福岡、U-18所属のDF森山公弥が来季トップチーム昇格内定!

2020.08.06 14:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡は6日、アビスパ福岡U-18に所属するDF森山公弥(18)の来季トップチーム昇格内定を発表した。地元福岡出身の森山は、U-15チームから同クラブの下部組織に在籍している。そして、来季のトップチーム昇格に際し、クラブ公式サイトで新たな決意を口にしている。


「アビスパ福岡U-18からトップチームへ昇格することになりました森山公弥です。サッカーを始めてから13年、ようやく自分の目標であるプロサッカー選手になることができました」

「ここまで来ることができたのは、今まで支えてくれた全ての方々の力があってこそで、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからもこの気持ちを忘れず、現状の自分に満足することなく日々頑張っていきます。そして、試合に出た時にはアビスパ福岡の勝利に貢献できるように全力でプレーしますので応援よろしくお願いします!」
関連ニュース
thumb

福岡がSNSに注意喚起、すでに削除も選手なりすましインスタの存在を報告

アビスパ福岡は22日、ファン・サポーターに向けてなりすましアカウントへの注意喚起を行った。 クラブの発表によると、FW城後寿を名乗ったなりすましアカウントがインスタグラム上に存在していたとのこと。現在は削除されているようだ。 このアカウントは城後とは全く関係ないものであり、福岡は注意を呼びかけている。 なお、城後はインスタグラムを含めてSNSを行っていないとのこと。福岡は「閲覧・フォロー等につきましては、ご注意いただけますようよろしくお願いします」と呼びかけた。 なりすましアカウントについては、先日はFC岐阜でも発生。川西翔太、中島賢星を名乗ったアカウントが存在していたとし、注意を呼びかけていた。 2021.04.22 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

3月の鳥栖戦で禁止行為の福岡サポーターに厳重処分、リーダー格1名は「今季全試合入場禁止」

アビスパ福岡は19日、3月21日に駅前不動産スタジアムで行われたサガン鳥栖との一戦におけるサポーターの行為について処分を発表した。 事件は明治安田生命J1リーグ第6節の鳥栖戦で、福岡の一部サポーターによる「サガン鳥栖運営管理規定」、及び「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」で禁止されている行為が確認されていた。 この件に関して、川森敬史代表取締役社長も試合後に自身のツイッターで言及しており、苦言を呈すことに。クラブも処分を下すことを発表していた。 そこからおよそ1カ月が経過し、処分を決定。福岡は「弊クラブは違反したサポーターに対し、Jリーグにて定める試合運営基準に基づき下記の通り処分を科すことを決定した」と発表している 今回問題となっている行為は、「①サガン鳥栖運営管理規定違反」として、「試合開始前と試合終了後に、スタンドの複数名で手持ち横断幕を繰り返し掲出する違反行為」と、「②Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン違反」として「スタンドでチャントを唄う、大声で野次を飛ばすなど「声を出す行為」を繰り返した違反行為」の2点が挙げられている。 福岡は上記の行為に対して、「警備員や係員の再三の注意にも耳を傾けず、安心安全かつスムーズなスタジアム運営を妨げた」として処分を発表した。 処分に関しては、「①の違反行為を主導し、②の違反行為を継続させたサポーター団体リーダー格A氏」、「①②の違反行為をしたサポーター団体リーダー格A氏が所属する団体」、「①②の違反行為を行ったサポーター5名」が対象に。A氏は「2021シーズンのアビスパ福岡が出場するリーグ戦・カップ戦全試合の入場禁止」、A氏が所属する団体は「2021シーズンのアビスパ福岡が出場するリーグ戦・カップ戦全試合において、団体としての活動の一部(団体名が表記された横断幕、フラッグ類の掲出)を禁」、残りの5名は「ホームゲーム5試合の入場禁止」となった。なお、この期間のアウェイゲームも入場できないとのことだ。また、未特定の違反者は、クラブが入手した情報をもとに、違反者を特定し次第罰則を適用するという。 クラブは今回の事象に対して、経緯を説明。悪質な行為であると説明している。 「当日掲げられた横断幕の表現は、「差別的或いは侮辱的表現」と連想させうるか否かについて複数の見解が存在し、現時点で直ちに「差別的或いは侮辱的」と判断することは断定しにくいですが、少なくとも不快感を以て受け止めたスポンサー、ファン、サポーターの皆様が多数存在するという事実は、重く受け止めなければなりません。実際に「差別的または侮蔑的表現ではないか」と受け止めた皆様より、クラブに多くのご批判の声が寄せられています」 「Jリーグ公式戦はスタジアムに来場している一部の方々のやり取りに留まらず、DAZN中継やソーシャルメディアを通じて全世界に発信され、老若男女が目にすることとなりますので、両サポーター間の関係性等にとらわれず、運営管理規定第4条(禁止行為)(12)記載の通り、社会通念上不適切な発言、行為は、厳に慎むべきものであると考えます」 「また、コロナ禍における当該違反行為は、昨年7月に有観客試合が再開されて以降、スタジアムでガイドラインを遵守して観戦いただいている多くの皆様をはじめ、安心安全なスタジアム運営にご協力下さっている方々に対して、新型コロナウイルス感染症への感染リスクを高め、且つスタジアムでのクラスター発生の危険性を高める悪質な行為であると判断いたしました」 「さらに、本来サポーター団体リーダー格のA氏は、メンバーなどが違反行為をし、その現場にいる場合において、その行為をやめさせるべき立場であるにも関わらず、違反行為を継続させていたことは極めて悪質であると判断いたしました」 「なお、サポーター団体リーダー格A氏が属する団体は、過去にも禁止行為違反を繰返しているため、連続性、継続性の観点から団体活動の一部も制限することといたしました」 また、今後の対応についても公式サイトで見解を示し、厳しい対応をするとした。 「弊クラブは、今後同様の事態を繰り返さないため、アビスパ福岡を支えていただいているファン、サポーターをはじめスポンサー皆様が、社会通念上不適切と判断する応援スタイルや横断幕の表現について、各サポーター団体と協議すると共に、サポーター団体の事前登録制や横断幕の事前申請制など、Jリーグと協議して制度化する対策を講じる予定でおります」 「また、次節以降のホーム試合では、Jリーグ統一禁止事項及びJリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインで禁止されている以下の行為を、スタジアムの警備員・係員が発見した場合は、運営責任者の判断にて即時ご退場いただくことを運営管理規定として運用して参ります」 「・指笛・チャントを唄う・ブーイング等の「声を出す応援」 ・ハイタッチ・肩組みなど密をつくり「人と接触する応援」 ・「フラッグ等を振る」「マスクを着用しない」行為 ・差別的、侮辱的または公序良俗に反する、社会通念上不適切と判断される表現のフラッグ類の掲出」 2021.04.19 19:04 Mon
twitterfacebook
thumb

遠野大弥が古巣相手に1G1A! HTで一時中断も川崎Fが粘る福岡を退け5連勝【明治安田J1第19節】

14日、明治安田生命J1リーグ第19節の川崎フロンターレvsアビスパ福岡が等々力陸上競技場で行われ、3-1で川崎Fが勝利した。 川崎FがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場するため、前倒しで行われた試合。川崎Fは中2日、福岡は中3日でのゲームとなる。 川崎Fはここまで無敗で首位を快走中。前節はFC東京都の“多摩川クラシコ”となったが、2-4で勝利した。その試合からスタメン5名を変更。ジェジエウ、ジョアン・シミッチ、家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫が外れ、登里享平、脇坂泰斗、小林悠、知念慶、長谷川竜也が入った。 対する福岡はガンバ大阪、セレッソ大阪とアウェイゲームで連続ドロー。アウェイ3連線となる中、スタメンは7名変更し、村上昌謙、ドウグラス・グローリ、志知孝明、田邉草民、北島祐二、金森健志、ブルーノ・メンデスが外れ、杉山力裕、宮大樹、輪湖直樹、カウエ、石津大介、渡大生、フアンマ・デルガドが入った。 コレクティブな守備を見せる福岡と、圧倒的な破壊力を見せる川崎Fの対戦。試合は13分に川崎Fがチャンス。ボックス手前でボールを持った脇坂が左へ展開。長谷川がボックス内左からクロスを送ると、ファーサイドの小林が左足でボレー。これはGK杉山がセーブ。こぼれ球に知念が詰めるとクリアしたボールが小林の下へ。これを再び狙うが、わずかに枠を外れる。 さらに17分には、ボックス手前で登里のパスを受けた山根が知念へ繋ぐと、知念は狭いところをドリブルで縦に突破。そのまま自らシュートを放つが、GK杉山がセーブする。 川崎Fが押し込み続けると19分に先制。右CKから脇坂がクロスを送ると一度はクリア。これを古巣対決の遠野が拾うと、ボックス手前から豪快に右足一閃。これがフアンマ・デルガドのクリアを物ともせずにネットに突き刺さり、遠野のゴールで川崎Fが先制する。 先制された福岡は20分に宮のフィードをフアンマ・デルガドが競り合うと、こぼれ球をフアンマ・デルガドが浮き球のパス。これを走り込んだ石津がボレーで狙うが、枠を捉えられない。 その後は停滞した中で、前半アディショナルタイムに渡が自陣から中央をドリブルで突破。川崎Fは3人で囲むと最後は谷口が倒してしまい、イエローカードが提示される。前半ラストプレーとなったFKのチャンス。これをエミル・サロモンソンが右足を振り抜くと、これがゴール左隅に決まり、福岡が同点に追いついて前半を終える。 劇的な展開で試合を折り返し、福岡が一気に攻め込みたいところだったがハーフタイム明けにアクシデント。雷雨が強くなったことを受けて、後半スタートが20分ほど遅れることとなった。 一時的に中断したものの後半がスタート。福岡は吉岡に代えて金森健志を投入し、攻撃に厚みを持たせにいく。 そんな中、後半も川崎Fが押し込む展開に。すると55分に敵陣でこぼれ球を拾うと、そのまま攻勢に出る。右サイドに展開し山根がボックス右からクロス。ファーサイドへのクロスはGK杉山がパンチング。しかし、これが遠野の下にこぼれるとシュート。最後は知念が合わせてネットを揺らし、川崎Fが追加点を奪う。 リードを奪われた福岡は、同点ゴールのエミル・サロモンソンと渡を下げ、湯澤聖人とブルーノ・メンデスを投入。フアンマ・デルガド、ブルーノ・メンデスを前に並べて攻勢に出る。 飲水タイムを挟み75分には川崎Fがメンバー交代。長谷川、小林を下げて三笘薫、家長昭博を投入する。 追いつきたい福岡は79分にフアンマ・デルガドがこぼれ球に反応しシュート。しかし、GK丹野がセーブする。81分にも福岡がチャンス。ロングボールに対応しようとした谷口が滑って流れ、金森が受けようとするが、GK丹野がしっかりと飛び出してクリアする。 82分にも押し込む福岡がチャンス。右CKから前がクロスを送ると、サインプレーで後方から走りこんだ輪湖がダイレクトボレー。しかし、これは枠の左に外れる。 終盤にはレアンドロ・ダミアンを入れて、さらに圧力を増す川崎Fは86分にチャンス。相手のパスを読んでいた谷口がダイレクトで縦パス。これをレアンドロ・ダミアンが受けると、すぐに前へ。走り込んだ三笘がシュートも福岡がブロックする。 リードする川崎Fは最後まで時間を使わずに3点目を目指してプレー。敵陣でのプレータイムを長くしてリスクを回避。するとアディショナルタイム5分、最後尾のジェジエウからパスを受けた山根が相手のプレスをかわしながらドリブルで進行。ボックス手前でレアンドロ・ダミアンにパスを出すと、ヒールでリターン。ボックス内で受けた山根がニアに蹴り込み、試合を決定づける3点目を奪った。 王者の強さを最後に見せつけた川崎F。福岡はラストプレーのCKでGK杉山も上がるがタイムアップ。川崎Fが最後まで手を緩めずに3-1で勝利し5連勝となった。 川崎フロンターレ 3-1 アビスパ福岡 【川崎F】 遠野大弥(前19) 知念慶(後10) 山根視来(後50) 【福岡】 エミル・サロモンソン(前48) <span class="paragraph-title">【動画】遠野大弥が古巣・福岡相手に先制ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=rf7za4w5fv9p1um0fdl314icb" async></script> 2021.04.14 21:23 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:川崎Fvs福岡】4連勝中の首位・川崎F、福岡は強豪とアウェイ3連戦のラスト

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2021年4月14日(水) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ(28pt/1位) vs アビスパ福岡(10pt/11位) [等々力陸上競技場] “多摩川クラシコ”でもしっかりと勝利を収めて連勝を「4」と伸ばした川崎F。アウェイでの3連戦となる福岡が王者に挑む。 ◆圧倒的強さで5連勝なるか【川崎フロンターレ】 11日に行われたFC東京との“多摩川クラシコ”では、前半から圧力をかけるとMF家長昭博の2ゴールを含めて圧倒。FC東京のミスにも漬け込み、2-4で勝利。連勝を「4」に伸ばした。 安定した戦いぶりは昨シーズン以上にも感じられ、圧倒的な強さを見せて首位を独走中。選手をうまく入れ替えても勝ち続けていることはチームとして大きくプラスだろう。 現在はGKチョン・ソンリョンを始め、MF大島僚太、MF山村和也、FW旗手怜央らが負傷で欠場中。それでもチーム力が低下することなく、しっかりと戦えている。 今節の相手は昇格組の福岡。オーガナイズされた守備を敷いており、川崎Fの攻撃力への対応策を準備するはず。その中でどうやって崩していくのかが注目ポイントだ。 また、昨シーズンは期限付き移籍で福岡に期限付き移籍していたFW遠野大弥も古巣対決。Jリーグでの経験を積み、成長したクラブ。古巣相手にさらに成長した姿を見せられるのか注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:丹野研太 DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:田中碧、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗 FW:小林悠、レアンドロ・ダミアン、長谷川竜也 監督:鬼木達 ◆強豪とのアウェイ3連戦【アビスパ福岡】 前節はセレッソ大阪に対してアウェイで2-2のドロー。ガンバ大阪とのアウェイゲームに続き、アウェイで2つの引き分けとなった。 アウェイでの3連戦で、首位の川崎Fが相手と苦しい状況は続く。最後に勝利したのは5試合前。勝てていないとも言えるが、昇格組ということも含めれば11位とまずまずの成績を収めている。 そのベースとなっているのは堅い守備だろう。これまでの戦いでも大崩れすることはあまりないが、もう少し勝ち点を積み上げていきたいところだろう。となると、課題はフィニッシュの精度。無得点試合は2試合しかないが、効率的にゴールが奪えているわけではない。 今回は川崎Fに押し込まれる時間帯が長くなることが予想されるが、しっかりと守備を固め、勝ち点3を奪いに行けるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:エミル・サロモンソン、カルロス・グティエレス、宮大樹、輪湖直樹 MF:金森健志、カウエ、前寛之、石津大介 FW:フアンマ・デルガド、渡大生 監督:長谷部茂利 出場停止:志知孝明 <span class="paragraph-title">【動画】多摩川クラシコで家長昭博が走り込みながらヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=n04cm7i3k4y31hx733yw8qaxr" async></script> 2021.04.14 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】C大阪戦で退場の福岡DF志知孝明は「著しい反則行為」で1試合出場停止

Jリーグは12日、出場停止選手を発表した。 今回新たに発表されたのは1名。出場停止となるのは、アビスパ福岡のDF志知孝明となる。 志知は10日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節のセレッソ大阪戦に先発出場。11分にC大阪のボックス付近で競り合いの中で奥埜博亮に対してスパイクの裏がヒザの当たりに入った。 このプレーはファウルを取らなかったが、VARのチェックが入りOFR(オン・フィールド・レビュー)になることに。主審の笠原寛貴氏がチェックを行い、レッドカードに判定が変わっていた。 Jリーグの規律委員会は「同選手のボールにプレーしようとしている相手競技者に対し、足裏を見せながら過剰な力でタックルした行為は、「著しい反則行為」に該当すると判断」とし、1試合の出場停止処分を下した。 【明治安田生命J1リーグ】 DF志知孝明(アビスパ福岡) 第19節 vs川崎フロンターレ(4/14) 今回の停止:1試合停止 【YBCルヴァンカップ】 DF小池龍太(横浜F・マリノス) 第3節 vs清水エスパルス(4/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2021.04.12 18:12 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly