岐阜が熊本とのシーソーゲームを制して上位叩き!《J3》

2020.10.04 17:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J3リーグ第19節の2試合が4日に各地で行われた。4位・FC岐阜はえがお健康スタジアムで2位・ロアッソ熊本との上位対決に臨んだ。8分に川西のゴールで幸先良く先制に成功するが、20分に被弾。しかし、30分に川西からのパスを町田が押し込み、1点リードで試合を折り返す。76分に再び追いつかれたものの、85分に途中出場の粟飯原の強烈なシュートがネットを揺らして3度目のリード。結局、これが決勝点となり、アウェイの岐阜が3-2の勝利を飾った。

パナソニック スタジアム吹田ではホームのガンバ大阪U-23が奥野と唐山のゴールでY.S.C.C.横浜を撃破。今季2度目の2連勝を達成している。

◆明治安田生命J3リーグ第19節
▽10/4(日)
ガンバ大阪U-23 2-0 Y.S.C.C.横浜
ロアッソ熊本 2-3 FC岐阜

▽10/2(金)
セレッソ大阪U-23 0-0 FC今治

▽10/3(土)
ヴァンラーレ八戸 2-3 福島ユナイテッドFC
アスルクラロ沼津 3-1 カマタマーレ讃岐
AC長野パルセイロ 0-1 SC相模原
カターレ富山 0-3 ガイナーレ鳥取
ブラウブリッツ秋田 2-1 いわてグルージャ盛岡
鹿児島ユナイテッドFC 2-1 藤枝MYFC
コメント
関連ニュース
thumb

相模原が鳥取との上位対決制して2位を死守! 岐阜は讃岐に辛勝で暫定3位に浮上《J3》

明治安田生命J3リーグ第30節の3試合が28日に各地で行われた。 相模原ギオンスタジアムで行われたSC相模原(2位/勝ち点50)vsガイナーレ鳥取(6位/勝ち点47)は3-2で相模原が勝利した。 2位争い真っ最中のなかで、2位と6位の直接対決は相模原が主導権を握る。まずは7分、左サイドでスローインの流れから才藤がボックス左外から滞空時間の長いボールを供給。ファーサイドの清原が左足ボレーシュートを放ったが、GK田尻に防がれた。 31分にもホムロが鳥取ゴールに迫った相模原は35分、才藤が敵陣中央右サイドからアーリークロスを供給。ボックス中央に走り込んだ和田がヘディングシュートを放つと、右ポストに当たったボールがゴールに吸い込まれて、先制に成功した。 先制に成功すれば勝率100%を誇る相模原に対して、鳥取は前半はシュートを打たせてもらえない。それでも、ハーフタイム明けにフェルナンジーニョを投入すると54分、三沢からのパスを受けた小牧がドリブルでボックスを右を突破してからマイナスに折り返す。最後はゴール前の田口が蹴り来んで同点に追いついてみせる。 タイスコアに持ち込まれても攻勢の相模原は77分、ドリブルでボックス左を打開したホムロがマイナスに折り返す。ファーサイドの才藤が丁寧に落とすと、ボックス中央手前に走り込んだ梅鉢が右足コントロールショットを決めて、勝ち越しに成功する。 さらに相模原はその2分後、敵陣中央でボールを奪ったホムロがボックス内で対峙したDFをいなしてから右足シュート。これがゴール右に吸い込まれて、リードを2点に広げる。 その後、MF三沢の1発を浴びて1点差に詰め寄られたものの、相模原が3-2で勝利。15試合無敗で2位を死守した。一方の鳥取は痛恨の2連敗となっている。 また、J2リーグ昇格圏内を目指して熾烈な2位争いを繰り広げるFC岐阜(4位/勝ち点52)はカマタマーレ讃岐(16位/勝ち点27)と対戦。前半からボールを保持しながらも、ゴールレスで試合を折り返した岐阜は50分、レレウが供給した右CKからニアサイドのイヨハ理ヘンリーが逸らすと、最後はファーサイドの川西が押し込んで先制に成功する。 しかし、66分にアクシデント。讃岐MF池谷をボックス手前中央で倒してしまった柳澤が一発退場に。FW重松に決定的な直接FKを放たれたものの、GKパク・ソンスのビッグセーブで難を逃れる。その後も1点を守り切った岐阜が讃岐に勝利して、暫定3位に浮上している。 ◆明治安田生命J3リーグ第28節 ▽11/28(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">藤枝MYFC 1</span>-0 ガンバ大阪U-23 カマタマーレ讃岐 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC岐阜</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">SC相模原 3</span>-2 ガイナーレ鳥取 ▽11/29(日) 《13:00》 ヴァンラーレ八戸 vs Y.S.C.C.横浜 いわてグルージャ盛岡 vs 鹿児島ユナイテッドFC 福島ユナイテッドFC vs アスルクラロ沼津 《14:00》 AC長野パルセイロ vs FC今治 カターレ富山 vs セレッソ大阪U-23 《15:00》 ロアッソ熊本 vs ブラウブリッツ秋田 2020.11.28 19:40 Sat
twitterfacebook
thumb

沼津FW栗原イブラヒムジュニアが左ヒザ手術で3カ月の加療期間

アスルクラロ沼津は28日、FW栗原イブラヒムジュニアの負傷離脱を報告した。 栗原イブラヒムジュニアは左ヒザ外側半月板損傷で19日に手術を受け、3カ月の加療期間を要する見込み。今年8月に清水エスパルスからの育成型期限付き移籍で加わり、ここまで明治安田生命J3リーグ7試合に出場している。 沼津は現在、J3リーグ10勝5分け14敗の12位。29日に行われる次節、11位につける福島ユナイテッドFCのホームに乗り込む。 2020.11.28 10:20 Sat
twitterfacebook
thumb

熊本、順天堂大MF杉山直宏の来季加入内定を発表 「精一杯努力」

ロアッソ熊本は27日、順天堂大学に在学するMF杉山直宏(22)の2021シーズン加入内定を発表した。 福岡県出身の杉山は身長175cm、体重69kgのMFで、アビスパ福岡ジュニアユース、大津高校を経て、順天堂大学に進学。左足のプレー精度がアピールポイントの杉山は内定決定を受け、クラブの公式サイトを通じて次のように意気込みを語っている。 「この度、来シーズンよりロアッソ熊本に加入することになりました順天堂大学の杉山直宏です。幼い頃からの夢であるプロサッカー選手としてのキャリアをロアッソ熊本という素晴らしいチームでスタート出来ることを心から嬉しく思います」 「今まで僕を支えてくれた、家族、スタッフ、チームメイトなど、全ての方々に感謝をして、これからも頑張っていきます。チームの勝利に貢献できるように精一杯努力していきますので、応援よろしくお願いします」 2020.11.27 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

秋田一筋の前山恭平、今季限りで現役引退 「11年間ありがとうございました」

ブラウブリッツ秋田は27日、MF前山恭平(32)の今季現役引退を発表した。本拠地最終戦の12月5日に予定する明治安田生命J3リーグ第31節のFC今治戦後、セレモニーが行われる。 佐賀県出身の前山は2010年に福岡大学から秋田入り。日本フットボールリーグ(JFL)時代から秋田一筋のキャリアを歩み続け、今季が11年目だった。 J3リーグ参入の2014年以降も主力として活躍を続け、J3リーグ通算成績は168試合30得点。今季はここまで9試合に出場している。 チームが来季のJ2リーグ初昇格を果たすなか、今季終了後の引退を決断した前山はクラブ公式サイトを通じて、感謝の言葉を綴った。 「この度、2020シーズンを持ちまして現役を引退することを決めました。まずは、スポンサー企業の皆様、後援会の皆様、ファンサポーターの皆様、ボランティアスタッフの皆様、試合運営に関わる全ての皆様、これまで在籍していた選手スタッフの皆様、そして家族。僕に関わる全ての方に支えられて11年間ブラウブリッツ秋田でサッカーをすることができ、感謝しています。今シーズン目標だったJ3優勝、J2昇格を達成することができて、嬉しく思います。来シーズンJ2での活躍を願っています。11年間ありがとうございました」 2020.11.27 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

八戸、JFL時代から在籍するDF須藤貴郁が現役引退「この7年間は大きな財産」

ヴァンラーレ八戸は26日、DF須藤貴郁(29)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 須藤は矢板中央高校から平成国際大学を経て2014年に八戸に入団。2012年にはFC町田ゼルビアの特別指定選手となっていた。 当時JFLに所属していた八戸に入団した須藤は、1年目からリーグ戦26試合に出場し3得点、天皇杯2試合に出場し1得点を記録。そのままレギュラーとしてプレーを続けて来たが、今シーズンは明治安田生命J3リーグで4試合の出場に留まり、1得点に終わっていた。 須藤はクラブを通じてコメント。7シーズンの現役生活に別れを告げた。 「21年間続けてきたサッカーを今シーズンをもって終わりにすることにしました」 「大学を卒業後、八戸でサッカー選手としてプレーさせてもらい、家族や友人、多くの方々に支えられたこの7年間は僕にとって大きな財産です」 「右も左もわからない、この土地で、たくさんの人と出会い、いいときも、悪いときも、八戸のあたたかいサポーターに支えられて走り続けることができました」 「ここにきたひとつの目標である「J3昇格」を成し遂げることができたのも、チーム関係者や多くの方々のおかげです」 「これからのことは、はっきりとは決まっていませんが、サッカーとは別の世界にチャレンジしようと思っています」 「ヴァンラーレ八戸という大好きなチームが今後さらに大きくなり、八戸の人たちを明るくする魅力あるチームになることを願っています」 「この世界に入るときから、覚悟を持って臨んだこの7年間。全てがうまくいったわけではないですが、後悔はありません。本当にありがとうございました」 「残りの試合もチームの勝利のために全緑でがんばります!最後まで応援よろしくお願いします!」 なお、12月6日(日)にプライフーズスタジアムで開催さるホーム最終戦で引退セレモニーを行うとのことだ。 2020.11.26 14:50 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly