今季51ゴールのレヴァンドフスキのため、バイエルンCEOがバロンドール中止についてFIFAに相談

2020.07.28 12:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が、中止となった2020年度のバロンドールについて見解を述べた。クラブ公式サイトが伝えた。

『フランス・フットボール』が主催となり、その年の世界で最も優れた選手へ贈られるバロンドール。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響でイレギュラーとなった2019-20シーズンを受け、今年は授与が中止になることが発表されていた。

◆2019-20シーズン、レヴァンドフスキゴール集!

『フランス・フットボール』は、「公平性に欠ける」という点と、「“COVID-19の健康危機により例外的な状況で獲得したトロフィー”とアスタリスクを付けたくなかった」という点で中止を発表したが、ルンメニゲCEOは自身のクラブで出色のパフォーマンスを見せたポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを気遣い、国際サッカー連盟(FIFA)と話し合いを持つと明かした。

「まず、ロベルト・レヴァンドフスキは素晴らしいシーズンを終えた。彼はキャリアのベストシーズンだったかもしれない。残念ながら、『フランス・フットボール』はバロンドールを授与しないことを決定した。ただ、それは公平だと思わない」

「フランスを除く全てのトップリーグのシーズンは最後までやり遂げられた。そのため、FIFAと再度話し合う必要があると思う。見守ってみよう」

「私は、きっとジャンニ・インファンティーノ会長と、表彰の可能性について話をする」

今シーズンのレヴァンドフスキは、ブンデスリーガで31試合に出場し34ゴール4アシストを記録。チャンピオンズリーグでも6試合で11ゴール2アシストを記録。公式戦合計では43試合で51ゴールを記録し、バイエルンのエースとして最高のパフォーマンスを披露していた。

バロンドールは、2010年から2016年まではFIFA最優秀選手賞と統合され『FIFAバロンドール』という名称で実施。2017年から両者は再び分かれて表彰することとなった。

FIFAはバロンドールとは別に年間最優秀選手を表彰しているが、ルンメニゲCEOの訴えがどう影響するのか。レヴァンドフスキに関わらず、多くの選手にとっても関わる事だけに注目が集まる。
コメント
関連ニュース
thumb

パヴァールがリスボンへ出発! バルセロナ戦出場可能に

バイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァールがチャンピオンズリーグ(CL)が行われているリスボンに向けて出発した。 パヴァールは先月のトレーニング中に左足にケガを負い、左足根じん帯の損傷と診断されていた。当初は全治4~6週間と言われ、今季中の復帰は難しいと思われていたが、予定よりも早く復帰できたようだ。 バイエルンは13日にツイッターでパヴァールがリスボンへ発つ様子を公開。翌14日に行われるCL準々決勝のバイエルン戦に出場できる見込みとなった。 今シーズンのパヴァールは、ブンデスリーガ32試合、CL7試合など公式戦46試合に出場。CLでは2アシストを記録している。 2020.08.13 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、バイエルン戦警戒「レヴァンドフスキだけではない、ピンチはどこからでも…」

バルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、バイエルン戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でナポリに2戦合計4-2で勝利したバルセロナ。準々決勝ではドイツ王者のバイエルンと激突する。 その一戦に向けて、グリーズマンは準備が整っていると語り、バイエルンのエースであるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを含む強力な前線の選手を警戒した。 「僕たちはバイエルン戦を楽しみにしているよ。これまで戦術的に良い戦い方をしてきた。準備は整ってるよ。難しいとわかっているけど、準決勝に勝ち進むためにはその価値を示さなければならない。とても良い試合になるだろうね」 「僕たちは自分たちのクオリティを生かしたいと思っている。調子も良くて勢いもある。良い試合ができると思うよ。前線から後ろまでひとつになり、ボールをできるだけ保持できるように努めたい」 「バイエルンは非常に上手くプレーしていて、素晴らしいストライカーがいる。だけど僕たちだって負けてない。自分たちの強さを見つめて、クオリティを示さないとね」 「彼らはフィジカル的にも優れているけど、ポゼッションも得意としている。そんな彼らを苦しめて、僕たちの展開に持ち込みたい」 「バイエルンはレヴァンドフスキだけではないんだ。ウイングの(トーマス・)ミュラーも(セルジュ・)ニャブリもとても良い選手だ。一番点を決めているのはレヴァンドフスキだけど、ピンチはどこからでもやってくるよ」 2020.08.13 16:59 Thu
twitterfacebook
thumb

“小さなマジシャン”コウチーニョがバイエルンで決めた初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがバイエルンで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆コウチーニョが親善試合で決めたクラブ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVT2RZZHd1TiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2013年1月に加入したリバプールで大ブレイクし、2018年1月にバルセロナへの夢の移籍を掴んだコウチーニョ。しかし、バルセロナでは思うような活躍が見せられず、2019年夏にバイエルンへレンタルで加入した。 バイエルンでは今シーズン公式戦34試合で9ゴールを記録したコウチーニョだが、その記念すべき初ゴールは、2019年8月25日に行われた、プレシーズンマッチ、フィルスホーフェン戦で決めたゴールだった。 アマチュアクラブとの親善試合となったこの試合では、序盤からバイエルンが圧倒的な力の差を見せつける。3-0とリードして迎えた35分、左サイドを突破し、相手ボックス内まで侵入したDFアルフォンソ・デイビスが、FWイバン・ペリシッチへパス。ペリシッチがこれをワンタッチでコウチーニョに落とすと、ゴール正面から狙いすましたシュートをゴール左へ決めてみせた。 これで4点目を奪ったバイエルン。後半さらに力の差は顕著になり、13-1という記録的大勝を収めている。 2020.08.13 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンCEO、ハビ・マルティネスの移籍を容認

バイエルンの最高経営責任者(CEO)であるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏が、元スペイン代表MFハビ・マルティネス(31)の移籍を認めた。 今季でバイエルン加入8年目となったハビ・マルティネス。近年はパフォーマンスの低下で序列が低下していたこともあり、契約切れとなる2021年を見越して、今夏での退団を望んでいる。 ルンメニゲCEOは、そんなハビ・マルティネスの去就に関して移籍を認めることを明言。ドイツ『Abendzeitung』に話した。 「彼が退団を望んでいることは知っている。適切なオファーがあれば、我々は受け入れるつもりだ」 「彼の去就の邪魔をしたくない。彼は常に素晴らしい選手で、信頼できる真面目な人間だった。我々はいつだって選手に見合った解決策を見つけたいと思っているよ」 なお、移籍先に関しては、古巣のアスレティック・ビルバオやヘタフェといったスペイン方面のほか、本人の口からはアメリカやオーストラリア行きも選択肢にあることが伝えられている。 2020.08.12 18:36 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール行き噂のチアゴの去就は? 英独で意見分かれる

バイエルンとの契約期限が残り1年に迫るスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)。クラブへ退団の意向を伝えてリバプール移籍に前向きとも言われているが、障壁も多いようだ。 バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏は先日、来夏に契約切れとなるチアゴに対して3000万ポンド(約41億8000万円)の値札を付けると公言。一時は契約延長に動いていたものの、チアゴが拒否したため今夏中の売却へシフトした模様だ。 そんなチアゴは、イギリス『スカイ・スポーツ』の記者を務めるカーヴェ・ソルヘコル氏の主張によるとユルゲン・クロップ監督の下でのプレーを望んでいるようだ。しかし同氏はまた、リバプールが中盤の強化を目指していないとの見解も示している。 一方ドイツではリバプールにチアゴ獲得を推す声も多いようで、ドイツ人記者のラファエル・ホーニッヒシュタイン氏は「リバプールに唯一欠けている点は、チアゴのようなテクニカルな選手だ」と主張している。 先月にクロップ監督から「本当に良い選手で、大好きな選手」と移籍に関する明言を避けられたチアゴ。一部ではミュンヘンの自宅を売却したとの報道もなされたが果たして。 2020.08.12 18:10 Wed
twitterfacebook