ブライトンがDFラーズ・デンドンケルを獲得!ウルブズ所属レアンデルの弟

2020.08.08 02:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトンは7日、クラブ・ブルージュからU-19ベルギー代表DFラーズ・デンドンケル(19)を獲得したことを発表した。2年契約で、当面はリザーブチームでプレーすることになるようだ。同選手は188㎝のセンターバック。各世代の代表に名を連ねてきた逸材で、充実した育成態勢が整うベルギーの次世代を担う一人になると期待されている。

ウォルバーハンプトンでプレーするベルギー代表MFレアンデル・デンドンケルは実の兄で、こちらはアンデルレヒト出身。今回の移籍もアドバイスを受けていたようだ。

「イングランドは経験しておかなければならないリーグだと兄から言われたよ。成長を手助けしてくれる良い指導者がたくさんいるともね」

「とても充実しているみたいだ。僕も望んでいたことだよ」

また、自身の特徴について「僕の最も得意なポジションはセンターバックだ。身長もあるし空中戦に強い。両足も使えて視野も広いと認識しているよ」と説明している。
コメント
関連ニュース
thumb

ブライトン監督、“試合終了後”のPK献上で敗北 「我々の立場からすれば、ただただ非常にがっかり」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのグラハム・ポッター監督が前代未聞な形での敗戦に肩を落とした。 ブライトンは26日に行われたプレミアリーグ第3節でマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え撃ち、先制に成功するなど、立ち上がりからペースを握る戦いを披露。逆転を許して1点を追う後半アディショナルタイム5分に追いついた。しかし、この試合のラストプレーが試合終了後のホイッスル後にVARの対象となり、ハンドを取られると、これを相手の勝ち越しゴールに結びつき、2-3で力尽きた。 試合終了後のPK献上だけでなく、実に5度もクロスバーやポストを叩いた不運もあり、善戦実らずの結果に終わってしまったポッター監督。試合後、イギリス『BT Sport』のインタビューで落胆の思いを吐露した。 「ちょっとしたジェットコースターのようなゲームだった。控えめに言ってもね。我々のパフォーマンスは素晴らしいものだった。選手たちはよくやってくれ、真の勇敢かつ質の高いプレーを披露してくれたよ」 「敗北は明らかに痛いが、トライをしなければならない。できるだけ哲学的になり、よくやったという事実に目を向けないと。同点ゴールは今日の我々に相応しく、あの瞬間は最後のキックで追いついたという感覚だった」 「そう多くは残り時間も残っていなかった。わからないが、審判も時間を管理する責任がある。それこそ彼らの仕事。我々の立場からすれば、ただただ非常にがっかりだ」 2020.09.27 09:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが“試合終了後”の劇的PK弾で今季初勝利! 内容は劣勢も勝負強さ発揮《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節、ブライトンvsマンチェスター・ユナイテッドが26日に行われ、アウェイのユナイテッドが3-2で勝利した。 今季の初陣となったクリスタル・パレス戦で新戦力ファン・デ・ベークにデビューゴールが生まれたものの、ホームで1-3の完敗となったユナイテッド。ミッドウィークのEFLカップで格下ルートン・タウンを退け、公式戦初勝利を手にした中、ブライトンとのアウェイゲームで今季プレミア初勝利を目指した。 ルートン戦からはマグワイア、ワン=ビサカ、マティッチを除く先発8人を入れ替え、ポグバやブルーノ・フェルナンデス、マルシャルなど、昨季終盤戦のベストメンバーがスタメンに名を連ねた。 試合は立ち上がりからハイプレスを仕掛けるブライトンがサイドを起点にユナイテッドを押し込む入りに。9分にはボックス手前左でアルザテからパスを受けたトロサールが強烈な左足のシュートを放つが、これは左ポストを叩く。 一方、守勢の入りとなったユナイテッドも15分を過ぎて徐々に押し返していく。17分には相手のビルドアップのミスを突きボックス左に侵入したグリーンウッドがファーストシュート。その直後にもB・フェルナンデスが際どいクロスで相手ゴールを脅かす。 その後は再びブライトンペースが続く中、32分にはユナイテッドがグリーンウッドのシュートで先にゴールネットを揺らすが、ここはラストパスを出したラッシュフォードがオフサイドを取られ、ゴールは認められず。すると、40分にはボックス右に抜け出したランプティをB・フェルナンデスが後方から倒してPKを献上。これをキッカーのモペイにパネンカで決められ、先制を許した。 しかし、すぐさま反撃に転じたアウェイチームは43分、ショーの果敢な仕掛けから相手陣内左サイド深くでFKを獲得。キッカーのB・フェルナンデスがファーへ鋭いボールを入れると、大外でフリーのマティッチがワンタッチで折り返したボールがマグワイアと競ったDFダンクのオウンゴールを誘い、前半のうちに試合を振り出しに戻した。 迎えた後半、立ち上がりにコノリーのPK、グリーンウッドのゴールがそれぞれVARで取り消されるオープンな入りを見せた中、ユナイテッドが個の力で逆転に成功する。55分、自陣からのロングカウンターでB・フェルナンデスの絶妙なミドルスルーパスに反応したラッシュフォードが左サイドを独走し、そのままボックス内に切り込む。戻ったDFに囲まれたものの、細かい切り返しとフェイントで守備網をかいくぐって放った右足のシュートがDFにディフレクトしてゴールネットを揺らした。 これで一気にユナイテッドペースに傾くかに思われたが、ブライトンは前半同様簡単に流れを渡さない。60分にはボックス付近での細かい崩しからボックス左のマーチが左足のシュートを放つが、これは惜しくも右ポストの内側を叩く。 その後もブライトンの攻勢が続く中、トロサールらの決定機においてポストやクロスバーが最後の砦としてユナイテッドを助ける。この劣勢を受けて、スールシャール監督はグリーンウッドに代えてバイリー、マルシャルに代えてファン・デ・ベークをピッチに送り込み、割り切って守備を固める逃げ切り態勢に入る。 だが、試合終了間際の95分には相手のパワープレーに屈し、ウェブスターからの右クロスをファーでフリーのマーチに頭で叩き込まれて土壇場で追いつかれる。 これで万事休すと思われたユナイテッドだったが、最後の最後に勝負強さを発揮する。後半ラストプレーとなった左CKの場面でマグワイアの枠を捉えたヘディングシュートはDFのゴールカバーに遭い、主審はタイムアップのホイッスルを吹いた。 だが、ユナイテッド陣営が執拗に相手のハンドをアピールすると、VARのレビューの結果、モペイのハンドでのPKが与えられる。これを名手B・フェルナンデスがきっちり決め、“試合終了後”の劇的勝ち越しゴールで苦しみながらも今季リーグ初勝利を手にした。 2020.09.26 22:44 Sat
twitterfacebook
thumb

バーンリーがブライトンの中心的存在だったMFスティーブンスを完全移籍で獲得

バーンリーは24日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのイングランド人MFデイル・スティーブンス(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。 移籍金は非公開となっており、契約期間は2年間。背番号は「16」をつけることになる。 スティーブンスは、ベリーでキャリアをスタート。長年イングランドの下部リーグでプレーした。 2014年1月にチャールトンからブライトンへと加入。ブライトンでは公式戦223試合に出場し15ゴール13アシストを記録。2016-17シーズンにはクラブ初となるプレミアリーグ昇格に貢献していた。 2019-20シーズンはプレミアリーグで33試合に出場し1アシスト。FAカップでも1試合に出場していた。 スティーブンスは今回の移籍について「僕はとても満足している。予想より数年以上かかると思っていたけど、今週はそれを乗り越えてバーンリーの選手になった」と喜びを語った。 2020.09.25 09:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ブライトンMFララナが開幕戦の前半途中に交代 リバプール時代も苦しんだハムストリング故障か

元イングランド代表MFアダム・ララナの新天地デビュー戦は苦いものになってしまった。 昨季終了後にリバプールとの契約満了で退団したララナは今夏、ブライトン&ホーヴ・アルビオンに移籍。14日にホームで行われたプレミアリーグ開幕節のチェルシー戦に先発したが、前半途中に自らの判断でプレーを止めてピッチに座り込み、そのままピッチを後にした。 個人としてリバプール時代の昨年12月以来となるリーグ戦での先発出場だったが、負傷交代を強いられたララナ。イギリス『BBC』によると、リバプール時代にも複数ゲームの欠場に繋がったハムストリングを再び痛めてしまった可能性があるという。 なお、ブライトンを率いるグラハム・ポッター監督は試合後、ララナの状況について、「はっきりした答えを言うには早すぎる。アダムはこの試合と自らのパフォーマンスをエンジョイしていた」と述べるにとどまっている。 2020.09.15 17:55 Tue
twitterfacebook
thumb

R・ジェームズ1G1Aのチェルシーがブライトン下して白星スタート!《プレミアリーグ》

チェルシーは14日、プレミアリーグ開幕節でブライトン&ホーヴ・アルビオンとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 昨季プレミアリーグ4位のチェルシーが、15位ブライトンのホームに乗り込んだ開幕戦。チェルシーは新戦力のヴェルナーとハフェルツを起用し、[4-2-3-1]を採用。最前線にヴェルナーを据え、2列目に右からハフェルツ、ロフタス=チーク、マウントと並べた。 序盤の主導権争いを経て、チェルシーは21分にPKを獲得する。アルザテのミスパスをジョルジーニョがカットしてショートカウンター。パスを受けたヴェルナーがボックス内でGKライアンに倒された。このPKをジョルジーニョが決めてチェルシーが先制した。 先制後、ポゼッションを譲ったチェルシーはヴェルナーのスピードを生かしたカウンターで牽制。35分にはアルザテのミドルシュートが枠を捉えたが、GKケパがセーブした。 前半終盤、ララナが負傷によりプレー続行不可能となったブライトンに対し、チェルシーが1点をリードして迎えた後半、開始4分にランプティのシュートでゴールを脅かされる。 すると54分、ボックス手前右からトロサールにミドルシュートを打たれると、ゴール左隅に決まり、同点とされてしまう。 それでも2分後、チェルシーがすかさずファインゴールで勝ち越す。ボックス手前右からR・ジェームズの放った強烈なシュートがゴール右上に突き刺さった。 R・ジェームズのプレミア初弾でリードしたチェルシーは、66分に3点目。R・ジェームズの右CKからズマがボレーで合わせると、相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 終盤にかけてはチェルシーがブライトンの反撃を許さず試合をクローズ。R・ジェームズの1ゴール1アシストの活躍で勝利し、白星スタートとしている。チェルシーは次節、王者リバプールと対戦する。 2020.09.15 06:09 Tue
twitterfacebook