パナマ代表監督にトーマス・クリスチャンセン氏が就任

2020.07.23 18:21 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パナマサッカー協会(FEPAFUT)は23日、代表監督にトーマス・クリスチャンセン氏(47)が就任したことを発表した。

デンマーク生まれのクリスチャンセン氏は、選手としてはバルセロナの下部組織出身で、当時のトップチームはヨハン・クライフ監督の下で同じデンマーク人のミカエル・ラウドルップが活躍していた。その背景もあり、現役時代はスペイン代表として2試合の出場記録を持ち、1ゴールも記録している。

晩年にはボーフムやハノーファーなどドイツに活躍の場を移し、ボーフムではブンデスリーガ得点王に輝く活躍を披露している。

2006年の引退後、しばらく期間を空けて2014年にキプロスのAEKラルナカで監督キャリアをスタート。2016年に就任した同国のAPOELでは優勝にも導いている。

近年では、リーズ・ユナイテッドやベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズを率いたが、今年5月からフリーの状態が続いていた。

パナマ代表ではアメリコ・ガジェゴ監督が解任されており、クリスチャンセン新監督は2022年のカタール・ワールドカップ出場を視野に、チームを指揮していくことになる。
コメント
関連ニュース
thumb

ネイマール不在のブラジルが格下パナマに痛恨のドロー…《国際親善試合》

ブラジル代表は23日、国際親善試合でパナマ代表とポルトガルのエスタディオ・ド・ドラゴンで対戦し1-1の引き分けに終わった。 ロシア・ワールドカップ以降の国際親善試合を全勝しているブラジルは、ネイマールやマルセロ、ドグラス・コスタといった主力を欠く中、3トップにコウチーニョ、フィルミノ、リシャルリソンを起用した[4-3-3]の布陣を採用。中盤はインサイドにパケタとアウトゥール、アンカーにカゼミロを置き、最終ラインは右からファグネル、ミリトン、ミランダ、A・テリスと並べた。 過去の対戦で4戦全勝中のブラジルが立ち上がりから主導権を握るも、5バック気味に守るパナマの守備をなかなか攻略できない。18分には、A・テレスの左クロスからゴール右手前のフィルミノがヘディングシュートで合わせたが、これはゴール左に外れる。 さらにブラジルは、23分にも右クロスのセカンドボールをボックス手前で拾ったアルトゥールがミドルシュートレンジからゴールを狙ったが、このシュートも枠の左に逸れた。 それでも攻め続けるブラジルは32分、ファグネルのパスをバイタルエリア右でで受けたカゼミロがダイレクトクロスを供給。これをファーサイドのパケタが左足で合わせると、相手GKの手を弾いたボールがそのままゴールに吸い込まれた。 先制したブラジルだったが、一瞬のスキを突かれセットプレーから失点を許す。36分、中盤で獲得したFKからダビスがゴール前にロングパスを供給。このパスでゴール前に抜け出したマチャドがヘディングシュートをゴール左に叩き込んだ。 1-1で迎えた後半、ブラジルは51分に決定機。ファグネルの右クロスをニアのリシャルリソンが右足で合わせたが、このシュートはクロスバーを直撃。さらに59分には、左クロスをボックス中央のフィルミノがワンタッチで落とすと、パケタがシュートを狙ったが、これは相手GKの正面に飛んだ。 対するパナマは、再びセットプレーからブラジルゴールに迫る。62分、ボックス左手前でFKを獲得すると、ダビスのクロスにクミングスがダイビングヘッドで合わせたが、これはオフサイドの判定。 その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、結局最後までスコアは動かず。試合は1-1の引き分けで終了した。格下相手に痛恨のドローとなったブラジルは、26日にチェコ代表とアウェイで対戦する。 2019.03.24 04:05 Sun
twitterfacebook
thumb

韓国、パナマに2点差追いつかれてドロー《国際親善試合》

▽国際親善試合の韓国代表vsパナマ代表が16日に行われ、2-2のドローに終わった。 ▽12日にウルグアイ代表に勝利した韓国と、日本代表に0-3で大敗したパナマによる一戦。ファン・ウィジョとチョン・ウヨンの活躍で格上を撃破して勢いに乗るパウロ・ベント新体制の韓国は、そのウルグアイ戦から先発5人を変更。GKキム・スンギュ、チャン・ヒョンス、チョン・ウヨン、ファン・ウィジョとJリーグに馴染みのある4選手とホン・チョルに代わって、GKにチョ・ヒョヌ、パク・チュホ、キム・ミンジェ、ファン・インボム、ソク・ヒョンジュンが起用された。 ▽直近まで採用していた[4-2-3-1]の布陣からキ・ソンヨンをアンカーに配した[4-3-3]に変更した韓国は、立ち上がりの早い時間帯に先制する。6分、右サイドをドリブルで強引にこじ開けたファン・ヒチャンがボックス右ゴールライン際でマイナスに折り返す。これが中央の密集を抜けると、ボックス左に走り込んできた左サイドバックのパク・チュホが強烈な左足のダイレクトシュートで突き刺した。 ▽幸先良く先制に成功した韓国は右ウイングのファン・ヒチャンが躍動。17分にはイ・ヨンからのスルーパスに反応しボックス内に抜け出すが、ここは飛び出したGKと交錯してしまう。直後の21分にも再びスルーパスに抜け出しボックス右から決定的なシュートを放つが、これはGKに触られて惜しくも右ポストに嫌われた。 ▽それでも、攻勢を続ける韓国は33分、ボックス右で複数のDFを相手にキープしたソン・フンミンからの丁寧なマイナスの折り返しをファン・インボムが抑えの利いた見事な右足のダイレクトシュートでゴール左隅に流し込み追加点を奪取。その後、前半終了間際の45分に相手のFKからアロージョにヘディングで決められる、前半を1点リードで終えた。 ▽しかし、後半立ち上がりの49分、韓国はミスから同点ゴールを許してしまう。自陣中央でナム・テヒが後ろに下げたボールが攻め残りしていたブラックバーンへの絶妙なラストパスとなり、これを難なく流し込まれた。 ▽2点差を追いつかれる拙い試合運びとなった韓国は59分、ボックス手前の好位置で得たFKをソン・フンミンが直接狙うが、シュートは枠を捉えたものの相手GKの好守に遭う。 ▽その後、ウルグアイ戦で先発したチョン・ウヨン、ファン・ウィジョ、ホン・チョル、チャン・ヒョンスに加え、ジョーカーのムン・ソンミンを続けてピッチに送り出し、勝ち越しゴールを目指す韓国。77分にはムン・ソンミンの鋭いカットインシュートのこぼれ球をゴール前のナム・テヒ、その後はサイドからの正確なクロスに再びナム・テヒが飛び込んでいくが、いずれもシュートを枠に飛ばすことができず。 ▽結局、試合はこのままタイムアップを迎え、ミスもあって2点差を追いつかれた韓国はやや消化不良の形で今回の代表ウィークを終えることになった。 2018.10.16 22:08 Tue
twitterfacebook
thumb

出し手として大迫の存在感を感じたMF三竿健斗、「無理矢理にでも入れれば収めてくれる」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は11日、デンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で勝利した。 ▽代表初先発を飾ったMF三竿健斗は同試合後、囲み取材の場でパスの出し手としての反省、新体制で初出場のFW大迫勇也の存在感について語った。 ◆MF三竿健斗(鹿島アントラーズ) ――縦パスに関して前線の選手との連係は徐々に合ってきているか 「そうですね。あとはそこに出す勇気であったり、技術が必要だと感じています。それは練習から取り組んでいきたいです」 ――ポストプレーに長けた大迫選手が入ったことで出し手としての意識で変わった部分は 「ボールを収める力がすごいのでみんなそこを意識していると思いますし、無理矢理にでも入れれば収めてくれる。逃げ道として使えると思います」 2018.10.12 23:20 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本代表 3-0 パナマ代表《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は12日、新潟県のデンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で完勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ◆日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181012_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 権田修一 6.0 ▽代表戦で自身約3年半ぶりの先発。危ない場面も少なく、集中力を保つのが難しい試合だったが、落ち着いた対応でクリーンシート。 DF 3 室屋成 5.0 ▽カバーリングや積極果敢なオーバーラップが光った。ただ、クロスの精度を含め、局面でのプレーがイマイチ。個人として課題が見えた試合に。 16 冨安健洋 6.0 ▽A代表デビュー戦で堂々とプレー。セットプレーからゴールに迫り、相手に押し込まれた展開にも臆することなく対応し続けた。 20 槙野智章 5.5 ▽ディフェンスラインのリーダーとして声かけを絶やさず。卒のないプレーで冨安をフォローするなどベテランらしい立ち振る舞いが際立った。 4 佐々木翔 5.5 ▽空中戦の競り合いで強さを見せつつ、機を見た攻撃参加にも尽力。状況に応じた振る舞いで一定のパフォーマンスを見せた。 MF 17 青山敏弘 6.5 ▽中盤のバランスを司りつつ、幾度となく相手のスペースを突くパスで攻撃のスイッチ役に。南野の得点を演出するなど、存在感を際立たせた。 18 三竿健斗 5.5 ▽青山との補完性を意識したプレーでバイタルエリアをケア。味方と息の合わない場面もあったが、総じてセーフティなプレーぶり。 (→7 柴崎岳 -) 14 伊東純也 6.0 ▽前半は突破力が鳴りを潜め、消化不良な出来だったが、後半に2戦連発となる追加点。ただ、後半に無念の負傷交代。 (→21 堂安律 -) 9 南野拓実 7.0 ▽42分に青山の縦パスからの鋭いターンで2試合連続ゴール。さらに、2点目に繋がるシュートを放つなど、ピッチで背番号9が輝いた。 (→11 川又堅碁 6.0) ▽慣れ親しんだ古巣新潟の本拠でゴール。結果的にオウンゴールの判定になったが、追加招集で掴んだアピールチャンスで爪痕を残す。 8 原口元気 6.0 ▽この試合も豊富な運動量とディフェンス意識の高さで存在感。さすがの推進力でチームの攻撃にアクセントをつけ、3点目をお膳立て。 FW 15 大迫勇也 6.0 ▽ポストワークだけでなく、裏抜けの動きで攻撃の起点に。なかなかフィニッシュワークに専念できなかったが、前線でさすがの存在感を放った。 (→13 北川航也 5.5) ▽Jリーガーの中で一番ホットな男が代表デビュー。ただ、見せ場を作れたとは言い難く、無難なプレーに終始した。 監督 森保一 6.0 ▽2試合の3-0&無失点勝利。期待がかかった世代間の融合はまだまだだが、再び新たな力を試すなど今後の伸び代を感じさせる戦いは見せた。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 南野拓実(日本代表) ▽10番としての働きで攻撃陣の旗手を担い、1ゴールを含む2得点に絡む活躍。新エースに名乗り! 日本代表 3-0 パナマ代表 【日本】 南野拓実(前42) 伊東純也(後21) OG(後40) 2018.10.12 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

南野&伊東連発! ロシアW杯主力組登場の森保ジャパン、パナマを3発撃破《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は11日、デンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で勝利した。 ▽先月、森保一体制初陣のコスタリカ代表戦を3-0で勝利した日本代表。今回はロシア・ワールドカップ(W杯)組も招集し、チーム発足時に掲げた「世代間の融合」に向けての一歩を踏み出す一戦となる。 ▽今夏のロシア大会でW杯初出場を果たしたパナマとの一戦に向けて森保監督は、[4-2-3-1]を採用。GK権田、最終ラインが右から室屋、冨安、槙野、佐々木、ダブルボランチに青山と三竿、2列目に右から伊東、南野、原口を並べ、1トップに大迫が入った。なお、冨安はこれがA代表デビュー、三竿は代表初先発となった。 ▽日本は開始直後、高い位置からの複数人でのプレスでボールを奪い、チャンスを迎える。3分、原口からパスを呼び込み、左サイドをオーバーラップした佐々木がアーリークロス。中央に走り込んだ伊東が右足を伸ばすも、わずかに届かず。 ▽立ち上がりこそ主導権を引き寄せようとする日本だが、自らのパスミスでリズムを掴みきれない。19分には南野の右CKからファーサイドの冨安が持ち前の高さでヘディングシュートを放つ。しかし、これは枠を捉えきれない。 ▽前半半ばに差し掛かると、日本は徐々にボールを保持。23分、中盤でボールを受けた青山が相手最終ラインの背後へ浮き玉を供給し、室屋がフリーでボックス右へと抜け出す。中央には南野と大迫が走り込んでいたが、両者どちらにもクロスが合わず、チャンスをモノにできない。 ▽すると29分、パナマにゴールを脅かされる。右サイドを駆け上がったパラシオスのクロスのこぼれ球を拾ったゴドイにミドルシュートを許す。しかし、ここは3年半ぶりに先発を飾ったGK権田がしっかりと対処する。 ▽その後、日本はパナマに自陣への侵攻を許す苦しい時間帯が続いた。しかし、迎えた42分、 青山が敵陣中央から相手守備陣の一瞬のスキを突く縦パス。これを南野が相手DFと競り合いながらうまくボールを収め、ボックス中央やや左に侵攻すると、ゴール左へ冷静に流し込んだ。 ▽南野のゴールで先制して試合を折り返した日本は47分、大迫のパスを受けた佐々木がボックス左外からクロス。ニアサイドの原口は収めることができなかったが、こぼれ球をボックス手前の三竿がミドルシュートを放つ。しかし、これはGKJ・カルデロンにキャッチされる。 ▽後半に入ってロシアW杯主力組の原口と大迫がボールを収められるようになるが、良い形でシュートには結びつけられず。すると56分、パナマにボックス右からムリージョにGK権田とディフェンスラインの間に鋭いクロスを入れられ、危険な場面を作られる。 ▽少々嫌な時間帯が続いた日本だったが、65分に待望の追加点。ボックス内でパスを受けた伊東がワンタッチでボックス左へ。走り込んだ南野のシュートはGKJ・カルデロンに弾かれたが、こぼれ球を伊東が押し込み、スコアを2-0とした。 ▽リードを2点に広げた日本は直後、南野と大迫に代えて川又と北川を投入する。北川はこれがA代表デビューとなった。 ▽追加点を奪った日本は、74分に青山の右CKから槙野が合わせるなど、パナマを畳みかける。しかし直後、2点目を奪った伊東が相手との接触で負傷。そのままピッチを後にして堂安と途中交代した。 ▽それでも日本は85分、原口のドリブル突破から最後は途中出場の川又が詰めると、相手オウンゴールを誘発しトドメの3点目。3-0で勝利した日本代表は、次戦で16日(火)に埼玉スタジアム2002(埼玉)でウルグアイ代表と対戦する。 2018.10.12 21:30 Fri
twitterfacebook