これぞサポーターの鑑! 愛するクラブのためにクイズ番組でとった行動が話題

2020.07.29 19:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ある1人の男性がとった行動は、まさにサポーターの鑑といえる存在と言って良いだろう。その行動を見せたのは、ボルシアMGのサポーターである、クラウス・ブリュメルさん。ドイツ『ビルト』によると、とあるクイズ番組での行動が話題となっているようだ。

ブリュメルさんは、ドイツの国営放送ARDのクイズ番組『Gefragt-Gejagt』に出演。この番組は4人1組で出演し、様々なラウンドを対戦。クイックレートラウンドでは、60秒間に出来るだけ多くの質問に答える必要があり、正解するごとに500ユーロ(約6万円)が貰えるものとなっている。つまり、答えるだけ賞金が上がるというものだ。

そんな中、ブリュメルさんが挑戦。2問目で一見簡単な問題が出されたが、答えられなかったのだ。

問題は、「2018-19シーズンのブンデスリーガ2部で優勝したチームは?」というもの。1年前の王者を答えるだけであり、自国のサッカーを観ているファンであれば、難しい問題ではない。

しかし、ブリュメルさんは少し考え、「いいや。それは言えません」と答えたのだ。

答えはケルンなのだが、ケルンはボルシアMGにとって最大のライバル。両者の対戦は“ラインダービー”としても知られ、初代ブンデスリーガ王者のケルンと、バイエルンとの2強時代を築いたボルシアMGは、今なお強いライバル関係にある。

この行動には、ボルシアMGからも賞賛が送られ、「この模範的な行動は報われるべきである。親愛なるサポーター、我々に連絡してください。メインスポンサーのFlatexと我々で、あなたに何かを用意します」とツイートされている。

いくらクイズ番組の賞金が懸かっているとはいえ、ライバルの名前を出すことを拒否したブリュメルさん。サポーターの鑑と言ってもいいだろう。

◆一瞬考えた答えは…
コメント
関連ニュース
thumb

Jリーガーの相次ぐ不祥事について村井満チェアマン「社会の一員として、断じて許されるものではない」

Jリーグは26日、選手による相次ぐ不祥事に関して、村井満チェアマンが声明を発表した。 19日にはアルビレックス新潟が、酒気帯び運転で書類送検されたブラジル人FWファビオ、スペイン人FWペドロ・マンジーとの契約解除を発表。クラブはJリーグへの報告義務を怠っていたとして、調査が入っている。 また、ベガルタ仙台では、交際女性への暴行が発覚したMF道渕諒平(26)が契約解除となっており、こちらも週刊誌報道で大きな話題となっていた。 そんな最中、25日にはガンバ大阪でブラジル人FWアデミウソンが酒気帯び運転の疑いで任意捜査される事案が発生。現在も捜査中とのことだが、この1週間で3件もの不祥事が発覚した。 村井チェアマンはJリーグを通じてこの件についてコメント。「信頼を裏切る行為」と苦言を呈した。 「度重なるJリーグの選手による不祥事が発生していることに対し、Jリーグ全体を統括する立場として、心よりお詫び申し上げます」 「これらは、コロナ禍で非常に困難な状況が続く中でもJリーグ、Jクラブを支えてくださるファン・サポーター、パートナー各社、ホームタウンの皆さま、そして社会全体の信頼を裏切る行為であり、プロサッカー選手である前に社会の一員として、断じて許されるものではありません」 「Jリーグにとって、サッカーでの勝ち負け以前に一番大事なことは、地域に貢献し必要だと思って頂くことです。ですから、我々が地域の皆さまに迷惑をかけるような存在だとしたら、それは地域における我々の存在意義を失うことに繋がります」 「改めて再発防止に関する指導を行い、クラブ・リーグスタッフ、選手、関係者一人ひとりの意識向上に向け尽力する所存です。 2020.10.26 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

アヤックス衝撃の13ゴール! 48年ぶりの珍記録でVVVフェンロに勝利《エールディビジ》

オランダの名門・アヤックスが衝撃のゴールラッシュを見せた。 24日に行われたエールディビジ第6節でアウェイのVVVフェンロ戦に臨んだアヤックス。試合はなんと0-13の衝撃的なスコアでアヤックスが勝利した。 アヤックスは12分にユルゲン・エケレカンプのゴールで先制すると、17分にはラシナ・トラオレが追加点。32分にもトラオレがゴールを奪うと、44分にドゥシャン・タディッチがゴールを奪い、前半お0-4で終える。 後半に入り、51分にVVVのクリスティアン・クムが1発退場となるとアヤックスのゴールラッシュが加速。後半だけで9ゴールを記録し、合計13ゴールを奪うことに成功した。 この13ゴールは、1972年5月に行われたフィテッセ戦でアヤックスが記録した12-1のスコアを上回り、エールディビジにおいて1試合の最多ゴールを記録を更新している。 また、この試合で5ゴールを記録したトラオレは、1985年のマルコ・ファン・バステン(6ゴール)以来の1試合5ゴールを記録した選手に。また3アシストも記録しており、これは2017年のフレンキー・デ・ヨング以来の記録となった。 VVVフェンロ 0-13 アヤックス 12分 0-1:ユルゲン・エケレカンプ(アヤックス) 17分 0-2:ラシナ・トラオレ(アヤックス) 32分 0-3:ラシナ・トラオレ(アヤックス) 44分 0-4:ドゥシャン・タディッチ(アヤックス) 54分 0-5:ラシナ・トラオレ(アヤックス) 55分 0-6:アントニー(アヤックス) 57分 0-7:ユルゲン・エケレカンプ(アヤックス) 59分 0-8:デイリー・ブリント(アヤックス) 65分 0-9:ラシナ・トラオレ(アヤックス) 74分 0-10:クラース=ヤン・フンテラール[PK](アヤックス) 76分 0-11:クラース=ヤン・フンテラール(アヤックス) 78分 0-12:リサンドロ・マルティネス(アヤックス) 87分 0-13:ラシナ・トラオレ(アヤックス) <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Sweet dreams<a href="https://twitter.com/hashtag/vvvaja?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#vvvaja</a> <a href="https://t.co/dhYIT0iZ76">pic.twitter.com/dhYIT0iZ76</a></p>&mdash; AFC Ajax (@AFCAjax) <a href="https://twitter.com/AFCAjax/status/1320112355167096833?ref_src=twsrc%5Etfw">October 24, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.25 11:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントスFWの父親がトレーニング施設に向かう道中で横転事故も奇跡の無傷

ユベントスに所属するスウェーデン代表FWデヤン・クルゼフスキの父親が、交通事故にあったようだ。 イタリア『スカイ』のチャンネル『Sky TG24』によると、くるぜふすきの父親は、23日の午後にユベントスのトレーニングセンターを訪れようとしたとのことだ。 自身が運転するジープ・レネゲードは道中のトラヴェス通りで横転。車のコントロールを失ったとみられるとのことだ。 幸いなことにクルゼフスキの父親にケガはなく、救急車が現場に駆けつける必要もなかったようだ。 パルマへのレンタル移籍から復帰したクルゼフスキは、今シーズンはここまで公式戦4試合に出場。20に行われたチャンピオンズリーグのディナモ・キエフ戦でも起用されるなど、アンドレア・ピルロ監督の下で重宝されている。 2020.10.24 20:20 Sat
twitterfacebook
thumb

感染者急増のイタリア、新型コロナウイルス被害者を揶揄と非難されたイタリア代表マンチーニ監督が謝罪

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が、新型コロナウイルス(COVID-19)に関するジョークで非難を浴び謝罪した。 マンチーニ監督は、自身のインスタグラム(mrmancini10)のストーリーズで、1枚の画像を投稿。その画像は、入院中の男性が「テレビのニュースを見て病気になってしまった」と明かしている漫画の一場面だった。 しかし、イタリアでは新型コロナウイルスが急速に拡大し、多くの感染者と死者を出した上、現在は第二波の影響を受けており、連日1日の感染者の最多記録を更新中。22日は1万6078人が感染し、夜間の外出禁止令が出るほどの状況となっている。 その状況下でのマンチーニ監督の投稿に関して、侮辱や軽蔑であるとの意見が殺到し、非難される事態に。そんな中、マンチーニ監督は自身のツイッター(@robymancio)で弁明し、謝罪した。 「このような複雑な瞬間のドラマを抜き出しているように見えた漫画をただ共有しただけだ。ただそれに過ぎない」 「そこに暗黙のメッセージはなかったし、病気の人やCOVID-19の犠牲者への敬意を欠くような意図もなかった。もしそう伝わってしまったならば、謝罪します」 2020.10.23 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「黒人の闇商人」バルサの神童、アンス・ファティを例えた記者が謝罪

バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティに対して、不適切な表現をしたスペインのジャーナリストが謝罪した。 ファティは、20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第1節のハンガリー王者のフェレンツヴァローシュ戦に先発出場。1ゴール1アシストを記録し、17歳でCLで2点目を決めた初の選手となっていた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHUXpvZ1RtYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> チームも5-1と快勝を収めていた中、スペイン『ABC』が掲載した試合レポートでは、貴社のあサルバドール・ソストレス氏がファティに関して警察が到着した時に「突然走り出す黒人の闇商人」と表現していた。 この件に関しては、チームメイトであるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがツイッターで「アンスは他の人と同じように、尊敬すべき特別な少年だ。人種差別も無礼なことも許されない」とコメント。記者の表現を非難していた。 この件を受け22日に『ABC』は謝罪文を掲載。ソストレス氏は差別の意図はなかったとした。 「フェレンツヴァローシュ戦のバルセロナのレポートでは、アンスの動きの美しさと、とても若い選手としての彼のレベルを褒め称えたいと思っていた」 「一部の表現が、人種差別的な軽蔑として捉えられててしまいました」 「彼がデビューして以来、私の全てのレポートで表現してきたように、私の意図や意見から、これ以上ない好意をこの選手に示してきた」 「誤解を招いてしまったことを深く反省し、不快に思われた方々にはお詫び申し上げます」 2020.10.22 21:25 Thu
twitterfacebook