フライブルクがアラベスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWデミロビッチを獲得

2020.07.28 21:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フライブルクは27日、アラベスからボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエルメディン・デミロビッチ(22)を完全移籍で獲得することを発表した。

デミロビッチは、ハンブルガーSVのユース出身で、その後RBライプツィヒの下部組織に加入。2017年7月にアラベスのBチームへ移籍すると、2018年7月にファーストチームへ昇格していた。

しかし、その後はソショー、アルメリアへとレンタル移籍し、今シーズンはスイス・スーパーリーグのザンクト・ガレンへレンタル移籍。リーグ戦26試合で13ゴール6アシストを記録していた。

デミロビッチは今回の移籍について「僕は本当にこの一歩を楽しみにしている。フライブルクは若い選手にとって、とても素晴らしいところだ。この環境を利用して、自分自身を成長させ、クラブが成功を収められるようにしたいと思う」とコメント。移籍を喜ぶとともに、意気込みを語った。

なお、スイス・スーパーリーグは8月3日まで開催。その後にチームへと合流する。

今シーズンのフライブルクは、ブンデスリーガを8位で終えていた。
コメント
関連ニュース
thumb

カバーニ獲得報道のベンフィカ、ドイツ代表FWワルドシュミット獲得に動く

ベンフィカがフライブルクに所属するドイツ代表FWルカ・ワルドシュミット(24)の獲得に動いているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 今シーズンをリーグ戦2位で終えるなど、シーズン無冠に終わったベンフィカ。巻き返しを狙う新シーズンに向けてはジョルジェ・ジェズス監督の復帰を始め、グレミオのブラジル代表FWエヴェルトン(24)獲得を決定的なモノにするなど積極的な動きを見せる。 さらに、数日前にはパリ・サンジェルマンを退団した大物ストライカーであるウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(33)の加入合意報道も出ている。 そして、今回新たに浮上しているのが、24歳のドイツ代表FW獲得の可能性だ。 2019年のU-21欧州選手権で得点王を獲得し、台頭したワルドシュミットは、ドイツのフル代表でも3キャップを刻む本格派のストライカーだ。今シーズンのブンデスリーガではケガの影響もあり、23試合7ゴールと目立った数字は残せていないが、伸びしろ十分の逸材だ。 その逸材獲得に向けてベンフィカはクラブ関係者を現地に派遣し、クラブ間での交渉を行う予定だという。そして、契約解除金が2300万ユーロ(約28億7000万円)に設定されているワルドシュミットに対して、1200万ユーロ(約15億円)のオファーを掲示する見込みだ。 なお、今回のワルドシュミット獲得に向けた動きは、カバーニの獲得交渉と関連があるかは現時点で不明だ。 2020.08.11 14:23 Tue
twitterfacebook
thumb

フライブルク、新守護神候補GKフレッケンとの契約延長を発表

フライブルクは10日、オランダ人GKマルク・フレッケン(27)との契約を延長したことを発表した。契約期間は明かされていない。 オランダ生まれのフレッケンはドイツのアーヘンでプロキャリアをスタート。その後、グロイター・フュルト、デュイスブルクを経て2018年にフライブルクへ完全移籍で加入。加入初年度からドイツ人GKアレクサンダー・シュウォローの控えとして過ごし、今シーズンは公式戦11試合の出場に留まっていた。 なお、昨シーズンまで守護神を務めたGKシュウォローは、今夏にヘルタ・ベルリンへ完全移籍しており、フレッケンは新守護神の最有力候補に挙がっている。 フライブルクとの新契約にサインしたフレッケンは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「この2年間で僕はフライブルクのコーチ陣やチームメイトと一緒に多くのことを学んできた。このクラブの一員でいられることを本当に嬉しく思っているし、新たなチャレンジが楽しみだ。新シーズンを前にワクワクしているよ」 2020.08.11 00:21 Tue
twitterfacebook
thumb

シュウォロー流出のフライブルク、カールスルーエ退団のGKアップホッフを獲得

フライブルクは5日、カールスルーエを退団していたドイツ人GKベンジャミン・アップホッフ(26)を獲得したことを発表した。契約期間は発表されていない。 これまでニュルンベルクやシュツットガルトに在籍した経歴を持つアップホッフは、2017年夏から3部に在籍していたカールスルーエでプレー。移籍初年度から正GKとして活躍し、2018-19シーズンに2部昇格に貢献。2019-20シーズンは2部リーグでフルタイム出場を果たしていた。 フライブルクでは守護神を務めていたドイツ人GKアレクサンダー・シュウォロー(28)がヘルタ・ベルリンに移籍していた。 2020.08.06 01:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘルタ、フライブルクの守護神シュウォローを獲得! 「ポジティブな未来を築くための基盤に」

ヘルタ・ベルリンは4日、フライブルクからドイツ人GKアレクサンダー・シュウォロー(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「1」に決定。契約期間に関しては“長期”とのみ伝えられている。 ヘルタでは今シーズン限りでドイツ人GKトーマス・クラフト(31)がクラブを去り、ノルウェー代表GKルネ・ヤルシュテイン(35)も守護神としてのパフォーマンスに疑問を残し、新たな守護神探しに動いていた。 そういった中、白羽の矢が立ったのが、フライブルクの絶対的な守護神のシュウォローだった。 フライブルクでトップチームデビューを飾ったシュウォローは、アルミニア・ビーレフェルトへの武者修行を経て、当時ブンデスリーガ2部にいた古巣に復帰。そして、2015-16シーズンに守護神としてブンデスリーガ昇格に貢献すると、以降4シーズンに渡って正GKを務めてきた。今シーズンはケガの影響でリーグ戦24試合の出場にとどまったものの、抜群の反射神経、確かなキャッチング技術を武器に安定したゴールキーピングを見せていた。 積極的な資本投下でビッグクラブを目指す首都チームへの加入が決定したシュウォローは、新天地での意気込みを語っている。 「ブルーノ・ラッバディア(監督)とミヒャエル・プレッツ(スポーツ・ディレクター)との話し合いは、初めから完全に明確でフェアなものだったよ。彼らのアイデアと、自分がここで果たすべき役割に関して本当に共感することができたんだ。ヘルタには素晴らしい伝統があり、このクラブがポジティブな未来を築くための基盤の一部になりたいと思っているよ」 「自分のことをモチベーションに優れた人間だと思っているから、この新しい挑戦に大きな熱意を持ってヘルタに来たよ。新シーズンに向け、できるだけ多くの試合に勝利できるように、そして素晴らしいサポーターを少しでも幸せにできるように、全力を尽くすよ」 2020.08.05 13:44 Wed
twitterfacebook
thumb

1部昇格のシュツットガルト、全試合出場のMFシュテンツェルを買い取り

日本代表MF遠藤航が所属するシュツットガルトは1日、フライブルクからレンタル移籍中の元U-21ドイツ代表DFパスカル・シュテンツェル(24)を完全移籍で獲得することを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 シュテンツェルはビーレフェルトやオスナブリュック、そしてドルトムントのアカデミーで育ち、2015年7月にファーストチームへ昇格。2015年12月のヨーロッパリーグのPAOK戦が唯一の公式戦出場となり、2016年1月にフライブルクへとレンタル移籍。2017年7月に完全移籍を果たしていた。 今シーズンからレンタル移籍でシュツットガルトに加入したシュテンツェルは、ブンデスリーガ2部で34試合に出場し2アシストを記録。チームの1部昇格に大きく貢献していた。 完全移籍への切り替えについてシュテンツェルは「この決断はとても簡単だった。チームにとっても、僕個人にとっても素晴らしい年だった。一緒に大きな目標を達成し、たくさんプレーした。チームではピッチの内外でとても快適に過ごしたよ」とシュツットガルトでの生活に満足感を示した。また、「今、ぼくたちはブンデスリーガで生き残るという大きな課題に直面している。本当に楽しみだ」と語り、早くも新シーズンへ気持ちが向いていることを明かした。 また、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるスヴェン・ミスリンタート氏は「パスカル(・シュテンツェル)は初日から、ピッチ内外で我々にとってとても重要な選手だった。今季のパスカルの象徴的な出場時間は、ブンデスリーガ昇格に大きく貢献していることでもわかる」と今シーズンのパフォーマンスを評価。また、「彼の前向きな性格と模範的な態度は、しっかりとコミットし、シュツットガルトと長期的な関係を築いていくとうことを決定づけた」とし、立ち振る舞いを含めてチームに残したいと考えたことを語った。 2020.07.01 19:56 Wed
twitterfacebook