【セリエA・シーズンプレビュー】10連覇目指すピルロ・ユーベを止めるのは!?

2020.09.19 17:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020-21シーズンのセリエAが19日に開幕する。先月2日に閉幕した昨季はユベントスの9連覇で幕を閉じたセリエA。新型コロナウイルスの影響によって僅か1カ月半で迎える新シーズン、監督未経験のピルロ新監督を迎えたユベントスの10連覇を阻むチームが、今季こそ現れるかが注目される。◆監督未経験のピルロで目指す10連覇~ユベントス~
Getty Images

9連覇を成し遂げたものの、チャンピオンズリーグでリヨンの前にベスト16敗退に終わったことを受け、就任1年でサッリ前監督を電撃解任としたユベントス。新指揮官に迎えたのはユベントスOBで監督未経験のピルロだった。現役時代、稀代のレジスタとして名を馳せたピルロが指揮官となってどんなサッカーを表現するのか楽しみなところだが、サッリ前監督が植え付けることのできなかったポゼッション主体のサッカーに挑むのか、それともユベントス伝統の堅守を生かしたサッカーを見せるのか。指揮官としてのピルロの手腕に要注目したい。

◆続投決断のコンテが古巣ユーベの10連覇阻止へ~インテル~
Getty Images

ユベントスの10連覇を阻む最大のライバルとして昨季2位のインテルを挙げたい。昨季は最終的にユベントスに1ポイント差に迫った上での2位フィニッシュを果たし、コンテ監督の下、着実にチーム力を上げていることを証明した。シーズン前にはコンテ監督の恒例行事となりつつある退団騒動が起きたが、フロントのサポートを感じ取り続投を決断。ユベントス時代に指導したMFビダル加入が濃厚な中、満を持して古巣ユベントスの10連覇を阻みにかかる。

◆イブラ残留でスクデット争いも現実味~ミラン~
Getty Images

長らく低迷が続く名門だが、昨季後半に加入して圧倒的な存在感を示したFWイブラヒモビッチの残留に成功したことが復活を期すミランにとって大きな後押しとなりそうだ。また、イタリアの次代を担うMFトナーリとレアル・マドリーからレンタルでMFブラヒム・ディアスを獲得し、未来へ向けた投資もしっかり敢行。繫ぎの意味合いが強かったピオリ監督が結果で続投を勝ち取った中、新シーズンのミランは歯車さえ噛み合えばスクデット争いも十分に可能なはずだ。

◆もはやビッグクラブに引けを取らない存在に~アタランタ~
Getty Images

ガスペリーニ体制4季目の昨季もアタランタは飛躍を遂げた。セリエAでは2年連続で3位フィニッシュを果たし、初出場のチャンピオンズリーグ(CL)ではベスト8進出と、もはやビッグクラブに引けを取らない存在に成長した。今季も名将ガスペリーニ監督の下、主力は軒並み残留しており、期待は高まるばかり。CLとの並行した過密日程も昨季経験済みで上積みが期待できる新シーズンは本格的にスクデット争いへ参戦する可能性も十分だ。

◆昨季のスクデット争いを自信に~ラツィオ~
Getty Images

昨季はユベントスとスクデット争いを繰り広げながらもコロナ明けの失速により4位フィニッシュとなったラツィオ。新シーズンに向けてはMFダビド・シルバの獲得に迫っていたが、実現はならなかった。戦力的な上積みはほぼない状況の中、S・インザーギ監督の手腕に今季も期待が懸かる。

◆戦力維持でユーベに挑戦~ナポリ~
Getty Images

コッパ・イタリア優勝に導いたガットゥーゾ監督の2季目となるナポリ。徐々にガットゥーゾ監督の“闘う”スタイルが浸透していった昨季は、シーズン終盤にかけて結果も伴うようになっていった。迎える新シーズンに向け、FWメルテンス、MFファビアン・ルイス、DFクリバリと移籍の噂のあったセンターラインの主力が残留したのは大きい。戦力を考えればナポリもスクデット争いに顔を出したいところだが、主役に躍り出ることはできるか。

◆新フロントの下で~ローマ~
Getty Images

クラブに対する熱がなく評判の悪かったパロッタ前会長に代わり、米実業家のフリードキン氏が買収したローマ。新フロントの下、刷新されたクラブは戦力維持に努めた中、DFコラロフがインテルへ移籍し、エースFWのジェコもユベントスへの移籍が濃厚となっているが、まずはCL圏内返り咲きを目指したい。

◆更なる飛躍へ~冨安と吉田~
Getty Images

昨季、セリエA初挑戦ながらレギュラーポジションを確保したボローニャのDF冨安とサンプドリアのDF吉田。日本代表のレギュラーセンターバックでもある両者は、守備の国イタリアでしっかりと存在感を示した。冨安はケガを除いてシーズンを通し、右サイドバックのレギュラーとしてプレー。新シーズンはセンターバックでのプレーの可能性も報じられる中、セリエAの強力なアタッカーたちを直接封じ込める役割が求められる。また、吉田もシーズン後半にチームに加わった中、残留を争っているチームの助けとなった。今季も残留争いを強いられる可能性が高いが、レギュラーをキープし続け、最低限の目標である残留に貢献したい。
コメント
関連ニュース
thumb

ボヌッチ、ヴェローナ戦で負傷交代も筋損傷は確認されず! CLバルサ戦出場は微妙か

ユベントスは26日、イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチに関する最新のメディカルレポートを報告した。 ボヌッチは、25日に行われたセリエA第5節のヴェローナ戦(1-1のドロー)に先発出場。だが、後半半ば過ぎに右太ももの違和を訴え、75分にDFジャンルカ・フラボッタとの交代でピッチを後にしていた。 そのため、ハムストリングのケガによる戦線離脱の可能性が伝えられていたが、試合翌日に行われた精密検査の結果、同箇所の筋肉に損傷は確認されなかったという。ただ、今後に関しては引き続きメディカルスタッフによる経過観察が必要になるとのことだ。 そのため、28日に控えるチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第2節、ホームでのバルセロナ戦に間に合うかどうかは、現時点で不透明な状況だ。 なお、ユベントスでは21日のCLディナモ・キエフ戦で負傷交代したイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニも戦線離脱となっており、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトも肩の手術から復帰が近づいているものの、実戦復帰はもうしばらくかかると見られている。 したがって、ボヌッチを含む3選手が間に合わない場合、バルセロナ戦ではトルコ代表DFメリフ・デミラルがトップチームで唯一のセンターバックとなる。 2020.10.27 00:11 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスが教科書通りの“サッリボール”でインテルを攻略【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミに所属する元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ユベントスが“サッリボール”でインテルディフェンスを崩す<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI5bEFhYzBIVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーで頭角を現したイグアインは、その後ナポリやユベントス、ミランなど、イタリアの強豪クラブを渡り歩いた。 ストライカーとして所属した数々のクラブで得点を挙げてきたイグアインだが、ユベントス時代の2019年10月6日に行われた、セリエA第7節のインテル戦では、美しい連携からゴールを決めている。 試合開始早々にユベントスが先制しながらも追いつかれ、1-1で迎えた80分、ユベントスが最終ラインからの丁寧なビルドアップでチャンスを作る。インテル陣内中央でボールを持ったMFミラレム・ピャニッチが前線のFWクリスティアーノ・ロナウドに鋭いパスを送ると、C・ロナウドがこれを後方から上がってきたMFロドリゴ・ベンタンクールに落とす。 ベンタンクールは相手が自分に気を取られた瞬間にフリーになっていたイグアインにパス。ボックス内でパスを受けたイグアインがGKとの1vs1を制し、見事な勝ち越しゴールを決めた。 このゴールで2-1としたユベントスが、そのまま逃げ切り勝利を収めている。 2020.10.26 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントスSDがディバラの契約更新に言及「双方の願いは一致している」

ユベントスのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるファビオ・パラティッチ氏が、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(26)の契約延長についてヒントとなるコメントをしている。 2015年に加入し、通算230試合に出場しているディバラ。今季はケガの問題を抱えていたが、20日に行われたチャンピオンズリーグのディナモ・キエフ戦で初出場を果たすと、25日のヴェローナ戦では初のセリエA出場で90分間戦い抜いた。 そんなディバラだが、現行契約は2022年夏までとなっており、トッテナムやマンチェスター・ユナイテッドへの移籍の噂も囁かれた。 だが、パラティッチ氏はイタリア『スカイ』の取材で両者の思惑は一致しているとし、契約延長にヒントとなるコメントを残した。 「ユベントスとプレーヤー側の双方が契約を更新したいという明確な願望がある。簡単にはまとまらないだろうが、有益な話し合いを進めている。我々は関係するすべての人たちに満足のいく解決策を探している」 なお、今季限りとなっている自身の契約に関しては「ユベントスにいられることは大きな幸せだ。急いでいない。社長とは信頼関係を築いており、心配はない」と話している。 2020.10.26 20:54 Mon
twitterfacebook
thumb

わずか1勝のピルロ新監督「選手たちに平手打ちする必要はない」

低調スタートを切ったユベントスのアンドレア・ピルロ監督が1-1の引き分けに終わったヴェローナ戦を振り返っている。イタリア『スカイ』がコメントを伝えた。 今季からクラブOBのピルロを監督に据え、新たなステージへ踏み出したユベントス。セリエA開幕節のサンプドリア戦は快勝したが、その後は勝ちきれない試合が続いており、第3節のナポリ戦は不戦勝となったものの、ここまで実質1勝の低調スタートとなっている。 25日に行われた第5節のヴェローナ戦もMFデヤン・クルゼフスキのゴールで追いつく形で1-1ドロー。苦しい船出となったピルロ新監督は、それでも選手たちを称賛しており、叱咤激励の必要はないとコメントしている。 「前半は十分にアグレッシブではなかった。待ち構える姿勢を取ったが、良いチャンスも作れていたと思う」 「彼らにリードされてからのリアクションは良かった。選手たちの目を覚ますために頬をビンタする必要はないはずだ」 「アルトゥールはボールを上手く支配し、それを90分間続けてくれたが、他の選手たちと同じようにまだまだ向上の余地はある。クルゼフスキは(代表を含めて)7試合も連続出場していたから少し休ませた。(パウロ・)ディバラは90分プレーできると思っていなかったが、よくやってくれた」 28日にはチャンピオンズリーグでバルセロナとの大一番を迎えるユベントス。新型コロナウイルス感染が報じられたFWクリスティアーノ・ロナウドの出場も明らかとなっていないが、果たしてピルロ監督は結果を残すことはできるのだろうか。 2020.10.26 15:48 Mon
twitterfacebook
thumb

VARにも泣かされたユベントス、ホームで格下ヴェローナに痛恨ドロー《セリエA》

ユベントスは25日、セリエA第5節でヴェローナをホームに迎え、1-1で引き分けた。 前節クロトーネ戦を低調なドローで終え、2勝2分けスタートとなったユベントスは、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではディナモ・キエフ相手にモラタの2発で白星スタートとした。3日後にはCLバルセロナ戦を控える中、ディナモ・キエフ戦のスタメンから4選手を変更。出場停止のキエーザに代わってディバラが今季初スタメンとなった。 2勝1分け1敗スタートのヴェローナに対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスはモラタとディバラの2トップ、右にベルナルデスキ、左にラムジー、中盤センターにラビオとアルトゥールが入った。 そのユベントスが立ち上がりからディバラを起点に圧力をかけにかかるも、GKからのビルドアップを阻むべくハイプレスを果敢にかけてくるヴェローナを崩しきることはできない。すると16分、コリーにネットを揺らされるもわずかにオフサイドで助かった。 20分、ユベントスはこの試合最初のチャンスを迎え、ラビオのロングスルーパスを受けてボックス左に侵入したベルナルデスキがGK強襲のシュートを放った。 しかし、アグレッシブなプレーを続けるヴェローナ相手に主導権を握ることはできない。それでも33分にショートカウンターからディバラが枠内シュートを浴びせると、41分には決定機。ビルドアップでプレスを剥がしたプレーから、クアドラードの放ったシュートがバーを直撃した。 そして45分には先制しかける。クアドラードのスルーパスでボックス右に侵入したモラタがループシュートを流し込んだ。美しいゴールかに思われたが、VARの末に僅かにオフサイドでゴールは取り消しとなり、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、拮抗した攻防が続くと、56分にザッカーニのミドルシュートでGKシュチェスニーが強襲される。そして60分、ベルナルデスキの横パスをカットされた流れからショートカウンターを受け、ファヴィッリにネットを揺らされた。 失点に絡んだベルナルデスキに代えクルゼフスキを左サイドに投入したユベントスは、そのクルゼフスキの突破力を起点に攻め込むと、72分にはモラタが枠内シュートを記録するも、74分にボヌッチがハムストリングを負傷し、フラボッタが投入される。 それでも76分にディバラがバー直撃のミドルシュートを放つと、1分後に追いついた。ドリブルでボックス右に侵入したクルゼフスキが対応したDFを小刻みなステップで外してシュートをゴール左に蹴り込んだ。 終盤にかけてはユベントスが攻勢に出ると、追加タイム3分にはディバラとモラタが立て続けに枠内シュートを浴びせるも、GKシルベストリの好守に阻まれてタイムアップ。運にも見放されたユベントスがホームで痛恨のドローに終わっている。 2020.10.26 06:45 Mon
twitterfacebook