【ブンデス・シーズンプレビュー】欧州王者バイエルンの9連覇は揺るぎなしか、対抗は若手スター集まるドルトムント

2020.09.18 17:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020-21シーズンのブンデスリーガが18日に開幕する。昨季は新型コロナウイルスの影響により約2カ月半の中断期間があった中、フリック監督就任でV字復調を見せたバイエルンが8連覇を成し遂げた。そして、シーズン終了後に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではバイエルンが充実の戦いぶりを見せて優勝を飾り、欧州全土にバイエルンの底知れぬ強さを知らしめることとなった。迎える新シーズンもバイエルンが優勝の大本命であることに間違いなさそうだ。◆チアゴ流出は痛恨も9連覇の本命~バイエルン~
Getty Images

昨季途中に就任したフリック監督の下、欧州王者にも輝いたバイエルンが頭一つ抜け出した存在であることに異論はないだろう。MFチアゴのリバプールへの流出は痛恨だが、元々負傷気味のチアゴが不在だった際にはMFキミッヒとMFゴレツカが十分に穴を埋めており彼らが出場できれば問題ないだろう。また、レンタル組のMFコウチーニョ、MFペリシッチ、DFオドリオソラらの買い取りは行わなかったが、彼らも昨季はレギュラーでプレーしていたわけではなく、直接的な戦力ダウンには至っていない。選手層にやや不安は抱えるが、一方で代えの利かない主力であるDFアラバの残留が濃厚な上、マンチェスター・シティからFWサネを獲得。昨季ゴールデンシューを獲得した絶対的エースFWレヴァンドフスキに衰えは一切見られず、守護神のノイアーも完全復活の様相を見せており、9連覇の本命であることに変わりはない。

◆命運握る若手スター選手たち~ドルトムント~
Getty Images

そのバイエルンを追う一番手としては昨季同様にドルトムントを挙げたい。3季目となる知将ファブレ監督の下、若手スター選手が躍動しているドルトムント。DFハキミを確保できなかったのは痛いが、代役には経験豊富なDFムニエをパリ・サンジェルマンから獲得した。そして何より、昨季後半に加入してゴールを量産したFWハーランドと、マンチェスター・ユナイテッド行きが噂されたMFサンチョが残留し、2人の若手スターが今季もチームを牽引することになりそうだ。また、バーミンガムから加入した17歳の逸材MFベリンガムも早速DFBポカールでゴールを挙げており、勢いにさえ乗ればバイエルンと優勝を争うことも十分に可能なはずだ。

◆CL4強入りの自信を胸に~ライプツィヒ~
Getty Images

ドルトムント同様、昨季CLベスト4入りを果たしたライプツィヒにも優勝を争うことを期待したい。33歳にして名将に相応しい実績を残しているナーゲルスマン監督の下、2季目となるライプツィヒは昨季28ゴールを量産したFWヴェルナーの移籍が痛いが、怪物DFウパメカノの残留に成功した点はプラス。韓国代表FWファン・ヒチャンがヴェルナーの抜けた穴をどれだけ埋められるかにも注目だ。

◆ローゼ体制2季目の進化~ボルシアMG~
Getty Images

昨季ザルツブルクより就任したローゼ監督の下、ラングニック仕込みの縦に早いサッカーでCL出場権をもぎ取ったボルシアMGは、今季も4位以内に入ることが目標となる。昨季の活躍で注目銘柄となったFWテュラムが残留し、昨季と変わらない陣容をキープすることに成功した。成熟路線で昨季同様、上位争いを展開したい。

◆ハフェルツ&フォラント流出~レバークーゼン~
Getty Images

コロナ明けの怒涛の追い上げでボルシアMGと熾烈なCL出場権争いを展開したものの、一歩及ばず5位でフィニッシュしたレバークーゼン。CL出場権を逃した痛手は大きく、MFハフェルツとFWフォラントが流出してしまった。代役にはライプツィヒで結果を残したFWシックが加入したが、戦力ダウンは否めない。ボス監督の攻撃サッカーで両主力の抜けた穴をいかに埋められるか注目される。

◆堂安、遠藤航、遠藤渓太がブンデス1部初挑戦~6人の日本人~
Getty Images

日本人では新たに3選手がブンデス1部に参戦することとなった。まずはPSVから昇格組のビーレフェルトにレンタルで加入したMF堂安。PSVではフローニンヘン時代ほどインパクトを残せなかった堂安だったが、エールディビジより1ランクも2ランクもレベルが上がるブンデスリーガで結果を残せるか。

そしてシュツットガルトの昇格に貢献したMF遠藤航は、ブンデス1部初挑戦となる。これまでベルギー1部、ブンデス2部と着実にステップアップを果たしてきた遠藤航。トップレベルの舞台で自身のプレーがどれだけ通用するか。何事にも動じないメンタルの強さでチームを牽引したい。

横浜F・マリノスのJリーグ優勝に貢献し、この夏ウニオン・ベルリンへレンタルで加入したのがMF遠藤渓太だ。Jリーグで得点力を上げ、結果でドイツ移籍を勝ち取った遠藤渓太はウニオン・ベルリンでも目に見える結果を残し、完全移籍の座を勝ち取れるかに注目したい。

フランクフルトの主力となっているMF鎌田大地とMF長谷部誠に関しては昨季同様の活躍に期待だ。鎌田は復帰した昨季、公式戦10ゴールを挙げチームの得点源となった。今季も昨季と同じく二桁ゴールを目指したい。アジア人ブンデス最多出場記録を更新中の長谷部としては今季もケガなくチームの守備を締める黒子の役割に徹することが求められる。

最後に、昨季は何とかブンデス残留に貢献したブレーメンのFW大迫勇也。シーズン終盤の巻き返しで最終的には8ゴールを決めた大迫だが、今季は前半戦からコンスタントにゴールを挙げ、チーム共々余裕を持ったシーズンを送りたいところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ミュラー、アトレティコ戦の判定に思わず失言?「あいつらは欧州屈指の問題児」

バイエルンの元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節アトレティコ・マドリーとの試合中、主審に放った言葉が話題になっている。ドイツ『キッカー』が報じた。 バイエルンは21日に開催されたCLで、アトレティコを4-0のスコアで圧倒。守備力に定評のあるスペインの強豪に大勝し、欧州王者の力を世界中のサッカーファンに見せ付けることとなった。 しかし、その強さとは別に、この試合ではメディアの話題となる出来事が発生している。21分に、ミュラーとアトレティコのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが接触。さほど激しいプレーではなかったが、この試合で主審を務めたマイケル・オリバー氏はミュラーにイエローカードを提示した。 するとミュラーはこの判定に対して「どうなってんだよ!」と激怒。その後に「あいつらは欧州屈指の問題児だぞ。(その相手とのタフな試合なのに)これくらいでイエローカードが出るのか!」と続けた。 ディエゴ・シメオネ監督の下、闘争心を全面に出すチームスタイルで一世を風靡したアトレティコは「荒いチーム」というイメージが持たれやすく、ミュラーもそうした印象からついこうした発言をしたのかもしれない。 幸い、ドイツ語での発言だったため、イングランド人のオリバー主審に伝わることはなく、異議による2枚目のカードなどが出る事態にはならなかった。 試合後、バイエルンのハンジ・フリック監督はドイツ『スカイ』のインタビューでミュラーの反応に対して理解を示しつつ、それ以上のコメントは避けた。一方で、ミュラーの常に声を出す姿勢には好意的なコメントを残している。 「彼はチームをコーチし、チームメイトを何度も何度もプッシュしている。彼は私にとって腕のような選手であり、チームの中心だ」 アトレティコ同様、闘志を全面に出したプレーが持ち味のミュラー。CLは新型コロナウイルスの影響で無観客試合が続いている影響から、スタジアム内に声が響きやすいため、今後は試合中の発言に注意した方がいいかもしれない。 2020.10.22 21:13 Thu
twitterfacebook
thumb

王者の貫禄を見せたフリック監督、4発快勝スタートにご満悦「非常に満足」

バイエルンのハンジ・フリック監督が快勝を収めたアトレティコ・マドリー戦の結果に満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えた。 昨季王者のバイエルンは21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦でアトレティコと対戦。FWキングスレー・コマンとMFレオン・ゴレツカが前半にゴールを記録すると、後半にもMFコランタン・トリソとコマンがゴールを奪い、4-0の快勝を収めた。 グループ内で最大のライバルと評されたアトレティコを一蹴して最高のスタートを切ったフリック監督は結果に満足感を示し、4ゴールを記録した攻撃陣を評価。また、体を張って無失点を記録した守備面の奮闘も称えている。 「我々にとって難しい試合だったけど、思い切って取り組めた。指示したスペースを生かしてくれた。今日の効率はとても良かった。結果にも非常に満足している」 「素晴らしい4ゴールでそれぞれが美しかった。チャンピオンズリーグの始まりを楽しんでいる。初戦で勝利するのが重要だ。どうしても勝ちたかった。今日の守備面では我々のフィジカルが良かった」 2020.10.22 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

コマン2G1Aと躍動の王者バイエルンがアトレティコに4発快勝!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループA開幕節、バイエルンvsアトレティコ・マドリーが21日に行われ、4-0でバイエルンが快勝した。 ザルツブルク、ロコモティフ・モスクワが同居するグループAの突破候補本命同士による初戦。 昨季7季ぶりにCL王者となったバイエルンは、4日前に行われたビーレフェルト戦を4-1の完勝とした。ブンデスリーガで3勝1敗スタートとした中、ビーレフェルト戦のスタメンから、試合前日にコロナ陽性となったニャブリが欠場となりキミッヒが起用された。 一方、昨季ファイナリストとなったパリ・サンジェルマンにベスト8で敗れたアトレティコは、4日前に行われたセルタ戦をスアレスのゴールなどで2-0の勝利を飾った。ラ・リーガで2勝2分けスタートとした中、セルタ戦のスタメンから6選手を変更。負傷したジエゴ・コスタが欠場となり、フェリックスやM・ジョレンテ、カラスコら主力が先発に戻った。 最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からミュラー、トリソ、コマンと並べたバイエルンが、スアレスとフェリックスの2トップ、右にM・ジョレンテ、左にカラスコと並べたアトレティコを押し込む展開で立ち上がっていく。 7分にレヴァンドフスキがボレーでゴールに迫ったバイエルンは、続く18分にトリソがGK強襲のシュートを浴びせると、28分に先制する。キミッヒの正確なフィードに反応したゴールエリア左のコマンがトラップから右足でシュートを蹴り込んだ。 先制点を奪いきったバイエルンが押し込む展開が続くと、前半のうちに加点する。41分、ボックス左に侵入したコマンが中へ折り返し、ボックス右で受けたゴレツカがトラップからゴール左へ蹴り込んだ。 迎えた後半、開始2分にアトレティコが1点を返しかける。ルーズボールに反応したフェリックスがボレーシュートでネットを揺らしたが、GKの前に立っていたスアレスのポジションがオフサイドだった。 助かったバイエルンが後半も押し込む展開を増やすと、66分に決定的な3点目が生まれる。ゴール正面約30mの位置からのトリソの豪快なミドルシュートがゴール右に突き刺さった。 さらに72分にロングカウンターからコマンが加点したバイエルンは、そのコマンをお役御免とし、ドグラス・コスタを投入。 スアレスとカラスコを諦めてコレアとビトロを投入したアトレティコを、バイエルンが終盤にかけてはいなし、4-0で快勝。王者が白星発進としている。 バイエルン 4-0 アトレティコ・マドリー 【バイエルン】 コマン(前28) ゴレツカ(前41) トリソ(後21) コマン(後27) 2020.10.22 06:06 Thu
twitterfacebook
thumb

ニャブリがコロナ陽性もバイエルンvsアトレティコは予定通り開催へ

欧州サッカー連盟(UEFA)は21日、本日行われるチャンピオンズリーグ(CL)のグループA開幕節、バイエルンvsアトレティコ・マドリーを予定通り開催することを発表した。 バイエルンでは前日、ドイツ代表FWセルジュ・ニャブリが新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出ていた。無症状と報じられるニャブリは現在、自己隔離に入っているが、前日までトレーニングに参加していた。 バイエルンの選手たちが試合当日朝に行ったコロナ検査の結果は報告されていないが、UEFAが定める規定ではGKを含む13選手が試合に臨める状態であれば試合を開催するとしている。 2020.10.22 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

4年ぶりに相まみえる王者バイエルンとアトレティコ、前回対戦では絶対的ストライカーが名手を破る

21日、チャンピオンズリーグのグループA第1節で激突する昨季王者バイエルンとアトレティコ・マドリー。4年ぶりの対戦となるこのカードだが、前回対戦では何が起こったか、プレイバックしていく。 両チームが最後に相まみえたのは2016年12月6日に行われた、チャンピオンズリーググループD第6節での試合だ。 <div id="cws_ad">◆前回の対戦はどちらが勝った?美しいゴールをチェック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJUejVuY1pHSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アトレティコのホームで行われた第2節は、アトレティコが1-0でバイエルンを下していたこの対戦カード。ここまで5戦全勝の15ポイントでグループステージ首位通過を決めていたアトレティコと、3勝2敗の9ポイントで、3位チームに5ポイントの差を着け、こちらも2位通過が確定していたバイエルンの試合となった。 0-0と膠着状態が続く28分、ボックス手前の絶好の位置でバイエルンがFKを得る。すると、キッカーのFWロベルト・レヴァンドフスキが直接ゴールを狙うシュート。ニアポストを狙ったスピードのあるシュートは、アトレティコの壁の頭上を越え、名手ヤン・オブラクも止められない完璧なコースに決まった。 このレヴァンドフスキのゴールがこの試合唯一の得点となり、試合はバイエルンが1-0で勝利。マドリッドでの借りを返す形でグループステージでの戦いを終えている。 バイエルンのホームに、アトレティコが乗り込むことになる21日の対戦。今季も優勝候補筆頭とされるバイエルンに、FWルイス・スアレスの加入で攻撃力アップに成功したアトレティコがどこまで戦えるか、スアレスとしては昨季バルセロナで屈辱を受けた相手にリベンジといきたいだけに、いきなりのビッグマッチには大いに注目だ。 2020.10.21 22:15 Wed
twitterfacebook