【2019-20セリエAベストイレブン】上位4強から満遍なく選出!

2020.08.11 18:01 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2019-20シーズンのセリエAが8月2日に終了しました。本稿では今季のセリエAベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。◆ベストイレブン
GK:ハンダノビッチ
DF:デ・フライ、ボヌッチ、テオ・エルナンデス
MF:デ・ルーン
MF: ルイス・アルベルト、ディバラ、アレハンドロ・ゴメス
FW:ルカク、インモービレ、C・ロナウド

GKサミル・ハンダノビッチ(36歳/インテル)
出場試合数:35(先発回数:35)/失点数:32/出場時間: 3150分
Getty Images

ユベントスの優勝に貢献したシュチェスニーも候補に挙がったが、試合数と失点数を考慮し、インテルの守護神を選出。相変わらずのセービング能力の高さで、簡単にゴールを割らせなかった。リーグ最少失点の堅守を誇ったチームの最後の砦として、圧倒的な存在感を未だに放ち続けている。

DFステファン・デ・フライ(28歳/インテル)
出場試合数:34(先発回数:32)/得点数:4/出場時間: 2828分
Getty Images

DFシュクリニアル、急成長したDFバストーニと共に強固な3バックを形成。今季はベテランのDFゴディンが加わったが、コンテ監督は実力者のゴディンではなくデ・フライをディフェンスリーダーに指名し、その期待に見事応えたと言える。

DFレオナルド・ボヌッチ(33歳/ユベントス)
出場試合数:35(先発回数:35)/得点数:3/出場時間: 3085分
Getty Images

復帰2年目の今季、相棒の主将DFキエッリーニが開幕前に長期離脱となった中、ボヌッチがディフェンスリーダーとして、そして代役のキャプテンとしてさすがの存在感を放った。新加入のDFデ・リフトがなかなかチームにフィットせず不安定だった序盤、持ち前のソリッドさと統率力でカバーして見せた。33歳とベテランの域に入ってきた中、コンディションを高いレベルで維持したことも評価したい。

DFテオ・エルナンデス(22歳/ミラン)
出場試合数:33(先発回数:32)/得点数:6/出場時間:2818分
Getty Images

左サイドバックからテオ・エルナンデスを選出。ミランから唯一の選出としたテオ・エルナンデスは、シーズンを通してダイナミックな攻撃参加を武器に存在感を示し続けた。守備の軽さは玉に瑕だが、それを補って余りある攻撃力で6ゴール5アシストを記録。左サイドからのオーバーラップはミランの強烈な武器となった。

MFルイス・アルベルト(27歳/ラツィオ)
出場試合数:36(先発回数:36)/得点数:6/出場時間:3122分
Getty Images

後半戦はやや失速したが、それでも16アシストを記録し、得点王に輝いたインモービレの大半のゴールをお膳立てしてみせた。シーズン開幕前にはセビージャへの復帰が噂されながらもラツィオでの4シーズン目を迎えたスペイン人MFは、抜群の精度を誇るスルーパスを武器に攻撃を操った。

MFマルテン・デ・ルーン(29歳/アタランタ)
出場試合数:35(先発回数:29)/得点数: 2/出場時間:2717分
Getty Images

相棒のMFフロイラーと共にアタランタの中盤を支えた。攻守に幅広く動くフロイラーに対し、デ・ルーンは中盤をコントロールできるMFでチームに絶妙なバランスをもたらした。ハードなスタイルを貫いたチームの中で、疲弊を感じさせずケガなくシーズンを戦い切った点も評価。

FWパウロ・ディバラ(26歳/ユベントス)
出場試合数:33(先発回数:25)/得点数:11/出場時間: 2165分
Getty Images

今季開幕前には放出の可能性もあった中、見事な活躍で9連覇に導いた。コロナに感染する逆境にも遭ったが、リーグ再開後は5試合連続ゴールを挙げるなど、逆にギアを上げた。最終的には3トップ中央の位置でのプレーに落ち着いたが、C・ロナウドと良好な関係を保ち、攻撃を牽引した。一定の自由を与えられたファンタジスタは本来の輝きを取り戻し、インテル戦やアタランタ戦といったビッグマッチで貴重なゴールを挙げた。

MFアレハンドロ・ゴメス(32歳/アタランタ)
出場試合数:36(先発回数:34)/得点数:7/出場時間:2860分
Getty Images

躍進アタランタの中心。在籍6シーズン目の10番が今季も躍動した。32歳と円熟味を増した小柄な天才アタッカーは、ルイス・アルベルトと並ぶ16アシストでFWサパタ、FWムリエルらのゴールをお膳立て。リーグ最強の攻撃力を誇るアタランタを象徴する存在だった。

FWロメル・ルカク(27歳/インテル)
出場試合数:36(先発回数:33)/得点数:23/出場時間:2983分
Getty Images

覚醒したFWラウタロ・マルティネスと共にインテルの攻撃を牽引。DFスモーリング同様、ほぼ戦力外扱いでマンチェスター・ユナイテッド退団となった中、自身の価値を改めて証明してみせた。圧倒的なフィジカルを武器にインテルのレジェンドであるヴィエリ氏を思い起こさせるような重戦車ぶりでセリエAの守備陣をなぎ倒し、23ゴールをマークした。

FWチーロ・インモービレ(30歳/ラツィオ)
出場試合数:37(先発回数:36)/得点数:36/出場時間:3176分
Getty Images

堅守速攻を完結させるフィニッシャーとして申し分ない働きを果たした。得意の裏抜けからの正確なシュートでゴールを量産。ルイス・アルベルトとのホットラインもラツィオの十八番となっている。

FWクリスティアーノ・ロナウド(35歳/ユベントス)
出場試合数:33(先発回数:33)/得点数:31/出場時間:2919分
Getty Images

加入2シーズン目の今季もゴールゲッターとしての役割をしっかりと果たした。パフォーマンス自体は決して良いものとは言えなかったが、それでもPKを含め、決定機を確実に仕留め続けて31ゴールを挙げた点は流石の一言。
コメント
関連ニュース
thumb

ポグバが見せた繊細なテクニック!ユベントス時代の絶妙浮き球パス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバがユベントス時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ポグバが見せた繊細な浮き球のスルーパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIeGNMZjNhViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ユナイテッドユース出身のポグバは、将来を嘱望されながらも2012年夏に出場機会を求めてユベントスに移籍。大活躍を見せて、2016年夏に再びユナイテッドに引き抜かれている。 大柄な体格を持ちながらも、優れたテクニックを活かした繊細なプレーも得意とするポグバだが、ユベントス時代の2016年3月20日のセリエA第30節、トリノ戦では、繊細なパスで味方のゴールをお膳立てしている。 2-1とユベントスリードの63分、敵陣でボールを持ったポグバは、相手からのプレッシャーをいなしながら前を向くと、相手の裏に走りだすFWアルバロ・モラタの動きを見て絶妙な浮き球のスルーパス。相手DFの頭上を越えるパスがモラタの下にちょうど入ると、モラタがこれを上手くコントロールしてボレーシュート。見事な追加点となった。 これで3-1としたユベントスは、その後も追加点を奪い、4-1で勝利している。 2020.09.19 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ジェノア、ピアツァとザッパコスタのレンタルを発表

ジェノアは19日、ユベントスからクロアチア代表FWマルコ・ピアツァ(25)、チェルシーからイタリア代表DFダビデ・ザッパコスタ(28)をそれぞれレンタルで獲得したことを発表した。どちらも1年契約となる。 ディナモ・ザグレブから2016年夏にユベントスに加入したピアツァだが、1年目にケガの影響でアピールに失敗すると、2018年1月にシャルケへレンタル移籍。2018-19シーズンはフィオレンティーナ、昨シーズンは2月からアンデルレヒトに貸し出され、ユベントスでの出場はここまで21試合にとどまっている。 アンデルレヒトでは新型コロナウイルスの影響でリーグ戦が中止となったことにより、出場したのは4試合のみだった。 一方、ザッパコスタもチェルシーでは出場数が伸びず、昨シーズンはローマにレンタル移籍。しかし、その最初の試合で十字靭帯断裂の大ケガを負ってしまい、コロナ明けの6月に復帰するも、出場したのはリーグ戦9試合のみと、戦力として貢献することはできなかった。 昨シーズンのセリエAで17位だったジェノアは、今夏の移籍市場でフリーの元イタリア代表FWマッティア・デストロ(29)をはじめ、アタランタからドイツ人DFレナート・チボラ(21)とイタリア人MFフィリッポ・メレゴーニ(21)、フェネルバフチェからスロベニア代表MFミハ・ザイツ(26)らをレンタルで獲得している。 2020.09.19 18:14 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA開幕節プレビュー】10連覇目指す王者ユーベは吉田サンプと初戦、冨安はイブラと激突

1カ月半の束の間の休息を経て2020-21シーズンのセリエAが本日、開幕する。ピルロ新監督を迎えた王者ユベントスの10連覇を阻むチームが現れるのかが注目される中、日曜にユベントスとDF吉田の所属するサンプドリアが対戦する。そして月曜にはミランとDF冨安の所属するボローニャが対戦する。 昨季は何とか9連覇を果たしたユベントスだったが、チャンピオンズリーグ(CL)でのベスト16敗退を受けてサッリ前監督を電撃解任とした。新指揮官に迎えたのは監督未経験のピルロとなった中、目立った補強なく開幕を迎えたが、現役時代に名レジスタとして鳴らしたピルロ監督は指揮官としていかなる初陣を歩み出すのか注目される。 一方、昨季後半にサンプドリアに加入し残留に貢献した吉田は、ディフェンスの要として新シーズンを迎える。今季も残留が目標となるチームの中でFWロナウドとFWディバラを擁するユベントス相手にまずは腕試しとしたい。 FWイブラヒモビッチの活躍により昨季後半、チーム力を上げたミラン。今季はスクデット争いへの参戦も視野に入れる中、好スタートを切りたいところ。既にヨーロッパリーグ予選で新シーズン初戦を戦い、イブラヒモビッチのゴールで勝利を収めているミラン。その試合で終盤にデビューを飾った新戦力のMFトナーリとMFブラヒム・ディアスの出場含め、復活を狙う名門のリーグ戦初陣に注目だ。 移籍1年目の昨季、ボローニャで確固たる地位を築いた冨安は、更なる飛躍を目指すシーズンに臨む。今季はセンターバックでのプレーをミハイロビッチ監督は示唆していたが、開幕からポジション変更となるか。そうなればイブラヒモビッチとのマッチアップが最大の見どころとなる。 欧州カップ戦出場の影響により、インテル、ラツィオ、アタランタの開幕戦は来週行われる第2節からとなる。 ◆セリエA開幕節 ▽9/19(土) 《25:00》 フィオレンティーナ vs トリノ 《27:45》 ヴェローナ vs ローマ ▽9/20(日) 《19:30》 パルマ vs ナポリ 《22:00》 ジェノア vs クロトーネ 《25:00》 サッスオーロ vs カリアリ 《27:45》 ユベントス vs サンプドリア ▽9/21(月) ミラン vs ボローニャ ▽9/30(水) ベネヴェント vs インテル ラツィオ vs アタランタ ウディネーゼ vs スペツィア 2020.09.19 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA・シーズンプレビュー】10連覇目指すピルロ・ユーベを止めるのは!?

2020-21シーズンのセリエAが19日に開幕する。先月2日に閉幕した昨季はユベントスの9連覇で幕を閉じたセリエA。新型コロナウイルスの影響によって僅か1カ月半で迎える新シーズン、監督未経験のピルロ新監督を迎えたユベントスの10連覇を阻むチームが、今季こそ現れるかが注目される。 ◆監督未経験のピルロで目指す10連覇~ユベントス~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 9連覇を成し遂げたものの、チャンピオンズリーグでリヨンの前にベスト16敗退に終わったことを受け、就任1年でサッリ前監督を電撃解任としたユベントス。新指揮官に迎えたのはユベントスOBで監督未経験のピルロだった。現役時代、稀代のレジスタとして名を馳せたピルロが指揮官となってどんなサッカーを表現するのか楽しみなところだが、サッリ前監督が植え付けることのできなかったポゼッション主体のサッカーに挑むのか、それともユベントス伝統の堅守を生かしたサッカーを見せるのか。指揮官としてのピルロの手腕に要注目したい。 ◆続投決断のコンテが古巣ユーベの10連覇阻止へ~インテル~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ユベントスの10連覇を阻む最大のライバルとして昨季2位のインテルを挙げたい。昨季は最終的にユベントスに1ポイント差に迫った上での2位フィニッシュを果たし、コンテ監督の下、着実にチーム力を上げていることを証明した。シーズン前にはコンテ監督の恒例行事となりつつある退団騒動が起きたが、フロントのサポートを感じ取り続投を決断。ユベントス時代に指導したMFビダル加入が濃厚な中、満を持して古巣ユベントスの10連覇を阻みにかかる。 ◆イブラ残留でスクデット争いも現実味~ミラン~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 長らく低迷が続く名門だが、昨季後半に加入して圧倒的な存在感を示したFWイブラヒモビッチの残留に成功したことが復活を期すミランにとって大きな後押しとなりそうだ。また、イタリアの次代を担うMFトナーリとレアル・マドリーからレンタルでMFブラヒム・ディアスを獲得し、未来へ向けた投資もしっかり敢行。繫ぎの意味合いが強かったピオリ監督が結果で続投を勝ち取った中、新シーズンのミランは歯車さえ噛み合えばスクデット争いも十分に可能なはずだ。 ◆もはやビッグクラブに引けを取らない存在に~アタランタ~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ガスペリーニ体制4季目の昨季もアタランタは飛躍を遂げた。セリエAでは2年連続で3位フィニッシュを果たし、初出場のチャンピオンズリーグ(CL)ではベスト8進出と、もはやビッグクラブに引けを取らない存在に成長した。今季も名将ガスペリーニ監督の下、主力は軒並み残留しており、期待は高まるばかり。CLとの並行した過密日程も昨季経験済みで上積みが期待できる新シーズンは本格的にスクデット争いへ参戦する可能性も十分だ。 ◆昨季のスクデット争いを自信に~ラツィオ~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はユベントスとスクデット争いを繰り広げながらもコロナ明けの失速により4位フィニッシュとなったラツィオ。新シーズンに向けてはMFダビド・シルバの獲得に迫っていたが、実現はならなかった。戦力的な上積みはほぼない状況の中、S・インザーギ監督の手腕に今季も期待が懸かる。 ◆戦力維持でユーベに挑戦~ナポリ~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> コッパ・イタリア優勝に導いたガットゥーゾ監督の2季目となるナポリ。徐々にガットゥーゾ監督の“闘う”スタイルが浸透していった昨季は、シーズン終盤にかけて結果も伴うようになっていった。迎える新シーズンに向け、FWメルテンス、MFファビアン・ルイス、DFクリバリと移籍の噂のあったセンターラインの主力が残留したのは大きい。戦力を考えればナポリもスクデット争いに顔を出したいところだが、主役に躍り出ることはできるか。 ◆新フロントの下で~ローマ~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> クラブに対する熱がなく評判の悪かったパロッタ前会長に代わり、米実業家のフリードキン氏が買収したローマ。新フロントの下、刷新されたクラブは戦力維持に努めた中、DFコラロフがインテルへ移籍し、エースFWのジェコもユベントスへの移籍が濃厚となっているが、まずはCL圏内返り咲きを目指したい。 ◆更なる飛躍へ~冨安と吉田~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季、セリエA初挑戦ながらレギュラーポジションを確保したボローニャのDF冨安とサンプドリアのDF吉田。日本代表のレギュラーセンターバックでもある両者は、守備の国イタリアでしっかりと存在感を示した。冨安はケガを除いてシーズンを通し、右サイドバックのレギュラーとしてプレー。新シーズンはセンターバックでのプレーの可能性も報じられる中、セリエAの強力なアタッカーたちを直接封じ込める役割が求められる。また、吉田もシーズン後半にチームに加わった中、残留を争っているチームの助けとなった。今季も残留争いを強いられる可能性が高いが、レギュラーをキープし続け、最低限の目標である残留に貢献したい。 2020.09.19 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スアレスがイタリアのパスポートを取得も…ユーベはジェコ獲得に集中

バルセロナを戦力外とされているウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)がイタリアのパスポートを取得した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 このパスポート取得により噂されていたユベントスへの移籍が再加速するかに思われたが、ユベントスはアンドレア・ピルロ新監督が高く評価するローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(34)の獲得に集中し、スアレスの獲得は見送るとのことだ。 イタリア『スカイ』によればローマはナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(26)の獲得に近づいており、その交渉が成立し次第、ジェコのユベントス移籍が決まると報じている。 ユベントスへの移籍は破談に終わったものの、スアレスとしてもイタリア国籍取得により、移籍先の選択肢は増えた形にはなっている。 2020.09.18 07:00 Fri
twitterfacebook