チアゴ、リバプール移籍が決定的に! 英有力メディアが一斉に報じる

2020.09.17 18:01 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)のリバプール行きが決定的となった。イギリス『タイムズ』や同『アスレティック』など有力メディアが一斉に報じた。バイエルンとの契約満了が来夏に迫り、長らく今夏のリバプール移籍が取り沙汰されてきたチアゴ。新しい挑戦を望んでいると言われる一方で、本人が「退団したいとは言っていない」と発言したことで不透明さを極めていた。

先日にはバイエルン元会長のウリ・ヘーネス氏が、リバプールもしくはマンチェスター・ユナイテッドとの“合意済み”を推測した中、現地時間17日付けのイギリスメディアがリバプール行きが決定したことを報じた。

情報によると、移籍金は3000万ユーロ(約37億円)。リバプールが渋っていた金額だが、歩み寄る形でクラブ間合意に漕ぎ着けた模様だ。
コメント
関連ニュース
thumb

癖が強い! ミッティラン交代選手のユニの着方が話題に

27日にリバプールと対戦したミッティランの交代選手のユニフォームの着方が話題を集めている。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 ミッティランはチャンピオンズリーグ(CL)のグループD第2節でプレミアリーグ王者のリバプールと対戦し、0-2で敗戦した。 一部主力を温存したホームチームに対して、攻守にハードワークを見せて前半をゴールレスで終える奮闘を見せたミッティラン。そのチーム全体のパフォーマンスにも注目が集まったが、同時に話題を集めたのはアイスランド代表MFミカエル・アンデルソン(22)だった。 0-1のビハインドの66分にオーストラリア代表MFアワー・メイビルとの交代でピッチに立ったアンデルソンだが、注目を集めたのはピッチ上でのプレーではなく、交代を準備していた段階の不思議な行動だった。 コーチングスタッフから投入を告げられたアンデルソンは、頭からユニフォームを被ると、先に腕を通すことなくユニフォームを下に引っ張りながらクネクネした動きで頭を出すと、その後両腕を服の中に入れて再びクネクネした動きで外に出して着替えを完了させた。 この癖の強いユニフォーム着用に関して、リバプールファンを中心とするイングランドのフットボールファンは、「まるでT-REX(ティラノサウルス)」、「子供みたい」など、驚きの反応を見せていた。 <div id="cws_ad">◆癖が強い…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Mikael Anderson of Midtjylland has the strangest technique for putting a football shirt on... <a href="https://t.co/oc4OBV7dfr">pic.twitter.com/oc4OBV7dfr</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1321220361615192067?ref_src=twsrc%5Etfw">October 27, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.28 23:36 Wed
twitterfacebook
thumb

「味方に恵まれなかった」ミッティラン戦見せ場なしの南野拓実に現地紙「苦しんでいた」

リバプールは27日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第2節でミッティランと対戦。苦戦を強いられながらも2-0で勝利している。 この試合では、ここ数試合の高パフォーマンスで評価を上げていたFW南野拓実が、先発出場のチャンスを掴んだ。[4-3-3]スリートップの中央でプレーした南野だったが、共に攻撃陣を形成したFWディヴォク・オリジやFWジオゴ・ジョタと連携が嚙み合わず、チームとして前半の枠内シュート0本と不発に終わった。 <div id="cws_ad">◆南野とヘンダーソンが華麗なリフティングパスを披露<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3U2V3MFViayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 後半から右サイドにポジションを変えた南野は、60分にFWサディオ・マネと途中交代。FWロベルト・フィルミノの休養の間に、彼の代役が務まることをアピールしたい場面だったが、悔しい結果となった。 見せ場のなかった南野に対しては、現地メディアの評価では苦しんでいたことを認めつつも、南野自身への評価にはやや相違があった。リバプール地方紙『リバプール・エコー』では、「インパクトを残すことにかなり苦しんでいた。ファーストタッチの乱れから自分自身へイライラを募らせていた」として、オリジと共にチーム最低タイとなる評価「5」。 一方、全国紙の『インディペンデント』では、「いつも通りのハードワークとプレッシングを見せたものの、ボックス内では運と、連携する味方にも恵まれなかった」として及第点の「6」を受けており、最低評価「4」を受けたオリジや先制点に絡んだMFジェルダン・シャキリの「5」よりも高い評価を受けた。 また、現地ファンの間でも南野の評価は同様に分かれており、最大級のファンメディアの1つ『The Anfield Wrap』では、「これが最初ではないが、彼のベストポジションが分からないまま終わった。試合中、常にスリートップの中でポジションを変え続けていたが、試合にはほとんど影響を与えなかった」として、オリジやDFアンディ・ロバートソンとともにチーム最低タイの評価「5」を受けている。 しかし別のファンメディア『This Is Anfield』では、「フィルミノの代わりとなるチャンスを得たが、ハードワークのできる才能あるFWに期待されたパフォーマンスではなかった」とする一方で「『10番』のポジションの方が合っていたかもしれない。一緒に先発メンバーに選ばれた他の選手とは連携が合っていないようだったが、それは彼だけの責任ではない。交代される前に何度か良いタッチを見せた」と、同情的な寸評と共に、及第点の「6」を受けている。 日本からの大きな期待以外に、現地ファンからも貴重な戦力として期待を寄せられている南野。この試合では悔しい結果に終わったが、ここが頑張りどころだ。 2020.10.28 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

クラブ1万ゴール目を記録したジョタ「記録よりもチームの勝利が大事」

リバプールのポルトガル代表FWジオゴ・ジョタが個人のゴールよりもチームの勝利が大事だと語った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは27日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でミッティランと対戦。55分にジョタが先制点を記録すると、試合終了間際にFWモハメド・サラーが追加点を挙げて、2-0の勝利を収めた。 この試合でDFトレント・アレクサンダー=アーノルドのアシストからチーム1万ゴール目を記録したジョタ。試合後には、記録よりも、チームの勝利の方が重要だと述べた。 「これでスタートだ。ゴールを決めて、チームの勝利に貢献できたことが嬉しい。その記録を達成できるのはいつだって良いことだけど、今日の勝利にはより満足している」 「アウェイ(アヤックス戦)で良い感じに勝利した後、ポイントを追加することが重要で、僕たちは自分たちの仕事をした。一番大事になのは3ポイントを獲得して次の試合に向けて準備を整えるることだ」 2020.10.28 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

殺害予告のピックフォードがボディーガードを雇う、ファン・ダイク事件は熱り冷めず

エバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードがボディーガードを雇ったようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 17日に行われたプレミアリーグ第5節、リバプールとのダービーでオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクと接触したピックフォード。この接触で負傷交代したファン・ダイクは、試合後の検査で右ヒザ前十字じん帯の損傷と診断。手術を余儀なくされ、長期離脱することとなった。 <div id="cws_ad"><br/>◆ピックフォードとの接触でファン・ダイクが痛みに顔をゆがめる(1:10~)<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=91fgrkmgbeld1al24mu6kc3mx" async></script></div> このシーンではファン・ダイクがオフサイドを取られたため、ファウルの判定は出なかったものの、アフターチャージであることで多くの意見が出たなか、ピックフォードはSNSで殺害予告を受け、身を守るためにボディーガードを雇ったという。 『デイリー・メール』によれば、ピックフォードは妻と1歳の子供と一緒に住むチェシャーの自宅に、警備会社のスタッフを配置したようだ。また、専門家からは、居場所を知られないようにすべてのSNSから離れるようアドバイスを受けているという。 ピックフォードはファン・ダイクに対して謝罪。ケガをさせる意図はなく、サッカーではよく起こってしまうことではある。一方で、イングランドサッカー協会(FA)が何の対応もしないことに怒りの声も上がっており、過激なファンたちの怒りもまだ鎮まっていないようだ。 2020.10.28 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール痛恨!CLミッティラン戦でファビーニョが負傷

DFヴィルヒル・ファン・ダイクの長期離脱で窮地に立たされているリバプールに更なる追い打ちがかかった。 27日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第2節のミッティラン戦に臨んだリバプール。この試合では、右ヒザの手術を受けることになったファン・ダイクに代わってMFファビーニョがセンターバック起用されていた。 しかし30分、そのファビーニョが右ハムストリングを負傷。急遽、出場経験の浅い19歳のDFリース・ウィリアムズをスクランブル投入せざるを得ない事態となってしまった。 試合は2-0で勝利したものの、何よりも手薄のセンターバックにおいてファビーニョの離脱は大きな痛手。ユルゲン・クロップ監督が試合後に言及したが「まだわからない。筋肉系のトラブルだと思うが、明朝に明らかになると思う」と言うにとどめている。 ハムストリングのケガは、軽傷であれば数日で回復が見込めるが、最悪の場合は数カ月の離脱を余儀なくされる場合もある。幸い、ファビーニョは交代時に自らの足で退いていたため、重度ではないはずだが…。 なお、リバプールの今後の日程は、31日にプレミアリーグ第7節のウェストハム戦、11月3日にCL第3節のアタランタ戦、同8日にはリーグ戦第8節のマンチェスター・シティ戦が控えている。 2020.10.28 13:27 Wed
twitterfacebook