ち点1と出遅れている。 グループステージ突破に向けては勝利が欲しいところだが、ここで連敗となると状況は厳しくなる。 かつて2度大会を制したこともある王者としての意地を見せられるか。前回対戦で神戸の手の内も把握したことは間違いなく、どこまで攻略の準備をしてくるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:菊池流帆、大崎玲央、渡部博文 MF:郷家友太、山口蛍、安井拓也初瀬亮 FW:小川慶治朗、ドウグラス、小田裕太郎 監督:三浦淳寛 ◆注目選手 注目選手はGK前川黛也をピックアップ。 今シーズンはシーズン途中から飯倉大樹に代わって正守護神となり、直近は交互に出場するなどして出場機会を伸ばしている前川。前日会見は英語で挑むなど、初のACLの舞台でチャレンジを忘れていない。 初戦もしっかりとゴールを守り、スケールの大きさと存在感を発揮。チームを勝利に導く活躍を見せるとともに、アジアでの戦いで経験を積み、さらなる飛躍につなげられるかに注目だ。 2020.11.28 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京が前節のリベンジ達成!粘る上海申花を振り切り2位に浮上《ACL2020》

FC東京は27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループF第4節で上海申花(中国)と対戦し、2-1で勝利した。 24日の前回対戦(0-1で敗戦)から先発メンバーを2人変更した3位FC東京(勝ち点4)は、前節同様[4-3-3]の布陣を採用。最後尾を守る波多野の前に中村拓海、渡辺剛、ジョアン・オマリ、小川を並べ、アンカーに森重を起用。インサイドハーフに東と安部を置き、3トップはディエゴ・オリヴェイラ、永井、レアンドロを並べた。 累積警告によりエムビアを欠く2位上海申花(勝ち点6)に対し、FC東京は開始早々にチャンスを迎える。3分、左サイドを突破したディエゴ・オリベイラがボックス左深くから折り返しを供給。これをゴール右手前の永井が合わせたが、シュートはフォン・シャオティンのブロックに阻まれた。 その後は、ボールを持つ時間の長いFC東京ペースで試合が進むが、激しい守備で応戦する上海申花を前になかなか決定機まで持ち込むことができない。19分には、右サイド高い位置でボールをカットした中村拓のパスからチャンスを作るが、森重が落としを受けたレアンドロのミドルシュートは枠の左に外れた。 FC東京は26分にも、レアンドロの強烈なロングシュートで上海申花ゴールを脅かしたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 膠着状態が続く中、FC東京は41分に決定機。東のスルーパスでDFの裏に抜け出した永井がGKとの一対一を迎えたが、シュートは飛び出したGKリー・シュアイが左足に阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、FC東京は永井を下げてアダイウトンを投入。さらに48分には、キン・シェンの悪質なタックルで右足を負傷したディエゴ・オリベイラが担架でピッチを後に。原大智が緊急投入された。 エースの負傷交代と嫌な流れが漂い始めたFC東京だが、交代選手が躍動する。58分、ボックス左角手前でパスを受けたアダイウトンがカットインからミドルシュートを狙うとこれがクロスバーを直撃。 すると61分、ロングボールを敵陣でアダイウトンが落とすと、東のラストパスをボックス左で受けたレアンドロがシュートをゴール右隅に流し込み、FC東京が待望の先制点を奪った。 モレーノやキム・シンウクら攻撃的な選手を立て続けに投入した上海申花に対し、FC東京は78分に東と中村拓海を下げて高萩洋次郎と中村帆高をピッチに送り出す。すると82分、ボックス手前でパスを受けたアダイウトンのシュートのこぼれ球に反応した原がボックス左から折り返すと、最後はゴール前に走り込んだ安部が冷静に流し込んだ。 その後、86分にモレーノのゴールで1点を返されたFC東京だが、相手の反撃を凌ぎ切り、2-1で勝利。リベンジに成功したFC東京は、上海申花をかわし2位に浮上している。 また同日に行われたグループFもう一試合の蔚山現代(韓国)vsパース・グローリー(オーストラリア)は、試合終盤にネグランとキム・インソンがゴールを奪ったグループ首位の蔚山現代が2-0で勝利した。 2020.11.28 00:01 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎F時代の2014年以来のACLに臨む横浜FM・實藤友紀「自分たちのサッカーに集中」

27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の上海上港(中国)戦を前に、横浜F・マリノスのDF實藤友紀が記者会見に出席した。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響によって今年3月以降、長期にわたって中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 Jリーグ王者として大会に参加している横浜FMは、25日に再開初戦で上海上港と対戦。ゴールレスのまま終わるかと思われた90分に天野純が決勝ゴールを決め、0-1で勝利し再開初戦を白星で飾った。 上海上港戦に向けて25日の試合では出番がなかった實藤は「2日前に対戦して、お互いに手の内を知っているチーム同士です」と戦い方を互いに理解しているとコメント。それでも「自分たちのサッカーをやることによって、必ず結果はついてくると思います。とにかく自分たちのサッカーに集中してやりたいと思います」と語り、まずは自分たちにフォーカスすると語った。 今シーズン開幕後にアビスパ福岡から加入した實藤だが、川崎フロンターレに所属していた2014年にはACLを経験。1試合に出場していた。 今大会は自身2度目のACLとなるが「僕自身2回目のACLですけど、海外でこういう大会に参加して試合に出られるのは幸せです」とコメント。「マリノスというチームで必ずチャンピオンになりたいと思っているので、そういう部分でも1試合1試合戦っていくことが楽しみです」と語り、チームの勝利のために尽くすと語った。 25日の試合では無失点で終えた横浜FMだが、明日の試合に向けては「全員でしっかりとコミュニケーションをとって、試合に挑むことが大事」とコメント。大事なことは「この大会もそうですが、チーム全員でしっかりと準備して戦うこと」とし、「相手の攻撃能力はすごく高いですが、そこで負けないようにするためには自分たちで声を掛け合って、1人だけじゃなく、サポートしたり、色々なコミュニケーションをとってやっていきたいと思います」とチーム全体でしっかりと守備を構築したいと語った。 2020.11.27 22:05 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly