清武PK弾を堅守で守り抜いたC大阪が3戦ぶり白星で2位浮上! 連敗の湘南は最下位に…《J1》

2020.08.01 21:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第8節、湘南ベルマーレvsセレッソ大阪が8月1日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、アウェイのC大阪が1-0で勝利した。前々節に初白星も16位に低迷する湘南は、1-3の逆転負けとなった川崎フロンターレとの神奈川ダービーから先発3人を変更。最前線に石原、2シャドーに松田、山田という前線の構成となった。

対して直近2試合連続ドローでやや足踏みが続く4位のC大阪は、1-1のドローに終わったサガン鳥栖戦から先発3人を変更。2トップが柿谷と豊川のコンビから奥埜と今季初先発の鈴木孝に代わった。

戦前の予想通り、後方からボールを動かすC大阪に対して、ホームの湘南が圧力をかけていく展開に。中盤での潰し合いが目立つ中、7分にはアウェイチームがセットプレーの二次攻撃から藤田が左足のシュートを放つが、これは枠を捉え切れない。

時間の経過と共に持ち味の高い位置からのプレスが機能し出した湘南は23分に最初の決定機。高い位置でのボール奪取から齊藤、松田と繋ぎ最後はボックス中央の岡本が右足のグラウンダーシュートを狙うが、これはわずかに枠の左へ外れた。

その後、飲水タイムの短い中断をキッカケに流れを取り戻したC大阪が、ハーフタイムにかけて攻勢を強める。30分にはレアンドロ・デサバトの右クロスを鈴木孝がヘディングシュート、36分にはボックス手前で仕掛けた坂元がミドルシュートを放っていくが、前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。

迎えた後半は立ち上がりこそC大阪が攻勢を強めていくが、時間の経過と共にこう着状態に陥っていく。互いに散発的にフィニッシュまで持ち込んでいくが、集中した守備を崩し切るまでには至らず。

その後も睨み合いの状況が続くが、アウェイチームの果敢な仕掛けが試合の均衡を破る。70分、相手陣内右サイドのハーフスペースで縦に仕掛けた坂元がボックス中央でDFを背負う奥埜の足元にパス。そして、見事なポストワークでタメを作った奥埜からのリターンパスに反応した坂元がDF馬渡に後方から倒されてPKを獲得。これをキッカーの清武が冷静に左隅へ決め切り、待望の先制点を奪った。

ややもったいない形からの失点でビハインドを背負うことになった湘南は失点直後に前節J初ゴールを挙げた切り札のタリク、福田を同時投入。全体を押し上げて前がかりの攻撃に打って出る。だが、危険なスペースをきっちりと埋めるアウェイチームの老獪な守備を前に効果的な仕掛けを見せられず。逆に、不用意なボールロストからカウンターを許すと、83分には坂元と豊川のコンビにゴールを脅かされるが、ここはGK谷の冷静な対応で事なきを得た。

その後、湘南の決死のパワープレーをきっちりと撥ね返し続けたC大阪が、清武のPKによるゴールを最後まで守り切って試合をクローズ。湘南との接戦をモノにし、3戦ぶりの白星で2位に浮上した。敗れた湘南は今季2度目の連敗で最下位に転落した。

湘南ベルマーレ 0-1 セレッソ大阪
【C大阪】
清武弘嗣(後27)
コメント
関連ニュース
thumb

方針転換のC大阪が選手背番号リストを公開! 復帰の大久保嘉人は「20」、象徴「8」は…

セレッソ大阪は16日、2021シーズンの選手背番号リストを公開した。 昨季の明治安田生命J1リーグで4位に滑り込み、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ出場権を獲得したC大阪だが、2年間にわたるミゲル・アンヘル・ロティーナ体制に終止符。新シーズンから若手育成に立ち返るべく、2013年以来4度目の再任となるレヴィー・クルピ監督の下でリスタートを図る。 その新シーズンに向けてはクラブの象徴である背番号「8」の継承者だったFW柿谷曜一朗や、ロティーナ体制下で主軸を担ったMFレアンドロ・デサバト、FWブルーノ・メンデスのほか、FW都倉賢も退団。一方で、15年ぶり古巣復帰のFW大久保嘉人をはじめ、レンタルバック組を含む13選手を獲得した。 背番号「8」が欠番となるなか、プレー面だけでなく、若手に対する経験値の還元も期待され、再び桜のユニホームに袖を通す大久保は「20」に。守備陣拡充の一手となるDF進藤亮佑は北海道コンサドーレ札幌時代と同じく「3」に決まり、2019年のKリーグで得点王に輝いたFWタガートは「9」を着用する。 そのほか、既存戦力だと、DF小池裕太、DF西尾隆矢、MF西川潤、FW藤尾翔太が背番号を変更。レンタルバック組はFW中島元彦が「28」、FW山田寛人が「34」をつける。なお、DFヨニッチの名前は16日時点のリストに含まれず…。現在、交渉中の選手は掲載しておらず、決まり次第発表するという。 ◆選手背番号一覧 GK 21.キム・ジンヒョン 50.松井謙弥←水戸ホーリーホック/完全 DF 2.松田陸 3.進藤亮佑←北海道コンサドーレ札幌/完全 14.丸橋祐介 15.瀬古歩夢 16.新井直人←アルビレックス新潟/完全 24.鳥海晃司←ジェフユナイテッド千葉/完全 26.小池裕太※背番号変更 33.西尾隆矢※背番号変更 MF 4.原川力←サガン鳥栖/完全 5.藤田直之 10.清武弘嗣 17.坂元達裕 18.西川潤※背番号変更 19.為田大貴←ジェフユナイテッド千葉/完全 25.奥埜博亮 30.喜田陽 40.松本泰志←サンフレッチェ広島/期限付き FW 9.タガート←水原三星ブルーウィングス(韓国)/完全 13.高木俊幸 20.大久保嘉人←東京ヴェルディ/完全 28.中島元彦←アルビレックス新潟/復帰 29.加藤陸次樹←ツエーゲン金沢/完全 31.藤尾翔太※背番号変更 32.豊川雄太 34.山田寛人←ベガルタ仙台/復帰 35.松田力←ヴァンフォーレ甲府/完全 監督 レヴィー・クルピ 2021.01.16 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪DF森下怜哉がさらなる武者修行! 栃木、松本の次は町田にレンタル

FC町田ゼルビアは15日、セレッソ大阪に所属するDF森下怜哉(22)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日まで。背番号は「15」を着用する。 C大阪下部組織出身の森下は2種登録選手の期間を経て、2017年にトップチーム昇格。2019年に栃木SC移籍を機に武者修行の旅に出ると、昨季は松本山雅FCに加わり、明治安田生命J2リーグ15試合1得点を記録した。 新シーズンからさらなるレンタルで町田でプレーすることが決まった森下はクラブを通じて、意気込みを語っている。 「FC町田ゼルビアのファン・サポーターの皆さん! 森下怜哉です。J1昇格のために、全力でプレーします! このクラブとファン・サポーターの皆さんと共に自分自身も成長していきたいと思っています。一緒に戦いましょう!」 2021.01.15 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

岩手がC大阪のDF田平起也を育成型期限付き移籍で獲得

いわてグルージャ盛岡は14日、セレッソ大阪のDF田平起也(19)を育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 移籍期間は2021年2月1日から2022年1月31日までとなる。 田平はC大阪U-15から神戸弘陵学園に進学。2020シーズンに入団。トップチームでの出場はなかったが、U-23チームとして明治安田J3で22試合に出場し1得点を記録していた。 岩手は「高さもあり、左利きでボールを動かせるディフェンダー」とプレースタイルを紹介している。 田平はクラブを通じてコメントしている。 ◆いわきグルージャ盛岡 「セレッソ大阪から来ました田平起也です!「たつや」と呼んでください!チームの為に闘い、また大きく成長できるよう日々精進していきます。応援よろしくお願いします!」 ◆セレッソ大阪 「小さい頃の夢であったセレッソ大阪でプロキャリアをスタートすることができ、また憧れていたスタジアムでプレーできて幸せです」 「この度、いわてグルージャ盛岡に移籍することになりました。支えてくれている人への感謝忘れずに大きく成長してきます!引き続き応援してもらえたら嬉しいです!」 2021.01.14 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

讃岐がC大阪のMF吉馴空矢を育成型期限付き移籍で獲得「ひと回り大きくなって帰って来れるように」

カマタマーレ讃岐は14日、セレッソ大阪のMF吉馴空矢(19)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなり、C大阪との公式戦には出場できない。 吉馴はC大阪U-15、C大阪U-18と下部組織で育ち、2019年にトップチーム昇格。トップチームでは出場機会はなかったものの、C大阪U-23として明治安田J3でプレー。2シーズンで42試合に出場し1得点を記録していた。 吉馴はクラブを通じてコメントしている。 ◆カマタマーレ讃岐 「セレッソ大阪から来ました吉馴空矢です!J2昇格に向けて精一杯頑張りますので、応援をよろしくお願いします!」 ◆セレッソ大阪 「プロになる機会を与えて頂いて本当に感謝しています!セレッソ大阪U-15からお世話になり、初めての移籍で不安はありますが、カマタマーレ讃岐でひと回り大きくなって帰って来れるように頑張ります!引き続き、応援をよろしくお願いします!」 2021.01.14 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪でプレーしたFWブルーノ・メンデスがJ1復帰の福岡へ期限付き移籍

アビスパ福岡は13日、ウルグアイのデポルティーボ・マルドナドがFWブルーノ・メンデス(26)が期限付き移籍で加入することを発表した。 ブルーノ・メンデスはグアラニやボタフォゴ、アトレチコ・パラナエンセなどでプレー。2019年にセレッソ大阪へ期限付き移籍で加入した。 2019シーズンは明治安田J1で24試合に出場し6得点を記録。2020シーズンは明治安田J1で24試合に出場し9得点を記録していた。 通算成績では、J1で48試合15得点、リーグカップで9試合5得点を記録していた。 ブルーノ・メンデスはクラブを通じてコメントしている。 「初めまして、ブルーノ・メンデスです。アビスパ福岡のユニホームを着てプレーすることを誇り高く嬉しく思います」 「今季アビスパ福岡にとって素晴らしい一年になる為に、自分の戦う姿勢を全面に出してチームの力になります。必ずチームが目指す目標を達成しましょう」 「Vamos Juntos Avispa Fukuoka!(共に行こうアビスパ福岡!)」 2021.01.13 17:24 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly