【CL決勝特集①】コバチ&フリック両体制で全勝継続! 10戦42ゴールの爆発力で7年ぶりの頂きへ~バイエルン~

2020.08.22 22:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝、パリ・サンジェルマン(PSG)vsバイエルンが日本時間8月23日28時からポルトガル・リスボンのエスタディオ・ダ・ルスで開催される。初のファイナル進出で悲願のビッグイヤー獲得を目指すフランス王者と、7年ぶり6度目の優勝を目指すドイツ王者による大一番を前に、ここまでの両チームの勝ち上がりを振り返っていく。◆バイエルン
2019-20シーズンCL戦績
10勝0敗0分け
42得点8失点

◆監督交代も昨季ファイナリストを粉砕!
Getty Images

ブンデスリーガ7連覇を引っ提げて今大会に臨んだバイエルンは、昨季準優勝のトッテナム、セルビア王者ツルヴェナ・ズヴェズダ、ギリシャ王者のオリンピアコスという2強2弱のグループBに入った。

コバチ体制2年目の国内リーグでは指揮官の消極的な采配や、一部主力選手との確執により、序盤戦から取りこぼしが目立つ苦しい状況が続いた。それでも、CLの舞台ではツルヴェナ・ズヴェズダとの初戦を快勝で飾ると、第2節のトッテナム戦では元アーセナルのFWニャブリが慣れ親しんだロンドンの地で大暴れ。キャリア初の1試合4ゴールを挙げるなど、圧巻のパフォーマンスを見せて7-2の歴史的な大勝をもたらした。その後、オリンピアコスにも競り勝って3連勝でグループステージを折り返したが、リーグ戦の不振を受けて昨年11月初旬にコバチ監督を解任。フリック暫定監督にバトンが手渡された。

そして、フリック体制の初陣となったホームでのオリンピアコス戦を2-0の勝利で飾ったチームは、早々にグループステージ突破を決めると、翌節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦ではニャブリに続き、主砲レヴァンドフスキが1試合4ゴールの大暴れを見せ、首位通過も確定。消化試合となった最終節ではモウリーニョに指揮官を交代したトッテナムを3-1で破り、今季のグループステージ唯一の全勝突破を果たした。

▽グループステージ結果

バイエルン 3-0 ツルヴェナ・ズヴェズダ
トッテナム 2-7 バイエルン
オリンピアコス 2-3 バイエルン
バイエルン 2-0 オリンピアコス
ツルヴェナ・ズヴェズダ 0-6 バイエルン
バイエルン 3-1 トッテナム

◆超新星が世界に衝撃! スパーズに続きブルーズを一蹴!
Getty Images

ウィンターブレイクを経て完全にフリック仕様の新たなチームに生まれ変わったバイエルンは、ラウンド16でトッテナムに続くロンドン勢のチェルシーと対戦。2011-12シーズンの決勝で敗れた因縁の相手に対して真価が試された中、2月末に行われた敵地での対戦ではMFアルフォンソ・デイビスという超新星が世界を震撼させる。

センターバックの相次ぐ負傷者に伴い、左サイドバックにコンバートされた19歳のカナダ代表は爆発的なスピードとテクニックを武器に、チェルシーの右サイドを文字通り、完全に切り裂いて見せた。そして、ドッペルパックのニャブリ、レヴァンドフスキというスコアラー2人を完全に食う衝撃的な活躍を披露し、3-0の先勝に大きく貢献した。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響により、ブンデスリーガ8連覇を達成して臨んだホームでの2ndレグでは、出場停止にケガと満身創痍のアウェイチームに対して、レヴァンドフスキのドッペルパックなど一切の隙を与えない盤石の戦いぶり。1stレグを上回る4ゴールを重ね、2戦合計7-1の圧勝で因縁の相手にリベンジを果たした。

▽ラウンド16結果

チェルシー 0-3 バイエルン
【バイエルン】
ニャブリ(後6)
ニャブリ(後9)
レヴァンドフスキ(後31)

バイエルン 4-1 チェルシー
【バイエルン】
レヴァンドフスキ(前10[PK])
ペリシッチ(前24)
トリソ(後31)
レヴァンドフスキ(後39)
【チェルシー】
エイブラハム(前46)

◆優勝候補バルサを完膚なきまでに粉砕!
Getty Images

世界最高のクラックであるFWメッシを擁するバルセロナとの対戦は準々決勝屈指の注目カードとなったが、バイエルンはこの一戦で今季のハイライトと言える圧巻のパフォーマンスを披露した。

コロナ禍によって準々決勝以降のレギュレーションが中立地リスボンでのシングルマッチ方式の短期トーナメントに変更され、五分五分の勝負と思われた中、試合は予想だにしない展開となった。立ち上がりから強度、連動性、申し分ないハイプレスでバルセロナのビルドアップを機能不全に陥れたフリック率いるチームは、不運なオウンゴールで1点を与えたものの、MFミュラーのドッペルパックなど前半に4ゴールを奪う。

後半立ち上がりには2点差に詰め寄られたが、ここから再び攻撃のギアを上げると、超新星デイビスの驚愕の5人抜きアシストからMFキミッヒ、途中出場のMFコウチーニョの古巣相手の無慈悲なドッペルパックなどで突き放した。そして、グループステージのトッテナム戦を上回る、8-2のスコアで優勝候補を完膚なきまでに粉砕した。

▽準々決勝結果

バルセロナ 2-8 バイエルン
【バルセロナ】
OG(前7)
スアレス(後12)
【バイエルン】
ミュラー(前4、31)
ペリシッチ(前21)
ニャブリ(前27)
キミッヒ(後18)
レヴァンドフスキ(後37)
コウチーニョ(後40、44)

◆抜群の安定感で大物食いリヨンをストップ!
Getty Images

戦前にはかつての指揮官であるグアルディオラ率いるマンチェスター・シティとの頂上対決が予想されたが、準決勝の対戦相手はユベントス、シティと2戦連続で大物食いを果たした伏兵リヨンとの対戦となった。

試合序盤にはハイラインの背後を執拗に狙う相手に対して、3度のビッグチャンスを作られる思わぬ入りに。それでも、守護神ノイアーを中心にこのピンチを無失点で凌ぐと、主砲レヴァンドフスキ同様に今大会での勝負強さが際立つニャブリが個の力で流れを変えた。18分に右サイドから鋭いカットインを見せると、強烈な左足のミドルシュートを叩き込み先制点を奪取。続く33分にはゴール前のこぼれ球を冷静に流し込み、流れを一気に引き寄せた。

後半はシステム、メンバーを細かく入れ替えて反撃を試みる相手に手を焼いたが、試合終了間際の88分には今季CL全試合ゴール中のレヴァンドフスキがキミッヒのFKを冷静に頭で合わせ、今季CL15点目を記録。ほぼ完璧な内容でリヨンの快進撃をストップし、7年ぶりのファイナル進出を決めた。

▽準決勝結果

リヨン 0-3 バイエルン
【バイエルン】
ニャブリ(前18)
ニャブリ(前33)
レヴァンドフスキ(後43)
コメント
関連ニュース
thumb

爆勝発進のバイエルン指揮官フリック「卓越した結果」 役員カーンも賛辞

バイエルンのハンジ・フリック監督が3冠王者としての力強い白星発進に満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 バイエルンは18日にホームで行われたブンデスリーガ開幕節でシャルケと対戦。9連覇がかかるリーグ戦の初戦を8-0の記録的な快勝撃で飾った。 開幕戦から盤石の戦いぶりでワンサイドゲームを演じてみせたフリック監督は試合後、文句のつけようのない結果を喜んだ。 「卓越した結果だ。この試合を我々の立ち位置を確定するものだと位置付けたが、見事にやり遂げた。今季に向けても準備ができていることを示したかったんだ。今日の試合であのようなパフォーマンスをピッチで体現でき、嬉しく思う」 また、バイエルンの役員を務めるオリバー・カーン氏もチームの開幕ゲームに言及。チームを称え、デビュー戦から1ゴール2アシストを記録したドイツ代表FWレロイ・サネにも触れた。 「チームが即座に昨季のパフォーマンスを披露したのは驚きべきこと。プレシーズンも非常に短かったにもかかわらずね。あのようなパフォーマンスを発揮した事実はすべての称賛に値する」 「選手たちはあの試合を楽しみ、喜びとともにプレーした。向上しようとする姿勢もあり、常にレベルアップしようとする思いもある」 「今日はレロイ・サネがデビューした。それはチームの変化にも繋がる。彼は最初から準備ができていることを示したいと思っている」 2020.09.19 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンの新たな10番サネ、1ゴール2アシストの上々デビュー 「すごく良い日に」

バイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネが上々のデビューに喜びの心境を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 バイエルンは18日に行われたブンデスリーガ開幕節でシャルケと対戦して、8-0の白星。左ウィングの位置で先発入りのサネは古巣シャルケを相手に1得点2アシストの活躍をみせ、新たな背番号「10」としてもインパクトを残した。 チームが大勝発進を切ったなか、個人としても最高の形でバイエルンでのキャリアをスタートさせたサネ。試合後、チームの快勝スタートとともに、自身の鮮烈な公式戦デビューを喜び、さらなる活躍を誓った。 「すごくハッピーだ。このチームは昨季の段階で、すごく良い選手と連帯感で頂点に立った。3冠を達成したとはいえど、ここの選手たちは今もハングリーだ。ホームでシャルケ相手にこんな形でスタートを切れたのは素晴らしいこと。やっとみんなと一緒にプレーができて、素晴らしい気持ちだ」 「良い試合ができ、たくさんのゴールも生まれ、すごく良い日になったよ。気の緩みも全くなかった。もちろん、僕もフルスロットルで臨みたい思いだが、まだ100%の状態じゃない。常にベストを尽くして、チームが良い戦いをして勝てるようヘルプしていきたい」 2020.09.19 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンFWミュラーが通算200ゴール達成、ブンデスリーガ創設後バイエルンで3人目の快挙

バイエルンの元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが偉業を達成した。 バイエルンは18日、2020-21シーズンのブンデスリーガ開幕戦でシャルケと対戦し、8-0の大勝を収めた。 ブンデスリーガ9連覇を目指すバイエルンは、開始4分でセルジュ・ニャブリがゴールを決めると、レオン・ゴレツカ、ロベルト・レヴァンドフスキなどがゴールを重ね、マンチェスター・シティから加入したドイツ代表MFレロイ・サネも初ゴールを記録していた。 この試合に先発したミュラーは5-0で迎えた69分、ボックス内右からレヴァンドフスキがラボーナでクロス。これを後方から走り込み豪快に蹴り込んでゴールを記録した。 このゴールは、ミュラーにとってバイエルンで200ゴール目のメモリアルゴールに。バイエルンで歴代4位、ブンデスリーガが始まってからは3人目の快挙達成となった。 バイエルンではブンデスリーガ創設前に活躍したゲルト・ミュラー氏が515ゴールでクラブ最多。2位にはレヴァンドフスキが247ゴールでつけ、3位はカール=ハインツ・ルンメニゲ氏が217ゴールで続いている。ミュラーが順調にゴールを重ねれば、今シーズン中にも3位に入る可能性がある。 2020.09.19 09:50 Sat
twitterfacebook
thumb

サネのデビュー弾にニャブリがハット!王者バイエルンがシャルケに8発圧巻スタート!《ブンデスリーガ》

バイエルンは18日、ブンデスリーガ開幕戦でシャルケをホームに迎え、8-0で圧勝した。 昨季ブンデスリーガ8連覇を達成し、チャンピオンズリーグ制覇を果たしたバイエルンの新シーズン初戦。そのバイエルンはチアゴがリバプールに移籍した中、新戦力のFWサネが先発となった。 新戦力のパシエンシアがスタメンとなった昨季12位のシャルケに対し、バイエルンは[4-3-3]を採用。3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、サネと並べ、トップ下にミュラーが入った。 そのバイエルンは開始1分、パシエンシアにGKノイアー強襲のシュートを打たれた中、4分に先制する。キミッヒのロングフィードに抜け出したニャブリがDFのマークを外し、ペナルティアーク中央から左足を一閃。シュートがゴール左に決まった。 あっさりと先制に成功したバイエルンは、19分に加点する。ニャブリの右クロスをミュラーが収めて後方に落とし、ゴレツカがダイレクトでゴール左へグラウンダーのシュートを蹴り込んだ。 さらに30分、レヴァンドフスキがボックス内でカバクに倒されてPKを獲得すると、レヴァンドフスキ自ら決めて3-0とした。 バイエルンが圧倒して前半を終えて迎えた後半、開始2分に4点目を挙げる。サネがディフェンスライン裏を突いてルーズとなったボールをニャブリが拾ってゴールへ流し込んだ。 止まらないバイエルンは59分、サネがディフェンスライン裏を取ってDFを引き付けラストパス。並走していたニャブリが確実にゴールへ流し込み、5-0とした。 ニャブリがハットトリックとした容赦ないバイエルンは69分、ボックス右に流れたレヴァンドフスキのラボーナによるクロスからミュラーがボレーで決めて6-0。 そして2分後にはサネにデビュー弾が生まれる。キミッヒのロングスルーパスに抜け出し、GKとの一対一を制した。 81分には17歳のイングランド人FWミュージアラにもトップチーム初ゴールが生まれ、バイエルンが8発圧勝。王者が圧巻のスタートを切っている。 2020.09.19 05:21 Sat
twitterfacebook
thumb

チアゴのリバプール移籍が正式決定!背番号は6

リバプールは18日、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は6に決定している。契約期間は長期とだけ発表されているが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると2024年6月までの4年間で、移籍金は2000万ポンド(約27億円)を基本に、ボーナスとして500万ポンド(約6億7000万円)が上積みされる契約になっているとのことだ。 リバプール移籍が決まったチアゴはリバプールの印象と加入後のイメージを次のように語っている。 「実はここに来るのは2度目なんだ。5歳か6歳の時、父親がセルタに在籍していた時にアンフィールドに来たことがあるんだ。当時はUEFAカップだったかな。いちサッカーファンとして、リバプールファンの人たちがサッカーに対し、どう向き合っているかに驚いたことを覚えている」 「監督が僕に何を望んでいるのか、チームがどのようなプレースタイルで戦うのかを知るのが今から楽しみだ。チームを助け、僕自身も成長できるなら、それは最高なことだと思う」 2013年夏にバルセロナからバイエルンに加入したチアゴは、バイエルンで公式戦235試合に出場して31ゴール37アシストを記録。昨季のチャンピオンズリーグ優勝、7度のブンデスリーガ優勝、4度のDFBポカール優勝に貢献していた。 2020.09.19 00:45 Sat
twitterfacebook