C大阪U-23、村田一弘氏が監督退任 後任にU-18ヘッドコーチの丸山良明氏

2020.07.28 14:32 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
セレッソ大阪が28日、U-23の指導にあたる村田一弘監督(51)の退任と丸山良明氏(45)の就任を発表した。

村田氏は2010年に現役時代の一時期を過ごしたC大阪に指導者として復帰。今季からU-23の指揮を執り、明治安田生命J3リーグ開幕から1勝1分け4敗の14位という成績だったが、今後はアカデミー副ダイレクターおよびU-18ヘッドコーチとしてC大阪を支えていく。

新たにU-23の監督を務める丸山氏は現役時代、国内だけでなく、タイクラブでもプレー。2015年からC大阪で指導にあたり、今年からU-18のヘッドコーチを務めていた。

なお、C大阪U-23は29日に行われる次節、最下位に沈むカマタマーレ讃岐をホームに迎え撃つ。
コメント
関連ニュース
thumb

今治がC大阪のFW澤上竜二を期限付き移籍で獲得、今季はJ3で2ゴール

FC今治は13日、セレッソ大阪のFW澤上竜二(26)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年1月31日までとなり、背番号は「13」をつける。 澤上は大阪体育大学から2016年にC大阪へ入団。加入1年目はJ2で30試合に出場し1ゴールを記録。しかし、徐々に出場機会を減らしており、2019シーズンはJ1リーグ戦の出場なし。U-23としてJ3リーグで26試合に出場し3得点を記録していた。 今シーズンもここまでJ1での出場はないものの、J3で9試合に出場し2得点を記録していた。 澤上は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC今治 「セレッソ大阪から来た澤上竜二です。J2に昇格できるように、1点でも多く得点しチームに貢献できるように頑張りますので、よろしくお願いいたします」 ◆セレッソ大阪 「この2年間はJ3リーグで戦うことが多かったので、FC今治で少しでも成長しセレッソ大阪のトップチームでまた活躍できるよう頑張ってきたいと思います。今後も応援よろしくお願いいたします」 2020.08.13 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪vsFC東京は白熱のゴールレス! 貫録のキム・ジンヒョン、J1デビューの波多野と両GKが躍動《J1》

明治安田生命J1リーグ第9節、セレッソ大阪vsFC東京が9日にヤンマースタジアム長居で行われ、0-0のドローに終わった。 前節、湘南ベルマーレを破り4戦無敗で2位に浮上したC大阪は、ミッドウィークに行われたYBCルヴァンカップでも浦和レッズを相手に公式戦2試合連続のウノセロ勝利。スペイン出身の智将の下、今季も堅守が光るチームは、2006年を最後にホームで負けのない相性が良い相手に対して、公式戦3連勝を目指した。なお、4日前の浦和戦からは先発5人を入れ替え、2トップはブルーノ・メンデス、奥埜のコンビとなった。 一方、サガン鳥栖に今季初白星を献上する2-3の敗戦を喫し、3戦未勝利と調子が下降気味の6位・FC東京は、鬼門の地で4戦ぶりの白星を目指す。ACL参戦のためミッドウィークに試合がなかったことで、先発の変更は2選手のみ。ただ、守護神の林に代わって、22歳の生え抜きGK波多野がJ1デビューを飾った。 いつも通りの[4-4-2]で臨んだC大阪に対し、アウェイのFC東京は永井、ディエゴ・オリヴェイラ、レアンドロを前線に並べた[4-3-3]の布陣を採用。立ち上がりから互いにクロスを起点にチャンスを作り合う中、11分にはホームチームにビッグチャンス。 左サイドの清武から右足インスウィングの絶妙なクロスがゴール前に供給されると、これをフリーの坂元が左足で丁寧に合わせる。だが、至近距離からの決定的なシュートはGK波多野のビッグセーブに遭う。それでも、この決定機をキッカケに流れを掴んだC大阪は、23分にも厚みのある攻めから最後はボックス手前の藤田が左足のミドルシュートで相手ゴールを脅かす。 一方、飲水タイムを経て徐々にディエゴ・オリヴェイラを起点としたカウンターが機能し始めたFC東京は、幾度となく良い形を作り出していく。そして、前半終了間際にはボックス付近でのレアンドロ、永井、安部の連係からゴール右の安部にシュートチャンスも、ここはDF松田の見事な絞りの対応に遭い、先制点とはならず。 迎えた後半、C大阪がブルーノ・メンデスに代えて都倉、FC東京が永井に代えて内田と、比較的早い時間帯に交代カードを切った中、前半同様に一進一退の攻防が続く。互いに都倉、ディエゴ・オリヴェイラを前線の起点とし、深い位置まで攻め込む場面を作るが、リーグ屈指の守備陣が簡単にゴールを割らせない。 そういった拮抗した展開の中、76分には右サイド深くで巧みな仕掛けを見せた坂元が入れたクロスの流れからC大阪に決定機も、丸橋が右足で放ったシュートはDFのゴールカバーに遭い、均衡を破る先制点とはならず。 その後、試合終盤にかけて互いにフレッシュなアタッカーをピッチに送り込み、球際での勝負が強調される白熱の攻防を見せる。後半アディショナルタイムには丸橋のシュートをGK波多野が冷静にセーブして見せれば、直後にはアダイウトンの右クロスに反応したレアンドロの決定的なヘディングシュートを今度は桜の守護神キム・ジンヒョンが圧巻の反応ではじき出し、こちらもゴールを割らせず。 そして、過密日程を感じさせないハイインテンシティ、J1デビューの波多野、貫録のキム・ジンヒョンと両GKの活躍が光った一戦は0-0のドローに終わった。 セレッソ大阪 0-0 FC東京 2020.08.09 21:13 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪、DF片山瑛一に待望の第一子誕生! 「これまで以上の責任感と覚悟をもって…」

セレッソ大阪は9日、DF片山瑛一(28)に第一子となる女の子が誕生したことを発表した。 今月7日に待望の第一子が誕生した片山は、クラブ公式サイトを通じて一家の大黒柱としての新たな決意を語っている。 「この度、第一子となる長女が誕生しました。新しいライフスタイルに不安や困難が常に付き纏っていましたが、その状況下で元気な女の子を産んでくれた妻、そして元気いっぱいに産まれてきてくれた娘に心から感謝しています。これまで以上に責任感と覚悟を持って、日々精進していきます」 2018年にファジアーノ岡山から加入した片山は、今シーズンここまでの明治安田生命J1リーグで7試合に出場し1ゴールを記録。途中出場がメインもユーティリティー性を武器に欠かせない存在となっている。 2020.08.09 15:50 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:C大阪vsFC東京】ヤンマーで上位対決 FC東京は鬼門攻略なるか

明治安田生命J1リーグ第9節】 2020年8月9日(日) 19:00キックオフ セレッソ大阪 vs FC東京 [ヤンマースタジアム長居] ◆本拠での今カードは06年以来無敗【セレッソ大阪】 開幕から昨季J1最少失点を記録した堅守を生命線に大崩れしない戦いぶりで着実にポイントを積み上げるセレッソ大阪。前節の湘南ベルマーレ戦も今季4度目の無失点勝利で飾り、順位も2位に浮上した。5日に行われたYBCルヴァンカップの浦和レッズ戦も1-0の白星。良い流れをもって、2006年を最後にホームで負けていない相性の良いFC東京との今節に挑めそうだ。 ただ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)参戦組のFC東京はミッドウィークに試合がなく、コンディションにおいて、C大阪にやや不利な面のある今節に。さらに、木本恭生の負傷離脱も痛いが、ブルーノ・メンデスや都倉賢、西川潤がケガから戻り、攻撃陣に厚みが増す好材料もある。難敵だが、勝ち点5差で首位の川崎フロンターレを追うためにも負けるわけにいかない。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、藤田直之、清武弘嗣 FW:ブルーノ・メンデス、奥埜博亮 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆鬼門で4試合ぶりの白星を目指す戦い【FC東京】 6位のFC東京は2006年を最後に勝ちから遠ざかる難所で4試合ぶりの白星を目指す今節となる。前節は下位に沈むサガン鳥栖とのアウェイゲームに臨み、2-3で敗北。直接FKからゴールを決め、依然好調のレアンドロやJ1初得点の原大智が今後に向けて明るい材料を振りまいたが、開幕からいまだ勝利のない相手に不覚を取り、川崎Fが先頭に立つ上位戦線から一歩後退した。 海外移籍の橋本拳人、負傷離脱の東慶悟が抜けた中盤の再構築も続くなかで、迎える今節は色気を見せず、堅実な攻守でしぶとく勝ち切る戦い方を徹底するC大阪が相手。勝ち点3差で上を行く相手でもあるだけに、上位に追いすがるためにも、是が非でも勝ちたいゲームだ。昨季こそホームで勝利したが、直近7試合は1勝1分け5敗。相性の悪さが顕著だが、鬼門攻略なるか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:林彰洋 DF:室屋成、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:三田啓貴、高萩洋次郎、安部柊斗、レアンドロ FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 2020.08.08 17:55 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪FW西川潤にリール移籍の可能性? 実現なら来季はベルギーのムスクロンへレンタルか

セレッソ大阪のU-20日本代表FW西川潤が、リールへ移籍する可能性があるようだ。フランス『Le10sport』が報じた。 桐光学園高校出身の西川は、今シーズンから正式にC大阪の一員に。2019年にはU-17ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で活躍を見せ、U-20W杯でのプレーぶりから、ヨーロッパのクラブからも多くの関心が寄せられていた。 バルセロナなども獲得に興味を持っているとも報じられていた中、リールが興味を寄せているとのことだ。 『Le 10 Sports』によると、西川の移籍金は約250万ユーロ(約3億1200万円)程度とみられ、合意に達する可能性があるとのこと。また、2020-21シーズンは、ベルギーのムスクロンへレンタル移籍する可能性があるとしている。 リールは若手選手を育て、ビッグクラブへとステップアップさせるクラブ方針を持っており、かつてはベルギー代表MFエデン・アザールがチェルシーに、昨シーズンであればコートジボワール代表FWニコラ・ぺぺがアーセナルに高額で売却。今夏もナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンをナポリへ移籍金6000万ユーロ(約74億2000万円)で売却していた。 2020.08.05 11:45 Wed
twitterfacebook