バラック、財政難の古巣救うため40枚のユニをオークションに出品

2020.07.31 14:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ドイツ代表のミヒャエル・バラック氏がキャリアをスタートしたケムニッツFCの財政問題を解決するため乗り出した。ドイツ『キッカー』が伝えている。

現役時代にレバークーゼンやバイエルン、チェルシーで活躍したバラック氏は、フットボーラーとしてのキャリアをスタートしたのはケムニッツ。同氏は1997年にカイザースラウテルンに移籍するまで、下部組織時代を含め10年以上在籍していた。

そのケムニッツは今シーズンのドリッテ・リーガ(ドイツ3部)を17位で終え、降格となり、来シーズンはレギオナルリーガ(ドイツ4部)で戦うことに。
さらに、新型コロナウイルスによる財政面のダメージが重なり、8月中旬までに45万ユーロ(約5500万円)を調達できない場合、破産となる絶体絶命の状況だ。

現在、約30万ユーロ(約3700万円)の資金調達に成功しているものの、目標金額には残り15万ユーロ(約1800万円)が必要となっている。

そういった中でバラック氏は古巣の窮地を救うため、自身が所有する40枚のユニフォームを今回オークションに出品し、その収益を全額古巣に寄付することを決断。なお、各ユニフォームの最低入札価格は200ユーロ(約2万5000円)に設定されている。

関連ニュース
thumb

3連勝で4位浮上にドルトムント指揮官は歓喜 「自信に満ちたパフォーマンスを示せた」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が白星を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ドルトムントは29日に行われたブンデスリーガ第18節でレバークーゼンと対戦した。リーグ再開後2連勝と好調のチームは立ち上がりから守勢に回りながらも33分にFWカリム・アデイェミのブンデスリーガ初ゴールで先制。53分にはオウンゴールで追加点を挙げると、その後は集中した守備で最後までリードを守り抜き、2-0で勝利した。 リーグ戦3連勝を飾り4位に浮上したテルジッチ監督は試合後にチームのパフォーマンスを称賛し、この調子を続けていきたいと述べている。 「結果だけでなく、パフォーマンスにも非常に満足だ。序盤は非常にオープンな展開となり、予想通りの激しいゲームとなった。そこで我々は成熟し、自信に満ちたパフォーマンスを示せたと思う。勝利に値する形で、ピッチを去ることができたね。今日はとても満足しているが、まだまだ先は長い」 「レバークーゼンがどのように試合を始めるかは、メンバー表を見た時点ではよくわからなかった。我々としてはテンポ良くやろうと決めて、小柄で速い選手を多くピッチに立たせたよ。その後、システムを相手に適応させ、15分以降に主導権を握り、当然のようにリードを奪えた」 「勝利の後に順位表を見るのは、いつだって楽しい。リーグ戦での状況は改善されたと思う。我々にとって重要な場所との差は縮まり、レバークーゼンとの差は広がった。あとは、次のステップに進む準備ができているかだ」 また、テルジッチ監督は記念すべきリーグ戦初ゴールのアデイェミに言及。ゴール以外のプレーにも称賛の言葉を送っている。 「今日、彼はブンデスリーガ初ゴールを決めた。第1節のレバークーゼン戦でも、惜しいシーンはあったのだ。レバークーゼンは我々にとっての左サイドを経由してカウンターを仕掛けるのが得意だとわかっていた。だから、我々はカリムのスピードで対抗したかったのだ。今日の彼のプレーには、とても満足している」 2023.01.30 13:32 Mon
twitterfacebook
thumb

【ブンデス日本人選手】鎌田アシストの同点弾でフランクフルトがバイエルンとドロー

ブンデスリーガ第18節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第18節では板倉、伊藤、遠藤、長谷部、堂安、吉田、上月が先発出場、鎌田、原口、浅野が途中出場した。 長谷部が先発したフランクフルトは、アウェイで首位バイエルンと対戦。試合は34分に右サイドからミュラーの上げたクロスをサネがボレーで蹴り込 み、バイエルンが先制。 1点のビハンドで迎えた後半、攻め手を欠くフランクフルトは64分に鎌田を投入。すると69分、ロングカウンターに転じた流れから鎌田とコロ・ムアニが連係。鎌田のシュートフェイクからのラストパスをボックス左で受けたコロ・ムアニが左足でシュートを決めきった。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。途中出場の鎌田のアシストでフランクフルトが、バイエルンとの上位対決をドローに持ち込んだ。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽1/28 ホッフェンハイム 1-4 ボルシアMG ◆フル出場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽1/28 バイエルン 1-1 フランクフルト ◆64分からプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽1/28 バイエルン 1-1 フランクフルト ◆フル出場 ★堂安律[フライブルク] ▽1/28 フライブルク 3-1 アウグスブルク ◆82分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽1/28 ヘルタ・ベルリン 0-2 ウニオン・ベルリン ◆89分からプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽1/29 シャルケ 0-0 ケルン ◆フル出場 ★上月壮一郎[シャルケ] ▽1/29 シャルケ 0-0 ケルン ◆フル出場 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽1/27 ライプツィヒ 2-1 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽1/27 ライプツィヒ 2-1 シュツットガルト ◆フル出場 ★浅野拓磨[ボーフム] ▽1/28 マインツ 5-2 ボーフム ◆後半からプレー 2023.01.30 07:20 Mon
twitterfacebook
thumb

アデイェミがブンデス初弾、ドルトムントがレバークーゼン下して再開後3連勝《ブンデスリーガ》

ドルトムントは29日、ブンデスリーガ第18節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 前節マインツ戦をレイナの後半追加タイム弾で劇的勝利とした5位ドルトムント(勝ち点31)は、アラーが先発。アデイェミ、ブラントと共に3トップを形成した。 ドルトムント同様、再開後連勝スタートの8位レバークーゼン(勝ち点24)に対し、守勢の入りとなったドルトムントは16分にピンチ。 ヴィルツのスルーパスでボックス右に侵入したディアビに枠内シュートを打たれたが、GKコベルが好守で凌いだ。 その後も守勢のドルトムントだったが、33分に先制する。ヴォルフのインターセプトを起点に、ブラントとベリンガムの連係で右サイドを突破。ブラントのクロスをアラーがスルーし、最後はアデイェミが蹴り込んだ。 アデイェミのブンデス初ゴールで先手を取ったドルトムントは、ハーフタイムにかけてはボールを動かしながら時間を進め、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、開始3分のディアビの枠内シュートをGKコベルが防いだドルトムントは53分に追加点。ベリンガムが右サイドへ展開したプレーから、ヴォルフがクロスを入れるとタプソバのオウンゴールを誘った。 2点をリードしたドルトムントはアラーをお役御免としモデストを投入。自陣に引きながらレバークーゼンの攻撃を受け止めにかかった。 そして76分のピンチではディアビのシュートをGKコベルが好守で凌ぐと、終盤にかけてもレバークーゼンの攻勢を受け止めてシャットアウト勝利。ドルトムントが再開後3連勝としている。 2023.01.30 03:25 Mon
twitterfacebook
thumb

シャルケが連敗ストップも決定機を欠きゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第18節のシャルケvsケルンが29日に行われ、0-0の引き分けに終わった。シャルケの吉田麻也と上月壮一郎はフル出場している。 リーグ戦3連敗中の最下位シャルケ(勝ち点9)が、12位ケルン(勝ち点21)をホームに迎えた一戦。シャルケの吉田はセンターバック、上月は右MFで共に先発した。 シャルケは開始早々の2分に決定機。セットプレーの二次攻撃からから右サイドでボールを拾ったスカルケのクロスをイェンツが頭で合わせたが、シュートは相手GKが右手一本で掻き出した。 以降は両チームともに決定機はおろかシュートまで持ち込むことができない時間が続く。そんな中、シャルケは38分にボックス内で上月とスイッチしたラツァがラストパスを送ったが、これはテローデには合わず、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、シャルケは開始早々の50分にピンチ。カインツの右FKをゴール右手前に走りこんだヒューバースにワンバウンドしたボールを頭で合わせたが、これはクロスバーに救われた。 対するシャルケは65分、ウロネンの右CKからクラウスがドンピシャのヘディングシュートで合わせたが、これはわずかに枠の上に外れた。 その後は互いに選手を入れ替えながら勝ち越しゴールを目指したが、最後までスコアは動かず。互いに決定力を欠いた試合はゴールレスドローで終了した。 2023.01.30 01:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「試合を別次元へと引き上げた」クラブのFP最年長出場となった長谷部誠は最高評価、アシストの鎌田大地もまずまず「巧妙なアイデア、スマートさを見せた」

フランクフルトのMF長谷部誠が、最高の評価を得た。 28日、ブンデスリーガ第18節でフランクフルトはバイエルンとアウェイで対戦した。 首位を走るバイエルンと、6位につけるフランクフルトの対戦。両者の勝ち点差は「5」であり、フランクフルトとしては勝利したい一戦だった。 長谷部は再開後の2試合はベンチに座っていたが、この大一番で先発出場。昨年10月に負傷したこともあり、リーグ戦10試合ぶりの出場。3バックの一角としてフル出場し、フィールドプレーヤーとしてクラブの歴代最年長の記録を樹立。バイエルンの攻撃を抑えていた。 ドイツ『フランクフルター・ルントシャウ』は、長谷部に対して同点ゴールのフランス代表FWランダル・コロ・ムアニと共に最高の評価を与え、ベテランとしてのパフォーマンスを称賛した。 「またもやベテランが登場。新年最初の出場で、欠場していたことを忘れるかのようなプレー。彼は冷静沈着でありながら、デュエルに強く、単純に試合を別次元へと引き上げてくれた」 「なぜどの監督も、まず他の選手を試すのか?それは不可解。39歳の今、アイントラハトのフィールドプレーヤーとして史上最年長となった。また1つ記録更新された。素晴らしい」 また、途中出場ながら同点ゴールをアシストした日本代表MF鎌田大地もまずまずの評価を得ている。 「ベンチからのスタートとなり30分しかプレーしなかったが、24分には最高のパフォーマンスを見せた。この時間帯はとても巧妙なアイデア、スマートさを見せ、彼はコロ・ムアニの同点ゴールを生み出したことは偶然ではない。正しい道を歩んでいた」 首位のバイエルンとドローに終わったフランクフルト。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保するとともに、2月から再開するCLも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部が記録樹立!鎌田は相手3人を引きつけるタメから同点弾シスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Yi8rQ1WX_ko";var video_start = 32;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.29 21:55 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly