Jリーグは10月にも入場者上限をさらに緩和へ、「マスク着用」が新型コロナウイルス感染予防のカギに

2020.09.21 11:37 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグと日本野球機構(NPB)は21日、「第16回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。

今回の対策連絡会議では、19日から適用された大規模イベントの入場者数規制緩和について議題に上がり、改めて観客数が増えることでの感染リスク対策などについて意見交換がなされた。

Jリーグの村井満チェアマンは「9月19日から大規模イベントの緩和が行われています。5000名基準から50%へと緩和を進めているが、今のところ大きな集団感染が起こっている状況ではありません」と語り、スタートして数日だが、今のところは感染拡大の報告などがないとコメントした。
一方で、「今後の感染の推移を見極めていくとまだまだ予断を許さない状況もあるように思います。今回の緩和は、スポーツ界、野球やサッカーへの期待値への裏返しだと思います。経済活動と感染予防の期待が込められた50%への緩和だと思います」とし、規制が緩和しても観客などでのクラスターが発生しないため、感染予防を徹底することが重要であるとの見解を示した。

また、NPBの斉藤惇コミッショナーは「国内は下降が止まり、横ばい状況になりつつある。世界を見ると、特にヨーロッパを中心に急速に患者数が拡大している。かなり厳しい規制が施行されています」とまだまだ予断を許さない状況であるとコメント。「皆さんの支援、努力で50%まで入場させていただくことにになったので、気を緩めることなく、どちらかというと気を引き締めなければいけないと思う」と、村井チェアマン同様にこのタイミングで気を緩めてはいけないと語った。

さらに、感染予防対策の1つとしてマスク着用を強く訴え、「観客の皆さん、応援の仕方に関わりますが、2万人近いお客さんが集まるので、マスクの着用を気をつけてほしい。入場者の方に関しては、マスクを義務付けるぐらいをしなくてはいけないとも思う」と、感染予防対策をより強くお願いすることになることを示唆した。

座長を務める賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)はアメリカの専門チームとも話をしたとし「アメリカのチームと話をしたが、ワクチンが登場しても完全に新型コロナウイルスをコントロールするのは時間がかかる。来年に差し掛かることになる」とワクチンができてもまだまだ収まる可能性は低いとコメント。「観客を増やすというこの時期にこそ、プロ野球、Jリーグが無事に試合を進めるためにも、応援のスタイル、観客への呼びかけを是非行ってもらいたい」と語り、「気を引き締めながら、感染対策を守りながら、試合を安全に進めていただきたいと申し上げた」とよりリーグと観客が協力し合うことが大事であるとした。

政府の分科会のメンバーでもある舘田一博氏(東邦大学医学部微生物・感染症学講座教授)は「分科会でも大規模イベントの規制緩和は認められているが、リスクを考えて注意しなければ進めなければいけないという意見も出た」とし、「緩みがちになりやすい時期だからこそ、プロ野球とJリーグはコミッショナーとチェアマンを中心に、感染予防へのしっかりとメッセージを出してほしい」と、呼びかけを強めてもらいたいとの意向を示した。

いずれの意見もマスク着用が大きな感染予防になるというものであり、村井チェアマンは「マスクは飛沫を飛ばす、吸引しないということだけでなく、鼻とか口の粘膜へ触れさせないということにも繋がる。マスクをすることは自分を守るということにも繋がる」とマスク着用の重要性を語り、感染拡大の予防だけでなく、自身を守るためにも、スタジアムを訪れる際にはマスクの着用が重要になりそうだ。

賀来氏もマスク着用については複数人がすることが重要であるとコメント。「1人だけがマスクをつけただけでは感染リスクは下げられないが2人ともマスクをする、ユニバーサルマスキングだと感染リスクが明らかに下がる」とし、院内感染のデータからも接触する複数人がマスクを着用することが重要であるとコメント。「ソーシャル・ディスタンスを1m以上離れられなくても、マスクをしっかりつけることでリスクが減らせることがわかった」とし、様々なデータからもマスク着用がいかに重要か結果が出ているとコメントした。

また、現在は2万人か収容人数の30%を上限としているが、その緩和をさらに行う考えもあるとのこと。村井チェアマンは「9月24日に実行委員会が行いますが、30%から1席を空ける50%に変更することを9月末か10月頭から変更する協議を行う予定です」と、観客数の上限を緩和する方針であるとコメント。一方アウェイサポーターに関しては、「その状況で複数試合を行った踏まえ、状況を見てからビジター、アウェイの入場の判断を各クラブが決めることを原案としている」とし、さらに感染リスクがないことがわかればアウェイ観戦も可能になると語った。


関連ニュース
thumb

横浜FMのFW仲川輝人がFC東京に完全移籍、2019年には得点王&MVP受賞「自分なりに日々全力で走り抜けてきました」

FC東京が28日、横浜F・マリノスのFW仲川輝人(30)が完全移籍で加入することを発表した。 仲川は川崎フロンターレの下部組織育ちで、U-18から専修大学へと進学。2015年に横浜FMに入団。プロ1年目からデビュー2016年途中からFC町田ゼルビア、2017年途中にアビスパ福岡へと期限付き移籍していた。 2018年に復帰した後、2019年に明治安田生命J1リーグで33試合で15得点を記録。チームを優勝に導くとともに、得点王に輝き、最優秀選手賞も受賞していた。 その後はケガなどもあったが、今シーズンは横浜FMで明治安田J1で31試合7得点を記録していた。 仲川は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC東京 「FC東京に関わるみなさま、はじめまして仲川輝人です。勝者のメンタリティを持って戦い、クラブの目標を達成するため全力を尽くしますので、応援よろしくお願いいたします」 ◆横浜F・マリノス 「横浜F・マリノスに関わるすべての皆さんへ。2015年から8シーズン過ごした横浜F・マリノスを離れる時がきました」 「振り返ると、加入してからしばらくは思うように活躍することができず、もどかしい日々が続きました。ただ、大ケガを負った自分と契約をしてくれた横浜F・マリノス。そして、何よりどんな時でも支えてくれたファン・サポーターの皆さんに恩返しをしたい一心で、自分なりに日々全力で走り抜けてきました」 「どれだけその恩を返すことができたか分かりませんが、マリノスファミリー全員で勝ち獲った2度の優勝は、自分のなかで一生残る大切な宝物です」 「自分にとって横浜F・マリノスは、チームが一丸となりひとつの方向へ進むために、どのような振る舞いをするべきかなど、選手としてだけでなく、人としても大きく成長させてくれたとても大切な場所です」 「横浜F・マリノスに関わるすべての人たちの存在がなければ、いまの自分はありません。この8年間、歴史と伝統あるクラブの一員として、共に戦えたことをとても誇りに思います」 「今度は対戦相手となりますが、またお会いできることを楽しみにしています。マリノスファミリーの皆さんには、感謝してもしきれない想いでいっぱいです。本当にありがとうございました」 2022.11.28 15:22 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京が今季途中に川崎Fから加入した塚川孝輝と契約更新「FC東京最強の時代を作れるように」

FC東京は28日、MF塚川孝輝(28)との契約更新を発表した。 塚川はサンフレッチェ広島のジュニアユース出身で、広島観音高校から流通経済大学を経て、2017年にファジアーノ岡山に入団した。 その後、松本山雅FCやFC岐阜でプレーすると、2021年に川崎フロンターレへと加入。しかし、出番があまりもらえず、2022年7月に完全移籍でFC東京に加入していた。 FC東京ではJ1で12試合に出場し2得点を記録していた。 塚川はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンをFC東京でプレーさせていただきます。このエンブレムをつけて戦えることと、東京ファミリーのみなさんとまたともに戦えることをとても嬉しく思います!」 「そして、タイトルを獲れるように、結果にこだわりFC東京最強の時代を作れるように頑張ります!応援よろしくお願いします!」 2022.11.28 13:10 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡がFC東京のMF紺野和也を完全移籍で獲得、今季30試合出場「感動と勝ちにこだわってプレーします!」

アビスパ福岡は28日、FC東京のMF紺野和也(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 紺野は法政大学出身で、2019年に特別指定選手となると、2020年にFC東京に入団した。 大学時代は切れ味鋭いドリブルが話題を呼んだ中、プロ入り後の2年間は出番を多く得られず。それでも、アルベル監督の下で、今シーズンはJ1で30試合に出場し2得点、YBCルヴァンカップで3得点、天皇杯で2得点を記録していた。 紺野は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「FC東京から加入することになりました紺野和也です。自分の特徴を出してチームに貢献し、チームスローガンである感動と勝ちにこだわってプレーします!応援よろしくお願いします」 ◆FC東京 「FC東京に関わるすべてのみなさま、3年間ありがとうございました。この3年間いろいろなことをこのクラブで経験することができました。長い時間考え、選手としてより成長するためにこの決断をしました」 「どんな時も変わらず応援してくださったファン・サポーターのみなさんには本当に感謝しています。プロになって初めてのクラブがFC東京で良かったです。ありがとうございました!」 2022.11.28 10:18 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖がJ3ベストイレブンのGK内山圭を獲得 J2昇格決めた藤枝の守護神

サガン鳥栖は27日、藤枝MYFCのGK内山圭(29)が完全移籍で加入することを発表した。 横浜F・マリノスと川崎フロンターレの下部組織でプレーした経歴を持つ小泉は東海大学に進学後、2016年に日本フットボールリーグ(JFL)の東京武蔵野シティFCに入団。2017年7月にロアッソ熊本入りし、今季からは藤枝に移籍した。 移籍1年目だったが、正確なフィードと一対一でのシュートストップを武器に守護神の座を射止め、明治安田生命J3リーグの全34試合にフル出場。2位フィニッシュしたチームのJ2昇格に大きく貢献し、今季のJ3アウォーズでベストイレブンにも輝いた。 内山は両クラブを通じてコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「サガン鳥栖を応援する皆さん、初めまして。藤枝MYFCから来ました内山圭です。オファーをいただいた時から心躍る思いでした。チャレンジできる環境に飛び込み、自分の成長を求めていきたいと思います。そして、それがチームに貢献することとなるように日々精進したいと思います。まだまだ若輩者ではありますがJリーグ制覇に向けて力になれるように頑張ります。よろしくお願いします!」 ◆藤枝MYFC 「この度、移籍を決断しました。須藤さんの言葉で加入を決めましたが志半ばで離れることを申し訳なく思います。どうしてももっと「成長したい」という思いが強くなりました。それも今年1年間藤枝MYFCでプレーをしてたくさんの挑戦をしてきたからだと思います」 「藤枝総合の雰囲気がとても好きでした。勝った後の皆さんの笑顔が大好きでした。負けた後は皆さんのおかげで立ち直ることができました。アウェイ今治戦の後、皆さんの顔を見ると悔しくて涙がでました。ホーム最終戦、そして昇格を決めた長野戦の応援にはアップの時から感動しました」 「来年J2で戦う皆さんを陰ながら応援させていただきます。僕も進化を続けるエンターテイメントサッカーに負けじと成長していきます。1年間藤枝MYFCで戦えたことは僕の誇りです。ありがとうございました」 2022.11.27 17:36 Sun
twitterfacebook
thumb

「もう一度自分が知らない所へ…」 鳥栖MF小泉慶がFC東京へ完全移籍

FC東京は27日、サガン鳥栖のMF小泉慶(27)が完全移籍で加入することを発表した。 小泉は横浜F・マリノスの下部組織出身で、流通経済大学付属柏高校に進学。2014年からアルビレックス新潟に入団し、4シーズンを過ごした。 以降は柏レイソル、鹿島アントラーズを経て2021年8月に鳥栖に加入。これまで明治安田生命J1リーグ通算224試合の出場で7得点を記録している。 今シーズンはケガで離脱する期間がありながらも、主力としてJ1で30試合に出場。ボランチを主戦場にプレーしたが、右サイドバックやトップ下もこなせるユーティリティプレーヤーだ。 小泉は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC東京 「サガン鳥栖から加入することになりました小泉慶です。FC東京がタイトルを獲得するために、勝つことだけを考えてプレーします。応援よろしくお願いします」 ◆サガン鳥栖 「1年半という短い間ですがサガン鳥栖でプレー出来た事、最高の出会いが沢山あった事、感謝の気持ちしかありません。ただ個人的にサッカー選手としてはもう若くありません。もう一度自分が知らない所へ行き挑戦したいと思いました。そう思わせてくれたのはサガン鳥栖でプレー出来たからこそだと思ってます。また必ず会いましょう。1年半ありがとうございました」 2022.11.27 15:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly