清武PK弾を堅守で守り抜いたC大阪が3戦ぶり白星で2位浮上! 連敗の湘南は最下位に…《J1》

2020.08.01 21:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第8節、湘南ベルマーレvsセレッソ大阪が8月1日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、アウェイのC大阪が1-0で勝利した。前々節に初白星も16位に低迷する湘南は、1-3の逆転負けとなった川崎フロンターレとの神奈川ダービーから先発3人を変更。最前線に石原、2シャドーに松田、山田という前線の構成となった。

対して直近2試合連続ドローでやや足踏みが続く4位のC大阪は、1-1のドローに終わったサガン鳥栖戦から先発3人を変更。2トップが柿谷と豊川のコンビから奥埜と今季初先発の鈴木孝に代わった。

戦前の予想通り、後方からボールを動かすC大阪に対して、ホームの湘南が圧力をかけていく展開に。中盤での潰し合いが目立つ中、7分にはアウェイチームがセットプレーの二次攻撃から藤田が左足のシュートを放つが、これは枠を捉え切れない。

時間の経過と共に持ち味の高い位置からのプレスが機能し出した湘南は23分に最初の決定機。高い位置でのボール奪取から齊藤、松田と繋ぎ最後はボックス中央の岡本が右足のグラウンダーシュートを狙うが、これはわずかに枠の左へ外れた。

その後、飲水タイムの短い中断をキッカケに流れを取り戻したC大阪が、ハーフタイムにかけて攻勢を強める。30分にはレアンドロ・デサバトの右クロスを鈴木孝がヘディングシュート、36分にはボックス手前で仕掛けた坂元がミドルシュートを放っていくが、前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。

迎えた後半は立ち上がりこそC大阪が攻勢を強めていくが、時間の経過と共にこう着状態に陥っていく。互いに散発的にフィニッシュまで持ち込んでいくが、集中した守備を崩し切るまでには至らず。

その後も睨み合いの状況が続くが、アウェイチームの果敢な仕掛けが試合の均衡を破る。70分、相手陣内右サイドのハーフスペースで縦に仕掛けた坂元がボックス中央でDFを背負う奥埜の足元にパス。そして、見事なポストワークでタメを作った奥埜からのリターンパスに反応した坂元がDF馬渡に後方から倒されてPKを獲得。これをキッカーの清武が冷静に左隅へ決め切り、待望の先制点を奪った。

ややもったいない形からの失点でビハインドを背負うことになった湘南は失点直後に前節J初ゴールを挙げた切り札のタリク、福田を同時投入。全体を押し上げて前がかりの攻撃に打って出る。だが、危険なスペースをきっちりと埋めるアウェイチームの老獪な守備を前に効果的な仕掛けを見せられず。逆に、不用意なボールロストからカウンターを許すと、83分には坂元と豊川のコンビにゴールを脅かされるが、ここはGK谷の冷静な対応で事なきを得た。

その後、湘南の決死のパワープレーをきっちりと撥ね返し続けたC大阪が、清武のPKによるゴールを最後まで守り切って試合をクローズ。湘南との接戦をモノにし、3戦ぶりの白星で2位に浮上した。敗れた湘南は今季2度目の連敗で最下位に転落した。

湘南ベルマーレ 0-1 セレッソ大阪
【C大阪】
清武弘嗣(後27)
コメント
関連ニュース
thumb

C大阪がブラジル1部から191cmの長身DFチアゴが完全移籍で獲得、背番号「6」

セレッソ大阪は21日、ブラジルのセアラーからDFチアゴ(30)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「6」となる。 チアゴは191cm、89kgの大型センターバック。ブラジルのクリシューマやグアラニ、アトレチコ・ミネイロ、バイーアなどでプレーしていた。 チアゴはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで90試合に出場し8ゴール、セリエBで21試合に出場し1ゴール2アシストを記録していた。 今シーズンは22試合に出場し1ゴールを記録していた。 チアゴは、日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日し、メディカルチェックを経て、正式契約の予定となっている。 2021.01.21 19:01 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪の守備を支えたDFヨニッチが上海申花へ電撃移籍「セレッソを第二の家として一生忘れません」

セレッソ大阪は21日、クロアチア人DFマテイ・ヨニッチ(29)が中国スーパーリーグの上海申花へ完全移籍することを発表した。 ハイデュク・スプリトなどクロアチア国内クラブでプレーしたのち、韓国の仁川ユナイテッドでプレーしていたヨニッチ。Kリーグでもベストイレブンに2年連続で選ばれると、2017年にC大阪へ完全移籍していた。 C大阪ではヨニッチはディフェンスの軸としてプレー。4シーズン在籍しJ1通算135試合に出場し11得点を記録。出場しなかったのはわずか1試合とC大阪を支え続けていた。 2017年にはリーグカップと天皇杯で優勝。個人でも2020年に優秀選手賞を受賞していた。 「親愛なるセレッソ大阪とファンの皆様、突然のことで皆様を驚かせてしまい申し訳ありません。私のサッカー人生の中でセレッソの一員になれた事は最高な出来事でした」 「皆様が自分を必要としている事は誰よりも分かっていますが、家族と相談し、年齢的にもこれが最後のチャンスと思い、新しい環境で自分を試したい、という決意に至りました。私を必要とし熱心に話をしてくれたセレッソには本当に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです」 「私はセレッソを第二の家として一生忘れません。今までサポートして下さった選手、スタッフ、サポーターの皆様、本当にありがとうございました。桜の戦士はいつまでも僕の心に居続けます」 2021.01.21 18:32 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪がU-23チームでプレーしたFWウェリング・ピアスの契約満了を発表「次のステージで頑張ります!」

セレッソ大阪は21日、オーストラリア人FWウェリング・ピアス(22)の契約満了を発表した。 アビスパ福岡スクール出身で、日本人の母親とオーストラリア人の父親を持つウェリング・ピアスは、2016年に母国・オーストラリアのメルボルン・ビクトリーでファーストチームへ昇格。その後、2018年5月のトライアルを経て、同年7月にC大阪へ入団した。 明治安田J3を主戦場に2018年は10試合で2得点、2019年は10試合1得点を記録。昨季は明治安田J3でキャリアハイの18試合に出場したが、ノーゴールに終わった。 C大阪を去るウェリング・ピアスはクラブの公式サイトで以下のように別れのコメントを残している。 「クラブに在籍した2年半、全チームメイト、スタッフ、コーチそしてファン、サポーターのみなさん、ありがとうございました。次のステージで頑張ります!」 2021.01.21 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪、今治からFW澤上竜二が復帰も選手登録せず

セレッソ大阪は21日、FC今治へ期限付き移籍していたFW澤上竜二(27)の復帰を発表した。 澤上は、大阪体育大学から2016年にC大阪に入団。1年目はチームがJ2を戦っていたこともあり、30試合に出場し1得点を記録していた。 チームがJ1に昇格した2017年以降は出場機会が減少。2018年には右脛骨跳躍型疲労骨折と診断され離脱。2019シーズンはU-23として明治安田J3で26試合に出場し3得点を記録したが、J1での出番はなかった。 2020シーズンもC大阪U-23として9試合に出場し2得点を記録すると、シーズン途中に今治へと期限付き移籍。23試合で1得点を記録していた。 なお、澤上は現在長期治療中のため、Jリーグの登録は行わないとしている。 2021.01.21 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪U-18のMF近藤蔵波がアルビレックス新潟シンガポールに加入内定、J3で通算11試合1得点

セレッソ大阪は20日、U-18に所属しているMF近藤蔵波(18)がアルビレックス新潟シンガポールに加入することが内定したと発表した。 近藤は徳島県出身で、U-15からセレッソ大阪に所属。2019シーズンからはC大阪 U-23としてプレーしていた。 2019シーズンは明治安田J3で4試合に出場。2020シーズンは明治安田J3で7試合に出場し1得点を記録していた。 シンガポールでのプレーを選んだ近藤はクラブを通じてコメントしている。 「2021年からアルビレックス新潟シンガポールに加入することになりました。セレッソでの6年間、自分をサポートして頂き本当に感謝しています」 「次のステージで活躍できるように全力で頑張るので、応援よろしくお願い致します」 2021.01.20 13:03 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly