アラベスの新監督候補に浮上のマチン氏が青島黄海との契約を解消を発表

2020.07.30 02:02 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン人指揮官のパブロ・マチン氏(45)は29日、自身のツイッター(@pablomachindiez)で中国スーパーリーグの青島黄海との契約を解消したことを発表した。

2019年12月にエスパニョールの指揮官を解任されたマチン氏は、今年6月にフアン・マヌエル・リージョ監督が退任した青島黄海の新指揮官に就任。しかし、同氏は“個人的な理由”から中国には渡らず、青島黄海へ契約解消を申し出たようだ。

マチン氏は29日にツイッターを更新。今回の報告と青島黄海への感謝を述べている。

「私は昨日、青島黄海へ個人的な理由で中国に行くことが出来ないと連絡した。だから、青島黄海の指揮官にはならない。クラブやファンが私に示した支持と熱意に感謝している。彼らの成功を祈っている」

なお、スペイン『マルカ』によれば、マチン氏はアラベスの新監督候補浮上しているようだ。今月6日にアシエル・ガリターノ監督を解任したアラベスは、かつてローマやサンプドリアで指揮を執ったエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏(50)の招へいに動いていたが、イタリアに残って監督キャリアを積みたいという本人の意向により破談。

そのため、アラベスはラ・リーガでの実績のあるマチン氏を新たな後任候補の筆頭に置いているという。
コメント
関連ニュース
thumb

アラベスがパブロ・マチン氏を新指揮官に招へい!

アラベスは5日、パブロ・マチン氏(45)の新監督招へいを発表した。 先月6日にアシエル・ガリターノ前監督を解任したアラベスは、今シーズンのラ・リーガを16位でフィニッシュ。巻き返しを図る新シーズンに向け、イタリア人指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏(50)の招へいを目指したが、先日にカリアリの新指揮官に就任した同氏にはオファーを断られていた。 そして、クラブが最終的に選んだのは、これまでジローナ、セビージャ、エスパニョールとプリメーラでの豊富な経験を持つマチン氏だった。 2019年12月にエスパニョールの指揮官を解任されたマチン氏は、今年6月にフアン・マヌエル・リージョ監督が退任した中国スーパーリーグの青島黄海の新指揮官に就任。しかし、同氏は“個人的な理由”から中国には渡らず、先月29日にクラブとの契約を解消していた。 2020.08.05 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

フライブルクがアラベスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWデミロビッチを獲得

フライブルクは27日、アラベスからボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエルメディン・デミロビッチ(22)を完全移籍で獲得することを発表した。 デミロビッチは、ハンブルガーSVのユース出身で、その後RBライプツィヒの下部組織に加入。2017年7月にアラベスのBチームへ移籍すると、2018年7月にファーストチームへ昇格していた。 しかし、その後はソショー、アルメリアへとレンタル移籍し、今シーズンはスイス・スーパーリーグのザンクト・ガレンへレンタル移籍。リーグ戦26試合で13ゴール6アシストを記録していた。 デミロビッチは今回の移籍について「僕は本当にこの一歩を楽しみにしている。フライブルクは若い選手にとって、とても素晴らしいところだ。この環境を利用して、自分自身を成長させ、クラブが成功を収められるようにしたいと思う」とコメント。移籍を喜ぶとともに、意気込みを語った。 なお、スイス・スーパーリーグは8月3日まで開催。その後にチームへと合流する。 今シーズンのフライブルクは、ブンデスリーガを8位で終えていた。 2020.07.28 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

元ローマ指揮官のディ・フランチェスコ氏、アラベスのオファーに断り

ローマやサンプドリアで指揮を執ったエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏だが、スペインからのオファーを断ったようだ。 ディ・フランチェスコ氏は、引退後に指導者の道を歩み、ヴィルトゥス・ランチャーノで監督キャリアをスタート。その後は、ペスカーら、レッチェ、サッスオーロと指揮を執り、2017年6月には古巣のローマの監督に就任。今シーズンはサンプドリアの監督に就任したが、4カ月で解任されていた。 サンプドリアの監督を解任された後はフリーとなっていたディ・フランチェスコ氏。新シーズンに向けては、ラ・リーガのアラベスが招へいに動いていた。 イタリア『スポーツ・イタリア』によると、アラベスは2年契約を提示し、ディ・フランチェスコ氏も検討をしていたものの、このオファーを断ったようだ。 その理由は、イタリアに残って監督キャリアを積みたいという本人の意向があったため。ディ・フランチェスコ氏には、トリノ、フィオレンティーナ、カリアリが興味を持っているとされており、それが断りを入れた要因となったようだ。 しかしながら、トリノとフィオレンティーナは、今シーズン途中までミランを率いた、マルコ・ジャンパオロ氏も候補に挙げているとのこと。一方のカリアリも、レッチェが降格した場合にはファビオ・リベラーニ監督を招へいする可能性があるとのことだ。 2020.07.26 22:07 Sun
twitterfacebook
thumb

アラベス、終盤4試合を指揮して残留を果たしたムニィス監督が退任

アラベスは21日、ファン・ラモン・ロペス・ムニィス監督(51)の今季限りでの退任を発表した。 これまでマラガやレバンテ、ラシンなどを指揮した経歴を持つムニィス監督は、7月5日に今季終了までの契約でアラベスの指揮官に就任。終盤4試合を指揮し、1勝1分け2敗の戦績でチームは16位となり、残留を果たしていた。 2020.07.22 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

大量5ゴールを奪ったバルセロナが前節の鬱憤を晴らす圧勝劇!メッシは史上最多7度目のピチーチ賞へ前進《ラ・リーガ》

バルセロナは19日、ラ・リーガ第38節でアラベスとアウェイで対戦し5-0で大勝した。 前節のオサスナ戦で敗戦しリーグ3連覇を逃した2位バルセロナは、その試合から先発を6人変更。出場停止のピケ、ラキティッチ、ジュニオル・フィルポに加えGKテア・シュテーゲンやブラースヴァイトらに代えてスアレスやビダル、ジョルディ・アルバらを先発で起用した。 プリマヴェーラ残留を決めている15位のアラベスに対し、バルセロナは開始早々の3分にリキ・プッチの強烈なミドルシュートでアラベスゴールを脅かすと、13分にはボックス右から侵入したビダルがゴールに迫ったが、シュートはクロスバーに阻まれた。 攻勢を続けるバルセロナは24分、ボックス右から仕掛けたメッシのクロスをアンス・ファティが右足で流し込み、先制。さらに34分には、セルジ・ロベルトの右クロスをボックス左に流れながら収めたリキ・プッチのラストパスを中央に入り込んだメッシが受けると、冷静にGKとの一対一を制しゴールネットを揺らした。 勢いづくバルセロナは44分、メッシの浮き球のパスをボックス左までオーバラップしたジョルディ・アルバがダイレクトで折り返すと、最後はスアレスが頭で流し込み、3点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、バルセロナは開始早々に右足の内転筋を痛めたラングレに代わりN・セメドを投入。すると58分、リキ・プッチのパスをボックス右で受けたN・セメドがワントラップでゴール前に抜け出しシュートをゴール左に突き刺した。 後半も攻撃の手を緩めないバルセロナは、75分にもF・デ・ヨングのパスで左サイドを駆け上がったジョルディ・アルバのダイレクトクロスをメッシが右足で流し込み、5点目を奪った。 その後も危なげない試合運びでアラベスに決定機を作らせなかったバルセロナが、そのまま5-0で勝利。前節の鬱憤を晴らす圧勝劇でリーグ最終戦を飾った。なお、この試合で2ゴールを奪ったメッシは、得点ランキング2位のFWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)とのゴール差を「4」に広げ、史上最多7度目のピチーチ賞(得点王)が濃厚となっている。 2020.07.20 01:57 Mon
twitterfacebook