【セリエA・シーズンプレビュー】10連覇目指すピルロ・ユーベを止めるのは!?

2020.09.19 17:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020-21シーズンのセリエAが19日に開幕する。先月2日に閉幕した昨季はユベントスの9連覇で幕を閉じたセリエA。新型コロナウイルスの影響によって僅か1カ月半で迎える新シーズン、監督未経験のピルロ新監督を迎えたユベントスの10連覇を阻むチームが、今季こそ現れるかが注目される。◆監督未経験のピルロで目指す10連覇~ユベントス~
Getty Images

9連覇を成し遂げたものの、チャンピオンズリーグでリヨンの前にベスト16敗退に終わったことを受け、就任1年でサッリ前監督を電撃解任としたユベントス。新指揮官に迎えたのはユベントスOBで監督未経験のピルロだった。現役時代、稀代のレジスタとして名を馳せたピルロが指揮官となってどんなサッカーを表現するのか楽しみなところだが、サッリ前監督が植え付けることのできなかったポゼッション主体のサッカーに挑むのか、それともユベントス伝統の堅守を生かしたサッカーを見せるのか。指揮官としてのピルロの手腕に要注目したい。

◆続投決断のコンテが古巣ユーベの10連覇阻止へ~インテル~
Getty Images

ユベントスの10連覇を阻む最大のライバルとして昨季2位のインテルを挙げたい。昨季は最終的にユベントスに1ポイント差に迫った上での2位フィニッシュを果たし、コンテ監督の下、着実にチーム力を上げていることを証明した。シーズン前にはコンテ監督の恒例行事となりつつある退団騒動が起きたが、フロントのサポートを感じ取り続投を決断。ユベントス時代に指導したMFビダル加入が濃厚な中、満を持して古巣ユベントスの10連覇を阻みにかかる。

◆イブラ残留でスクデット争いも現実味~ミラン~
Getty Images

長らく低迷が続く名門だが、昨季後半に加入して圧倒的な存在感を示したFWイブラヒモビッチの残留に成功したことが復活を期すミランにとって大きな後押しとなりそうだ。また、イタリアの次代を担うMFトナーリとレアル・マドリーからレンタルでMFブラヒム・ディアスを獲得し、未来へ向けた投資もしっかり敢行。繫ぎの意味合いが強かったピオリ監督が結果で続投を勝ち取った中、新シーズンのミランは歯車さえ噛み合えばスクデット争いも十分に可能なはずだ。

◆もはやビッグクラブに引けを取らない存在に~アタランタ~
Getty Images

ガスペリーニ体制4季目の昨季もアタランタは飛躍を遂げた。セリエAでは2年連続で3位フィニッシュを果たし、初出場のチャンピオンズリーグ(CL)ではベスト8進出と、もはやビッグクラブに引けを取らない存在に成長した。今季も名将ガスペリーニ監督の下、主力は軒並み残留しており、期待は高まるばかり。CLとの並行した過密日程も昨季経験済みで上積みが期待できる新シーズンは本格的にスクデット争いへ参戦する可能性も十分だ。

◆昨季のスクデット争いを自信に~ラツィオ~
Getty Images

昨季はユベントスとスクデット争いを繰り広げながらもコロナ明けの失速により4位フィニッシュとなったラツィオ。新シーズンに向けてはMFダビド・シルバの獲得に迫っていたが、実現はならなかった。戦力的な上積みはほぼない状況の中、S・インザーギ監督の手腕に今季も期待が懸かる。

◆戦力維持でユーベに挑戦~ナポリ~
Getty Images

コッパ・イタリア優勝に導いたガットゥーゾ監督の2季目となるナポリ。徐々にガットゥーゾ監督の“闘う”スタイルが浸透していった昨季は、シーズン終盤にかけて結果も伴うようになっていった。迎える新シーズンに向け、FWメルテンス、MFファビアン・ルイス、DFクリバリと移籍の噂のあったセンターラインの主力が残留したのは大きい。戦力を考えればナポリもスクデット争いに顔を出したいところだが、主役に躍り出ることはできるか。

◆新フロントの下で~ローマ~
Getty Images

クラブに対する熱がなく評判の悪かったパロッタ前会長に代わり、米実業家のフリードキン氏が買収したローマ。新フロントの下、刷新されたクラブは戦力維持に努めた中、DFコラロフがインテルへ移籍し、エースFWのジェコもユベントスへの移籍が濃厚となっているが、まずはCL圏内返り咲きを目指したい。

◆更なる飛躍へ~冨安と吉田~
Getty Images

昨季、セリエA初挑戦ながらレギュラーポジションを確保したボローニャのDF冨安とサンプドリアのDF吉田。日本代表のレギュラーセンターバックでもある両者は、守備の国イタリアでしっかりと存在感を示した。冨安はケガを除いてシーズンを通し、右サイドバックのレギュラーとしてプレー。新シーズンはセンターバックでのプレーの可能性も報じられる中、セリエAの強力なアタッカーたちを直接封じ込める役割が求められる。また、吉田もシーズン後半にチームに加わった中、残留を争っているチームの助けとなった。今季も残留争いを強いられる可能性が高いが、レギュラーをキープし続け、最低限の目標である残留に貢献したい。
コメント
関連ニュース
thumb

テクニック・ビジョン・精度、ピルロの巧さが詰まった美しいアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はユベントスのアンドレア・ピルロ監督が現役時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ピルロの巧さが詰まったスーパーアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDdlVrZmJrNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブレシアでキャリアをスタートさせたピルロ氏は、インテル、ミラン、ユベントスとイタリアのビッグクラブを渡り歩き、数々のタイトルを勝ち取った。 中盤の底から試合を組み立てる世界屈指のレジスタとしてその名を馳せたピルロ氏だが、2012年1月21日に行われた、セリエA第19節のアタランタ戦では、素晴らしいアシストを記録している。 0-0で前半を折り返して迎えた54分、敵陣中央左でピルロがボールを持つ。プレスに来た相手を鮮やかなタッチでかわし、ボールをキープすると、この位置から一気にゴール前にクロスを入れる。 完全にノーマークでファーポストに走り込んでいたDFシュテファン・リヒトシュタイナーにピンポイントで入ったロングパスに、リヒトシュタイナーがダイビングヘッドで合わせ、見事な先制ゴールが決まった。 このゴールで先制したユベントスは、終盤にも追加点を奪い、2-0で勝利している。 2020.10.23 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドは未だに新型コロナ陽性反応、バルサ戦に間に合うか

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、未だ陽性反応を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 C・ロナウドは、ポルトガル代表として活動していた13日に新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応を示し、ポルトガル代表として臨むはずだったUEFAネーションズリーグの試合を欠場。14日に、イタリア保健当局の承認を経て、プライベートジェットでトリノに帰国した。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVbkltc2hnMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> そのC・ロナウドには、プロトコル違反があったとして大きな問題となっており、調査が進められているが、10日間の隔離期間に入っている。 しかし、『スカイ・スポーツ』によれば、21日に新たに新型コロナウイルスの検査を受けたC・ロナウドだったが、その結果は陽性だったとのことだ。 順調に回復していれば、早ければ週末の試合から復帰が可能だったがこのタイミングで陽性反応が出たことで不可能に。来週28日にはバルセロナとのチャンピオンズリーグ(CL)が控えており、ユベントスとしては試合の24時間前までに陰性の結果が出て欲しいところだ。 10日間の隔離措置を終える段階での検査は23日に予定されており、そこで陰性の判定が出れば隔離を終えることができる。 リオネル・メッシとC・ロナウドがCLのグループステージで初めて対戦することで注目を集めていたが、実現するだろうか。 2020.10.22 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ピャニッチが華麗なヒールパスでC・ロナウドの大記録達成をお膳立て【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチがユベントス時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ピャニッチがロナウドの記録達成をお膳立てした華麗なヒールパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBMnJVQVoyRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リヨンで頭角を現したピャニッチは、2011年にローマに移籍すると、リーグ屈指のMFとしてブレイク。2016年にはセリエAの絶対王者に君臨するユベントスに加入した。 ユベントスでも主力の1人として活躍したピャニッチだが、2019年4月27日に行われた、セリエA第34節のインテル戦では、華麗なパスで同僚の大記録達成をお膳立てしている。 開始早々にインテルに先制を許し、0-1とユベントスが追いかける展開で迎えた62分、右サイド深部までボールを運んだMFフアン・クアドラードがFWクリスティアーノ・ロナウドにパス。C・ロナウドがボックス内のピャニッチにボールを送ると、ピャニッチがファーストタッチで相手DFを誘い出し、華麗なヒールパスで再びC・ロナウドにボールを返す。 ピャニッチが作ったシュートコースに、C・ロナウドが左足で鋭く正確なシュートを叩き込み、見事な同点ゴールとなった。このゴールが、C・ロナウドのクラブキャリア通算600ゴール目の大記録となった。試合はそのまま1-1のドローに終わっている。 2020.10.22 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ディナモ・キエフ戦で負傷交代のキエッリーニ、筋肉に損傷なく7~10日の離脱か

ユベントスは21日、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニの負傷に関して発表した。ユベントスによれば筋肉に損傷はなかったとのことだ。『フットボール・イタリア』は7~10日の離脱になると報じている。 キエッリーニは20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG開幕節ディナモ・キエフ戦で先発するも、19分に交代していた。 ユベントスは今後、25日にセリエA第5節でヴェローナ戦を、28日にCL第2節でバルセロナ戦を控えている。 2020.10.22 02:00 Thu
twitterfacebook
thumb

CL”初陣“で快勝スタートのピルロ監督「しっかりとやることが重要だった」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督がチャンピオンズリーグ(CL)初戦のディナモ・キエフ戦を振り返っている。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは20日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦でディナモ・キエフと対戦。前半はゴールレスで終わったものの、後半立ち上がりにFWアルバロ・モラタが先制点を奪うと、試合終了間際にもモラタが追加点を挙げて2-0の快勝を収めた。 FWクリスティアーノ・ロナウドが新型コロナウイルス(COVID-19)陽性反応による隔離中で不在の状況に加え、FWパウロ・ディバラもコンディション不良でベンチスタートと不安要素の多い中でCL初勝利を収めたピルロ監督。試合後のインタビューで試合結果には満足しつつ、攻撃のバリエーションが必要だと語った。 「しっかりとした試合をやることが重要だった。プランではより多くの選手が攻撃的に出ることだった。(フェデリコ・)キエーザは攻撃的な役割を担っていて、両サイドでプレーできる。(デヤン・)クルゼフスキと(アーロン・)ラムジーを中央に配置した。(フアン・)クアドラードを右サイドバックで起用したことで、背の高い選手が深さを使って攻撃できる」 「ロナウドが欠場でディバラのコンディションが良くないことを忘れてはいけない。攻撃の形が変わる可能性はある。パウロ(・ディバラ)はプレーする必要がある。彼はまだ100%ではないが、徐々にトップコンディションに戻していく」 「キエッリーニ?屈筋に違和感があったので、検査することになる」 2020.10.21 17:10 Wed
twitterfacebook