ロサンゼルスが“ズラタンされた”日…イブラが全米を驚愕させたMLS初ゴール【ファースト・ゴールズ】

2020.07.17 20:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『DEBUT GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。今回は元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがロサンゼルス・ギャラクシーで決めた最初のゴールだ。

◆ズラタンが飾った鮮烈MLSデビューゴール


数々の欧州トップクラブで活躍したイブラヒモビッチは、2018年3月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍。2020年1月にミランへ復帰するまでの2シーズンを過ごし、公式戦58試合53ゴールという驚異的な数字を残した。

その記念すべき1つ目のゴールになったのが、2018年3月31日のMLS第5節、ロサンゼルスFCとのLAダービーで見せたゴールだ。

LAギャラクシーはLAFCに48分までに3得点を決められ、敗戦が濃厚になっていたこの試合だったが、後半にドラマが待っていた。

それぞれ61分と73分に得点し、2-3とあと1点差に迫ったLAギャラクシー。するとここから71分に途中交代で出場していたイブラヒモビッチが魅せる。

77分、味方が前線へ送ったロングボールがイブラヒモビッチの前にこぼれてくると、高くバウンドしたボールをズラタンが豪快なボレー。鋭い弾道で放たれたボールは相手GKの頭上を越え、ゴールネットに突き刺さった。

このデビューゴールだけでも十分なイブラヒモビッチだったが、91分には再び豪快な勝ち越しゴールを決め、4-3でのダービー勝利に貢献。衝撃のデビューを飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

プロ初シュートがプロ初ゴールに!モロッコ代表FWが決めた記念すべきゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はカーンのモロッコ代表FWヤシン・バムウがナントで決めたプロ初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆プロ初シュートがそのままプロ初ゴールに!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpQmdsb3VOeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 下部リーグでのプレーを経て、2013年夏にナントに加入したバムウは、2014年にプロデビュー。2018年にナントを退団し、現在はフランス2部のカーンでプレーしている。 ナントでは、公式戦130試合に出場し、17ゴールを記録したバムウだが、その記念すべきプロ初ゴールは、2014年8月9日に行われた、リーグ・アン第1節のRCランス戦で決めたゴールだった。 ファーストチームに昇格したばかりだったバムウは、0-0で迎えた64分、途中交代でピッチに立ち、プロデビューを飾る。すると直後の65分、左サイド深くまで侵入した味方がクロスを上げると、バムウが走り込んでこのクロスに合わせる。ショートバウンドになったところを上手く右足でミートしてシュートを決めると、プロの選手として初めて放ったシュートが、そのままプロ初ゴールとなった。 バムウのこのゴールはこの試合唯一の得点となり、初ゴールがそのまま決勝点に。デビュー戦でこれ以上ない活躍を見せている。 2021.01.24 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタの躍進を支えるエース、サパタがサンプドリア時代に決めたクラブ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はアタランタのコロンビア代表FWドゥバン・サパタがサンプドリアで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆サパタのサンプドリア初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJUQnVzSWRHbSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2013年夏にナポリに加入したサパタは、ウディネーゼでのプレーを経て、2017年夏にサンプドリアに加入。その後近年躍進を見せるアタランタに移籍し、得点源として活躍している。 サンプドリアでは公式戦32試合で11ゴールという数字を残しているが、その記念すべき初ゴールは、2017年9月17日に行われたセリエA第4節のトリノ戦で決めたゴールだった。 試合開始直後の1分、カウンターからサンプドリアがチャンスを作ると、左サイドのスペースに抜け出したMFガストン・ラミレスが中央に鋭いクロスを入れる。このパスをゴール前で収めたサパタは、コンパクトな振りから強烈なシュートをニアポストに沈め、いきなりの先制ゴールを挙げてみせた。 先手を取ることに成功したサンプドリアだったが、その後打ち合いとなり、試合は2-2のドローに終わっている。 2021.01.17 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

マケドニアの新星エルマスが決めたナポリ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は北マケドニア代表MFエリフ・エルマスがナポリで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆エルマスのナポリ初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJlT3pUUnNwNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> 母国マケドニアのラボトニツキで弱冠15歳の若さでプロデビューしたエルマスは、その後フェネルバフチェに渡るとすぐに頭角を現し、2019年夏にナポリに加入した。 抜群のボールスキルとビジョンで攻守に存在感を発揮するエルマスだが、2020年2月3日に行われたセリエA第22節のサンプドリア戦では、記念すべきナポリでの初ゴールを記録している。 1-0とナポリリードの16分、右からのコーナーキックを得たナポリがボックス内にクロスを上げる。このボールをDFジオバニ・ディ・ロレンツォがニアポストでフリックすると、ファーポストで待っていたエルマスが合わせる。鋭いシュートは、GKの股を抜き、ナポリ初ゴールが決まった。 このゴールで2-0としたナポリは、その後追いつかれつつも、勝ち越しに成功。4-2で勝利している。 2021.01.16 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGの未来を担う若手SBコラン・ダグバが決めたプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はフランス人DFコラン・ダグバがパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたプロ初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆コラン・ダグバのプロ初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1ek11eXQyUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2016年に若くしてPSGの下部組織に引き抜かれたダグバは、2018年からファーストチームに帯同。ドルトムントに移籍したDFトーマス・ムニエの抜けた穴を埋めることを期待されている。 スピードを武器にした攻撃参加が持ち味のダグバだが、2020年12月5日に行われたリーグ・アン第13節のモンペリエ戦では、記念すべきプロ初ゴールを記録している。 0-0で迎えた33分、左サイドでボールを持ったFWアンヘル・ディ・マリアがドリブルでボックス左に侵入し、ゴール前にパスを送る。すると絶妙のタイミングで攻撃参加していたダグバが後方から走り込んで合わせ、先制ゴールを挙げてみせた。 このゴールで主導権を奪ったPSGは、その後も試合を優位に進め、3-1で勝利している。 2021.01.15 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア史に残る名SBアシュリー・コールがパレス時代に決めたプロキャリア初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表DFアシュリー・コール氏がクリスタル・パレスで決めたプロ初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アシュリー・コールのプロ初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxN2xqVTFQMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アーセナルユース出身のコール氏は、同クラブでプロデビュー。その後、アーセナルやチェルシーで全盛期には世界最高峰のSBとして知られるほどのパフォーマンスを見せた。 アーセナルでのブレイクを果たす直前の1999-2000シーズンにはクリスタル・パレスに短期レンタルで加入していたが、その際の2000年4月29日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)第45節のブラックバーン戦では、記念すべきプロ初ゴールを決めている。 0-1とパレスのビハインドで迎えた60分、FWミカエル・フォルセルがボックスの際で相手からのプレスをいなしながら前を向く。するとボールは、ボックス内でフリーになっていたコールの下へ。コールが迷わず左足をダイレクトで振り抜くと、シュートはゴール右上に決まり、コールにとってのプロ初ゴールとなった。 同点に追いついたパレスは、その後逆転に成功し、2-1で勝利を収めている。 2021.01.14 22:00 Thu
twitterfacebook