チアゴのリバプール移籍が正式決定!背番号は6

2020.09.19 00:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールは18日、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は6に決定している。契約期間は長期とだけ発表されているが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると2024年6月までの4年間で、移籍金は2000万ポンド(約27億円)を基本に、ボーナスとして500万ポンド(約6億7000万円)が上積みされる契約になっているとのことだ。リバプール移籍が決まったチアゴはリバプールの印象と加入後のイメージを次のように語っている。

「実はここに来るのは2度目なんだ。5歳か6歳の時、父親がセルタに在籍していた時にアンフィールドに来たことがあるんだ。当時はUEFAカップだったかな。いちサッカーファンとして、リバプールファンの人たちがサッカーに対し、どう向き合っているかに驚いたことを覚えている」

「監督が僕に何を望んでいるのか、チームがどのようなプレースタイルで戦うのかを知るのが今から楽しみだ。チームを助け、僕自身も成長できるなら、それは最高なことだと思う」

2013年夏にバルセロナからバイエルンに加入したチアゴは、バイエルンで公式戦235試合に出場して31ゴール37アシストを記録。昨季のチャンピオンズリーグ優勝、7度のブンデスリーガ優勝、4度のDFBポカール優勝に貢献していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ロイ・キーンが決定機逸のポグバに言及「決めないと」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるロイ・キーン氏が、リバプール戦で決定機を外したフランス代表MFポール・ポグバに言及している。 ユナイテッドは17日にプレミアリーグ第19節でリバプールと対戦した。試合はリバプールが主導権を握る中、ユナイテッドは主にカウンターから攻撃の機会を窺っていた。 すると0-0で迎えた83分に、ボックス中央でDFアーロン・ワン=ビサカの横パスを受けたポグバに絶好のシュートチャンスが訪れる。ワンタッチで上手く懐に収め、渾身の右足シュートを放ったが、GKアリソン・ベッカーのファインセーブに阻まれゴールならず。この最後の決定機を生かせず、試合は0-0のまま終了した。 ロイ・キーン氏はこのシーンを振り返り、「ポグバは決めるべきだった」とイギリス『スカイ・スポーツ』でコメント。リバプールの現状から考えて勝つべき試合だったと振り返った。 「彼(ポグバ)のリアクションから分かるだろう。ファーストタッチはエレガントだったが、なんてこった…彼は決めるべきだった。GKを横切って、DFを確認しながら決められるはずだった」 「最初の素晴らしいタッチでゴールを決められるチャンスを得た。しかし、姿勢を正して自分を大きく見せたGKに止められてしまった。試合前に願っていたまたとないチャンスだったんだが」 「リバプールのプレーが悪いとは言わないが、彼らは輝きを失っている。ポグバほどのチャンスを外せば、その失望も大きい。あれは彼が主役になるための瞬間だった。あのチャンスは生かさなければならない。だが、私はユナイテッドをそこまで批判するつもりはない」 「時々心配になるが、この試合の4バックは素晴らしかった。(ルーク・)ショーは守備面でも攻撃面でもブリリアントだった。(マーカス・)ラッシュフォードは姿を見せず、(ブルーノ・)フェルナンデスもいつも通りのプレーではなかったが、それでも彼らには2つのビッグチャンスがあった」 2021.01.18 18:48 Mon
twitterfacebook
thumb

波紋を呼ぶポール・ティアニー主審のジャッジ…クラッテンバーグ氏は誤審だったと認めるも「批判はしない」

波紋を広げているポール・ティアニー主審のリバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのジャッジに関して、元世界的名レフェリーのマーク・クラッテンバーグ氏が言及している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 問題となっているのは、前半アディショナルタイムでの出来事。1分の追加タイムの中で、リバプールは味方のスルーパスに抜け出したFWサディオ・マネが最終ラインを突破。あとはGKとの一対一を制すのみという絶好の瞬間に、ポール・ティアニー主審は前半終了の笛を吹いた。 通常ならプレー続行のタイミングだった上に、そもそも規定の終了時間の5秒も前だったということもあり、リバプール陣営からは不満の声が噴出。主将を務めたジョーダン・ヘンダーソンはホイッスル直後に主審のもとへ詰め寄り、説明を求めた。また、試合後には「意味がわからない」と憤りを公にしている。 クラッテンバーグ氏は、ポール・ティアニー主審は試合を上手く捌いていたと全体的に称賛した一方で、問題のシーンは間違いだったと認めた。それでも批判はしないと、擁護の姿勢を示した。 「この試合がどのように審判されるかに注目が集まっていたが、ポール・ティアニーは最小限の騒ぎで試合をコントロールしてくれた」 「彼は賢明なレフェリーであり、今日もそれを示してくれたが、無観客だったことに救われた面もある。この試合はアンフィールドが満員になると全く違ったものになるからだ」 「ちょっとした論争があったのは、ハーフタイムに入ってからのことだった。1分間のアディショナルタイムが表示され、テレビの時計で55秒が経過した時に、ティアニーはピッチの中央で笛を吹いた」 「彼は、審判の標準であるように、プレーをニュートラルエリアで終えることを望んでいた。問題は、一瞬のうちにリバプールがボールを最前線に運び、サディオ・マネがゴールに向かおうとしていたことだ」 「技術的には、ティアニーは最低でも1分が経過するまで待つべきだった。ティアニーが助けられたのは、マネやユナイテッドDFビクトル・リンデロフが直ちにプレーを止めてくれたからだ。我々も次に何が起こっていたのかは分からない」 「しかし、この事件でティアニーを批判するつもりはない。彼は非常に良いゲームをしていた。我々審判団が真のインテンシティを持っていなかったのは残念なことだがね」 2021.01.18 17:18 Mon
twitterfacebook
thumb

「ゴールチャンスを奪われた」レッズ主将ヘンダーソンも不満を募らせたポール・ティアニー主審が非難の的に

17日に行われたプレミアリーグ第18節のリバプールvsマンチェスアー・ユナイテッドの大一番で笛を吹いたポール・ティアニー主審に非難が集中している。 ユナイテッドが首位、リバプールが暫定2位という状況で迎えることになった今回の一戦。3年4カ月ぶりに首位に立ち、アウェイ15戦無敗を継続するユナイテッドと、67試合無敗を誇るアンフィールドという要塞で迎え撃つリバプールという稀に見る好カードは、予想通りボールを保持するリバプールと、ロングカウンターで抵抗するユナイテッドという構図となる。 試合はどちらが先に1点を取るかという均衡した戦況に向かう中、問題のシーンは前半アディショナルタイムに訪れる。 前半に取られた追加タイムは1分。その中でリバプールはピッチ中央から前線を走るFWサディオ・マネにロングボールが入る。オフサイドもなく、このままGKと一対一の絶好のチャンスを迎えるかに思われたその瞬間に、ポール・ティアニー主審は前半終了の笛を吹いたのだ。 しかもタイミングは45分55秒と、規定の時間の5秒も前。普通に続けていればゴールもできたかもしれないシーンだっただけに、リバプール側の人間からすれば絶対に納得できないジャッジだ。 この試合でセンターバックとしてプレーした主将のジョーダン・ヘンダーソンもイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで不満を募らせていたことを認めている。 「想像通り、僕たちは不満たっぷりだよ。意味がわからない。本当にね」 「もし彼(主審)が笛を吹いていなければ、彼(マネ)はゴールできていたかもしれない。わからないけどね。ハーフタイムにはさすがにイライラしていたよ。だけどまだゴールを決める時間は残されていた。でもそのクオリティには少し至らなかったみたいだね」 イギリス『デイリー・メール』によると、SNSでは「本当に頭にきた」、「恥の極みだ」というポール・ティアニー主審に対する非難の声が多数挙がっているようだ。 絶好機を奪われたリバプールは、後半もユナイテッドの組織された守備を攻略できず、0-0のドロー決着。マンチェスター・シティとレスター・シティに抜かれ、暫定4位となっている。 2021.01.18 16:36 Mon
twitterfacebook
thumb

クロップ、首位返り咲きならずも「パフォーマンスは勝利に十分なものだった」

首位奪取に失敗したリバプールだが、ユルゲン・クロップ監督は一定の満足感を示している。 2位のリバプールは17日に本拠地で行われたプレミアリーグ第19節で首位のマンチェスター・ユナイテッドと対戦。首位に返り咲くべく、3ポイント差で追うユナイテッドとの直接対決を制したいところだったが、不発に終わり、0-0のドローに終わった。 首位攻防戦をモノにできず、首位奪還が叶わなかったクロップ監督だが、内容面を評価。試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』でゴールだけが足りなかったとの認識を示した。 「この試合前よりも1ポイント多くなった。パフォーマンスは勝利に十分なものだったが、必要なゴールを決められなかったね」 ただ、攻撃面に目を向ければ、3試合連続の無得点。実に2005年3月以来だ。ゴール欠乏症に陥るチーム状況について、変化を問われると、結果がついてきていないだけだと返答した。 「根本的に何も変わっていない。ただ、結果が異なるだけ。ゴールを決め、ゴールを決めさせまいというトライはしている」 また、「あまり気にせず、現実から目を背けて、好転を願う必要がある」ともコメント。チームの戦いぶりを改めて評価するとともに、改善の意欲も示している。 2021.01.18 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:リバプール 0-0マンチェスター・ユナイテッド《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第19節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドが17日にアンフィールドで行われ、0-0のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽リバプール採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210118_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 アリソン 7.0 後半に2度のピンチをビッグセーブで阻止。徹底的に背後のスペースを狙う相手に対して出足鋭い飛び出しでピンチを未然に防いだ   DF 66 アレクサンダー=アーノルド 6.0 ビッグマッチということもあり守備を重視しつつ、マイボール時は安定した繋ぎを披露。後半はサイドチェンジでチャンスの起点に   3 ファビーニョ 7.0 ヘンダーソンが相棒ということもあり、積極的に相手アタッカーとのスピード勝負、デュエルに応対。持ち味の球際の粘り、危機察知能力を遺憾なく発揮   14 ヘンダーソン 6.5 周囲をうまく動かしながら本職ではないセンターバックで奮闘。前向きな状態での守備やビルドアップの局面で良さを出せていた   26 ロバートソン 6.5 守備の局面では安定した一対一の対応を見せた。攻撃では高い位置は取れていたが、普段に比べてクロスやラストパスの質を欠いた   MF 23 シャキリ 6.0 大一番で久々の先発起用。前半は持ち味の攻撃センスを発揮し、崩しの起点を担うなど指揮官の抜擢にある程度応えた   (→カーティス・ジョーンズ 5.5) 強度の高い試合にすんなりと入り無難にプレー   6 チアゴ 6.5 待望のアンフィールドデビュー。アンカー起用も積極的に立ち位置を変えながら相手のタイミングを外す、絶妙なパスで中盤を見事にオーガナイズ。懸念された守備でも的確な判断を見せた   5 ワイナルドゥム 6.0 慣れない中盤の構成となった中、持ち味のバランス感覚を発揮。味方を助ける献身的な守備やボールを引き出す動きなど、黒子役として安定   (→ミルナー -)   FW 11 サラー 5.0 試合の中で左右を入れ替えながらプレー。身体の強さを生かしたボールキープで存在感も決定的な仕事はできず   9 フィルミノ 5.0 相手に中央を締められた中、流動的なポジショニングでうまくフィニッシュに絡んだ。ただ、最後のフィーリングが今一つで決定機をモノにできず (→オリジ -)   10 マネ 5.5 前線からの守備は効いていたが、攻撃の場面ではなかなかサポートがなく複数のDFを相手にする難しい試合に   監督 クロップ 5.5 シャキリやヘンダーソンのセンターバック起用はまずまず機能もホームで勝ち切れず   ▽マンチェスター・ユナイテッド採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210118_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 デ・ヘア 6.0 難しい枠内シュートはチアゴのミドルシュートぐらいだったが、押し込まれた中で的確なポジション取りを見せた。   DF 29 ワン=ビサカ 6.5 守備重視という自身にとってはやり易い展開の試合に。マネやサラー、ロバートソンの攻撃参加にうまく対応した   2 リンデロフ 6.5 好調バイリーに代わって抜擢された中で堅実な対応を90分間継続。とりわけ、最後の局面でよく身体を張れていた   5 マグワイア 6.5 味方を動かしながらボックス内の危険なスペースをきっちり埋めた。小回りの利く相手アタッカーに対して終始我慢の対応を続けた   23 ショー 7.0 守備では世界屈指のアタッカーに対して互角以上に渡り合う。攻撃の局面でも果敢な仕掛けで局面を打開するシーンもあった   MF 6 ポグバ 6.5 右ウイングのポジションでの起用に。献身的な守備でチームを助け、攻撃では後半に入ってボールキープや推進力のあるプレーで見せ場を作った   39 マクトミネイ 7.0 守備では最終ラインのスペースを埋める意識が強く再三の好守を披露。攻撃では効果的な配球は少なかったが、繋ぎ自体は安定   18 ブルーノ・フェルナンデス 5.0 全体が押し込まれたこともあり、なかなか良い形でボールを受けられず。受け手がラッシュフォードに限られた中、個での打開も狙ったが、うまく相手守備に対応された   (→グリーンウッド -)   17 フレッジ 6.5 序盤こそバタついたが、以降は味方との距離感を修正して自身の得意とする形で守備ができた。マイボール時は相手に囲い込まれた中でも幾度か局面を変えるパスを出した   9 マルシャル 5.0 守備ではアーノルドをケア。攻撃では仕掛ける姿勢は見せたが、局面を打開するまでには至らず   (→カバーニ 5.5) 決定的な仕事こそなかったが、攻守両面でできる仕事はしていた   FW 10 ラッシュフォード 5.0 対リバプール仕様の最前線起用で背後を狙い続けるタスクを担ったが、相手に完璧に封じられる。左にポジションを移してからは徐々に盛り返す   監督 スールシャール 6.0 勝ち切るまでには至らなかったが、対リバプール仕様の戦いでほぼ互角に渡り合い首位キープに成功   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ショー(マンチェスター・ユナイテッド) パフォーマンス自体はファビーニョ、アリソン、マクトミネイらと同等も相手の強力アタッカーとマッチアップするタフな守備の仕事を完璧にこなした上、攻撃面でもプラスアルファをもたらしたユナイテッドの左SBをMOMに選出。   リバプール 0-0マンチェスター・ユナイテッド 2021.01.18 04:06 Mon
twitterfacebook