エメリ新監督就任のビジャレアル、教え子グエンドウジに注目か

2020.08.05 22:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルが、アーセナルのU-21フランス代表MFマテオ・グエンドウジ(21)の獲得に動いているようだ。『フット・メルカート』が伝えている。2018年夏に加入したアーセナルブレイクしたグエンドウジ。今季も主力として順調に出場数を重ねていたが、ミケル・アルテタ監督就任以降は序列を落とし始め、6月のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦でフランス人FWニール・マウペイと一悶着を起こしたのをきっかけに、完全に信頼を失ってしまったとメディアから報じられている。

そのため、今夏の放出候補筆頭と言われるグエンドウジにはバルセロナ行きの噂もあったが、『フット・メルカート』によるとビジャレアルが特に強い関心を示しているという。

同クラブは先日、元アーセナルのウナイ・エメリ監督を招へい。エメリ監督は2018年にロリアンから引き抜きを画策した張本人で、アーセナルでのブレイクのきっかけを与えた恩師とも言える存在。

すでにグエンドウジを巡ってアーセナルと話し合いの席に着いたとも言われており、購入オプションを付けたレンタル移籍という形で交渉を進めているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ第3節プレビュー】新生バルサvs久保ビジャレアル! アトレティコ&セビージャも初陣

先週末に開催された第2節では、初陣となった王者レアル・マドリーがレアル・ソシエダ相手にまさかのドロー発進となった一方、ベティス、グラナダが開幕2連勝。また、MF久保建英を擁するビジャレアルが、MF乾貴士、FW武藤嘉紀を擁するエイバルとの日本人対決を制し、新天地での初白星を手にしている。 今回の第3節ではヨーロッパのコンペティション参戦の影響で開幕後ろ倒しが許可されていたバルセロナ、アトレティコ・マドリー、セビージャの3クラブが、対戦カードの関係で開幕が待たれていた昇格組エルチェと共に初陣を迎え、いよいよ今シーズンが本格的にスタート。 そして、監督交代にエースの去就問題、多くの主力の放出など、混迷を極めている昨季2位のバルセロナは、ビジャレアルとのホームゲームで新シーズンをスタートする。 今夏、バルセロナはクラブOBのクーマンを新指揮官に据え、MFピャニッチ、FWトリンコン、FWペドリ、レンタルバックのMFコウチーニョを新戦力として迎え入れた一方、FWスアレス、MFラキティッチ、MFビダル、DFセメドと昨季までチームを支えた主力を揃って放出。プレーシーズンでは[4-3-3]、[4-2-3-1]を併用してヒムナスティック、ジローナ、エルチェに連勝を飾ったが、チームの全容は完全には見えてきておらず、今回の初陣には良くも悪くも注目が集まるところ。とりわけ、オランダ人指揮官の信頼を得ていると言われるFWグリーズマン、コウチーニョ、モチベーション低下が懸念されるFWメッシのプレーは要注目だ。 そのバルセロナ相手に連勝を目指すビジャレアルは、前節のエイバル戦を2-1で制してエメリ新体制初白星。両サイドバックの主力の長期離脱は懸念材料も、FWジェラール・モレノ、FWアルカセルの2トップが結果を出すなど、徐々にパフォーマンスを上げている印象だ。その中で開幕2戦連続で途中出場が続いている久保には古巣対戦での今季初先発に期待が集まるところだが、エメリ監督は攻守のバランスが取れたMFモイ・ゴメス、FWチュクウェゼの両翼に満足しており、守備面でやや問題を抱える久保は引き続きベンチスタートが濃厚だ。 FWモラタがユベントスに旅立ち、代わってスアレスが加入したアトレティコは、元バルセロナFWのデビューも期待されるホームでの今季初陣で開幕連勝のグラナダと対戦する。前述のストライカーの入れ替え、副官ブルゴスが去った以外に大きな変化のない昨季3位チームだが、新型コロナウイルスの影響でプレシーズンのキャンプやトレーニングマッチが中止となり、シメオネ監督に陽性反応が出るなど、開幕に向けて十分な準備ができなかった。対戦相手のグラナダは昨季同様、良い形でシーズンをスタートしており、タフな開幕戦になりそうだ。 昨季4位でヨーロッパリーグ(EL)王者のセビージャは、24日に行われたバイエルンとのUEFAスーパーカップでシーズンをスタート。延長戦の末にチャンピオンズリーグ(CL)王者に1-2で競り負けたものの、新戦力のラキティッチのフィット具合を含め、仕上がりは上々。前節、今季初勝利を手にした昇格組カディスとのアンダルシア自治州ダービーでは、アンダルシアの雄として貫録の戦いぶりが期待できそうだ。 前述の3強に先駆けて前節に開幕を迎えた王者マドリーは、ソシエダ相手に主導権こそ握ったものの、最後の局面で質を欠き0-0のドローで連覇を狙うシーズンをスタート。守備的に戦った対戦相手の健闘を評価したいところだが、左右のウイングで起用されたFWロドリゴ、FWヴィニシウスのブラジル人コンビはやや見せ場を欠いており、初勝利に向けてはエースFWベンゼマにいかに決定機を供給できるかがカギとなる。ただ、コンディションに問題を抱えるMFアザール、FWアセンシオの2人は引き続き招集外となっている。 一方、元エルブランコ指揮官のペジェグリーニを新指揮官に据えたベティスは開幕2連勝と好調な滑り出しを見せている。後半アディショナルタイムの劇的ゴールで勝利したアラベスとの開幕戦とは一転して、前節はバジャドリー相手に前半序盤に奪った2ゴールを最後まで守り抜いての2-0の快勝と、指揮官の求める新たなスタイルの浸透も進む。また、昨季は王者相手に1勝1分けと好成績を収めている。 共に今季初白星を目指す日本人選手所属チームでは、乾と武藤のエイバルがアスレティック・ビルバオとのバスク自治州ダービー、FW岡崎慎司所属のウエスカがバレンシア戦に臨む。 前節、ビジャレアルに競り負けたエイバルでは乾が開幕2試合連続でスタメンを飾り、ゴールこそ奪えていないものの上々のパフォーマンスを見せている。また、加入即ベンチ入りを果たした武藤に関してはメンディリバル監督の評価も高く、ダービーでのラ・リーガデビューも期待されるところ。一方、開幕2戦連続フル出場もチームと共に結果が出ていない岡崎は、格上バレンシアを相手にプリメーラ初ゴール&初勝利を期待したい。 《ラ・リーガ第3節》 ▽9/26(土) 《20:00》 アラベス vs ヘタフェ 《23:00》 バレンシア vs ウエスカ 《25:30》 エルチェ vs レアル・ソシエダ 《28:00》 ベティス vs レアル・マドリー ▽9/27(日) 《19:00》 オサスナ vs レバンテ 《21:00》 エイバル vs アスレティック・ビルバオ 《23:00》 アトレティコ・マドリー vs グラナダ 《25:30》 カディス vs セビージャ バジャドリー vs セルタ 《28:00》 バルセロナ vs ビジャレアル 2020.09.26 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

久保ビジャレアル、左サイドバックのペドラサと2025年まで契約延長

MF久保建英の所属するビジャレアルは24日、スペイン人DFアルフォンソ・ペドラサ(24)と2025年6月まで契約を延長したことを発表した。 ビジャレアルの下部組織出身である左サイドバックのペドラサは、これまでリーズやアラベス、ベティスへのレンタル移籍を経て、新シーズンはビジャレアルに復帰。昨季はレンタル先のベティスで負傷離脱以外は主力としてプレーし、ラ・リーガで21試合に出場していた。 ビジャレアルでは元スペイン代表DFアルベルト・モレノが左ヒザ前十字じん帯の断裂により長期離脱を強いられ、ラ・リーガ開幕から2試合はペドラサが左サイドバックのレギュラーを務めている。 2020.09.25 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

久保のライバルの一人であるオンティベロスが岡崎ウエスカにレンタル

FW岡崎慎司の所属するウエスカは24日、ビジャレアルのスペイン人MFハビエル・オンティベロス(23)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 MF久保建英と同様に2列目でのプレーを得意とする攻撃的MFのオンティベロスは昨季、マラガからビジャレアルに加入。ラ・リーガでは30試合(うち先発は7試合)に出場して2ゴール2アシストを記録していたが、レギュラーの座を掴むには至っていなかった。新シーーズンもここまで2試合、ベンチ入りするも出場機会はない状況だった。 新シーズンは久保のライバルから岡崎の相棒になる可能性が高まった。 2020.09.25 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英のビジャレアル、昨季負傷の元コロンビア代表FWバッカがトレーニング復帰

ビジャレアルは22日、元コロンビア代表FWカルロス・バッカの退院を発表した。 2018年8月にミランからビジャレアルへ加入したバッカは、2019-20シーズンのラ・リーガで19試合に出場し2ゴール2アシストを記録。しかし、今年7月に行われたバルセロナとの一戦で負傷し、チームを離脱していた。 バッカは、右ハムストリングの肉離れと診断。リハビリなどを乗り越え、22日のトレーニングからチームに合流し、通常メニューをこなしたとのことだ。 バッカはこれまでセビージャやミラン、ビジャレアルでプレー。新シーズンを戦うビジャレアルにとっては大きな戦力が戻って来た事となった。 2020.09.22 20:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、バルサBからU-21スペイン代表DFホルヘ・クエンカを獲得

ビジャレアルは22日、バルセロナからU-21スペイン代表DFホルヘ・クエンカ(20)を獲得したことを発表した。 アルコルコンの下部組織からバルセロナに入団したホルヘ・クエンカ。190㎝の長身を武器にセンターバックを主戦場とする選手で、2018年10月に行われたコパ・デル・レイのレオネサ戦でトップチームデビューを果たした。昨季はラ・リーガの試合でベンチ入りしたものの、出場機会はなく、それが最初で最後の試合となった。 移籍金は250万ユーロ(約3億円)で、成績次第でさらに400万ユーロ(約5億円)のボーナスが支払われるとのこと。また、バルセロナは買い戻しオプションと、将来的にビジャレアルから移籍した場合の移籍金の20%を受け取る条項も明らかにしている。 なおビジャレアルによると、ホルヘ・クエンカは子供の頃からビジャレアルのファンで、父親の影響から黄色いユニフォームを着てチームを応援していたそうだ。 2020.09.22 19:38 Tue
twitterfacebook