【ブンデス第2節プレビュー】好発進のバイエルンとドルトムントは格下と対戦

2020.09.25 18:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先週開幕したブンデスリーガでは王者バイエルンがシャルケに圧巻の8発で圧勝した。そしてドルトムントもボルシアMGとの強豪対決を3-0で快勝発進とし、ライプツィヒも白星スタートとしている。日本人対決ではフランクフルトのMF鎌田&長谷部、ビーレフェルトのMF堂安がそれぞれ先発した中、1-1の引き分けに終わった。迎える第2節、バイエルンとドルトムントは格下と対戦する。

ホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨むバイエルンは、開幕戦のシャルケ戦では新戦力のFWサネが躍動しデビュー弾を記録。FWニャブリもハットトリックをするなど、容赦ない攻撃で大量ゴールを挙げた。対戦相手のホッフェンハイムはケルン相手に3-2と競り勝って白星スタートとしているが、バイエルンの連勝スタートは堅いか。

また、ドルトムントもFWハーランドのドッペルパック、MFレイナのブンデス初ゴールでボルシアMGに3-0の快勝を収めた。MFベリンガムもレイナのゴールをアシストするなど活躍し、若手が躍動。対戦相手のアウグスブルクは開幕戦のウニオン・ベルリン戦を3-1で勝利しているが、ドルトムントとしても2連勝スタートを切りたいところだ。

FWヴェルナーの移籍した穴を感じさせずにマインツに3-1と快勝したライプツィヒは、レバークーゼンとのアウェイ戦に臨む。2シャドーのMFフォルスベリとMFダニ・オルモが躍動した中、FWポウルセンもきっちりとゴールを挙げており、好発進を切った。レバークーゼンがヴォルフスブルク相手に低調なゴールレスドローに終わった中、ライプツィヒとしてはレバークーゼンを下して連勝スタートとしたい。

日本人ではビーレフェルトの堂安が鎌田と長谷部の前で好パフォーマンスを見せた。2週間前に行われたDFBポカールでは存在感を示せなかった堂安だったが、ブンデス開幕戦となったフランクフルト戦では右のインサイドMFの位置に入って攻撃の起点となる働きができていた。その堂安はケルンとのホーム戦に臨むが、今度はチームを勝利に導く目に見える結果を残せるかに注目だ。

一方で鎌田と長谷部はビーレフェルト戦では思うようなパフォーマンスを発揮できたとは言い難いものになってしまった。とりわけトップ下でプレーした鎌田に関してはさほどチャンスに絡めず悔しい開幕戦となっただけに金曜に行われるヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦で結果を残したいところ。長谷部に関してはFWピョンテクとのマッチアップでいかに相手に仕事をさせないかが重要となる。

ケガの影響もあってか、前半のみの出場となったブレーメンのFW大迫はシャルケとのアウェイ戦に臨む。ヘルタとの開幕戦で大迫は2トップの一角としてプレー。だが、シュートチャンスを作れずファンからの批判も浴びた中、ハーフタイムで交代となってしまった。対戦相手のシャルケはバイエルン戦で8発を食らい、最悪なスタートとなっているだけにブレーメンとしては確実に叩きたいところ。大迫としても批判を払しょくする今季初ゴールを狙いたい。

シュツットガルトのMF遠藤航は開幕戦のフライブルク戦ではボランチとしてプレー。だが、カウンター対応で甘さがあり、チームは2-3で敗れた。シュツットガルトは今節、マインツとのアウェイ戦に臨むが、残留を争う可能性がある相手だけに勝利をもぎ取りたい。

最後に負傷の影響で欠場となったウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は、ボルシアMGとのアウェイ戦に臨むが、招集メンバー入りとなるか。

◆ブンデスリーガ第2節
▽9/25(金)
《27:30》
ヘルタ・ベルリンvsフランクフルト

▽9/26(土)
《22:30》
ビーレフェルトvsケルン
ボルシアMGvsウニオン・ベルリン
アウグスブルクvsドルトムント
レバークーゼンvsライプツィヒ
マインツvsシュツットガルト
《25:30》
シャルケvsブレーメン

▽9/27(日)
《22:30》
ホッフェンハイムvsバイエルン
《25:30》
フライブルクvsヴォルフスブルク


コメント
関連ニュース
thumb

ダイレクトでこの精度!ミュラーがレヴァンドフスキに送ったパーフェクトなパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのドイツ代表MFトーマス・ミュラーが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ミュラーが決めた巧みなワンタッチアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI0d29XWHdVeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 11歳からバイエルンに所属するミュラーは、2009年のファーストチーム昇格以来、生え抜きのアタッカーとして活躍。数多くのタイトルをチームにもたらしている。 天才的なポジショニングセンスで、ゴールに絡むプレーを得意とするミュラーだが、2021年1月17日に行われたブンデスリーガ第16節のフライブルク戦では、巧みなパスで味方のゴールをお膳立てしている。 開始早々の7分、味方からのパスに抜け出したFWセルジュ・ニャブリが右サイドを駆け上がると、ボックス右角から中央へ強めのパスを入れる。このパスをペナルティーアーク右で受けたミュラーは、体の向きを素早く変えながら、ダイレクトでボックス内のFWロベルト・レヴァンドフスキにパス。強さ、コースともに完璧なパスが通ると、レヴァンドフスキがゴール右にシュートを決め、いきなりの先制点を決めてみせた。 このゴールで主導権を握ったバイエルンは、試合に2-1で勝利している。 2021.01.25 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ノイアーがブンデス史に名を刻む! カーンを抜き通算クリーンシート数で歴代1位に!

バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーがブンデスリーガでの通算クリーンシート数で歴代1位に浮上した。 前節のアウグスブルク戦(1-0で勝利)で、クラブOBであり、次期会長のオリヴァー・カーン氏の通算クリーンシート数(196試合)に並んだノイアー。 新記録達成が懸かる24日のブンデスリーガ第18節では奇しくも古巣シャルケとの対戦となった。最下位に低迷する古巣相手に3本の枠内シュートを浴びたノイアーだが、前半の11分にはFWマルク・ウートの決定的なヘディングシュートをビッグセーブで阻むなど、見事なゴールキーピングで4-0の勝利に貢献した。 そして、ブンデスリーガ通算423試合目にして通算197回目のクリーンシートを記録することになったノイアーは、レジェンドのカーン氏を抜いて名実共にブンデスリーガ最高の守護神に相応しい新たな称号を手にすることになった。 2021.01.25 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

キミッヒ3アシストのバイエルン、最下位シャルケに快勝で首位堅守《ブンデスリーガ》

バイエルンは24日、ブンデスリーガ第18節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、4-0で快勝した。 3日前に行われた前節アウグスブルク戦ではPK失敗に助けられる形で辛勝とした首位バイエルン(勝ち点39)は、アウグスブルク戦のスタメンから3選手を変更。コマン、リュカ、パヴァールに代えてサネ、ジューレ、アルフォンソ・デイビスを起用した。 1年ぶりの勝利から2連敗となっている最下位シャルケ(勝ち点7)に対し、最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からサネ、ミュラー、ニャブリと並べたバイエルンは、7分にレヴァンドフスキのヘディングシュートでゴールに迫った。 11分にウートに決定的なヘディングシュートを許したものの、GKノイアーがファインセーブで凌いだバイエルンが押し込む展開とすると、23分にはFKからレヴァンドフスキ、ニャブリとGKフェールマンを強襲するシュートを放った。 バイエルンがシャルケを自陣に貼り付けにする中、33分に先制する。右サイドからのキミッヒのアーリークロスをミュラーが頭で押し込んだ。 バイエルンが1点をリードして迎えた後半、開始7分にピンチ。しかし、CKからナスタシッチに許した決定的なヘディングシュートはわずかに枠を外れて助かった。 すると54分、バイエルンに追加点が生まれる。キミッヒのロングフィードを見事なトラップで収めたレヴァンドフスキがボックス内に侵入してシュートを決めきった。 レヴァンドフスキの今季23ゴール目で2点をリードしたバイエルンはニャブリとサネを下げ、コマンとミュージアラを投入。シャルケの攻勢を受ける流れとなるも、失点を許さない。 そして終盤にかけてはバイエルンが主導権を取り返すと、88分にキミッヒの右サイドからのFKをミュラーが頭で押し込んで3-0。さらにアラバのミドルシュートも決まって4-0とし、快勝で2位ライプツィヒとのポイント差を7に広げた。 2021.01.25 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

倒れながらでも関係なし!ラッバディアが現役時代に見せたまさかのループシュート【スーパーゴール図鑑/バイエルン編】

【得点者プロフィール】 ブルーノ・ラッバディア(当時28歳) 国籍:ドイツ 所属:バイエルン ポジション:FW 身長:178cm 1984年にダルムシュタットでキャリアをスタートさせたラッバディア氏は、ハンブルガーSVやカイザースラウテルン、バイエルンなど、2部リーグも含めて国内の数々のクラブでプレー。ストライカーとして行く先々で得点を量産し、ブンデスリーガ1部・2部両方で通算100ゴールを記録した唯一の選手としてブンデスリーガの歴史に名を残す名ストライカーだ。 【試合詳細】 日程:1994年5月3日 大会:ブンデスリーガ第32節 対戦相手:ニュルンベルク 時間:後半34分(2-0) <div id="cws_ad">◆ゴールへの執念が生んだ名ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI3WDVXbFBuOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 前半は0-0で折り返したものの、後半から得点を重ねたバイエルンは、2-0とリードして迎えた79分、右サイドを攻めて相手を崩したバイエルンのMFマルセル・ヴィテチェクがボックス内へ侵入。相手DFを充分に引き付けてから中央で待っていたラッバディアにパスした。 これを反転しながら、ゴールに背を向けて受けたラッバディア。相手から厳しいマークを受けながらも、一瞬の隙を見て前を向くと同時にシュート。この際軸足を滑らせ、倒れながらのシュートになったが、逆にこれがループシュートとなり、ボールはGKの頭上を美しい放物線を描きながら越えると、ゴールネットを揺らした。 どんなに悪い体勢でも枠内にボールを飛ばし、これぞストライカーというゴールを見せたラッバディア。バイエルンは、この後も攻撃の手を緩めず、5-0で大勝している。 2021.01.23 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

生粋の点取り屋レヴァンドフスキが見せたエレガントなヒールパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが決めたヒールアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIckV6dUlHOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2010年夏に加入したドルトムントで大ブレイクを果たしたレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンに移籍。絶対王者バイエルンの絶対的エースとして活躍を続けている。 圧倒的な決定力でゴールを量産するレヴァンドフスキだが、ポストプレーも得意としており、2017年4月1日に行われたブンデスリーガ第26節のアウクスブルク戦では、素晴らしいアシストを決めている。 3-0とバイエルンリードの62分、バイエルンがボックス手前でショートパスを繋ぐと、ゴール前のレヴァンドフスキにパスが入る。そのままレヴァンドフスキがシュートするかと思われたが、ここで相手の意表を突くヒールパスを選択。ゴール左にパスが出ると、MFチアゴ・アルカンタラがこのボールになんとか触り、見事なゴールとなった。 試合はバイエルンが大量6ゴールを奪い、大勝を記録。レヴァンドフスキはハットトリックと2アシストで5得点に絡む圧巻の活躍を見せた。 2021.01.23 16:00 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly