【2019-20セリエA総括】最優秀選手はインモービレ!

2020.08.11 18:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
◆何はともあれユーベが9連覇
欧州で最も早く新型コロナウイルスの深刻な影響を受け、欧州4大リーグで最も再開までに時間を要したセリエA。約3カ月半の中断期間があった中、前例のないシーズンを制したのはやはり王者ユベントスとなった。とはいえ、サッリ監督を迎えた今季のユベントスは優勝した過去8シーズンとは違い、盤石な戦いを見せたわけではなかった。“サッリズム”と称されたナポリやエンポリで称賛されたパスサッカー主体の戦術が最後まで浸透することはなく、FWクリスティアーノ・ロナウドとFWディバラの個を押し出したスタイルで、接戦を何とか拾い続けての優勝だった。それでも最終盤にスクデットを争ったインテルやアタランタとの直接対決で上回っていたことが大きく、ある程度余裕をもって戦えたことが9連覇に繋がったと言えそうだ。ただ、セリエA終了後に行われたチャンピオンズリーグ(CL)でリヨンに敗れたことを受け、サッリ監督が電撃解任されている。

そのユベントスと前半戦を終えた段階でスクデットを争っていたインテルは、第23節でミランとのダービーを制し、首位に立つ健闘を見せた。コンテ監督を迎えた中、ソリッドなチームに変貌を遂げたネラッズーリは、リーグ最強の2トップであるFWルカクとFWラウタロ・マルティネスのコンビでゴールを量産し、DFデ・フライを軸とした3バックも堅牢だった。しかし、不運にも中盤に故障者が続出した影響もあって勢いを失い、リーグ再開後は格下に勝ち点を取りこぼすことが目立ってしまった。それでも来季以降、ユベントスの優勝を阻む最大のライバルとしてリーグを盛り上げてくれそうな気配が漂っている。

昨季の3位に続き、良い意味で驚きを与えてくれたのがアタランダだった。シーズン前半は初のCLを戦った影響で不安定だったが、リーグ再開後は文字通り無双した。13試合を戦って9勝3分け1敗と圧巻の成績を残した。就任5シーズン目を迎えたガスペリーニ監督の下、ハードワークと前線からのプレスが格段に強化され、リーグ最強の攻撃力を誇ったアタランタは、来季以降も観る者を魅了するスタイルで進化を遂げるはずだ。

シモーネ・インザーギ監督の下、徹底したカウンタースタイルで、リーグ中断前にはユベントスに1ポイント差としていたラツィオも健闘が光るシーズンだった。得点王に輝いたFWインモービレと、パサーのMFルイス・アルベルトのホットラインでゴールを積み重ね、優勝争いに絡んで見せた。残念ながらリーグ再開後は負傷者の影響もあり失速したが、ユベントスを脅かす存在だったことは間違いない。

CL出場権に届かず5位フィニッシュとなったローマだったが、決して悪いシーズンではなかった。フォンセカ監督を迎えたチームは、試行錯誤を繰り返しながら成長を遂げていった。最終的には3バックに落ち着き、各選手のキャラクターとマッチ。攻守にバランスが整ったことで内容の伴った勝利が増え、来季に期待を抱かせている。

そのローマと最終的にヨーロッパリーグ(EL)ストレートインを懸けて争ったミランは、ジャンパオロ体制が大失敗だった中、繫ぎの意味合いが強かったと思われるピオリ監督の招へいで意外にも復活を遂げた。第8節から指揮を執ったピオリ監督はチームに規律をもたらし、攻守のバランスを改善。1月にFWイブラヒモビッチが加入して以降は攻撃力も増し、中断明け以降は無敗で駆け抜けた。この好調を受け、ピオリ監督は来季以降の続投も勝ち取っている。

アンチェロッティ体制2季目で優勝を狙えるかに思われたナポリは、思わぬ躓きを見せた。CLではグループステージを突破したものの、リーグ戦で結果が出ていなかったことで12月にアンチェロッティ監督が解任された。しかし、後を受けたガットゥーゾ監督が徐々にハードワークを浸透させ、チーム状態が上向きに。リーグ再開後に行われたコッパ・イタリアではユベントスを下して優勝を勝ち取った。

そして今季はセリエAに初挑戦した2人の日本人選手の活躍も嬉しいトピックとなった。ボローニャに加入したDF冨安は本職ではない右サイドバックながらシーズンを通してレギュラーとしてプレー。質の高いプレーを続け、自身の価値を大いに高めた。

また、1月にサウサンプトンからサンプドリアに加入したDF吉田も降格圏付近を彷徨っていたチームを残留に導く働きを見せた。中断明け後、センターバックのレギュラーに定着し、4試合を残して残留を勝ち取ったチームの一員として欠かせない働きを果たした。

降格したのは昇格組のブレシアとレッチェに加え、3シーズンに渡ってセリエAを戦っていたSPALとなった。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWチーロ・インモービレ(ラツィオ)
Getty Images

ユベントス優勝の原動力となったディバラと迷ったが、セリエAの歴代シーズン最多ゴール記録に並ぶ36ゴールを挙げたインモービレを選出。2015-16シーズンにナポリで樹立したFWイグアインの記録に並んだインモービレは、シーズンを通してコンスタントにゴールを記録。C・ロナウドの追い上げにもあったが、終盤の5試合で7ゴールを荒稼ぎし、突き放して自身3度目のセリエA得点王に輝いた。

★最優秀監督
◆ジャン・ピエロ・ガスペリーニ(アタランタ)
Getty Images

就任5シーズン目を迎えた中、アタランタをよりソリッドに、インテンシティーの高いチームに仕上げた。[3-4-2-1]でシステムを固定した中、オートマティックな連動性あるチームに磨き上げ、今季もセリエA最強の攻撃力を誇った。攻守一体の組織力は今や欧州屈指のレベルに達している。

【期待以上】
★チーム
◆アタランタ
Getty Images

名将ガスペリーニ監督によって鍛え上げられたチームは、中断明け後の過密日程も何のその、疲労知らずで勝利を積み重ねた。怒涛の追い上げでユベントスを捕まえられそうなところまで来たが、あと一歩届かなかった。それでも、チームの規模を考えれば昨季の3位と同様、最高のシーズンを過ごしたと言えそうだ。

★選手
◆ロビン・ゴセンズ(アタランタ)
Getty Images

セリエAファンでも彼がここまで活躍する選手に成長を遂げるとは想像できなかったのではないだろうか。ドイツの無名クラブの下部組織で育った左サイドハーフは、オランダでプロキャリアを積み、2017年夏にヘラクレスからアタランタに加入。在籍3年目の今季、大きな飛躍を遂げた。無尽蔵のスタミナでアップダウンを繰り返し、9ゴール8アシストと出色の成績を残した。この活躍を受け、ユベントスやチェルシーといったビッグクラブが獲得に乗り出すに至っている。

【期待外れ】
★チーム
◆ナポリ
Getty Images

ガットゥーゾ監督を迎えてコッパ・イタリア優勝こそ果たしたものの、開幕前はユベントス、インテルに次ぐ優勝候補かと思われた中、スクデット争いに絡めなかったことから選出。アンチェロッティ体制2シーズン目で期待が大きかったが、主力のメンツが昨季とほぼ変わらずマンネリ化の影響もあったのか、平行して戦っていたCLで疲弊したのか、思わぬ躓きを見せてしまった。

★選手
◆FWイルビング・ロサーノ(ナポリ)
Getty Images

期待外れのナポリからロサーノを選出。PSVで十分な実績を残し、ワールドカップでも活躍したウインガーはセリエAで躍動するかに思われたが、クラブ史上最高額の3800万ユーロの移籍金に見合わず、わずか4ゴールと全く振るわなかった。PSVの先輩であるFWメルテンスがナポリの歴代最多ゴール記録を樹立するレジェンドとなった中、ロサーノは来季以降、ナポリっ子から愛される選手となるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

女性主審がついにCLの舞台に!フランス人主審のフラパールさんがユベントスvsディナモ・キエフを担当

フランス人主審のステファニー・フラパールさん(36)が、女性として初めてチャンピオンズリーグ(CL)の主審を務めることとなった。 フラパールさんが担当するのは、2日に行われるCLグループG第5節のユベントスvsディナモ・キエフの試合とのことだ。 2019-20シーズンに行われたリバプールvsチェルシーのUEFAスーパーカップを担当。ヨーロッパの舞台での男子の試合を担当した初の女性審判となった。 これまでは、2019年の女子ワールドカップ決勝のアメリカvsオランダなども務めたが、男子の試合では様々な初の記録を持っている。 2019年4月にはアミアンvsストラスブールのリーグ・アンの試合を担当し、こちらも女性として初の担当。今シーズンはヨーロッパリーグ(EL)グループG第1節のレスター・シティvsゾリャの試合でも初めて主審を務めていた。 これまでは、2004年から2009年にかけて、スイス人主審の二コール・ペティニャさんがUEFAカップの予選ラウンドで担当し、UEFAの試合で初めて主審を務めた女性審判だった。 2020.12.01 11:56 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア行き浮上のケディラ、1月のユベントス退団を否定「契約を全うすることを目指している」

ユベントスの元ドイツ代表MFサミ・ケディラ(33)が、1月の移籍を否定した。ドイツ『ZDF』が伝えた。 シュツットガルトやレアル・マドリーでプレーしたケディラは、2015年7月にユベントスへと移籍。これまでセリエAで99試合に出場し21ゴール9アシストを記録。公式戦では145試合に出場し21ゴール13アシストを記録してきた。 しかし、マッシミリアーノ・アッレグリ監督が2018-19シーズン限りで退団して以降は、ケガなどの影響もあり出場機会を失っている状況。アンドレア・ピルロ監督の下でも構想外となっており、今季は1度もプレーしていない。 そのケディラには、エバートンやトッテナムへの移籍が噂され、マドリー時代に指導を受けたカルロ・アンチェロッティ監督やジョゼ・モウリーニョ監督が興味を示しているとされている。 自身もプレミアリーグへの道が開いていることに興味を持っていると語っていたが、本人が契約の途中で退団することを否定した。 「契約を終了する申し出はしていないよ。お金の問題の話はしなかった」 「チャンスがあれば、プレミアリーグが選択肢になる可能性はある。僕はプレミアリーグの大ファンだ」 「アンチェロッティとモウリーニョとは、レアル・マドリーで一緒の時間を過ごした後、連絡を途絶えさせたことはない。だから話すことはあるよ」 「ただ、試合中に全てを捧げることができないときは、トレーニング中やピッチ外でそれをしようと思っている」 「そして、僕が去るとき、ユベントスのファンには素晴らしい選手として覚えておいてもらいたい。現在の状況はアンドレア・ピルロのせいではないし、僕は怒ってはいない。彼がやりたいサッカーを理解している」 「1月の退団は起こらないだろう。2021年夏までの契約を全うすることを目指しているからね」 また、ドイツ代表についても「現時点では代表に戻ることについてはほとんど議論がない」とコメント。「クラブでピッチに戻ること、それから常に最高を目指して努力することが僕の目標だ。それは代表チームであり続ける」と語り、まずはクラブで試合に出ることが先だとした。 2020.11.29 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ハーフウェイラインから単騎独走!ドグラス・コスタが決めた圧巻のソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバイエルンのブラジル代表FWドグラス・コスタがユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ドグラス・コスタが決めた圧巻の独走ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJaMTFGRFpKaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2015年夏にシャフタールからバイエルンに加入したコスタは、以降ユベントスとバイエルンの間でレンタル移籍と完全移籍を繰り返しながら、両クラブで活躍。数々のタイトルを勝ち取っている。 ブラジル人らしい突破力抜群のドリブルと、パンチのあるシュートを強みとするコスタだが、2019年1月21日に行われたセリエA第20節のキエーボ戦では、見事な独走ゴールを見せている。 0-0で迎えた13分、ハーフウェイライン付近でボールを受けたコスタがドリブルを開始。ブロックを作る相手DFの間を縫うようにドリブルしながら、タックルに来る相手を鋭いターンでいとも簡単にかわし、ペナルティーアーク内の手前まで侵入すると、左足でロングシュートを放つ。鋭いシュートはゴール右に決まり、見事な先制ゴールとなった。 このゴールで主導権を握ったユベントスは、追加点を重ね、3-0で完勝している。 2020.11.29 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド温存のユベントス、好調モラタ弾も格下ベネヴェントに低調ドロー《セリエA》

ユベントスは28日、セリエA第9節でベネヴェントとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 前節カリアリ戦をC・ロナウドの2発で勝利した4位ユベントス(勝ち点16)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではフェレンツヴァーロシュ相手に好調を維持するロナウドとモラタのゴールで辛勝とし、決勝トーナメント進出を決めた。リーグに集中できる環境となった中、フェレンツヴァーロシュ戦のスタメンから5選手を変更。C・ロナウドが招集外となった中、ディバラとモラタの2トップで臨んだ。 14位ベネヴェント(勝ち点9)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスは、右にキエーザ、左にラムジーを据えた。 そのユベントスがボールを持つ流れとなる中、22分に先制した。決めたのは好調モラタ。キエーザのロングフィードを受けた左サイドのモラタがボックス左に侵入し、左足でゴール右へシュートを蹴り込んだ。 続く26分にはディバラに決定機があったものの決めきれなかったユベントスは、徐々に攻撃が停滞し、ベネヴェントの反撃を受けてしまう。 すると追加タイム3分には大ピンチ。スキアッタレッラのミドルシュートでゴールに迫られ、ここはGKシュチェスニーが好守で凌ぐも、直後のCKから同点とされた。アルトゥールのクリアが中途半端になると、ボックス右のレティツィアにボレーシュートを決められた。 1-1で迎えた後半、52分にユベントスは勝ち越しのチャンス。だが、ボックス左に抜け出したキエーザの折り返しをモラタが頭で合わせるもシュートは枠を捉えきれなかった。 攻めあぐねるユベントスは62分にラムジーに代えてクルゼフスキを、69分にキエーザに代えてベルナルデスキを投入。 終盤にかけてもなかなかギアが上がらずにいたユベントスだったが、86分にようやく決定機。フラボッタがボックス左からクロスを入れ、ディバラがダイレクトでシュート。だが、GKモンティポの好守に阻止された。 結局、1-1のまま終了。ユベントスは格下に引き分け、勝ち点1を積み上げるに留まった。 2020.11.29 04:04 Sun
twitterfacebook
thumb

「比類のない魔術師」クリスティアーノ・ロナウドがマラドーナ氏を追悼「埋められない虚しさを残した」

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。 先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRQkZwNEVQayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 突然の訃報に全世界のフットボールファンが悲しみにくれる中、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが自身のインスタグラムを更新。生前の2ショットを載せながら追悼のメッセージを送った。 「今日、僕は友人に別れを告げ、世界は永遠の天才に別れを告げる」 「史上最高の1人。比類のない魔術師。彼はあまりにも早く去るが、限りない遺産、埋められない虚しさを残した」 「安らかに眠ってください。偉大なる者。決して忘れられる事はないでしょう」 <div id="cws_ad"><br/><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CIBa_OCgb7g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CIBa_OCgb7g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CIBa_OCgb7g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.11.26 19:52 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly