小林祐希がべべレンを退団へ、監督が他クラブとの移籍交渉を許可

2020.09.14 17:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベベレンのMF小林祐希(28)が移籍することになるようだ。ベルギー『Voetbalkrant』が伝えた。2019年7月にヘーレンフェーンを退団し、同9月にベベレンに加入した小林。2019-20シーズンはジュピラー・プロ・リーグで20試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。

しかし、今シーズンはここまで5試合が行われ出場はわずか1試合となっている小林。第4節のOHルーヴェン戦で先発していたが、12日に行われた第5節のクラブ・ブルージュ戦ではメンバー外となっていた。

今シーズンから監督に就任したニッキー・ヘイエン監督の下で構想に入っていない状況の小林。ヘイエン監督は、小林の状況についてコメント。移籍を許可したと明かした。

「小林は、他クラブと話をする許可を求めてきた。我々は彼にも許可を与えた」

小林は東京ヴェルディの下部組織出身で、ジュビロ磐田を経て2016年8月にヘーレンフェーンへ完全移籍。エールディビジでは、89試合に出場し2ゴール8アシストを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

「今日の試合は大好き」クロップ監督が2G1Aと大活躍の南野拓実を絶賛「彼がプレスのリズムを作った」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、2ゴール1アシストを記録した日本代表FW南野拓実のパフォーマンスを称賛した。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは24日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でリーグ1(イングランド3部)に所属するリンカーン・シティとのアウェイゲームに臨み、7-2で圧勝した。 南野は2トップの下でこの試合に先発フル出場すると、1-0で迎えた18分には、ボックス手前右からうまく力が抜けた絶妙な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し今季2点目を記録。4-0で迎えた後半にはエリオットのシュートのこぼれ球を南野が押し込みこの試合2点目を記録。89分にはロングカウンターからディボク・オリジのゴールをアシストした。 7-2と力の差を見せつけたリバプールだが、この試合で3ゴールに絡んだ南野についてクロップ監督が称賛。特に中央でのプレー、そしてプレッシングのクオリティについて高く評価した。 「正直に言って、今夜のタキ(南野拓実)の試合は大好きだ。とても優れており、多くの場面に関与していた」 「彼のクオリティがどこにあるのか、我々の誰もがどんどん理解していると思う。彼が最終的にプレーするところがどこか、それは中央に行く」 「左ウイングや右ウイングでプレーしたとしても、彼はハーフスペース、または中央でプレーする。それは彼の本来の強さがそこで発揮されるからだ」 「彼は本当に素晴らしかった。相手は(ゴールを決められた後)7回もキックオフする必要があった。相手がパスを受けた時に最初に相手を追いかけたのは、タキだった」 「彼は全ての機会でプレス、カウンタープレスのリズムを作った。今夜の試合は本当に好ましいものだった」 2020.09.25 09:35 Fri
twitterfacebook
thumb

森岡、浅野が共に先発の日本人対決はレザエイの芸術FKでシャルルロワに軍配!《EL予選》

ヨーロッパリーグ予選3回戦のシャルルロワvsパルチザンが24日に行われ、2-1でシャルルロワが勝利した。シャルルロワのMF森岡亮太はフル出場、パルチザンのFW浅野拓磨は111分までプレーした。 昨季のベルギーリーグで3位となり予選3回戦から登場したシャルルロワと、予選2回戦でスファンツル・ゲオル(モルドバ)を下したパルチザンにより一戦。 森岡と浅野が共にスタメンとなり日本人対決となった中、先手を取ったのはシャルルロワ。10分、森岡の右CKをボックス中のレザエイが右足で合わせると、相手GKの弾いたボールをデソレイルが流し込んだ。 先制を許したパルチザンだが、後半立ち上がりに試合を振り出しに戻す。53分、マルコビッチのパスをボックス右で受けた浅野が縦への仕掛けから折り返しを供給。これを中央でフリーのソウマーがワンタッチで流し込んだ 結局、互いに勝ち越しゴールを奪うまでには至らず、プレーオフ進出を懸けた一戦は延長戦に突入。迎えた延長戦、先にスコアを動かしたのはシャルルロワだった。 107分、スルーパスに反応したフォールの突破を阻もうとしたオストイッチがスライディングタックルの際にハンドを犯し、シャルルロワはボックス左手前でFKを獲得。レザエイの直接FKは左ポスト内側を叩きながらも、そのままゴールネットに吸い込まれた。 結局、これが決勝点となり2-1で勝利したシャルルロワがプレーオフ進出を決めた。なお、シャルルロワはプレーオフでポーランドのレフ・ポズナンと対戦する。 2020.09.25 06:50 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、南野が2G1Aの躍動で3部相手に7発圧勝! 4回戦はアーセナルとの対戦に《EFLカップ》

リバプールは24日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でリーグ1(イングランド3部)に所属するリンカーン・シティとのアウェイゲームに臨み、7-2で圧勝した。なお、FW南野拓実はフル出場し、2ゴール1アシストを記録した。 プレミアリーグの前節でチェルシーを破り、開幕連勝スタートのリバプール。28日にアーセナルとのビッグマッチを控える中、今季のEFLカップ初戦ではファン・ダイクを除く先発10人を変更。 GKにアドリアン、最終ラインはネコ・ウィリアムズとファン・ダイクと共に、いずれもデビュー戦となったリース・ウィリアムズ、ツィミカスを起用。中盤はカーティス・ジョーンズ、グルイッチ、シャキリの3センターハーフ、トップ下の南野、2トップにエリオット、オリジが並んだ。 中盤ダイヤモンドの[4-3-1-2]の布陣で臨んだリバプールは、立ち上がりから圧倒的にボールを握る。すると、開始9分にはボックス手前右の好位置でFKを獲得。ここでキッカーのシャキリが得意の左足を振り抜くと、美しい軌道を描いたボールがゴール右隅に決まり、幸先よく先制に成功した。 さらに、畳みかける攻めを見せるリバプールは18分、前線からのプレッシャーで相手DFのパスミスを誘うと、シャキリがブロックしたボールがDFに当たってこぼれたところに反応した南野がボックス手前右からうまく力が抜けた絶妙な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し、コミュニティー・シールド以来の今季2点目とした。 これで完全に乗ったプレミアリーグ王者は、23分にもセットプレーの流れから南野が枠内シュートを飛ばすと、30分過ぎに立て続けにゴールを奪う。 まずは32分、最後尾のリース・ウィリアムズからの正確なフィードをボックス左のオリジが頭で落とす。これを拾ったC・ジョーンズが冷静に対面のDFを外して右足のコントロールシュートを右隅に突き刺す。さらに、36分には右CKの二次攻撃からこぼれ球をエリオットが回収し、中央のC・ジョーンズに繋ぐと、19歳の生え抜きMFが鮮やかなターンから放ったミドルシュートが相手DFにディフレクトし、ゴール右隅の完璧なコースに決まった。 前半に4点を奪って試合を決めたリバプールは、ハーフタイムでファン・ダイクを下げてファビーニョを投入。だが、後半もエンジン全開のチームは、キックオフ直後の攻めでGKと一対一となったエリオットのシュートのこぼれ球を南野が押し込み、開始早々にゴールをこじ開ける。 57分にエリオットを下げて新加入のジョタをデビューさせたアウェイチームは、61分に一瞬の隙を突かれてエドゥンにゴールを奪われるが、直後の65分にはグルイッチのグラウンダーのミドルシュートが決まり、長らく武者修行が続いたセルビア代表MFに待望の初ゴールが生まれた。 その後、セットプレーから2点目を奪われるなど、点差もあってか、試合はやや大味な展開となったが、89分にはロングカウンターから南野のラストパスに抜け出したオリジがこの日のゴールショーを締めくくる7点目を奪い、試合はタイムアップ。 2ゴール1アシストを記録した南野の活躍などで、3部相手に圧勝のリバプールが順当に4回戦進出を決めた。なお、その4回戦では28日にリーグ戦で対戦するアーセナルとの対戦となる。 2020.09.25 05:40 Fri
twitterfacebook
thumb

伊東純也所属のヘンク、デンマーク人指揮官トルップ氏を新監督に招へい!ヘントでは久保裕也を指導

伊東純也の所属するヘンクは24日、デンマーク人指揮官ジェス・トルップ氏(50)を新指揮官に任命したことを発表した。 新シーズンのジュピラー・プロ・リーグ開幕以降1勝2分け2敗とスタートダッシュに躓いたヘンクは、15日に昨年11月からチームを率いていたハネス・ヴォルフ監督(39)の解任を発表していた。 そして、後任に指名されたのは世代別のデンマーク代表やミッティランなどで監督を歴任したトルップ氏。直近では2018年10月から久保裕也(現FCシンシナティ)の所属していたヘントの指揮官を務め、新型コロナウイルス感染拡大の影響でシーズンが打ち切られた昨シーズンは、チームをレギュラーシーズン2位に導き、5シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグ出場権を獲得。 しかし、昨シーズン終盤に連敗を喫すると、新シーズン開幕以降も連敗を止められず、8月20日に同クラブからの退任を発表していた。 2020.09.25 00:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「スケープゴートではない」交代時にはファンから屈辱の拍手、ブレーメンFW大迫勇也を同僚がフォロー

ブレーメンのU-21オーストリア代表DFマルコ・フリードルが、ファンからのブーイングを浴びた日本代表FW大迫勇也を擁護した。ドイツ『ビルト』が伝えた。 ブレーメンは19日、ブンデスリーガ開幕戦でヘルタ・ベルリンと対戦。この試合で先発出場した大迫だったが、良いパフォーマンスを出せず前半のみで交代。その際、多くのファンが拍手をしていた。 ファンは大迫のパフォーマンスに納得せず、交代を支持する拍手を送ったが、フリードルはファンの行動を理解しながらも、大迫を擁護した。 「大迫はスケープゴートではない。僕たちはチームだ。ファンのことを理解できる。彼らは僕らにちゃんとしたパフォーマンスをしてもらいたいんだ。そうでない場合は、彼らは不快になる」 手厳しいファンの評価を受けた大迫だが、ブレーメンとしてはしっかりとフォローしている状況。フリードルもチームメイトとして助けるとし、大迫は問題ないと語った。 「僕たちは彼と話をする。誰かが不安定になっていると気づいたら、僕たちは彼のために一緒にいる。ただ、ユウヤはこの状況に対処する方法を知っているよ」 ブレーメンは26日の第2節でシャルケと対戦。開幕戦でバイエルンの8-0と屈辱の惨敗を喫し、デイビッド・ワグナー監督の首もかかったシャルケとの試合で、大迫は見返す活躍を見せられるだろうか。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "mV-66QDap08";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2020.09.24 21:15 Thu
twitterfacebook